2008年02月29日

◆真の美しさとは? 【アミの一口コラム 210】

こんにちは。
アミです!

今日は、「容姿」についてお話しします。

今や、女性のみならず、男性もエステに通い、美容院でセットし、お化粧をするような時代です。

アミは、女性ですが、そのような男性に完全に負けています(苦笑)。
(どのように負けているかは、ここで記述するのはやめます。
さすがに、ちょっとお恥ずかしいから・・・。)


◆真の美しさとは? 【アミの一口コラム 210】◆

はっきり言って、アミは、幼い頃から、「友だちの引き立て役」でした!

小学生から現在に至るまで、
「津山美人」
「東京美人」
「青森美人」
「小林美人」
「日田美人」
等々、冗談抜き、こじつけ抜きで、誰が見ても
「美人」
と、言われる人々と、アミは、友だち(親友)でした。
「お嬢さん」
という感じの方ばかりでした。
また、各友だちは、性格もよく、とても異性にもてていました。

アミは、小太り、丸顔でした(です)。
「愛嬌のある顔」
「笑うとかわいい」
と、たまに言われることはありますが、決して誰が見ても「美人!」ではないでしょう。

負けていたのは、顔だけではありませんでした。
美人友だちは、殆どみんな、「安定路線(人生)」を歩んでいかれたようでした。
アミのように、幼い頃から離婚に至るまで、浮き沈みの多い、波瀾万丈の人生を歩んで来た人など誰もいません。
皆さん、安定し、いい家庭をつくっておられるように見えます(安定しているかのように見えても、本当は、たいへんな人生を歩んでおられるかもしれませんが)。

でも、もし、神さまが
「○○美人の安定型人生を歩んでいいよ」
と、言われても、アミは、その人生を歩まないでしょう。
そういう人生が悪いといっているのではありません。
人それぞれですので、いろいろな人生があっていいのです。
ただ、なんとなく、自分の性分に合わないような気がするのです。

アミは、
「丸顔、小太り、(人生前半は)性格もあまりよくなかった人生」
を歩んできました。
とても、人様に威張れるような人生ではありません。

でも、ただ、1つ誇れることがあります。
それは、丸顔であろうが、小太りであろうが、性格が悪かろうが、気にもとめずに
「自分の判断で、自分の力で、力一杯人生を歩んできたこと」
です。
がむしゃらに何かを求めて、生きてきたことです。
ぶきっちょで、要領の悪い人生でした。
でも、精一杯生きてきました。

だから、人生前半の
「美人友だちの引き立て役人生」
も、殆ど気になりませんでした。

美人友だちの性格のよさは、勉強させてもらったように思います。

今から思えば、アミの人生前半は、波動の低い、エゴの強い人生でした。
でも、裏を返せば、それらの経験があればこそ、今のアミがあると思います。

ある意味、アミは、そんなにすぐれた容姿ではなかったために、
「心美人」
をめざすしかなかったのかもです(苦笑)。
けっして、今が
「心美人」
とは、言いません。
心美人は、一生涯をかけて創っていくものだからです。
年をとったときに、いい顔にしていくのだと思います。

今では、
「美人友だちの誰よりも、自分の人生は、深く充実したものになってきつつある」
と、勝手に思っています。

「顔の造作」
は、アミには何ら関係ありません。

元々、自分の顔も、あの世にいるとき、自分で両親を選び、顔も結果的に自分で決めてきたのです。
顔が悪いのは、人のせいではありません。
自分で親を決めてきたのですから、あくまでも、自分の顔も、身体も、全て、
「自己責任」
です。

