2008年02月02日

◆◆簡単! 夢チェック! 【アセンションスキル 40】

こんにちは! アミです。

前回は、夢についてお話をしましたが、時間切れで途中まででした。

夢の役割として、
下記のようなことを挙げました。

ア 脳や身体の疲れを休める。

イ 日常のストレスを発散させる。

ウ あの世に還り、霊的なエネルギーを補給してくる。

エ あの世に還り、今から起きる様々なことに対処するための能力や対処方法を学んできている。

オ 自分の心の状態を示す。

カ 過去世のことや、未来のこと等をみることもたまにある。

キ 守護霊(潜在意識)からのメッセージが来ることもある。

その中で、今日は、

「イ、オ、カ、キ」についてお話しします。


◆◆簡単! 夢チェック! 【アセンションスキル 40】◆◆

《チェック方法》

@眠る前に、
「どうぞ、心磨きのために夢を活用させていただきたいと思います。
大切な夢を1つでもよいので覚えておくことができますように、お導き下さい」
と、祈ります。

A眠ります。

B夢を見ます。

C目を覚ますとき、できるだけ、がばっと起きないようにしてください。
深い海の底でとった真珠貝を落とさないように、ゆっくりと海面に浮かび上がってきてください。

D眼をぱっと開けません。開ける前に、もう一度、夢を思い出してください。
夢の内容を顕在意識にインプットするのです。

Eインプットできたら、ゆっくり眼を開けてください。

Fご自分の夢をじっと感じてください。

《アミ流:夢判断》

○誰かに、何かに追いかけられたり、・・・・なこと(嫌なこと)をされたり、???な霊が登場したりする夢
→心の中に、不安感、追いつめられている感覚、焦りなどがあるのではないでしょうか。

○何かに、誰かに危害を加えたり、追いかけたりしている夢
→誰か、何かに対する憤り、怒り等あるのかもしれません。

※上記2例は、波動が下がっている状態です。

○性的な夢
→自分の中に肉体的に満たされてない思いや感覚、性エネルギー(ポジティブなエネルギー)の充満等があるのかもしれません。

○空を飛んでいる夢、天国的な場所に行っている夢、気持ちのいい夢
→波動がある程度上がっている、心が安らいでいる状態でしょう。

○未来を見る夢
→波動が上がったり、霊的な面で能力が開いてきたりすると見ることがごくまれにあります。でも、あまりとらわれないことです。

○何回も見る同じ夢
→ ・過去世住んでいたところ、経験したことの場合もあります。
  ・その人にとって、大切なできごと、人を指している場合もあります。
  ・その人にとって、心に引っかかる人やできごとを指していることもあります。

○守護霊、潜在意識からのメッセージの夢
→人それぞれだと思いますが・・・

〈例:アミの場合〉
・白い画面や白い紙が出てきて、そこに大切なメッセージや絵? 映像? が出ている。
・夢の中で、姿は見えないのだけれど、心の中にだれかの声がして、内容を伝える。
・象徴的な画像が映画のように出てくる。

等です。

いろいろ解釈の仕方もあるでしょうし、心理学的に見ればかなりおかしいかも
しれません。
でも、アミは、このやり方で夢判断をしながら、心磨きのための情報を取り入れてきて何ら不都合はありませんでした。


◆編集後記◆

話は、全く変わりますが、ここで皆さんにご理解とご協力のお願いがあります。

ここ1か月ぐらい、メルマガ・ブログを書く間隔を開けようと思います。
1ヶ月に1、2回、報告程度になるかもしれません。

その事情を話せば長くなります。
どのようにお伝えしようかとかなり悩みました。
でも、主人とも相談して、
「一番いいのは、正直に胸の内を伝えることだ。
アミのメルマガ・ブログの読者の皆さんには、本当のことをそのままお伝えする方がいい。
きっと、分かってくださる。」

と、言うことになりました。

私と主人は、結婚をした当初から、
「2人で力を合わせ、世の中のためになる働きをしよう」
と、本気で考え、たくさんの資財を投げ打ち、親兄弟、はたまた子どもまで?縁を薄くし、自分の生活を捧げ、努力し続けてきた???な人間です。

