2009年09月17日

◆エピローグ【いかに考え、生きるかシリーズ 1】

こんばんは。
アミです。

実は、今日、大学病院に行ってきました。
腹膜炎になっており、原因をさぐるためです。
結果は、
「おそらく、子宮体癌かも?」
ということでした。

病院の先生からの話を主人と私で静かに聞いていました。
先生も淡々と話をされ、主人も黙って聞いていました。
わたしも
「そっかぁ・・・。やっぱりなぁ・・・。」
という感じで静かに聞いていました。
私は、
「余命何ヶ月? 何年ですか?」
と、尋ねたかったのですが、まだ、正式な診断結果も出ていないので尋ねるのを止めました。


◆エピローグ【いかに考え、生きるかシリーズ 1】◆

・・・ということで、今回から、
「死を前にして、いかに考え、生きるか? −アミの実体験から−」
といことをメインテーマに持ってきてブログを書こうと思いました。

「病気ブログに登場しようか?」
と、思って、のぞいてみたのですが、何となく、
「身体、病気」
にテーマの中心がある内容が多かったので、趣旨が私とは違うので止めました。

「やはり、スピリチュアルでいこう!
せっかくのいい機会だから、是非、この際、皆さんにもアミの体験をお伝えしよう。少しでも心磨きのたしにでもなれば・・・。」
と、思いました。

ただ、病院ではパソコンは打てないし、癌治療でへたばって書けなくなったら、ごめんなさい。できるところまで書きますね。

今、空きベッド待ちで自宅待機ですので、少し書けると思います。

今まで、私自身、自分のブログを売り込んだ記憶は、あまりないのですが、
今回のシリーズは、きっと、興味深いものになると思います。
(すぐ、断念したら申し訳ないのですが)是非、皆さん、読んで下さいね。



◆編集後記◆


「スピリチュアルな知識」「霊的人生観」
の大切さを今日ほど大切だと感じたことはありませんでした。

正式ではないにしろ、いわゆる
「癌告知」
です。

まあ、病院の先生も先生ですが、主人も、私も、極めて冷静でした。

アミの大前提に
「死は恐くない」
という考え方がしっかりあるからだろうな・・・と思います。

それと、もっと、もっと辛くて死にたいと思ったことが多々あったので、それらに比べれば・・・と、思っているのかもしれません。

それと、常に神様は、私達を導いて下さっているのだから、どうなろうとも、それが御心だ・・・という想いがあるからだろうと思います。

また、詳しくは、今後、書きますが、私の心は、人生の中で今、一番、晴れ渡っています。
「やっと、ここまで辿り着いた・・・。 もう、これ以上、苦しまなくていい。
私は、許してもらえるのかも(カルマが消えていく)・・・。」
というのが実感です。

主人が優しくしてくれるのが、とてもうれしいです。
今までの中で一番、優しいです。


【隣人の皆さんへ】

ヘライさん、昨日は、髪、ありがとう!
やっぱ、行っててよかったよ。
ヘライさん、全てを手放して、心をフリーにして。
「心の平和」
が全てだよ。アミは、それを手に入れられそうだよ(小さなリスクより大きな成果!)。

ぺこさん、いつも、ありがとう!
本当に、アミの良き理解者で、いつも、勇気づけてくれてありがとう!
ぺこさんの言葉にどれだけ励まされたことか・・・。
ぺこさんとは、よほどのご縁でしょうね。
てっちゃん、ありがとう!

とも子さん、心強い味方です。
いろいろ頼りにさせてもらっていますが、すみません。
これからも、よろしくおねがいします。
これをいい契機に
「ともちゃんバーションアップ」
をねらいたいところです。期待しています!

なるみんさん、私の危機を何回も、何回も救ってくれてありがとう!
感謝、感謝です。
私の言っていたとおり、後は、よろしく。
留守を頼みます。

おばちゃん、おいしい野菜スープをありがとう。
心と身体が癒されました。

あきえちゃん、うちのおとうさんと仲良くしてね。

(ブログは、見ないでしょうけれど)イシヤマちゃん、授業の加勢できなくてごめん。でも、君なら、一人でできるよ。
「愛」に生きてね。

お父さん、お母さん、私が生きて病院を出られたら、今度は、もっと親孝行をするよ。楽しみにしていてね。

おとうさん(主人)、私の役目は、まだ、果たせていないので、死ねないかもしれません。もし、生きていたら、今度は、心をもっと大切にし、人を大切にして、明るく穏やかな気持ちで生きようと思います。
でも、もし、死んだら、それはそれで、見えない存在となってお父さんをはじめ、みなさんを強力にバックアップします。

鈴さん、
「あなたの人生は、これで終了です。」
という神の声がするまでは、真心込めて、精一杯生きることですよね。
アミもそうしますよ〜!
鈴さん、一緒にがんばりましょうね。いつか、必ずお会いしましょう。




必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 20:33| Comment(14) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

◆愛の実践、エゴを捨てる(アミの反省) 【アミの一口コラム378】

こんにちは。
アミです。

今日は、1日中、家の片付けをしました。
でも、まだ、残っています。見ているとうんざりします。
でも、このまましておくと、ますますひどくなることは予測されますので、また、夜もがんばります!

・・・と、思ったら、友だちからの悩み?電話がありました。話していたら、もう、10時です。「ああ〜! でも、友だちの悩みは、少し解決できたからいいかあ〜。」と、思うことにしました。

皆さん、ここでお願いなのですが・・・。
これからアミが書いていく記事は、ほとんど本音のところで書いていきます。また、
「記事の内容に絶対の自信をもって、皆さんにおすすめ!」
という訳ではありません。アミは、そんなに立派な人間ではありません。どちらかというと、アミの個人的な日記のような感じで、
「アミは、こう考え、アミはこうします。」
というような気持ちで書きます。・・・なので、頑張って一生懸命に生きておられる皆さんに、アミの想いや考えを押しつけるようなことはありません。
「アミさんは、こう考えているのだなあ。」
ぐらいに気楽に読んでいただけたらうれしいです。
共感して下さるところは、試していただけるとうれしいです。


◆愛の実践、エゴを捨てる(アミの反省) 【アミの一口コラム378】◆

「愛の実践、エゴを捨てる」
と、私は、常に(自分にも)言い続けています。では、私がそれを確実にしているのか・・・と言えば、イエスとは言えません。

「愛の実践、エゴを捨てる」にもレベルがあります。

@自分に痛みを伴わなくてできる段階 「いいよ〜!」
A自分に少し痛みを伴う段階 「かまわないよ〜!」
B自分にかなり痛みを伴う段階 「ちょっとたいへんだけど、OK!」
C自分が犠牲(被害者)になっていると思えるほど痛みを伴う段階
「なぜ、自分が・・・? やるしかない!」


です。
私の場合は、@、Aは(気付く範囲では)だいぶんできるようになりました。Bも、いつもではありませんが、気付く範囲では何とか自分なりには、できる場合もあるでしょう。問題は、Cです。

このCの段階は、普通に生活をしていれば、あまりいかないのかもしれません。でも、本人に自覚があるとないとに関わらず、Cの段階で頑張っておられる方々も多いと思います。

もちろん、Cの段階を気持ちよくできれば、魂的にもとても向上します。
人は、Cの段階に来たとき、次のような行動パターンに出ることが予測されます。

【Cの段階に来たときに人がとる思考・行動パターン】

A.逃げる(しらんふりする、周りの人や環境が悪いと責める)。
B.しかたなく立ち向かう(不平不満の固まりとなる)。
C.何とか、前向きに考えようと言い聞かせて頑張る(不安定)。
D.積極的に立ち向かう(前向き思考、自然体)

です。

《Aの段階の人》
逃げられません。自分でセッテイングしてきた課題ですので、課題が解決できるまで、必ず追いかけてきます。この段階でとまっている人は、周りの人や環境のせいにすることがあります。課題解決以前の問題です。でも、自覚はあって、あえて、ちょっと休憩して、取り組もうという人もいると思います。それは、それで作戦でしょう。ただ、あまり先延ばしにはしないほうがいいかもしれません。

《Bの段階の人》
目の前にある、追い立てられるのでしかたなくするのですが、しながらぶつぶつと心の中で不平不満を言っていること多いです。仕事に誠がこもらず、成果が上がりにくいし、時間もかかります。今起きていることが自分の課題であることに、まだ気付いていません。この段階に止まっている人は、課題解決をしたことにならず、また、同じような課題が出てきます。

《Cの段階の人》
@、Aに比べて考えが前向きなので、気持ちが幾分明るく、波動もよいことがあります。心の状態にもよりますが目に見えないバックアップも入り始めます。この段階になると、課題を人や環境のせいにはしなくなります。ただ、身体が苦しかったり、忙しすぎたり、課題解決まで時間がかかったり、課題解決の見通しが見えにくかったりすると心が不安定になり、心身が疲労にしてしまいます。方向的には間違っていないことも多いのですが、本人的には、非常に苦しい状態にあります。
 
案外、課題解決に苦しむ以外にも・・・
○衣食住が足りていない。経済的にも不安定。
○心身が健康でない。
○家族のしがらみ、その他人間関係などがある。
等の条件が付加されていよいよ苦しい状況になっていることもあります。これらの基本的な部分の解決も合せてしていかなければならないでしょう。

この段階で課題解決をすれば、そこそこの魂の向上は、あるでしょう。ただ、気持ちや実践が不完全で、未解決の部分があれば、それが出てきます。

《Dの段階の人》
○使命感があり、精神性がある程度高いところにきている。精神力もある。
○Cの段階を超えられた人
この段階に来たこと自体が「魂の向上」と言えるでしょう。この段階に入れば、課題解決は、目前です。そして、課題解決をしたあかつきには、もう、同じような課題は出てこないでしょう。

