2009年01月03日

◆アミのリラックスタイム 342

こんにちは!
アミです。

お正月3日目。
皆さん、どのようにお過ごしでしょうか。

アミは、朝、行政書士の勉強をし、お昼から学校に行って、仕事の段取りを付けてきました。
そして、遅いお昼ご飯を主人とモスバーガーで食べました。

それから、帰宅して、メールを書きながら、
「考える力を育成するには、どうしたらいいのだろう?」
と、思索していました。

そして、今、ブログを書いています。

この後は、ピアノの練習と、行政書士の勉強と、論文書きです。
夜、なるみんさんと主人とで、ビールを飲みながら、「自己変革」について話します。


◆アミのリラックスタイム 342◆

★アミは、お風呂に入るとき、時々、照明を消して、真っ暗にします。
そして、ウオーターキャンドルといのでしょうか・・・。
水に浮くろうそくに火をともして、お風呂に浮かべます。
そして、お風呂の窓を開けます。
じっと眼をつぶります。
何にも考えません。
無の世界です。

かすかにキャンドルの香りが漂っています。

★アミは、夜11時ぐらいでしょうか・・・。
帰宅するときに、いつも森(公園)を通ります。
その時に、お気に入りの音楽を車の中でがんがんかけます。
歌詞の内容とリズムがアミの心と身体に染みこんでいきます。

★アミは、早朝、眼をさますと、しばらくベッドの中でぼうっとしています。
その時に、心の中をよぎった考えは、けっこういい線、いきます。


◆編修後記◆

1日の中で、意識的に、ぼうっとする時間をつくることは、大切だと思います。
リラックスして、癒されるだけではありません。
ぼうっとしたいい気分の時に、ふっと心をよぎった考えは、潜在意識からのメッセージだったりすることがよくあります。

「必死で頑張るとき」「ぼうっとリラックスするとき」等、1日の生活の中にメリハリを意識してつけるといいですね。


span style="color:#CB0000;">必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 18:44| Comment(0) | TrackBack(1) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

◆無邪気 【アミの一口コラム 327】◆

おはようございます。
アミです。
おとついの晩、「アミの部屋」が完成しました。
要らないものを処分して処分して、後、整理して整理して、やっと出来上がりました。
小さな部屋ですが、広い青空が見えます。
静かで物音がしません。
「独りの空間」
が楽しめます。
この部屋にプライベートなお友達を招いてお茶を飲んだり、瞑想したりしようとも思っています。
アロマをたくと、とても心が落ち着きます。

これからは、
「心磨き」「愛ある生き方」
と同時に、
「心の安定」「安らぎ」「楽しみ」「喜び」
等も大切になってきます。

自分の心を安らがせ、癒し、解放し、喜ばし、楽しませることも大切です。

どんなやり方でもいいのです。
自分にあった、自分の環境でできるやり方を工夫してみてください。

今の心の状態を見てください。
「楽しいですか?」
「安らいでいますか?」
「くつろいでいますか?」
「自分の心の居場所がありますか?」

◆編修後記◆

人の心は、なかなか変えれませんが、自分の心は変えれます。
自分の心を
「むじゃきな子どものような心」
に変えてみましょう。

青い大空に向かって、心がぱっとはじけるような感じです。
posted by 女教師アミ at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

◆明るく、楽しく、前向きに! 【アミの一口コラム 320】◆

皆さん、こんにちは。
アミです。

アミは、昔、「自己流反省行?」というのでしょうか・・・。
瞑想しながら、「八正道」に照らし合わせて、反省をしました。
それは、それでよかったとは思います。

「本当は、『過去世のトラウマ』も解決しなければならないのかなあ・・・。過去世を振り返らないといけないのかなあ。」
「幼い頃に受けていたかもしれないトラウマも、解消しないといけないのかなあ。」
と、考えたこともありました。

「過去世や幼い頃のトラウマを解消する方法」も、あるようです。
でも、なぜかアミには、縁がありませんでした。
というより、そこまでは、興味がもてなかったのか、必要ないと考えたのか・・・。


今、アミは、こう考えています。

☆「明るく、楽しく、前向きに生きよう!!!」☆

と。

現実には、山のような仕事・・・。
遅い帰宅時間・・・。
小さなミスも許されず・・・。
etc.