※けっして、宗教オタクではありません。
単に、
「2人で道を求めて、いろいろなことを勉強してきた」
という感じです。

ちょっと(いえ、かなり)常識から外れていると思いますが、このような???な人間も世の中にいるのですね。

でも、とても異常な人間のように見えますが、結果的には、私も主人も仕事の実績も大へん上がり、人間関係もどんどん広がっています。
人物的にも一応周りからは評価されていると思います。
ある意味、端から見れば、成功しているかのように見えるかもしれません。
でも、アミ夫婦にとって、
「この世の成功=あの世の成功」
では、ないのです(苦笑)。
アミ夫婦にとって、この世的にもある程度成功しなければなりませんが、あの世的に成功しなければ(使命を果たせなければ)意味がありません。

私達は、極めてスピリチュアルな人間です。
私達の人生の行く末は、自分達には分かりません。
導きにしたがって行くだけです。
今までも、そうしてきました。

私達夫婦の前に、今も、次から次へと、
「私達が、予想もしていなかった新たな展開(奇跡)」
が起きています。

このような状態ですから、自分達にも、この先どうなるかが分かりません。
いくら、今、お約束をしていても、潜在意識がノーと言えば、急にころっと
「やめます」
と、言いかねません。

それを踏まえてですが・・・。
今の段階では・・・(将来、変わる可能性も十分あると思ってくださいね)

アミ夫婦は、
「スピリチュアル系のe-Book」
を作成しようと思います。
今の段階で、半分できています。

アミ夫婦が相談しながら書いたものを主人が監修して出すという形にします(今まで、メルマガ・ブログも、可能な限り主人の目を通し、チェックしてもらっています。2人で相談しながら書いてきた部分もあるので、ある意味、共同執筆と言ってもいいかもしれません)。

e-Bookの発刊の理由は、次の3つです。

(1)体系的なものを書く。

メルマガ・ブログは、思いつくまま、徒然なるままに書きつづっているものです。ですから、ある程度、スピリチュアルな内容を勉強してきた方には、分かりやすいかもしれませんが、初心者の方には、かなり?な部分があったと思います。
いつかは、体系的に書いていかなければ・・・と、思っていました。
やはり、基本書は、大切だと思います。

順序が逆になったのですが、本当は、体系的な基本書を先に読んで、アミのメルマガ・ブログを読まれると初心者の方には、よりよかったのだとは思います。
ただ、最初から体系的なものを書く力量とエネルギーがありませんでしたので、その点は、お許し下さい。

今まで、何度も、
「体系的なものを書こう」
と、思い、挑戦はしましたが、体系的なものを書くとなると、たいへんな労力とエネルギーが要ります。
とても、片手間に書けるものではありませんでした。
今までブログ書きと両立をさせようと頑張ってきたのですが、無理でした。

でも、皆さんの様子を拝見していて思うのですが、やはり、基本になる考え方をしっかり入れているのといないのでは、伸びが違うと思いました。

「やはり、書かなければ・・・。」
と、思いました。

(2)活動資金作りをする。

それと、もう一つの理由は、活動資金作りのためです。

アミ夫婦は、「超ボランティア型人生」を歩んでいます。
この多くの?ハードな?ボランティアをこなす(本業も含めて)ためには、自腹を切ることが多々あります。ある意味、
「自分でお金を払って、仕事をし、研究をし、ボランティアをする」
といった感じです。
頑張れば頑張るほど、資金繰りが苦しくなるのは、事実です。

私達夫婦は、
「身近な方々(ご近所、仕事の仲間等)から、まだ、お会いしていない不特定多数の方々まで、情報を発信し、必要に応じて、直接、お会いしたりして、心磨きを広げて行ければ・・・。」
等と、考えています。

でも、それには、「活動資金」が必要です。

それで、
「これから、展開を広げていくために、何とか活動資金をつくろう」
と思いました。
活動資金があれば、活動範囲が広がります。

でも、この考え方にたどり着くまでには、時間がかかりました。

確かに、潜在意識からメッセージをもらうまでには、長い年月と苦労、努力、勉強のための経済的負担が伴いました。
しかし、一旦、潜在意識まで到達すると、それから先の情報は自分のものではありません。
潜在意識が宇宙の図書館に行って持ってきてくれるものです。だれもが、自由に閲覧できる情報です。ですから、
「それでお金をいただくのはどうなのだろう?」
と、いう悩みもありました。