アミは、まだ、@〜Bの段階を行ったり来たりしながら、もがいているのだろうと思います。早く、Cの段階にいきたいです。
そこで、Bの段階を早くクリアーするコツを考えてみました。

《Bの段階を早くクリアーするコツ》

◎「愛」と「自分のエゴ」が究極のところで闘っていることを認識する。
◎苦しくなればなるほど、今の自分、周りの人、環境に感謝する。感謝がテンションと波動を上げる。
◎考え方決め、方策をたて、実行し始めたら、解決の時は、「神のみぞ知る」で、おまかせする(ゆだねる)。長期戦も覚悟する。早く解決しようと思うと、返ってうまくいかない。「時は、神が決める!」と思う。
◎幸せな姿を思い浮かべ、ありありとイメージする。
○これだけしているのに(してあげたのに)などと恩着せがましいことは考えない。
○報われない(と思える)ことでも、内なる声に従って言ったり行ったりしたことであれば、「自分のためにした」と考える。
○人と比べたり、必要以上のこと(多くのこと)を望んだりしない。人は人と考える。
○考えてもどうにもならないことは、考えない。
○悪いもの、困ったこと等については、あえて、極力、眼や耳に入れない。
○「なるようにしかならない」という開き直りも大切。
○魂が喜ぶ、「美しいもの、感動するもの」を見たり聴いたりする。
○人のためになることを、できる範囲でよいので、考えたりしたりする。
○睡眠をしっかり確保する。
○身体を酷使しない。休養の時間もあえてとる。
○食事も、不規則にならず、できるだけ野菜、穀物、海草等を中心にとる。

自分のために、ちょっと書いてみました。それぞれの項目には、理由があるのですが、紙面の都合上、割愛します。
要は、
「波動を上げ、内なる声を聞きやすくし、見えないバックアップやエネルギーを得るための方策」
みたいなものです。


◆編集後記◆

「世のため、人のため」
とよく言いますが、これは、

☆人から喜ばれる場合
☆その時は、人から嫌がられ(理解されず)、後から感謝される場合
☆最初から最後まで理解されず、嫌がられる場合

等、いろいろあります。

人に関わるというのは、喜ばれたり感謝されたりすれば、やりがいもあります。
でも、嫌がられたり、理解されなかったり、気付かれなかったり、裏切られたり?する場合もあります。

見当違い、イランお節介的なこともあるでしょう。そんなときは、反省することです。
時期もあるのかもしれません。
でも、内なる声に従い、本当に相手のためを思ってしたことであれば、
「見返りを求めてはいけない。人のためではなく、自分のためにさせていただいた。」
と、思うようにすればよいと思います。

ただ、その場で相手が怒るというのは、まだ、その時期がきていないのかもしれません。或いは、必要とされていないのかもしれません。

人と人との関係は
「愛」
が基本だと思います。
でも、それができないから、転生輪廻を繰り返しているのでしょう。
人と人とが関われば、お互いに迷惑をかけたり、傷つけ合ったりすることもあるでしょう。
互いに許し合い、認め合う気持ちが大切なのかも知れません。

人はみな兄弟です。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 22:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆もっと深く、内なる声を 【アミの一口コラム376】

こんにちは。
アミです。

今日は、1日中、家の片付けをしようと思います。
明日は、学校に行って仕事をしようと思います。


◆もっと深く、内なる声を 【アミの一口コラム376】◆

昨日のあたりから、自分のイメージの中に
「黒い円」が出てきます。私は、
「ああ、心の象徴だなあ。」
と、思いました。

今まで、私の中で、心を象徴すると
「2重円」
でした。つまり、2層になっていました。中(核)が「潜在意識」。外側が「顕在意識」です。これは、心理学的に言ってもそうなんだろうと思います。

でも、昨日あたりから、私のイメージの中でちらちら見えるのは、1重円です。色は、「黒色」というより、「無限の宇宙につながるような黒」という感じです。
私が、若かりし頃、「心理学者になりたい」と思ったけれど、
「心の世界に首を突っ込むというのは、無限の闇の世界に入り込んでいくこと」
のように感じられ、恐くて断念した、あの「黒」でした。

私の心の中で声がしました。
「全てが潜在意識」
と。私は、
「そうだ! 夜にならないと潜在意識が表に出てこない!
なんて、決めつけなくていいんだ。昼間だって、心をピュアにし、本当に、真摯に心の中に問い、素直に耳を傾け、実行していけば、潜在意識に常につながっていくことができるんだ。
そうすれば、困ったことが起きても、悩みを抱えても、それは、遅かれ早かれ、必ず解決するんだ。」
と。

潜在意識とできるだけ接続状態が長くなるようにするのです。

今まであまり見えてこなかったことが少しずつ見えてきました。

大きな流れには乗って、導かれているという確信はあります。
でも、小さな、私、個人レベルでの課題がけっこうあります。その原因が少しずつ、見えてきました。
「そういえば、確かに、内なる声は、・・・しなさいと、言っていた。でも、私は、無視してきたよね。」
ということも判明してきました。

例えば・・・

○嫌なこと、価値を置かないことを後伸ばしにする。逃げる。それどころか意識の中で抹消しようとさえしていた。

○精神面に価値を置きすぎ、物質面、身体的な面を軽んじていた。

○人に要求する前に、自分ができることを精一杯していなかった。

○現在の状況を受け止め、そこに没頭して切れていなかった。

など、まだ、いろいろあります。


◆編集後記◆

上記のようなことに気付いたのは、私にとっては、画期的なことだと思います。

それは、私の仲間の皆さんのおかげです。自分一人の人生でしたら、

「そこまで自分の心を見つめなくてもいいよ〜!
こんなに身体も心も疲労困憊して、毎日、精一杯がんばっているのに、なぜ、これ以上、反省をして、もっと努力しなくてはいけないんだあ〜?!」

と、思ったでしょう。でも、仲間の皆さんが信じて、応援して下さるから、
「がんばらなくては・・・。」
と、思えるのだと思います。私一人のための人生でしたら、ここまで決して考えなかったことでしょう。


私は、「心の大切さ」を多くの方々にお伝えしていきたい・・・と思います。
そのためには、自分達が不幸であっては、説得力がないと思います。
「心を大切にして生きると、こんなに幸せになり、成功しますよ。」
ということを実際にお示ししたいと思います。
そのために、今、体験を積み中、奮闘中です。

竹の子の皮のように、向いても向いてもエゴが出てきます。
「不幸(のように見えること)は、天から降ってくるのではなく、自分のエゴが引寄せたものだ・・・。」
ということをつくづく感じます。

「いい想い」をもっていると、「いいこと」が引寄せられる。
「エゴ」の部分には、「困ったこと」が引寄せられる。
本当に宇宙の法則は、正確に働くもんだなあ。

と、思います。

「人のせい、環境のせいにしていては、いつまでたっても、トンネルから抜け出られない。」

と、心の底から思います。

「内なる声を必死で聴き、それにそって(たとえ自分的には、嫌でも)実行していこう。」
と、思います。

後、結果は、
「ゆだねる」
しかないと思います。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 08:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

◆愛は広がる 【アミの一口コラム374】

こんにちは。
アミです。


◆愛は広がる 【アミの一口コラム374】◆

今日は、ある詩人のギャラリーに行ってきました。
とても心のきれいな方でした。
心の大切さを伝えようと一生懸命に活動をされていました。
エゴの少ない方でした。

「ああ、この方の詩が世の中に広がればいいなあ。」
と、思いました。
ただ、私は、思いました。
「心の大切さを伝えようとする活動は、たいへんだなあ。
本当に真実であっても、それをたくさんの方々に伝えていくのは、たいへんだなあ。」
と。

「○○○な方法をとると、お金が儲かる!」
みたいな内容は、よく伝わるようです。でも、
「心がきれいになると、幸せになる!」
みたいな内容は、今、一つのようです。
「心がきれいになると、お金も儲かる!」
みたいな内容だと、広がるのかもしれません(苦笑)。

でも、全国各地で、心ある名もない人々が小さな活動を行っています。
量より質なのかもしれません。
マザーテレサも、確かそのようなことを言われていたようにも思います。

でも、質が量に転換することもあります・・・。

私は、実証したいと思います。
「心を整え、愛をもって、実践をすることで、人は、必ず幸せになること」
を。この世的にも、実証したいと思います。
希望を捨てず、想い、努力し続ければ、必ず、願いは叶います。
幸にも、私の周りには、想いを同じくする素晴らしい仲間達がいます。
力を合わせ、頑張っていこうと思います。


◆編集後記◆

−引っ込み思案な子どもに代わって−

引っ込み思案のお子さんをもたれているお母さん。
子どもが
「あ・・・。」
と、話し出す前に、あなたがお話をしてはだめですよ。
子どもがよその人と話すチャンスがあるときに、あなたが話すとだめですよ。
子どもは、あなたに頼ります。
あなたは、黙って待つだけでいいのです。

あなたは、
「うちの子は、引っ込み思案で・・・。」
と、困った顔をしますが、引っ込み思案にしているのは、
「あなたの(先走った)小さな親切」
かもしれませんよ。

お子さんが話し出すのを待ってあげて。
お子さんが他人と話す機会を保障してあげて。

お母さんが「待つこと」で、これから世の中の荒波を乗り越えて生きなければならないお子さんの自主性を育ててあげて下さいね。




必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 23:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

◆旅人 【アミの一口コラム372】

今日は、2階の片付けをするはずでした。
でも、突然、ある夢を見て、あることを考えひらめき本屋へ行きました。

そして、ヒントを得て、本も買ってきました。

夜は、うちの町の伝統芸能を見に行ってきました。

残りの片付けは、近いうちにしようと思います。


◆旅人 【アミの一口コラム372】◆

最近、
「がんばらなくていいんだよ。」
「あるがまま。」
等という言葉が聞かれます。

私も、そうあれればいいなあと思います。

でも、現実は、厳しい!