顔の造作、スタイル、家柄等にとらわれている方々は、
「霊的人生観」
を本当にもてると、そのような悩みは、一気に解決します。

もし、顔のことを気にするなら、強いて言えば、
「顔の表情」
でしょう。

「優しさ」
「明るさ」
「知性」
「ユーモア」
等、何でもよいのです。
あなたの「内面の美しさ」が「表情」として出てきていれば、OKです。

アミは、年々年を重ねていきます。
でも、常に「1年前の自分の顔」より、「今の顔(表情)」が好きです。

人のせいにせず、自分の人生を力一杯生きることで、自分の人生に自信がもてます。
すると、顔の造作云々に気も止まらなくなります。

心を大切にした生き方をしていると、同じように心を大切にした異性を引きつけます。

容姿に引きつけられてきた異性は、かなり??な結果になることも多々あります。
見た目ではありません。
「心」
です。


◆編集後記◆

若いときは、見た目につい惑わされてしまいます。

でも、結婚したり、年を重ねていったりすると、だんだん分かってきます。
「人は、心」
ということに。

もちろん、女性として、常に若々しく、素敵であるように努力することは大切なことです。

ただ、もし、
「自分としては満足のいく容姿でない」
と、思って悩んでおられる方がおられたら、アミは、申し上げたいです。

「人を恨まず、愛深き心」で生きていくと、だんだん、「いい顔」になっていきますよ。
年をとれば、隠せません。
お化粧では隠せなくなります。
「心の状態」がそのまま「顔の表情」に刻み込まれますよ。

誰かを恨んだり、マイナスの感情をもったりして生きていると、それは、顔のしわや顔色(オーラ)として、はっきりと顔に刻み込まれますよ。
そちらの方が、美容上、よくないと思いますよ。

「いい人生」を歩みたいなら、「いい顔」で年を重ねたいなら、
「心の中から、マイナスの思いを捨て、愛深き人生を歩むこと」
が一番ですよ。

アミの友だちの中に(たいへん失礼ないい方ですが)、
「誰が見ても、とっても、見た目が??な方」
がいます。
服装にも、全く気を遣いません。
おしゃれより、本代や交際費のほうに、お金をかけます。
ゴルフが大好きです。
その方は女性です。

でも、現在、大切な役割がある仕事場で、何人もの男性を部下にもつ、ばりばりのキャリアウーマンです。
気配り、目配りできます。
明るく、ユーモアがあり、はつらつと生活をしています。
女性からは、かなり引かれているところがありますが、体育系男性からはもてます。
個性が強く、
「味方も多いが、敵も多い」
というタイプです。

でも、全く人目を気にせず、怒ったり笑ったりしながら、楽しそうに仕事をしています。

「私の顔のどこが悪い!」
と、開き直っているようなところがあります。

年を重ねてくると、
「顔じゃないよ。心(気持ちの持ち方)だよ。」
と言うことが、とてもよく分かります。

今からは、
「外面にとらわれる時代」
ではありません。そのような時代は、もう、終わります。

自分の内面を見つめ、心の光を磨きだしていくこと。
それが、その人なりの真の美しさを創りだしていくことになります。

その人の本当の美しさは、年を重ねていきながら、磨き出されていくものだと思います。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 03:38| Comment(5) | TrackBack(0) | 表情・しぐさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

◆◆笑顔 【アセンションスキル 27】

こんにちは! アミです。

今日は、アミが日頃感じていることを徒然なるままに書きたいと思います。


◆◆笑顔 【アセンションスキル 27】◆◆

アミは、
「いつか皆さんと直接お会いできればいいなぁ」
と思います。皆さんがアミに会われたら、
「皆さん何と言われるかなぁ」
と、時々思います。

アミは、丸顔で多少太っています。
決して美人ではありません(自信をもって言えます)。
まぁ、人によっては、
「かわいい?(という年ではありませんが・・・)」
と、お世辞で言ってくれる人もたま〜にいます。

昔、アミは、
「アミさん、笑わない方がいいよ。笑ったら、目がなくなるから。」
と、言われたことがありました。
それで、何度も笑いながら鏡を見てみました。
・・・やはり、目がなくなります。

今度は、笑わないで鏡を見ました。
・・・目はなくなりません。

でも、アミは、すぐ笑ってしまいます。
それで、仕方がないので、
「せめて写真を撮るときだけは、あまり大きくは笑わないようにしよう」
と思いました。

でも、年を重ねるに従って、
「アミさんの笑顔がいい。」
と、言ってくれる人が時々出てくるようになりました。

私は、いつしか思うようになりました。
「もう、いい! 私は、私。
私が笑おうと笑うまいと、私の勝手!
たとえ、目がなくなろうと、顔の丸さが強調されようと、そんなの関係ない!
私は、笑いたいときに笑う! しわが多少増えてもいい!」
と、思うようになりました。