へろへろになることが多いです。

でも、やっぱり、
「明るく、楽しく、前向きに生きていこう!!」
と、思います。

この段になって・・・。
ここまで努力してきて・・・。
ここまで転生輪廻を繰り返してきて・・・。
あの世の仲間に
「私が右代表で頑張るから!」
と、豪語して今世に生まれ出てきて・・・。

「現実の苦しさに負けて、波動を下げるわけには、いかない!!」
と、思いますもの。

「忙しければ」「嫌なことを言われれば」「心身が疲労していれば」「睡眠不足であれば」・・・。
当然、何も意識せず、努力しなければ、波動は下がります。

ですから、
「どんなことをしてでも、波動が下がらないように、少しでも上げていけるように、工夫しよう!」
と、思います。

「工夫」というのは・・・。

まず、
「感謝」

「チャレンジ」

そして、
「癒し」

「ユーモア」

「遊び心」

「ストレス解消」

まだ、他にもいろいろあると思います。
皆さんにあった方法を考え出してみてください。


◆編修後記◆

今から、身の回りでいろいろな大きな変化が起きてきます。

現象的に言えば、
「マイナス的なこと」
に見えることでしょう。
最近の空気は、とても重く沈んでいます。

でも、現実に、明らかにそう見えても、
「マイナスだ〜〜!」
と、そのまま捉えないことです。

自分が何か手助けして、どうにかなることなら、手をさしのべるべきでしょう。
でも、どうにもならないことであれば、静かに温かく見守るしかありません。

自分1人の小さな力では、どうにもならないことはたくさんあります。
また、人間関係の面でも、人の心や性格は、そんなに変えられるものではありません。

人が力を貸しても、どうにもならないことは、たくさんあります。

冷たいように聞えますが、最終的には、
「自己責任」
なのです。
他人に責任をとってもらうのではなく、自分で責任をとるのです。

自分の力では、どうにもならないことについては、もう、さらっと流しましょう。

潜在意識に
「マイナス的なこと」
を入れないようにしましょう。
潜在意識は、「判断力」がありません(ここでいう潜在意識は、守護霊のことではありません)。
「マイナスのこと」を入れ込めば、「マイナスのこと」が起きます。
「プラスのこと」を入れ込めば、「プラスのこと」が起きます。

テンションが下がった心身の状態に追い込まれても、できるだけ工夫をして、テンションを上げましょう。

これからは、自分の心のコントロールが鍵を握ります。




必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

◆オープンマインド! 【アミの一口コラム 280】

最近、アミの周りにおいでになる方々をじっと観察をしていると、ある共通点に気付きます。

〈共通点〉

(1)おそらく、過去(世)でいろいろな宗教、哲学等を渡り歩いたか、一つの宗教などに人生を捧げてきた、古い魂・・・。
(2)心がピュアで、誠実、まじめ。
(3)向上心が強い。
(4)自分に対するセルフイメージが低い。
(5)自分の使命を模索している(使命感が強い)。
(6)遠慮してしまい、いざという時に腰が引ける。
(7)心が純粋過ぎる? エゴの名残り? があるため、自分の心を閉ざしがちで、警戒心が強い。
(8)自分が傷つかないように、自分を守ろうとする気持ちが強い。
(9)今までの(過去世からの)宗教的な考え方の影響がまだ、色濃く残っている。
(10)「ねばならない」「かくあるべし」等、自分で自分を縛っているようなところがある。
(11)人がよく、だまされやすい。
(12)芯は熱く、温かいハートをもっている。
(13)今世は、自分がよくなるだけでなく、人もみんなよくなることを願っている。そのために、できることはしたいと思っている。

等です。

アミがこのようなタイプの方に抱く希望は、
「自ら進んでオープンマインド!」
「自分が傷つくことを恐れず、自分をおおらかに表現すること」
です。

確かに、「過去(世)からの学び」は、みなさんの「心磨きの土台」になっています。
でも、これからは、過去の宗教を学ぶというより、
「自分の心を信じて、自分の心に頼れるようになるように、心を磨くこと」
です。

心を磨くことは、何も、
「反省 → 修正」
ばかりではありません。
上記の「共通点」に7個以上当てはまりそうな方に申し上げます。

反省ばかりして、自分の心を頑なに「自分ワールド」の中に押し込め、完結してはいけません。

心を外に向かって、人に向かって、開きましょう。

あなたのそばを見てください。
あなたの周りに「両手を広げて迎えてくれる人」がいませんか?