職場でも、他の関係のところでも、いろいろなところで
「パーフェクト」
という言葉は、使わなくても、ほぼ同じ意味のことを要求されることが多いです。

「頑張らなくては、やっていけないこともあるのだなあ」
と、つくづく思います。
ひょうひょう、淡々とリラックスしてやれれば、
「あるがまま。」
に近い状態かもしれないけれど、私は、そんなに人生を達観はしていません。
ましてや、身体が苦しくなれば、自分の身体を支えるだけで精一杯の状態です。

私は、やはり
「がんばらなくてはいけないときは、がんばらないといけないのだろう。」
と、思います。

今の私は、仕事上、不摂生がたたり、運動不足で太り気味です。
このままの身体では、これ以上の仕事ができなくなります。
だから、これからは、身体のメンテナンスも心がけていこうと思います。

私は、自分を信じてくれる人を裏切りたくないし、自分も裏切りたくありません。だから、
「身体のメンテナンスをしながら、もう少しだけがんばろう」
と思います。
全国でたくさんの人が頑張っていると思います。
頑張ることは、素晴らしいことです。
自分では、あまり格好いいとは思えなくても、果敢に自分の課題にチャレンジする人は、輝いています。

全てが自己責任です。
自分で選んだ道だから、自分で精一杯悔いが残らないように歩んでいきましょう。
決して、どんな小さなことも、人のせいにしないで。
人のせいにする人は、伸びません。

私も旅人です。
みなさんも旅人です。
共に、頑張りましょうるんるん


◆編集後記◆

最近、パソコン、メールの調子がよくありません。
ご迷惑をおかけしたら、すみません。

暑さがまだ厳しい中、皆さん、お身体には気を付けられてくださいね黒ハート



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

◆逃げないexclamation【アミの一口コラム371】

こんにちは。
アミです。
本当にご無沙汰してすみません。

アミが全く書かない状態でしたのに、何人もの方が見ていてくださって、本当にうれしいです。何度も、
「もう、やめようか・・・。」
と、思いましたが、声にならない応援をいただいて、
「よし、書こう!」
と、思いました。

今まで、激動の日々を送っていました。
毎日の生活を送るのが精一杯の状態でした。
朝、6時に出て、夜11時、12時、1時過ぎる帰宅になることもありました。
休みも殆ど無しの状態でした。
大きな流れの中でどんどん波に乗せられ?て、どこかに向かっていくような感じです。

夜、疲れ果てて帰宅し、もう、家のパソコンを開く気力もなくなっていました。
1日中、学校でパソコンを見ているので、もう、さすがに家に帰って深夜にパソコンを開く気力が出ませんでした。
本当にごめんなさい。

今からは、あまり肩肘張らず、自然体で書いていこうと思います。
アミのみっともない姿もご披露しようと思います。
お許しくださいね。

◆逃げないexclamation【アミの一口コラム371】◆

今、家を片付けています。
ほんとうに大掃除です。

私は、この家に引っ越してきてから数年間、まともな片付けをしていませんでした。
いつも、中途半端でした。

物は、どんどん増えていきます。
最初は、処分したり、整理整頓していたのですが、だんだん物が増える勢いに押され、とうとう負けてしまいました。
完全にギブアップでした。
私は、月日が追うに従って、家にいると気分が落ち着かなくなるようになりました。
目の前のゴミや散らかったものを見ていると、悲しくなりました。
でも、片付けませんでした。
疲れとあきらめで、片付けようという気持ちになれませんでした。

「片付け」
から完全に私は逃げていました。

でも、
「私の周りでは、T子さんやなるみんさん、みんなが必死で応援して励ましてくれるのに、こんなことでいいのか?」
と、私は思いました。

「家が散らかっていると、家の波動を落し、自分の波動も落し、来る人もいい気分ではない。お客商売をしている主人のためにも、片付けなければならない。主人の仕事がスムーズに進むようにするためにも、絶対に必要だ。私達夫婦、二人の問題ではない。責任があるのだから・・・。」
と、思いました。

私は、今まで大好きで習っていた英会話もしばらくお休みにすることにしました。
時間を何とか確保しようと思いました。

今日1日で1階がほぼ片付きました。
明日は、2階です。

◆編集後記◆

鈴さん、読んでいてくださるといいのですが・・・。
鈴さん、とってもお辛いことでしょう。
でも、鈴さんには、強力な守護霊がついています。
絶対に大丈夫です。
自分で決めてきた人生計画です。
やれるから、決めてきたのです。
逃げないで、進んでチャレンジしてください。
そして、
「自分の力ではどうしようもないこと」
「自分に直接は関係のないこと」
には、意識的に眼を向けない方がいいです。
できるだけ、
「明るいこと」
「楽しいこと」
「希望がもてること」
を見て、イメージしてください。
心の中に、マイナスのイメージや事実をできるだけ入れないようにしてください。
自分の波動を下げないことです。
意識的に明るく、笑顔で頑張ってください。
この人生を積極的にチャレンジし、愛深く生きることができれば、鈴さんの魂は、大きく成長されることでしょう。




必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 18:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

◆人生を楽しむ 【アミの一口コラム369】◆

−お礼−

おかげさまで、熱も1日で下がり、すっかり元気になりました。

アミの病気のパターンは、

@体温がす〜と下がる(→「病気になるなあ」という予感がする)。
A鼻水や咳が急に激しく出始める(→やっぱ、来た!)。
B身体が熱っぽくなる(→「なんかおかしいけど、まっ、いいや」と仕事を続けようとする)。
C突然、ものすごい眠気と、やる気のなさが襲ってくる(→「あっ、まずい。これは、守護霊が『眠れ』と、警告を出しているな。」おそらくこの時点で発熱している)。
D眠る(→体温が高い→体温が下がる→再び身体がぽっと温かくなる)。
E眼が覚める(平熱にもどっている)。
F通常の生活にもどる。

というものです。
ほぼ1日で、この癒しの過程は終了します。
病院には行かなくても大丈夫です。

殆ど、発熱することもないのですが、たまにとてもいいタイミング?で発熱します。

原因は、「疲れ、ストレス、気抜け」からです。
根本的には、「うまく身体や心をコントロールできない自分自身」が原因です。

ただ、病気の時に、「次の段階に進む鋭気」を養っているとも考えられます。
病後は、すこぶる元気になり、やる気が出ますので(眠っている間も、夢やボッとした意識の状態で、自分の考え方や心の持ち方を反省しています。それも心身の浄化につながっているのかもしれません)。

病気の時に、本当に「目に見えない力」をとても感じます。
守護霊の導きや、あの世のエネルギーを感じます。

でも、これはアミだけの特別なことではありません。
皆さんにもこのシステム(自然治癒力?)は備わっています。
それを上手に活用するかしないかの違いだけです。
「心の力」を使います。

また、病気の時には、いろいろな方々の温かな言葉や行為が身にしみます。
「ありがたいなあ」
と、思います。

メールやコメントであたたかな励ましやお見舞いの言葉をいただきました。
身近な方々からは、そっとしておいていただけるお見舞いもいただきました。
なるみんさんのお母さんの手作りのお料理も運ばれてきました。薫り高いお味噌汁をいただいて、身体の底から温まりました。

皆さん、ありがとうございました。
皆さんの愛のおかげで、よくなりました。


−映画「おっぱいバレー」に思う(ネタバレあり)−

「おっぱいバレー」を見ました。
この映画は、けっこう前評判がよかったようでした。

映画館では、ジャージ姿で、山のようにポップコーンをかかえた体育系の人々が多かったです。

ストーリーはシンプルでした。
先生も、生徒達の演技もさわやかでとても好感がもてました。
ただ、おもしろい展開がそうあるわけでもなく、大きな山場もそんなにめずらしい場面でもなかったようにも感じました。

ただ、私は、
「この映画が実話に基づいて作成されている」
ということに感動しました。

映画が終わって一番に感じたのは、
「主人公の先生、この後、就職できたのかなあ。」
と、言うことでした。
「正式の教諭として就職でき、幸せな教師人生を歩むことができたのならいいなあ。」
と、思いました。
私なら、
「生徒をうらぎらないために、学校を辞められるかなあ。」
と、思いました。

「たとえ、就職できなくても、このように映画化され、人に感動を与えられる価値ある人生を送れたので、よかったのだろう」
という見方もできますよね。

ただ、アミは、
「対象を現実の自分に置き換えて考えることが大切だ。」
と思います。

知的な人、反対に極端に感性型の人に多いのかもしれませんが、
「対象を自分に置き換えることが苦手で、『対象』と『自分』をつないだり関連させたりすることができにくい方」
がおられます。

「人のことは、あくまでも人のことで、自分とは違う世界のこと」
「相手の心に自分の心を同化できない」
といことかもしれません。

「自分がその人だったら・・・。」
「自分がその場にいたら・・・。」
という見方・考え方をすると、学びが広がったり深まったりするように思います。

映画で第3者が見れば、
「たいしたメリハリもない、ごく普通の青春ドラマだよね。」
と、思うかもしれません。

でも、
「この先生に自分を置き換えることができるか?」
と、言えば、だれしもが
「はい!!」
とは、言えないかもしれません。

きっと、本人にとっては、すごい選択で、かなりのメリハリのある人生でしょう。だからこそ、映画にまでなったのでしょう。
この主人公の先生の人生は、神さまがご覧になっていれば、
「うんうんと、笑顔でうなずかれる人生」
かもしれません。
でも、この先生の選択は、この世の常識から見れば、×、??なものかもしれません。
でも、アミは、
「先生は、あえて×で??な選択をせざるを得なかった。
でも、最後には胸を張って、誇りをもち、前を向いて歩み始めた。
悔いのない人生を歩む選択を進んでしたところが素晴らしい。」
と、思いました。