今、学校現場はとても疲弊しています。

私の学校は、その中でもとても落ち着いて調和のあるいい学校です。
職員は、みんなユーモアの精神があり、日夜、お笑いのテレビなどを見て、ネタをしこんでいるようです。いつも、職員室に笑いやおしゃべりの声が響いています。

私は、そこまでのユーモアの精神はありませんが、いつも、職員と一緒に笑ったり、微笑んだりしています。

教頭の席は、職員室前方の中央にあります。
どこの位置からも、よく見えるところです。
職員が何気なく私の表情を見ているのがよく分かります。
私が思わず疲れた表情をすると、
「教頭先生、どうしたんですか?
疲れているんですか?」
という声かけがあちこちからとんできます。

私は、たとえ、人から
「あの人、笑うと目がなくなっておかしいね!」
と、中傷されようと、
「笑おう! 微笑もう!」
と、思います。

笑顔は、見る人を癒します。
「にっこりするだけで、人の心を少しでも癒すことができるのならば、いくらでもにっこりしよう」
と思います。

ふっと、何気なく鏡に映った自分の顔が笑っていないとき(意識がいっていないとき)の表情は、意地悪にもみえます。

霊的に見ても、笑うと、ぱあっと明るいオーラが出ます。
「笑い療法」等もあるぐらいです。

皆さん、笑いましょう!
微笑みましょう!
笑うと身体も柔らかくなります。
身体の調子もよくなってきます。

年を重ねて、お肌の調子がいささか悪くなっても、笑顔は衰えません。
衰えるどころか、味わいのある人生を生き抜いてこられた方の笑顔は、若い人にはない味わいがあります。


◆編集後記◆

「笑い」は、疲れを吹き飛ばす効果があります。

私は、そんなにユーモアがあるほうではありませんが、最近は、できるだけ、主人と一緒に笑えるような会話も取り入れられるように努力しています。

たとえ、笑えなくても、笑えるように努力するだけでも、心が明るくなり、会話も弾みます。

「笑いの力」を活用したいと思います。


必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 19:51| Comment(25) | TrackBack(0) | 表情・しぐさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

◆だれでも、美しい顔に・・・ 【アミの一口コラム 88】

こんにちは。アミです。

今日は、以前から書きたかった「顔」について、書こうと思います。

もっと、詳しく言えば、「顔の表情」「顔から発するオーラ」でしょうか・・・。


◆だれでも、美しい顔に・・・ 【アミの一口コラム 88】◆

アミは、「アバター」のようにけっして美人ではありません(偽るつもりはないのですが、アバターは、美人な顔のサンプルしかないので・・・苦笑)。

今まで、アミは、毎日を生きるのが精一杯で、お化粧やファッションに気を使うゆとりがありませんでした(これがいいことだとは、言い切れませんが)。

ただ、アミにはアミなりの「お顔の美容法」があります。
「お手入れのポイント」は、2つのみです。

1つ目は、心をいつも明るく保ち、前向きに生き生きと生きること(心磨き)。
2つ目は、玄米穀菜食をなるべく心がけることです。

この効果は、いかほどかは、周りの方が判断することでしょうが・・・

アミは年よりはかなり若く見られます。そして、この年になって、「かわいい」と言われることはよくあります(自画自賛!)。
と・て・も、お年を召した方から、「美人!」と、(間違えて)言われることも、と〜きどき、あります・・・。
一番言われるのは、「癒される顔」です。

《アミ流美用法の原点》

「アミ流美用法」の理論の原点は、2つあります。

〜 「死に顔」について 〜

一つは、「死に顔」です。

アミは、仕事柄、よくお葬式に行きます。
そして、「亡くなった方のお顔」も拝見することも多いです。
そのときに、いつも、思うのです。
「安らかで美しい表情で、亡くなりたい」
と。