でも、これ以上、ボランティア的な人生を歩み続けるのは、経済的に限界があります。
正直言って、今は、ボランティアのために働いているような感じです。このままでは、自分の生活を維持していくことも困難になりそうです(苦笑)。
そして、いろいろな活動が実質的にはできなくなります。
できなくなったら、もともこもありません。それで、
「やはり、活動を維持、広げていくためには、資金は必要だ」
と言うことになりました。
人の役に立ち、心磨きを広げるためなら、
「神様も許してくれるだろう」
と、夫婦で結論を出しました。

(3)時がない。

もう一つの理由は、
「万が一にもパソコン、インターネットが使えなくなったら・・・。」
「世の中が大混乱になったら・・・。」
と、思ったことです。

有名な方なら、
「本を出版して広げていく」
ということも考えられるでしょう。でも、アミのような無名人は、インターネットが使えなくなると、もう情報の発信のすべがなくなります。

世の中が大地震、災害、疫病などに見舞われ、大騒動になる前に、
「少しでも多くの方に情報をお伝えしたい」
という思いもあります。
もう、これ以上、待つことはできないからです。

以上、3点が理由です。

何とか、頑張ってみようと思います。
頑張ってだめなら、
「それは御心ではない」
ということで、あきらめもつきます。
その時は、その時で考えます。
だめでもともと、とりあえず、チャレンジをしてみようと思います。

とりあえず、1冊目を発行するまでは、ブログは少しお休み状態にして、e-Bookの執筆に専念させていただこうと思います。
まず、1冊、仕上げてみようと思います。

2月中に、1冊、e-Bookを仕上げて発行します。
まだ、はっきり分かりませんが、より多くの方々に読んでいただけるように、1冊1000円程度に抑えたいとは考えています。
A4で30ページぐらいの予定です。

2月の間は、殆ど記事のアップはできないかもしれません(でも、ちょこっとだけなら、書くこともあるかもしれませんが)。
もし、よろしければ、過去の記事などを読んでいただけたり、(お返事はずっとあとになるかもしれませんが)コメントを書いてくださっていたりするとうれしいです。

必ず、3月の初めの辺りには、1回は、記事をアップし、ご報告をいたします。

どうぞ、アミ夫婦の真意をご理解下さい。
よろしくお願いいたします。

〈やまりんさんへ〉

お返事をお待ちしています。


必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 17:55| Comment(13) | TrackBack(1) | アミの夢分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

◆探求への「想いの方向性」が大切 【「心磨き」の自己評価法 1】

こんにちは。
アミです。

今日は、朝から主人と一緒に町内会の夏祭りの会場準備のための草抜きに行ってきました。

少々へたばっていますが、楽しく書いていきます。


◆探求への「想いの方向性」が大切 【「心磨き」の自己評価法 1】◆

〜スピリチュアルな世界の探求は「想いの方向性」が大切〜


スピリチュアルな人生観をもたれている人なら、表現は、人により若干違っても、「この世で目指す頂上(想い)」は同じではないでしょうか。

「『真善美』『宇宙の法則』に少しでも適った心になり、そういう人々(魂)が集まる平和な世界(地球)を創ること」

です(是非、日本から発信していきたいですね!)。

でも、「頂上までのルート」や「頂上を極めるための方法」はいろいろあります。

ただ、その目標(想い)が「真善美」に反していると、頂上を目指しているつもりが、とんでもない魔界の入り口に入っていっていたり、道に迷って立ち往生したりすることになりますので、要注意です。

そうならないためには、「想いの方向性」が「真善美」のほうに向いているかどうか、自分でしっかりチェックすることが大切だと思います。

《解説挿入文》

と、ここまで書いて、「やっぱ、人とのかかわりの大切さについて先に書こうっと」と、考え、別の原稿を起こし、書き始めました。30分ぐらい書いたところで、朝の草抜きの疲れのためか、そのまま眠ってしまいました。

夢(というか夢の中での1シーン)を見ました。

《夢の内容》

高速道路の乗り口です。
たくさんの改札口があります。
(10箇所ぐらいでしょうか)
いろいろなところから、車が集まって来ます。

でも、改札口を出ると、先は、3本程度の道にしか分かれていません。
太い道が1本、あと細めの道が2本程度でしょうか。

太い道は、まっすぐ先に向かって伸びています。
細めの道は、1本は緩やかにカーブしながら「下り気味に」。
もう1本は、太い道の方向ではあるのですが、若干それながら(先は、もっとそれていきそうな感じがします)道が伸びています。