「一般常識人から見れば、??、×な生き方だったかもしれないけれど、神さまから見れば、OKの人生だったのではないだろうか・・・。」

と、思いました。


◆編集後記1◆

この映画は、「一人の人間の小さな人生の一こま」を表したものです。
それだけに、私には、この話がかえって身近に感じられました。
私には、けっこうインパクトがありました。

「私は、ここまで人生を真剣に、しかも楽しみながら、自分で納得して生きてきたかなあ。」
と、思いました。

私の人生を振り返ってみると、大きな選択については、
「自分がした・・・。」
というより、
「いつのまにかそうなっていた。そうせざるを得なかった。」
という感じが強いです。後になれば、
「それでよかったんだ。」
とは、思いましたが。

ただ、自分の顕在意識がきちんと納得してないままことが進んでいることもあってか、もともとこの世を疎んでいることもあったのか、要領が悪いためか、
「とことん楽しんで」
「集中して」
とは、ならなかったように思います。

おそらく周りの人から見れば、アミの生き方は、
「頑張り屋」
「熱心、意欲的」
と思われたところもあるかもしれません。

でも、自分のことは、自分でよく分かっています。

「中途半端」
「楽しめなかった」
ようにも思えます。
その時は、けっこう楽しんでいることもあるのです。
私は、遊び上手だとも思います。
でも、後になると、なぜか、苦しい思い出しかあまり残っていないのです。

今のアミの置かれた状況は、いい方向にどんどん導かれ、流れています。
でも、アミ自身の個人的なことに関しては、
「(普通に考えても)あまり楽しめる状況」
ではないかもしれません。
毎日、15、6時間働き、他にもいろいろなことがあります。
それでも、アミの仕事には、マイナスの評価が下ることも多々あります。

これからも、アミの人生の大きな選択は、
「そうせざるを得なかった。」
というような見えない糸で引っ張られるようにことは進むでしょう。

でも、これからアミは、
「どんな状況に置かれても、極力、それを楽しんで解決していく」
「人生や自分の目の前に置かれた課題から逃げないで、前向きに明るく進んで取り組む」
ようにしようと思いました。
「たとえ楽しめなくても、進んで向かい風に向かって歩みたい。」
と、思います。

考え方や心の持ち方を変えると、状況は変わるので大丈夫です。
「いやだ!」
とか
「なぜ、私がこんな人生を歩まなければならないの?」
等とぶつくさ言わないし、思わないようにしようと思いました。
すぐにはできないかもしれませんが、極力、そうなるように努力しようと思います。
特に、アミの周りの人々はがんばっているので、自分だけがマイナスの想いをもっていると、周りに伝わり、周りの方々のテンションも下げてしまうので、やめようと思います。

潜在意識が導いたと言っても、所詮、「自分の心の声」です。
また、生まれる前に「自分自身」が決めてきたことです。
「他の人」が決定したことではないのです。
全て、
「自分自身」
が決めていることです。
「人のせい」
ではないのです。

顕在意識がごちゃごちゃ考えるから、苦しむのです。
できるだけ、顕在意識のおしゃべりに耳を傾けず、潜在意識?のかすかな声だけを頼りに、生きていこうと思います。
そうすると、苦しさが半減するようですから。

「楽しみ」って何でしょう。
私は、
「軽い楽しみ?でいいのかなあ」
と、思います。
自分がありまるお金を手に入れ、豪華な品々を買い、何一つ不自由なく暮せても・・・。
地球のあちこちで戦争、飢餓、貧困等が頻発し、たくさんの人々が苦しみながら亡くなっていく現実を考えたら、
「私は、心の底から幸せ!!」
なんて言えません。
おそらく、これらの悲しみが地球から亡くならないと、人類には本当の幸せは訪れないことでしょう。

ただ、あえぎながら人生街道を歩むのも、苦しいので、
「生かされ導かれていることに感謝をしながら、気分は明るく、楽しい気持ちで元気よく歩んで行ければいいかなあ」
と、思います。

九州組も、それぞれの人が勇気あるチャレンジをしながら、がんばっています。
「場所は、離れても見えないゴールドの糸でつながっている方々」
もがんばっておられます。アミは、とてもうれしいです。お会いできることを楽しみにしています。

◆編集後記2◆

「『おっぱいバレー』を見て」というミニ研修会を昨晩、アミ、主人、ナルミン、知ちゃんの4人でしました(本当は、私達の仲間のイッシーも加わるのかもしれませんが、多忙なため映画を見れなかったので加わっていません。残念でした・・・)。

同じもの見ても、それぞれ視点が違い、とてもおもしろかったです。
映画の感想をもとに、
「対象の見方、生かし方等」
についてディスカッションをしました。

ミニ研修会の後、お好み焼きパーティーをしました。

今から、
「残りの食材をもって、近くの海で朝食にしよう」
ということで、みんなで海に行きます。

朝食が終わったら、学校に行きます。
どこにも行かず、仕事が主だった連休でしたが・・・。
学びの多い連休でした。
タイミングよく熱が出て、タイミングよく映画を見て、タイミングよく学校へ行き、タイミングよく研修会をする。

アミの感覚では、
「タイミング→潜在意識の声」
見たいな感じです。
人生において、タイミングはとても大切です。
タイミングをはずさないことです。

アミの周りの方々は、本当に心のある方ばかりです。
感謝です。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 07:49| Comment(12) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

◆「言葉」より「心の変革」を! 【アミの一口コラム368】◆

心を浄化させ、変革させていくためには、
「潜在意識(?)からの声を聞き届けること」
がとても大切なことのように思います。

「いつも(無意識のうちに)、心の中でごちゃごちゃ考えていること」

が潜在意識からの声を聞き届けることをとても邪魔しているように思います。
単純ですが、それがクリアーできないために、先に進めない場合が多いように思います。

言葉をどれだけ駆使して考えても、「顕在意識のレベルでの考え」は、あまり意味をなさない場合が多いように思います。

昔から言われている
「雑念を払う」
「無心になる」
といことでしょうか・・・。

私は、最近、自分が妙に納得がいく本を読んでいます。
ただ、それは訳本なので、日本語が分かりにくいし、内容も難しい感じです。

でも、言われている内容は、極めてシンプルなように思います。
今、それを必死で読んでいます。
私も、そこから、学びが得られそうです。
そこから得た学びを皆さんにも、お伝えできるかもしれません。

「真理(真実)」というのは、極めてシンプルなものなのかもしれません。
ただ、人は、頭や言葉では分かっていても、それを実行できないのかもしれません。

だから、似たような本をたくさん読み、いろいろな講習会、セッション?等に参加し続けるのかもしれません。
言葉だけが頭の中に重なっていくような気がするときがあります。
アミは、自分の言葉が空回りしていなか、不安になるときがあります。

私は、自分のブログですから、人に向けて自分の考えを伝えています。
でも、本当は、
「もっと、自分の心の中を見なさいよ。」
ということもあるかもです(苦笑)。

皆さん、できれば、アミのブログの言葉を参考にして、「自分の心」をしっかり見つめてくださいね。
どんなに「スピリチュアルな知識」をたくさん得ても、スキル身につけても、それらを基にして、自分の心を変革していかなければ、
「知識も机上の空論」
「マニアックなスピリチュアリストのマニアックなお話」
で終わってしまいます。
,
「幸せの青い鳥」は、外にはいません。
一人一人の心の奥底に眠っています。
その鳥を目覚めさせるのは、あなた自身です。

「スピリチュアルな知識」が目覚めさせるのではなく、
「スピリチュアルな知識を使って、あなた自身が自分の心の変革をさせること」
で、目覚めさせるのです。

今、「自分の心を変革させる時」です。


◆編集後記◆

私は、今読んでいる本で

「単純な真理を理解し、実践できないから、あなたは、スピリチュアルな道をいつまでも放浪しているのです。」

というような内容に出会いました。

私は、はっとしました。

私は、自分の現実を振り返りました。
「ああ、私には、・・・なことが足りていなかった。」
「今度から、・・・・をしよう。」
と、思いました。

たった1文ですが、
「・・・・をしよう。」
については、今までの私の価値観にはなかったものです。
初挑戦です。

今まで価値をおいてなかったこと、初めてのことに挑戦をするのは、たいへんなことです。
でも、私は、悔いの残らない人生を過ごしたいので、
「挑戦自体を楽しみながら、これからやっていこう」
と思いました。




必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

◆愛を行動に! 【アミの一口コラム367】◆

皆さん、こんばんは!
アミです。

連休中、どのようにお過ごしですか?
「連休なんて・・・。家でごろ寝だ!」
「連休こそ、稼ぎ時! ばりばり働いています。」
・・・いろいろでしょう。

アミの場合・・・

2日:学校の飼育小屋のウサギを動物病院に連れて行き、終わった。
夜は、行政書士の勉強会の新人歓迎会。
夜、猛烈なのどの痛みと頭?歯?のうずきでろくに眠れず・・・。

3日:張り詰めていた糸がぷつんと切れた感じ・・・。
学校に行きかけたけれど、熱が出て、しかたなく歯医者に行って、帰宅して寝ていた。

4〜6日:おそらく学校へ行って、仕事をする(だろう)。

です。

何とまあ、楽しい連休です(苦笑)。

あまりにも楽しい連休だったので、熱で意識がもうろうとしながらも、近くの神社に立ち寄って、祈りました。

「無心で」
「清き、明き心で」
「全てが順調、このままでよい。」
「雑念を入れるな。」

と言った言葉が、アミの心にふっと浮かびました。
いつも、この神社に行くと、同じようなことを言われているような気がします。

「もう、何も考えずに歩こうかなあ」
と思います。
近くにいる仲間達を信じようと思います。
「もう、大丈夫」
と、思います。

とりあえず、自分が手に持っていたいくつかの色のバトンを仲間達に渡しました。
私は、今、白いバトンを1本だけもって、走っています。
このバトンは、「コーディネートのバトン」です。
でも、私の腰にぶらさがっている巾着の中には、まだ、数本のバトンが入っています。
このバトンを受け取る人が出てくる前に、ある地点まで、行かなければなりません。
そこまで行かないと、次の方々に出会えないのです。
私は、ひたすら前を向いて走ります。
仲間の待つ地点を目指して。

意識がもうろうとして、何のことを書いているのか、自分でもよく分かりません・・・(苦笑)。


◆編集後記◆

皆さん、どんな小さなことでもいいのです。
「愛を込めて仕事、行為」
をしてくださいね。

今こそ、
「愛の輪」
を地球に広げていくときです。

でも、それは抽象的なことではありません。

愛は、「具体的なこと。」
「実践的なこと。」

です。

家族、周りに縁あって来ている方々に、
「誠意と笑顔とユーモア」
をもって接しましょう。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 20:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

◆常に、心に太陽を! 【アミの一口コラム366】◆

もう、ずっと以前から世界中では様々なことが起きています。
日本でも、様々なことが起きつつあります。

リストラ、パンデミック、借金、学級(学校)崩壊etc.