(例外はありますが、一般的に言って)この亡くなるときの表情というのが、「その人の人生を物語っている」とアミは思います。

「できれば、肌の色が明るく、眉間にしわがなく、口角が下がらず、できれば頬が少し上がり気味で、ほっとくつろいでいるような表情で死にたいなぁ」
と思います。

「そのためには、どうすればいいのか?」
と、アミは考えました。

「死を迎えるときまで、いい表情で生きよう」
つまり、
「いい生き方(心磨き)をしよう」
と、思ったのです。

そして、その補助として、
「血を汚さないように、動物の命を大切にするためにも食べ物には気をつけよう」
と、考えました。

〜 年を重ねた方々のお顔 〜

もう一つの原点が、「年を重ねた方々のお顔」です。

教師という仕事は、私の市の場合は、6年前後で異動があります。
ですから、教職を長く続けていると、「10年ぶりに一緒に仕事をする」とか「20年ぶりに会った」とかいうことがよくあります。

そのときに、アミが感じるのは、「顔の変化」です。
年をとるのは当たり前ですが、何よりも思うのは、「表情の変化」です。

「きらきらと美しく、知性あふれる先生として、年を重ねておられる方々」もおられます。

かと思えば、「ファッションはすてきで、高級なもので身を固めておられても、顔の表情が暗く、ふけられたといった印象の方々」もおられます。

大きく分ければ、「お年を召された人の顔」は3パターンに分けられると思います。

Aパターン:若いときは、「どこにでもある普通の顔」だったのが、年を重ねると共に、知性と愛にあふれ、美しい輝きを増した顔

Bパターン:若いときは、若さで、美しくきらきらしていたのに、年を重ねた今は、自分の身のことだけを考え、狭い世界で人生をエンジョイしている暗いオーラの顔

Cパターン:AとBの中間の顔

です。

《アミの目指す顔像》

「アミは、どのパターンがいいか?」
と、考えました。

アミは、迷わず「Aパターン」でした。

Aパターンに入るためには、中間のCパターンの1.5倍ぐらいの努力は必要だと思いました。

アミは、
「本当の美しさは、年をとったときにわかる」
と、思います。

ですから、
「がんばろう! だって、お母さんは、『若いときの苦労は買ってでもしろ』
って、言っていたもんね。」
と、思い、必死でがんばることにしました。

アミは、「目指す顔像」というのを打ち立てました。

<アミの目指す顔像>
1.健康的な顔色
2.目が輝いている
3.明るく、想いの深い表情
4.知性が感じられる顔
5.かわいさ

の5点です。

これを目指して、今まで自分なりにはがんばってきました。

<目指す顔像に向けてがんばってきたこと>
1.心磨き
2.仕事(勉強・読書)
3.日々の生活の中で、できる限り人のお役に立てるようにがんばること

の3点です。

達成度は、6割ぐらいかな・・・。
生活に多少疲れ、よれっているし、意識がまだ足りない・・・。
まだまだですね・・・。

「でも、この意識をもってがんばり続ければ、おそらく、年を重ね、おばあちゃんになっても、『知性があり、愛のあふれる、かわいいおばあちゃん』
になっているかなぁ・・・。」

という「夢と希望」をもっています。

アミの年を重ねた理想の顔(生き方かな?)は・・・。

※これらの方々を信奉しているのではありません。(アミのとらえている範囲ですが)生き方が好きなのです。

☆マザー・テレサ 特集 マザー・テレサ
☆佐藤初女さん 特集・インタビュー

かな・・・。

鼻を高くするためには、整形手術しかないでしょうが、「心美人」なら、だれでも努力すればなれますよね。

「年を重ねたときに、『心美人顔』になっていたいなぁ」
と、アミは切実に思います。


◆編集後記◆―――――――――――――――――――――――――――

「心美人」は「生き方美人」なのかもしれません。
自分の生き方が、「年を重ねたときの顔」を決めるのだろうと思います。

男性、女性関係なく、皆さんよかったら「心美人」を目指しませんか。



応援してもらえるとうれしいなるんるん
共感できればポチッと押してねexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ
★にほんブログ村へ
posted by 女教師アミ at 00:49| Comment(14) | TrackBack(1) | 表情・しぐさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