1人のおじさんが改札ゲートの前で、じっとこちら(やって来る車の方)を見つめながら立っていました。

以上、夢の内容でした。

アミは夢を見ながら考えました(夢を解釈しました)。
(皆さんの中にもそんな方、おられるとは思いますが、アミは、「夢を見ながら夢の中でいろいろなことを考える」習性があります)

《アミの考えたこと》

(1)夢を見ながら考えたこと

みんな、いろいろなところから来て、善なる自分は、「真善美の世界」に向かお
うとしているのだけど、ゲート(≒チェックポイント:「真善美にかなった想い」を「善なる自分」だけでなく、「表面意識」ももっているかかどうか)を通ったら、道は絞られていくんだなあ。

(2)目が覚めて考えたこと

<絞られた道>

@ 先に伸びる太い道
  ↓
○「スピリチュアルな人生観」と「この世での生き方」を調和させながら、人生を誠実に歩んでいる人が行く道。
○スピリチュアル的な人生観はもっていないが、(本人は意識はしていないが)「真善美」「宇宙の法則」にかなった心をもっている。そのような心で、「真善美」「宇宙の法則」にかなった人間関係を築いたり、充実した仕事をしたり、一つ一つの課題を乗り越えたりすることで成長していく、結果的には「スピリチュアル的に見ても価値ある人生」を歩んでいる人が行く道。

A 太い道と方向的には一緒の方向に伸びているが、若干それており、太い道とは徐々に離れていくことが推測できる別の道。
  ↓
○「真善美」「宇宙の法則」への道を求めていたのだが、「霊能力や超能力、占い、真善美から若干それた宗教や思想団体」に気持ちが偏りすぎて、「心(魂)」をなおざりにしたため、結果的には、本道からそれてしまった人が行く道。
○特別に「スピリチュアルな人生観」をもっているわけではないが、ほどほど心を大切にしながら、それなりに頑張って人生を歩んでいる多くの人が行く道。

B カーブしながら下方へ降りる道
  ↓
・「あの世はない。死んだらそれでおしまい。」という考えの持ち主。唯物論者。
・「霊能力や超能力、占い、真善美から大きく外れた宗教や思想団体」に、はまり込み、悪霊系に憑依されている人。
・自殺した人。「誤った心の教え」を伝え広げて、世の人々の心をおかしくさせた人。

が行く道。


上記のように、アミは夢を見て思ったのでした。

この3本の道は、「行い方」での分類ではなく、「想いの方向性」での分類でしょう。「分類」の基準は、「『真善美にかなった想い』で進もうとしているか」です。

「行い方」は、いろいろあるのだと思います。
裏を返せば、「想いの方向性」をきちんともっていれば、「行い方」は大きくはぶれないから、「個性や好みに合わせてどうぞ」ということかもしれません。

この3本のそれぞれの道を行く人は、ずっとそのままではないかもしれません。何かのきっかけで、気が付いて本道に戻る人もおられるかもしれません。
または、本道を走っていたつもりが「心」がぶれて、下り方面に行ってしまう方もおられるかもしれませんね。

アミの守護霊(もう1人の善なる自分)は、「人とのかかわりについては後にして、この内容を先に書きなさい」と、言っているんだなあと思いましたので、この話は、次回も続けます。


次回に続く・・・。


◆編集後記◆―――――――――――――――――――――――――――

〜夢について〜

突然、「夢」の話が出てきて、読者の皆さん、びっくりされたことでしょう。
しかも、「解釈」までつけて。

「心を磨く」「真善美から離れた生活にならないようにする」ために必要な情報を得るための、アミが活用している1つの手法です。

「雑念」を少なくしていき、「純粋な想い」を持ち続けようと努力していけば、誰でもできることです。

夢の解釈の仕方が難しかったり、解釈違いだったりすることは多々ありますが、「霊能力等」と違って、安全性は高いです。

夢を見るのも自分。夢を解釈するのも自分。夢を活用するのも自分ですから、そこには他のものの介在はないわけです。いわゆる「自己責任」の範囲内です。

というわけで、アミはよくこの「夢からの情報」に助けられます。

「夢」について語ると、また長くなるので、いずれかの機会に・・・。


〜霊能力(オーラ)について〜

前回の波動シリーズの中でお答えしていないままのご質問があったので、お答えします(というより、答えられないので、「考えを言います」といったほうが正確です)。
アミなりにいろいろ考えた答えです。