マイナスイメージの言葉が連なります。
反対に、
「心」「心を伴った行為、仕事」
等の言葉も静かに広がっています。

全体的に言えることは、地球の人々は、
それぞれの人々が、それぞれの環境の中で、人生の中で、
「大きな危機や転換期」
に面している(面そうとしている)ということではないでしょうか。

誰しもが、大きな危機に面したり、転換期を迎えたりすると、
心は、そんなに晴れやかな状況ではないでしょう。

アミも、ご多分に漏れず「そう!」です。

今日も、行政書士の勉強会が7時からありました。

でも、その最初のメンバーが訪れる前、1分前まで(朝から学校に行き、疲れ果てて帰り、家を片付けながら)、主人に
「ああ、私は、もう人間やめたい!」
「こんなに苦しいことばかりなら、死んでもいい!」
等と、不遜極まりないことをぶつぶつ申し立てていました。
本当に、人間やめたいわけでもなく、死んでもいいなんて思ってもいません。
「ここまでがんばり、役目を果たさずして、死ねるか!!」
と、本心では思っています。
でも、心にもない、大グチをたたきたいぐらい、
「辛い・・・。」
と、日々、感じているのは事実です。アミも、今、置かれている状況は、人に言えないほど厳しいものがあります。
「大切な人々やこと」にかけた分、「自分自身に関わること」が超最後になり、今、必死でその後始末、落とし前つけを独りで黙々と行っている最中です。早くしなければ、第2波が来るので、気持ちも焦ります。

ただ、その裏には、
「とても充実している」
「苦しいけれど、ことは極めて順調に進んでいる」
という実感もありますが・・・。
後悔はしていません。

行政書士の勉強会に来る方々は、みんなこの世的に見れば、ハッピーな方ばかりではありません。

今、失業中の方。
頑張ってもなかなか勉強が進まない方。
勉強したくても、勉強時間がとれない方。
仕事を全て捨てて、行政書士試験にかける方。
借金まみれの方。
自分の仕事で一杯一杯の方。
大きな責任を背負っている方。

いろいろな苦しい状況の中で頑張っています。
でも、みんな、アミの家に来ると、明るいのです。
そんな苦労を背負っているようには、見えないのです。
(でも、きっと、一人になると、辛い表情をされるのかもしれません)
おかげで、アミも、明るく頑張っている人が来ると明るくなります。

「みんな苦しくても頑張っているんだから、アミも、明るくテンション上げて頑張らなければ・・・。」

と、思います。


◆編集後記◆


どんな試しがあろうと、どんな辛い後始末があろうと・・・。
テンションを下げないこと。
心を明るく、前向きに常に向けておくこと。
課題から逃げないで、課題をしっかりとらえ、それを解決するべく頑張ること。

・・・が、大切ですね!

今から、世の中は、急速に悪化していくでしょう。
「備蓄」の準備も大切です。
それも、もう始めておいたほうがいいと思います。

ただ、最終的に自分を守るのは、
「自分の心」
です。

地球の人々が
「ものやことではなく、『心』に眼を向けるためのきっかけ」
として・・・。

或いは、「人間が行った行為の反作用」として・・・。
「カルマの刈り取り」として・・・。

人々にとっては、「様々な困ったこと」がこれから起きるでしょう。

それらに対処する一番の手立ては、
「心の曇りをとり、愛ある生き方をし、波動を上げること」
です。
波動を上げれば、波動の低いものは、引寄せられません。

「この困難な時代に敢えて生まれ、自分の使命(仕事)を果たそうと生まれる前から決めてきた方々」
は、もう、悠長なことを言っておられないのかもしれません。

単なる、個人的な妄想ですが・・・。

私は、
「新型インフルエンザは、来年ぐらいかな・・・。」
と、予測していました。

でも、今から、数ヶ月前、夢で
「厚い壁のドアのある自分の家に閉じこもり、外を眺めている場面」
を見ました。
外には、小学生が歩いていました。その小学生の服装は、初夏の頃の感じでした。外は、太陽がじりじりと照っていました。
私は、
「今、外に出てはいけない。でも、食べ物も何もない。困ったなあ。」
と、思って、外を眺めていました。
その夢を見た後、
「もしかしたら、新型インフルエンザの流行は早まるのかなあ」
と、思いました。

予想以上に、時代の流れ(展開)が速くなっています。

素直な心でエゴを捨てて、無心になって、潜在意識の声に耳を傾けてください。
今、判断を間違えることはとても危険です。

無心になって、
「何が一番大切なことなのか・・・。」
について、考えてください。

「人」「もの」「こと」ではなく・・・。
おそらく
「心」「愛」
という「精神性に関わる言葉」のほうが適切かもしれません。

自分や家族の未来のこと、これから先のこと、老後のこと等を考えるのではなく、
「今、自分はどうすべきなのか?」
心を無心にして考え、判断するほうが、返って、
「楽しい未来、豊かな老後」
が保障されるのかもしれません。

「情けは人のためならず。」
ということも、あるかもですね。


必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 21:15| Comment(9) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

◆普通じゃない人生? 【アミの一口コラム364】◆

皆さん、こんばんは。
アミです。

今日も、へろへろになっての帰宅でした。
午前様に近い帰宅時間です。
本当は、一番、いい顔で一番波動のいい状態で、主人に会いたいのに・・・。
一番??な状態で、主人に会っている自分が悲しい・・・かな。

「普通の人」
「普通の生活」
って、すごい!

っと、思います。
時々
「普通の人生」
にあこがれることがあります。

でも、「普通じゃない道」をアミ&主人は選んでしまいました。
私の周りの方々もそうかもしれません。

アミは、時々
「今世は、(普通の人生を)あきらめ、来世では『普通(の人生)』を選びたい!」
と、思います。

「普通じゃない」
ということは、人から理解をされにくい。
・・・どころか、「誤解をされる人生を歩む」ことにもなります。

その辛い誤解にも耐え、アミは、堂々と
「普通じゃない人生」
を歩もうと思います。

ただ、覚悟は決めているものの、あまりにも
「誤解」
が大きいとへこみます。

でも、もう、後には戻れないので、がんばります。


◆編集後記◆

アミは、この世的にみれば、
「キャリアウーマン」
の分類に入るのかもしれません。

でも、そのキャリアウーマンも、変に人情にほだされ、キャリアウーマンにも徹しきれず、
「中途半端なキャリアウーマン(おばさん)」
をアミは演じています。

また、アミは、「いいキャリアママ」にもなれなかった。

・・・けど、せめて、「いいキャリアワイフ」にはなりたい。
主人のために、もっと何かをしたい・・・。

と、思います。

「苦しくても、後ろは向かない!」
・・・と、アミは自分に言い聞かせています。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 00:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

◆愛は現実を創る 【アミの一口コラム362】◆

皆さん、こんにちは。
アミです。
しばらくのご無沙汰でほんとうにすみません。

やっと、落ち着いてきました。
二人の「心友だち?」が、私の近くに移住してきました。
私の予想通り、二人は、以前以上に(以前とはうって変わって?)、輝いた生活をし始めています。
ご本人方もそう感じていることでしょう。

リスクを乗り越え、自分の心の壁をハンマーでたたき壊して、飛び込んできた二人です。
その勇気と素直さと使命感に敬意を表したいと思います。

私達は、行政書士の勉強会をしています。
最初は、3、4人でした。
ところが、思わぬ展開で、なぜか、今日で、総勢8人になってしまいました。
縁ある方々がぞくぞくと集まってきているような感じがします。

「心ある仕事、愛ある仕事、社会貢献できる仕事、一般庶民も法の恩恵が受けられる仕事をしよう!!」
というのが、アミの法律事務所のコンセプトです。
おかげさまで、開業2年と少しですが、仕事は順調です。

「正直者は馬鹿を見ない」
「正義は通る(勝つとまでは言わないけれど)」
と、実感を通して思います。

「無心で愛を込めて仕事をすると、本当に、大きなサポートが入って広がっていくんだ・・・。」
ということを実感します。

私達は、
「愛(I)グループ・地球ナンバー○○○○番?」
です。

この愛グループが地球上にどんどん生まれ、増えて広がっていくと、必ず、地球に何かが起きるでしょう。



◆編集後記◆

自分を客観的に観ることは、とても大切です。
えてしてスピリチュアルな傾向が強い方(以前の私もそうでした。今も若干その傾向はあります)は、自分を主観的にみる傾向が強いように思います。

自分や自分の心を観る視点をいくつももちましょう。
簡単なのは、
「自分の周りの人は、自分をどうみているだろうか?」
「心ある人、自分の心を導いてくれそうな人は、自分をどう見ているだろうか?」
と、あくまでも、「現実の人」に視点を置くのです。