◆寝顔(1) 【アミの一口コラム 72】

こんにちは。アミです。

今、仕事に追い詰められ、あせりにあせっているのですが・・・。
でも、ど〜しても、メルマガ・ブログを書きたくて、
「ちょっとでもいいから書こう!」
と、決意してパソコンに向かいました。
人生の岐路に立っているというのに・・・。
でも、「直感にしたがって」ちょっとだけ書かせていただきたいと思います。
ちょっとお付き合い下さいね。

時間が取れないので、内容を絞って書きます。
本当は、この記事の内容も、実際には、この3倍ぐらいの長さがあると思われますが、今日は、これが限界なので・・・。
端的過ぎてわかりにくいかもしれませんが、お許し下さい。


◆寝顔(1) 【アミの一口コラム 72】◆

皆さん、ご自分の「寝顔」について、考えられたことがありますか?

アミは、とても気をつけています。

今は、習慣になっているのでもう気になりませんが、かなり以前は、とても気をつけていました。

アミは、昔、「人生のどん底」にいたとき、そこを脱すべくいろいろなことにチャレンジしました。

「自分の心を改革していくことの大切さ」は、わかっていました。
ただ、そんなに一朝一夕に「心の改革」は終わりません。

そこで、
「内面からだけでなく、外側からも改革していけば、少しでも心の改革が進むだろう」
と、考えました。

その簡単な方法の一つが「寝顔改善」でした。

なぜ、「寝顔改善」かというと、理由は2つありました。


(1)昔、アミの凝っていた「人相占いか何かの本」に書いてあったと思うのですが、
「心の状態は、人相にでる」
ということです。そして、
「寝顔の表情は、亡くなるときの顔の表情に通じる」
と、何かの本で読んだことです。

(2)母の寝顔です。
母は、いつも、「眉間にしわを寄せて苦しそうな表情」で寝ます。
アミは、
「なぜ、寝るときまで母は、不機嫌な顔をして寝るのだろう」
と、不思議でした。


この2つを考え合わせると、妙に(1)の内容がアミの心にすとんと落ちました。

そして、アミはふっと「自分の寝顔」をイメージしてみたのです。
すると、アミも母ほどではないにしろ、やはり、
「寝るとき、顔に緊張があり、若干、眉間にしわがよっているような感じ」
がしました。

そこで、布団に鏡を持っていって、眠りに入る直前に、目を半分開けて、「自分の寝顔」を見ました。
「イライラしたアミの寝顔」が、うっすらと明けた片目に飛び込んできました。
「あ〜! やっぱり〜! 私も母の子だ!」
と、愕然としました。

そして、思いました。
「私は、自分が死ぬとき、安らかな人生を送り、安らかな表情で死にたい。
そのためにも、心を磨いて、心を安らかにしよう。
寝るときは、いやなことも忘れて、安らかに眠るようにしよう!」
と。

そこで、
「どうしたら、眉間にしわを寄せないで、安らかな寝顔になれるか」
について、考えました。

一応、
「眠るときに、意識して顔の筋肉をリラックスさせ、眉間の間を開き、時には、笑顔を作ったりして、何とか『安らかな寝顔』を作ろう」
と、苦心惨憺しました。

今、思えば「笑える話」ですが、その当時のアミは必死でした。

でも、パンをこねて形作るわけではないので、そんな方法では、「安らかな寝顔」は、無理でした。


続く・・・。


◆編集後記◆―――――――――――――――――――――――――――

「心磨き」に、形式からもアプローチしようとしたアミですが、純粋に形式を変えるだけでは無理でした。

次回、この続きを書きますね。
今から、まだ、仕事と勉強をしないといけないので、短くてごめんなさい。

皆さんのコメントを読んだり、アミのメルマガ・ブログを読んでくださっている方々の心を感じたりすると、本当に、アミもやる気がでてきます。
何だか、
「仲間と共にがんばってる!」
って感じです。

いつも、ありがとうござます。



応援してもらえるとうれしいなるんるん
共感できればポチッと押してねexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ
★にほんブログ村へ
posted by 女教師アミ at 23:35| Comment(16) | TrackBack(1) | 表情・しぐさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。