読者の方の中にも「同じ質問をしたかった方」もおられたのではと思います。

「オーラ」はどうやってみるか?
についてです。

アミは、この点については詳しくありません。
もしものことがあったら責任がもてませんので、「こうやったらいいよ」ということは言えません。ごめんなさい。

また、大きく地球が変わろうとするこの時期(とても深い意味があるのですが)、新たにオーラを見るために努力することに時間を使うより、早急に「心を磨き」「最低限の正しい霊的知識」を心に入れ込んでいくほうが絶対いいと思います。

でも、「どうしても」という方は、書店に行けば、たくさん「オーラを見るために書かれている本」が出ていますので、それを購入されて試してみる方法もあります。

でも、アミは、お勧めしません。

近いうちに書きますが、「オーラ」を見る努力をするより、「直感力」を磨く努力をするほうが、一般の方には安全ですし、確実だと思います。「直感力」も大変便利ですよ!

そちらの方向で、一緒に頑張りませんか?


応援してもらえるとうれしいなるんるん
共感できればポチッと押してねexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ
★にほんブログ村へ
posted by 女教師アミ at 00:25| Comment(2) | TrackBack(2) | アミの夢分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

◆自分の心を受け止めて(2) 【アミの一口コラム 19-2】


こんにちは。
アミです。

昨夜の続きです。


◆自分の心を受け止めて(2) 【アミの一口コラム 19-2】◆

眠りこけたときに見た夢の話から、今日は始まります。


【アミの見た夢:心の整理警備員さん】

そして、夢を見ました。

『真っ暗な画面に交通整理の警備員さんが出てきました。
 周りは、真っ暗で何も見えないのだけれど、1人で旗を振り、交通整理をしています。
 どうも、そこはアミの心の中を表しているように感じました。』

アミは、その夢を見ながら

「ああ、交通整理の警備員さんだ。

 (私の心の奥底には、いつも自分を導いてくれる人(守護霊or潜在意識)はいる。)

 でも、あともう1人、アミの心の中に、この夢に登場しているような
 『心の整理をしてくれる警備員さん』に住んでもらえればいいんだ。
 そうすれば、いろいろな忙しい状況が入ってきて、
 心の中がラッシュ状況、渋滞気味になったときでも、
 警備員さんがうまく整理・誘導をしてくれ、
 心の中を行きかう車(心に入ってくる内容)がスムーズに流れだすんだ。』

と思いました。

それから、夢を見ながらアミは心の中でこう思いました。

「それでも(警備員さんが心の整理をしてくれても)、まだ、うまく整理できなかったら?」
と。

すると、画面におばあちゃんが出てきました。
そのおばあちゃんは、にっこりして言いました。

「他の人に任せればいい・・・。」
と。


【分析再開】

そのおばあちゃんの言葉を聴いて、アミは、はっと目が覚めました。

さあ、それではということで・・・
さっそく、アミの心に「心の交通警備員さん」に登場してもらいましょう。
「少々疲れ気味のアミの心」の分析を続けましょう。


K(心の警備員さん):仕事はやめられないんだね。

A:そう。今はやめられない。


K:でも、仕事一本で行けば、きつくないんじゃないの?

A:「仕事と家族の幸せ」のためだけに生きるんだったら、今世、生まれてきた意味がない。
  そのためだけだったら、私は、好き好んでこんな混沌とした世の中には出てこなかった。


K:じゃあ、どうしたいの?

A:仕事以外の人とのかかわりも大切にしたい。
  家族、親戚、仕事関係以外の友達、近所、メルマガやブログの読者の方々との関係を大切にしたい。


K:じゃあどうすればいいの?

A:仕事以外にも、少しずつでも、その方々との関係づくりのために時間を作りたい。


K:じゃあ、作ればいいんじゃないの?