ここで「内なる神」等に置くと、とっても独りよがりになる場合があるので、あえて「見えない存在」には、視点を置かないのです。

このような見方をすると、「見たくない自分の現実」を見ることもあります。
でも、それもとても大切なことです。
スピリチュアルというのは、「現実の生活」と遊離しているものではありません。
本当に、心がまっすぐなら、現実もそうなっていくのです。
ですから、現実が??ということは、
「あと少し、心に課題、修正すべき点がありますよ。」
というメッセージでもあるのです。

もし、ご自分が
「極めて主観的」
「極めて感性型」
と、思われる方は、そのようにちょっと、クールにご自分を見つめてみられるのもひとつかもしれません。

今、自分に甘くすると、後がたいへんになります。
自分を磨いてください。
それがまずは、基本です。
「愛を広げる」
ということは、まずは、自分自身を磨き、自分自身が
「愛の人」
にならないと人をサポートするまではいけないのです。


◆愛ある方々へのメッセージ◆

アミのたいへんな仕事は、4月で一区切りつきました。
かなりの犠牲?も払いました。
今まで、押しやっていたものを、今、猛ダッシュで挽回をしています。

次の第2弾がもうそこに来ているからです。

アミの周りにも、大きな愛の輪(和)ができつつあります。
一人一人は小さくても、それが集まると大きなエネルギーを発します。


関係者?の方々、どうぞ準備をよろしくお願いいたします。
もう、そろそろ出番ですよ(笑)。




必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 20:02| Comment(6) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

◆天を見上げて 【アミの一口コラム360】◆

こんにちは。
アミです。

異動の内示がありました。
アミは、とっても異動のことが気にかかっていました。
でも、アミには異動はありませんでした。
内心、ほっとしました。
「本当によかった。」
と、思いました。
本当のことをお話すれば、
「もし、私が・・・な異動になれば、神も仏もないよね・・・。」
と、ついつい、不遜なことを思ってしまうほど、辛い予測をしていました。
でも、蓋を開ければ、アミ的には、
「少し、余裕をもってがんばれる状況」
になっていました。

「『異動』というのは、本当に大切だなあ・・・。」
と、思います。
「職場の人間関係が変わる」
ということに大きな意味があるように思います。

特に、
「公立学校」
というのは、おもしろいです。
うちの市は、殆ど6年間おきに異動があります。
ですから、必ず長くても6年間後には、人間関係が大きく変わるのです。
ちょうど、職場の人間関係からいろいろなことが一通り学べ、
「もう、いいかなあ。」
という期間です。
私は、ありがたいことに、異動の度に
「おもしろく学びが多い人間関係」
に投げ込まれます。

私は、基本的には、職場の人間関係というのは、
「仲良し集団」
でなくてもよいと思います。
「考え方や性格が違った人」「ウマが合わない人」
がいてもいいと思います。
おそらく、自分にとっては心地悪くても、そのほうがいいと思います。
「自分の生き方、考え方に揺さぶりをかけてくれる人間関係」
だからです。
周りにイエスマンばかりいれば心地よいでしょうが、「自分の学び」にはあまりならないからです。

「職場は、学びの場」
「愛の実践の場」
です。
「いかに職場の人達と調和しながら、よりよい仕事、愛ある仕事を生み出していくか」
がテーマです。

どちらかとというと、
「友だち関係」
は、癒されたり、励まされたり、共感し合えたり、似たレベルで学び合えたりする
「似たもの同士の関係」
です。
逃げようと思えば、逃げることができる(付き合いを自分の意思で止めることができる)そういう関係です。
そういう関係も必要です。

でも、一方で、自分を磨く、多少、心地悪い関係
「職場の人間関係」
は、
「心磨き」「調和と切磋琢磨を学ぶ場」「愛の実践の場」
という意味で、とても大切です。

※「職場の人間関係」は、逃げにくい環境です。
ということから考えれば、
「身内関係」「ご近所関係」「クラス集団」
等もそういう関係と近いかもしれません。
「逃げにくい関係」
は、うまくいかないと辛い関係です。
でも、だからこそ、そこには
「大きな学び」
があります。


◆編集後記◆

今回の異動が決まる前に
「辛いイメージ」
を自分がイメージしてしまうと、すぐ、その直後? 同時に
「桜咲く」
という言葉と、
「桜の花が咲いているイメージ」
が出てきました。

「『大丈夫!安心しなさい』という守護霊? からのメッセージだろうな・・・。」

とは、思いつつ、やはり、不安な気持ちでした(まだ、信じる気持ちが足りませんね・・・苦笑)。
でも、とりあえず、
「今までも、守護霊は必ず私を守ってくださっていた。だから、今回も大丈夫。」
と、自分に言い聞かせました。

私は、ずっと
「どうぞ、私や主人、周りの仲間達とともに、自分の役割、使命を果たせる方向にお導きください。そのような環境をお与え下さい。」
と、祈っていました。

おそらく、
「そのような環境が出てきた」
と、思います。

どんな時にも、どんな苦境に立たされても、
「高き志、目標」
をもち、そこだけを見失わないようにすれば、必ず、
「導き」
があります。

ただ、人は、冷静なときは、
「うんうん。そうだ!」
と、思っていても、自分がいざその立場に置かれると、なかなかそのような判断ができなくなる傾向があるようです。
「目先のこと」にとらわれ、自分なりにもっていた志や目標が消えてしまうことが多くなるようです。
そうなると、心が曇り、正常な判断ができなくなり、謝った選択をしてしまいます。
人のアドバイスも耳に入らなくなります。
負のサイクルに陥っていきます。

どんなときにも、決して
「志、目標」
を失わないでください。

苦しいときには、人は、どうしてもすぐ自分の足元の「地(地面)」を見てしまいます。

苦しければ苦しいほど、
「天」
を見上げるのです。
そうすれば、必ず、「導き」があります。

どんな状況になっても、決して
「希望」「理想」「志」「愛」
を捨てないでください。




必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 07:11| Comment(5) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

◆人それぞれ2 【アミの一口コラム356】◆

前の記事に続きます。

・・・でも、
「決断の仕方」
は、人それぞれなんですね・・・。

Aさん・・・。
アミの眼には、
「ある判断をしないと、Aさんが本当に窮地に追い込まれる姿」
が見えました。でも、
「ある判断をすると、窮地が脱しきれるだけでなく、大きく飛躍する姿」
も見えました。

昨年、
「今がチャンスよ!」
と、アミは、Aさんに勧めた話がありました。でも、Aさんは、スタートラインぎりぎりまでは行っていたのですが、踏み切れませんでした。私は、その時、
「ああ、Aさんは、大きなチャンスを逃してしまった・・・。
ここまで頑張ったのに、断念して・・・。
もう、チャンスは当分、巡ってこないかも・・・。
きっと、この後、たいへんなことになるよね・・・(守護霊がAさんに決断させるためにいろいろな手立てを取るだろうから)。」
と、思いました。

「本来でしたら、Aさん、もう無理だよね。
説得する時間もないし、Aさんの人生なのだから、これ以上、干渉するのはやめよう。」
と、言って、さっとサポートをやめたところです。
実際に、もし、サポートしても、Aさんは、逃げるだけで変れなかったでしょう。

ところが・・・。
昨年、
「私は、・・・という選択肢を取った方がいいのではないかとは思います。
アミさんがおしゃっている意味もよく分かります。でも、今の自分にはできません。」
と、言っていたAさんが、最近になって、
「自分は、自分の判断で、アミさんの言う・・・という選択肢をとることに決めました。」
と、言って来ました。

この決断は、Aさんの運命を大きく変える重要な決断だったのです。
今までのパターンでしたら、普通、大きなチャンスを逃すと、なかなか次のチャンスはなかなか巡ってこないことが多かったです。
しかし、Aさんに、二回目の大きなチャンスが、半年後に巡ってきました。

その理由は・・・。

○Aさん自身に向上心、誠実さ、家族愛、大切な使命等があった。そして、たゆまぬ自己研鑽をし続けた。

○アミがAさんのことをとても大切に思い続け、
「できるところまでのサポートをしよう」
と考え、し続けた。

○Aさんの守護霊が強力でAさんを後ろからばんばん後押しした。その結果、Aさんは、たくさんの成功体験をもつことができた。

○Aさんの守護霊の力が強力だったので、短期間のうちにAさんの心が変化でき、タイミングが遅れることを防いだ。

等です。

Aさんの場合は、短期間ではっきりと出てきたので、よく分かります。
でも、他にも、
「今の自分には、いいと分かっていても決断できない。」
と、言っていた人が、じわっと決断の方向に近づきつつある様子が分かる方が何名かいます。

大きな決断というのは、本人にとって、「大きなリスクを負う」と、考えがちです。でも、本当は、たいしたリスクではないのです。
判断が正しければ、それは、結果的には必ずいい方向にいくので、リスクがリスクにならなかったり、リスクを超える素晴らしい成果を得たりすることができるのです。

ただ、普通、人には未来のことは見えません。

アミのような直観派は、未来の様子を少しキャッチできます。
「今は、『現在』なのですが、同時に『未来』もうっすらと『現在』に存在し、そのうっすらと存在する『未来の映像』を現在の自分が観ている。
今は、現在なのだけれど、過去と現在と未来がうっすらと同居している」
という感じでしょうか・・・。

或いは、
「人というのは、けっこう似たような道を歩む。自分も同じような道を歩んできたので、後ろから歩んでくる後輩にその歩み方をアドバイスできる。」
という感じでしょうか・・・。

でも、「今、現在の道」を歩むのに必死な人は、なかなか未来のことが見えないのです。
未来は、「未知なこと」だからです。
だから、「判断」「決断」に迷うのです。
それはいたしかたないことかもしれません。

そんなときは、己を空しくし、エゴを捨て、自分の理想を思い描き、潜在意識の声に従って、判断するといいです。
ですが、大体、窮地に追い込まれているときは、心が雑念でおおわれ、曇っていることが多いので、難しいです。

そんなときに、「一歩、先を歩んでいる人生の先輩」、或いは、「自分の代わりに自分の潜在意識の声をキャッチしてくれる人」のアドバイスを聞いてみるのもいいですよ。
あまりにも、自分の想いに固執し続けていると、本当にタイミングを逃してしまいます。


◆編集後記◆

「大きな時代の変化」を感じます。

「大きなチャンスを逃したように見えても、その人が前向きに努力し、求め続ければ、再び、早い時期にチャンスは巡ってくる」

と、思います。
すぐに、判断、決断ができなくても(それが必要な場合もあります)、絶対にあきらめないで、志をかかげ、前向きに努力をしていきましょう。
どの守護霊も必死で応援しています。
本人が努力を続ければ、きっといい方向に導いてくれます。

ただ、あまりにも自分の想いに固執し、自己変革を拒み、謝った判断をし続けていると、本当にタイミングを逃し、気付いたときには、はい上がれないほど深い落し穴にはまってしまうことがあります。

心を空しくし、落ちつかせ、潜在意識の声を聞き届けて下さいね。




応援のクリックをお願いします!exclamation
    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
posted by 女教師アミ at 03:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

◆人それぞれ 【アミの一口コラム355】◆

おはようございます。
アミです。

コメントへのお返事が少し遅れています。
すみません。
いつもながら、帰宅時間が11,12時の世界で・・・。
家に帰ったらダウンです(苦笑)。

取り急ぎ、記事だけでもアップを・・・と、パソコンに向かっています。

最近、学んだことがあります。

私は、思い切りがいい方で、
「即断即決」
のタイプです。
「チャンス!!」
と思ったら、
「即、行動!」
です。

或いは、ジャンプするまでにじっと1,2週間は考えるのですが、否、ぼ〜っとしているのですが、
「ある日、ぱっと『この方向だ!!』」
という決定が心に降ってくるのです。
そうしたら、即、決断です。

ですから、けっこう、タイミングよく、ことがどんどん進みます。

でも、
「決断の仕方」
は、人それぞれなんですね・・・。

Aさん・・・。
昨年、
「今がチャンスよ!」
と、アミは、Aさんに勧めた話がありました。
でも、Aさんは、ぎりぎりのスタートラインまでは行っていたのですが、踏み切れませんでした。
私は、その時、
「ああ、Aさんは、大きなチャンスを逃してしまった・・・。
ここまで頑張ったのに、断念して・・・。
もう、チャンスは巡ってこないかも・・・。
きっと、この後、たいへんなことになるよね・・・。」
と、思いました。


☆・・・・・・・・・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・・・・・・☆


・・・・と、出勤時間が迫ってきました。
この続きは、後ほど。

行ってきます!
皆さんにとって、今日も学びの多い、いい1日でありますように!




必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいでするんるん
応援のクリックをお願いします!exclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
posted by 女教師アミ at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

◆ゆだねる 【アミの一口コラム353】◆

こんにちは。
アミです。

ふっと庭に目をやると、サクランボの花が満開になっていました。
薄い桜色の花が咲き乱れていました。
家を建ててから初めてサクランボの花が咲きました。

主人と二人でうっとりと見とれていました。
「縁起がいいね。」
と、喜び合いました。

でも・・・。
3月というのは、私にとって不安な月でもあります。

ここ6年間ほど、2年、1年、2年、1年という間隔で職場が変っています。
普通、教職員は、うちの市では(新採でなければ)6年間ぐらいは同じ学校にいるのです。なぜか、アミの場合は、この短い間隔で職場が変ります(別に悪いことをしているわけではありません・・笑)。しかも、公立の小学校だけでなく、国立の小学校、役所関係、昇任など、大きく変っています。それぞれが、かなり違う職場です。変わり方も変っていて、周りの人も自分も、突然、??という変わり方です。こういう変わり方をすると、同じ教職員と言えども、「転職」に近い感覚です。そして、変る度に辛いスタートを切ることも多かったです。職場にいるときも、離れるときも、辛い感じのこともありました。

でも、結果的には、どの職場に言っても大きな学びがあり、
「とてもよかった。」
とは、思いました。ガイドの導きにたいへん感謝をしています。
「後ずさりするアミを後ろからばんばん押してくれる感じの導き方」
です。ただ、こうころころと仕事が変るとかなりのストレスを感じるのも事実です(ガイドさん、すみません)。

今年で2年目が終わりました。
「また、変るかも・・・。」
と、思います。たとえ変らなくても、また、大きな変化がアミに訪れようとしている感じがします。

何となく、
「今の職場で今の状況での学びが終わった感」
があるのです。また、今の状態が全く変らないとこれ以上、大きな学びがないような気がします。転勤でなくても、大なり小なり、環境に変化が起きるのは必須のような感じがします。もうすでに私を取り巻く環境で大きな変化の予兆が現われました。今回も、
「辛い感じのスタートかなあ。」
と、思います。でも、
「まだ見ぬ未来を憂う、取り越し苦労はやめよう」
と思います。

このような取り越し苦労をしていると、心が雑念で満たされたりマイナス思考になったりして、波動が下がり、低い波動の現象を引寄せ、ろくなことはありません。
「取り越し苦労」もある意味、
「自分を守りたい。」
「苦労はしたくない。」
というエゴからくるものです。
「できるだけ明るい気持ちをキープしよう」
と心のコントロール中です。

考えないためにも、身体を必死で動かしています(考えないことも大切です)。
いつ変化が来てもいいように、今、さっさと仕事を片付け、書類を整理しています。私の前の教頭先生は、本当にきれいに仕事をされていて、私が赴任してきたときは、私が使うファイルまで作成してくださっていました。本当にありがたかったです。ですから、私も、同じようにきれいに仕事を片付け、もし、私が変ることになれば、次の教頭先生の仕事がスムーズに行くようにしておきたいと思います。


◆編集後記◆

このシーズン、「職場が変る」など、変化が多い月になります。
やはり、不安な思いになる方も多いことでしょう。
アミも、「変化」は、正直言って、不安だし、ある意味、恐いです。

でも、今まで結果的には、全てがよいことになっています。
「私のガイドを信じておまかせをしよう」
と思います。
「取り越し苦労」は、極力しないようにしようと思います。

「ベストをつくして、後はゆだねる気持ちが大切だ。」
と自分に言い聞かせています。


必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいでするんるん
応援のクリックをお願いします!exclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
posted by 女教師アミ at 06:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

◆地球さん、ありがとう! 【アミの一口コラム 348】

こんにちは。
アミです。

温かなコメントの数々、本当にありがとうございます。
とっても励まされます。

お返事が書けなくてごめんなさい。

半分寝ぼけていても、コラムのように自分の好き勝手に書けるものは、何とか書くためのエネルギーが残っているのですが・・・。
たとえ、短くても、自分以外の方のコメントやお尋ねに対してきちんと答えることができるぐらいのエネルギーはまだ今の状態では確保できていません。
ごめんなさい。

エネルギーが蓄えられ次第、いつでも書けるように、コメントの整理をして準備はしています。
失礼なのは重々承知ですが、もうしばらくアミのエネルギーが出てくるまでお待ち下さいますか。


◆地球さん、ありがとう! 【アミの一口コラム 348】◆

私は、もう、悲しみに満ちた3次元の地球には生まれ変わりたくないと思います。
自分は幸せでも、隣の人が不幸せのどん底にいたら、私は楽しい気持ち、幸せな気持ちになれません。
おそらく、みんなが(少なくとも私の周り、私に入ってくる情報の範囲内では)幸せでなければ、私は幸せを感じることができないでしょう。

アセンションがあろうとなかろうと、私は、3次元の地球には、もう転生したくありません。

これが私にとって、最後の3次元の地球です。

今まで、私や人類の魂修業の場を提供して下さった地球。
自分の身体の上で、何世紀にも渡って、戦争や醜い争いを起こしながら生きていく人間達を許し、温かく見守って下さいました。

私は、最後の恩返しを地球さんにさせてもらいたいと思います。
地球さんが私達人類にして下さったことに比べれば、小さなことではあるけれど、本当に気持ちだけでも、恩返しをしたいと思います。

皆さんも、できるところからでいいのです。
一緒に地球さんに恩返しをしませんか。

そのための基本は、まず、自分の心からエゴを少なくすること。

「自分も幸せ、みんなも幸せ」
になるためにどう考え、動けばいいのか?

一緒に考えてみませんか。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 01:07| Comment(8) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

◆今を大切に 346◆

こんばんは!
アミです。

コメント等、下さっている皆様、お返事できず、申し訳ありません。
「コメントのお返事ぐらい、簡単だろう?」
と、思われる方もおられるかもしれませんが・・・。
実は、アミにとって、「心」に関するコメントやお手紙は、簡単なことではないのです。
気持ちがのっていないとお返事が書けないのです。
気持ちがのると自然に手が動きます。

今、忙しすぎて「心ここにあらず」の状態です。

正月から今、1週間とちょっとで論文2本を書き、数人の先生の論文指導、子ども達のお世話、身近な友だちの深刻な悩み相談&心レッスン等、寝る時間がない状態です。
やっと、今日、論文を1本出しました。

昨日から、10何時間、パソコンを見続け・・・。
頭は、真っ白です。
目は、ちかちか、☆が出ています。

でも!

今から、もう1本の論文の仕上げです。
ここで仕上げておかなければ、身近な深刻なお友達の悩み相談&心レッスンもできず、行政書士の勉強もできず、学校の仕事もできず・・・。
・・・なので、今、むち打ってがんばり中です。

ただ、アミにコメント等をくださっている皆様に一言お詫びと、土か日曜日までお返事を待っていただこうというお願いで書いています。

でも、せっかくなので、少しだけ、コラム書かせていただきますね。


◆今を大切に 346◆

もう、過去世は、いいから・・・。
アセンション、あってもなくても、心配しなくていいから・・・。

目の前に出てきた人。
大切にしよう!