A:何とか今作っている。


K:そうなると、君の職場の人々に比べたら、他の人にはわからない「すること」が多いよね。
  人が遊んでいる間も、君はいろいろなことをやっている。
  ところが、仕事依頼は増えるばかり。時間的、物理的にどう見ても厳しいよね。

A:そう。でも、これは続けないといけない。やめてはいけない。


K:そうだね。では、こう思ったらどうだろう。
  
  「忙しいのは当たり前だ。人よりたくさんの仕事を自分で入れているんだから当然のこと。」
  と、しっかり思うこと。

  『忙しい』『きつい』という気持ちを
  『マイナスの言葉、思い』だからすぐ、排除しなければと考えるのではなく、
  一旦、そのまま気持ちを素直に受け入れる。
  しっかりと心の中で
  「アミは本当に忙しくて、きついよね。よくやっているよ。十分にやっているよ。」
  と、自分で受け止めてやる。
  『忙しい。きつい』という思いをしっかり受け止めてやることで、
  かえってその思いは心の中から消えていくんじゃないかな。

  それから、やはり仕事効率をあげることだと思うよ。
  アミの気持ちの中で、『忙しい。きつい』という思いが昇華できないから、
  本来は、もっと仕事はどんどん進むはずなのにそこまでは行っていない。
  『仕事=修行』みたいな思いが君にはあるだろう。
  つまり、やはり君は、世の中の事から若干引き気味なんじゃないのかな?

  もう、この世に好きで生まれたんだから、どっぷりつかってはどうかな。
  世の中のことから引かないで、もっともっと仕事に心を込めて、ぐっと踏み込んで行く、
  ある意味で進んで楽しめるような姿勢があれば、もっと、仕事も進むはずだよ。

  能力的には、君の場合、もっと事務処理能力を高めることだ。
  今まで逃げてきたからね。
  やるしかないだろう。
  もう、逃げられない状況になっていることは、君が一番知っているはずだ。

  まとめるよ。いいかい? 
  次の点についてもう一度考えてみたらどうかな?

  ◎『忙しい』『きつい』をいったん「そうだよね。きついよね。がんばってるよね」と、
   心と体の正直な声をしっかり受け止め、認めてやる。
   『体がきつい』
     →体を休める、食べ物や睡眠に気をつける、温泉に行くなどのケアーをする。

   『忙しい』
     →・仕事から気持ちの上で引き気味にならない。自分からぐっと踏み込んでいく。
       ・事務処理能力を上げる。

  ○何のために頑張っているのかを常に頭に入れておく(目標を見失わない)。
    →自分の心にやさしくささやきかける。
   「アミはよく頑張っているよ。
    今頑張っていることは、きっと、君の夢の○○○に結びつくよ。
    実際に今まで振り返って考えても、努力は必ず実ってきたでしょう。
    努力した分が自分に返ってくるんだよ。あと一息だよ。」

と、アミの心の整理の警備員さんは言いました。


【分析を終わって】

何だかここまで書いた時点で、アミのこころ的には少し整理されたような気がしました。

アミは、自分の心の中でぐずっていた赤ちゃんに言い聞かせました。

 ※ アミの心の中には、いろいろなタイプの人が住んでいますね(笑)。

「アミは、忙しいんだよね。
 きついんだよね。
 きついときは寝ようね。
 近くの海でも見に行ったらどう?
 明日には明日の風が吹く。
 少しずつ頑張っていたら、きっといいことあるよ。
 今までもそうだったでしょう。
 あと一息だよ。」

アミの心の中でぐずっていた赤ちゃんの寝息が聞こえてき始めました。


さあ、今日は主人と芝刈りをするぞ〜!!


◆編集後記◆----------------------------------------------------------

なが〜い、内容になりましたが、これらのことを考えていた間は、ほんの数分間のことです。

でも、アミの心の中は、数分後にすっきりとしてきました。

このメルマガを書いてもっとすっきりしました。

なんとか気持ちが明るくなり、やりこなせそうです。


今、小学校教師の友達から電話がかかってきました。


6年生のクラスが崩壊しており、学校全体が荒れて、子どもの対応に追われている。

いなくなったり事件を起こしたりする子どもに対応したり、崩壊している先生の愚痴を聞いてあげたりで、いつも帰るのが8時、9時になる。

学校の仕事に集中できないので、学期末は、平均睡眠時間が2〜3時間だった。


ということでした。


学校現場は、すさまじくたいへんです。
先生達は、心身ともに消耗しきっています。

アミも、自分の気持ちをなんとかコントロールしながら、できるだけ頑張ろうと思いました。

今、自分ができることをやっていこうと思いました。



応援してもらえるとうれしいなるんるん
共感できればポチッと押してねexclamation

   ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★にほんブログ村へ
posted by 女教師アミ at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アミの夢分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。