目の前に出てきた環境。
大切にしよう!

素敵な出会いかもしれない。
苦しみの出会いかもしれない。

でも、今、出てきていることは、あなたにとって、とても大切なこと。
今のあなたが立ち向かって行かなければならないこと。

逃げないで、きちんと立ち向かって行き、それを乗り越えれば、
あなたの過去のカルマは自動清算されるでしょう。
アセンションが起きても、起きなくても、明るい未来が待っています。

こんな時だからこそ・・・。
「ハート」「見えない世界」を大切にしながらも、
足は、地面にしっかり付けて、現実的に生きていきましょう。

今、出会う人。
今、置かれている環境。

大切にして。
心の眼で明るい未来を見つめながら、肉体の目ではあなたの足元をしっかり見つめて歩いていきましょう。


◆編修後記◆

今日のコラムと矛盾するかもしれませんが・・・。
私は、毎日のように不思議なことが周りに起きています。

「・・・になればいいなあ。」
と、思えば、すぐ、そうなるのです。

夢の中ではいろいろなおもしろい話が展開しています。

毎日、何かが違ってきている・・・。

と、思います。

今、私達は、すごい激流の中にいます。
だからこそ、今、現実をしっかり生きていれば、ちゃんと流れにのっかって、目的地までたどり着けます。

ものすごい激流の中にいる人。
穏やかなせせらぎの中にいる人。
雪解けの冷たい流れの中にいる人。

人によって、その流れは、様々でしょう。
でも、はっきりしていることは、みんな、流れの中におり、流されているということです。
流れに逆らうと、ますますきつくなるだけです。
「自分の生き方は、こうではない。自分はこんな流れにのりたくない。」
と、思っても無駄です。

今回の流れは、個人的なものではないからです。

もっと、大きな・・・。
ある意味、地球的? 宇宙的?とも言えるような大きな流れです。
流れに不足不満を思わず、素直に
「はい! ありがとうございました。
私は、生き方・考え方を変えます(光の方向へ)!」
と、言って流れにのっかりましょう。

流れにのっかって頑張っていれば、大丈夫!
泳ぎ疲れれば、島もあるし、おぼれそうになれば、岸から浮き輪も投げ込まれる!

楽しく泳ぎ切りましょう!!



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 21:27| Comment(11) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

◆闇の後に光が! 343◆

こんにちは!
アミです。

こちらは、突き抜けるようなクリアーな青空をバックに、眼に痛いほど太陽が煌めいています。
主人と海を見ながら話しました。

「・・・・の国が国家破綻すれば、きっと、・・や日本も国家破綻だろうね。
日本が国家破綻すれば、・・・・なことになるだろうね。
これから先は、自分だけは安泰などということは、あり得ない。
常に、危機意識、危機管理をしておかなければならないね。
自分達は、今のうちに・・・・な準備をしておこう。」

と。

「国家破綻」「自然災害」「パンデミック」等、今年から、様々なことが身近に起きてくるかもです。

今、苦しみながらも、精一杯前向きに生きている方、後、もう少しです。
絶対に苦しみから逃げたり、苦しみに負けて心を曇らせたりしてはいけません。

「いろいろな困ったことが起きる」
というのは、人間から見れば、不幸なことのように見えます。
でも、もっと、地球規模で見れば、それが必ずしも
「不幸なこと」
ではない場合が多いです。

× 人間の眼から見ると → 不幸なできごと
◎ 地球規模で見れば  → 浄化

という味方もできるのです。

私は、昨年末に伊勢に行って、
「風の宮」
でお祈りをしました。
※アミの場合、お祈りの内容は、自然に心から出てくる場合が多いです。
その時、アミの心に浮かんだ言葉は、

「どうか、浄化の期間が長引きませんように。 
(※願わくば、人間の苦しみが長く続きませんように。さっと終わらせて下さいという意味が込められている?)
浄化が一気に済みますように。地球が、早く浄化されますように。
地球におおわれた悪想念をあなたの風によってきれいにぬぐい去れますように。
地球が光り輝く星に生まれ変わることができますように、どうぞ、よろしくお願いいたします。
私達、人間も、浄化の嵐に耐えるようにがんばります。」

という言葉でした。
 ※ 祈りは、「自分の決意を神に誓う」というような意味合いもあると思います。

「闇」が迫っているということは、その後に来る「光の時」も迫ってきたということです。
どんなに苦しくても、たいへんでも、絶対にやけにならないで、とことん立ち向かって行きましょう。

「闇」の後に、「光」が待っています。

今朝、
「あの世の人間の姿が肉眼で見える夢」
を見ました。
アミの眼に、あの世の人の身体が見えるのです(アミの横にいつもは出てこないなるみんもいました)。
透き通って、映像のような感じです。
人の身体を通り抜けることができます。
アミの身体を女学生が走り抜けていきました。
4次元〜5次元世界と3次元世界が一緒になっている感じでした。

アミは、夢の中で思いました。
「アセンション(或いは、死)が近づいているのかも・・・。」
と。

※「守護霊がアミに遠くない将来、『アセンションする』か『死ぬ』ので、その時の準備をさせるためにこの夢を見せているのだなあ」とアミは思いました。実際に、アミは心の中で思いました。
「ちょっと、恐いなあ。でも、恐いと思ってはいけない。これは、普通のことなんだ。今まで自分が知らなかっただけなんだ。だから、知らん顔、自然体でいよう。」
と。
すると、向こうから走ってきた女学生(おそらく地縛霊?)も、知らん顔をしてアミの身体をすり抜けて走って行きました。

※そこに居合わせたのが、アミとなるみんです。アミもなるみんも、霊能者でも何でもない、いたって普通の人です。「普通の人の眼にも、4次元以降の世界が見える」ということをその夢は表しているのだと思います。・・・・ということは、
「個人レベルではなく、地球全体で次元構造が変るのかなあ」
と思いました。


最近の空の異常なクリアーさ、太陽の煌めき度、世の中の崩壊度を見ていると、何かがどんどん変っていっているという感じがしてなりません。

どんな状態に置かれようと、前向きに、明るく、元気に、楽しく、心を弾ませて生きていくことがとても大切です。

「心」が全てです。

地震用、パンデミック用の準備も大切です。
でも、
「心が一番」
ということだけは肝に銘じておこうと、私は思います。



span style="color:#CB0000;">必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ




posted by 女教師アミ at 12:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

◆勇気を出して一歩前に! 【アミの一口コラム 340】

皆さん、こんにちは。
アミです。

昨晩、伊勢から帰って参りました。
とても、ハードで、やはりおかげ横町等の観光はせず(できず?)、お参りのみをして帰って参りました。

また、伊勢のお参りの感想等は、少しずつ、書いていこうと思います。


◆勇気を出して一歩前に! 【アミの一口コラム 340】◆

今年も、瞬く間に終わりました。
来年は、もっとそのようになることでしょう。

今年1年間を振り返ると、
「崩壊」
といった感じの1年間のように思います。

でも、その「崩壊」は、必ず、「復興」が伴うものです。

どんな状態に置かれても、決して希望を失わないことです。

どんな困難な環境に置かれても、自分の「心」がゆれ動かず、「ポジティブな思考」をし、「感謝」と「愛」を忘れなければ、きっとよい方向に導かれます。

今から、地球も、人も、どんどん、ごしごしとあか落しがはじまります。
覚悟は、必要です。

いよいよ心磨きの成果が試されるときです。

今からは、
「思考の仕方」
がとても大切になります。

自分でのりきれない課題が出てきたときは(そういう場合、どう考えればよいのかが自分でも分からなくなっている)、人に考え方を聞いてみるのもいいです。
少しでも早く課題を解決したり、課題解決の方向に歩み始めたりすることが大切です。

今から、「個人レベルの課題」が現われるだけでなく、「地域レベル、日本レベル、地球レベルの課題」が次々に現われてきます。

その時に、「個人レベルの課題」をある程度解決をしておくことが大切です。

課題が大きくなればなるほど、それを乗り越えるのに、人の助けをかりたり、冒険をしたり、リスクを負ったりしなければ解決できなくなります。

でも、その時は、勇気を出して、一歩を踏み出しましょう。

今までの考え方が??だったから、そういう状態になったのです(よくないこととは言いません。生まれてくる前からの計画だったりカルマの清算だったりすることもあるからです)。
ですから、今までの考え方、時には人間関係さえも変えていかなければならない場合もあります。
長年、部屋に置いたあった古くて用が終わったものは、外にある程度出さなければ、新しいものは入って来れないのです。

今、大きなピンチに陥っている方は、発想の転換をすれば、「自己変革(考え方変革)「自己研鑽」「自己向上」の大きなチャンスを目の前にしているとも言えます。

ただ、その時、以前の考え方や環境にしがみつかないでください。
目の前にチャンスがぶら下がっていたら、つかみ取ることです。
勇気を出して、チャレンジをしてください。

人生は、自分が書いたシナリオで行う劇です。
みんな、それぞれ、役回りなのです。
相手の登場場面が終われば、彼はその舞台から去っていきます。
でも、彼とは永遠のお別れではないのです。
同じ舞台に立てなくても、舞台袖で自分の出番前まで語るのもいいでしょう。
その舞台で最後のお別れでも、死んだら、
「あの時は、舞台で相手役をしてくれてありがとう」
と再会して、お礼を言い合えるのです。

大きな困難な状況に置かれているときは、より積極的に周りの人に意見を聞くことも大切です。
今までの自分の価値観、考え方にしがみつかないこです。

幅広い見識をもつことです。
一時的にでも、人に頼ることも大切です。




span style="color:#CB0000;">必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 15:55| Comment(8) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。