過去(世)の学びは、けっして無駄ではありません。
アミも、たくさんの宗教、哲学、心理学、経済等の本を読んできました。
いろいろな宗教団体も見てきました。

今となっては、それらから学んだことは、アミの心作りの土台にもなっています。
ただ、あくまでも「土台」なのです。

主役は、「宗教」ではありません。
主役は、
「自分の心」
「内なる声」
です。

今から、時代は、ますます混沌としてきます。
もう、地球は自己浄化を始めているのです。
もう、スタートはきられたのです。

自分の心を大空に飛び立つ白い鳩のように、自由に飛び回らせてください。

自分の心を素直に表現すると、周りの人にも、
「あなたの課題の部分」
「いい部分」
の両方見えます。

「課題の部分」は、教えてもらいましょう。
第三者の目というのは、案外、正確なものです。
聞く耳をもつ人が伸びるのです。

いつまでも、心を閉ざしていると、あなたの「課題」は、出てこないかもしれませんが、「よさ」も出てきません。

「心を開いて!」
「オープンマインドで!」


◆編修後記◆

オフ会のことで、いろいろお気遣いいただいて、ありがとうございます。
本当に、皆さんの温かなお気持ちがうれしいです。

記事の中で、少しずつ、オフ会のことをお話していこうと思います。
アミのメルマガ・ブログは、単に「趣味の会」ではありません。

アミ的には、
「かなり真剣モード」
です。

タイミングが大切です。

ですから、いつ、急に
「します!」
と、言うかもしれません。

本当は、
「前もって・・・。」
というのが普通でしょう。

ただ、アミ的には、
「たいしたことでないものは、前もってでもいいけれど、一番、大切なことは、直観に従って、内なる声が『今だ!』と言えば、それに従わざるを得ない」
のです。

アミ的にも、都合が悪い、困ることも多々あるのですが、内なる声が
「GO!」
と言ったら、行くしかないのです。
どうぞ、ご了承、お許しを。

今の時点では、オフ会は、1回で終わりにはしないかもしれません。
シリーズで行うかもしれません。

「出席できるときに出席してもらえればいいかなぁ」
とも思います。

もしかしたら、最初のオフ会は、9月以降ではなく、8月下旬になるかもしれません。
後、少しお待ちください。


  
必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ




posted by 女教師アミ at 00:47| Comment(2) | TrackBack(0) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

◆春の海 【アミの一口コラム 268】

おはようございます。
アミです。

あじさいを見ると、思い出すことがあります。

◆春の海 【アミの一口コラム 268】◆

以前いた学校で一人の女の子と話をしたことがあります。

その子は、2年生です。
転勤族の子どもです。
その子は、学校に行くことを行き渋っていました。
話を聞いてみました。

すると、彼女は、こんなことを言いました。
「私は、この町に来たくなかった。
前いたところの方がよかった。」
と。

「どうして?」
と、アミが聞くと、その子は
「だって、この町には、意地悪でこわい人がたくさんいるから・・・。
前いたところは、優しい人ばかり・・・。」
と、言いました。

アミは、彼女が前いたところを知っています。
確かに、そこの県の人は、心温かく、おっとりして、人がいい人が多いです。
それに引き替え、アミの住んでいるところは、確かに「こわい人」というか、激しい性格の人が多いのは、事実かもしれません。

アミは、心の中で
「この小さな2年生の女の子に、なんと言って説得をしようか・・・?」
と、思いました。

ふっと机の上を見ると、あじさいが何本か飾ってありました。

アミは、とっさにあじさいの花に手を伸ばしました。

1本は、しおれた花。
もう1本は、大きくぱっと咲いている花。

アミは、言いました。
「このあじさいをみて、どう思う?」
と。
女の子は、答えました。
「しおれて枯れそう・・・。」
と、悲しげな声で言いました。

アミは、言いました。
「先生は、この2本のあじさいを見て、わっ、きれい!! と、思うよ。
確かに、もう1本は、しおれて今にも枯れそうだよね。
それは、そうなんだけど、先生の目にぱっと入ってくるのは、この大きくきれいに咲いたお花の方よ。
枯れそう・・・と、悲しんであげられるのは、あなたの心が優しい証拠だよ。
でも、枯れそう・・・と、そのお花をじっと見つめても、そのお花は、もとには戻らないよ。
だから、枯れそうなお花には、今まできれいに咲いて、私達を楽しませてくれてありがとう・・・と、言って、土に戻してあげるといいよ。
いつまでも、枯れそう・・・と、悲しい気持ちでじっとしおれかかったあじさいを見つめていても、心は悲しいままでしょう。
心に入れることは、できるだけ、楽しいこと、うれしいこと、いいことをいっぱい入れることよ。
いやなこと、つらいことをじっと見つめて、心にいれたままだと、心が重くなって、いやになるよ。
学校にも、行きたくなくなるよ。
つらいことといいことがあったら、なるべく、いいことを見て。
この町のいいとこ探しをしましょう。
この町の人、この学校の人のいいとこ見つけをしましょう。」
と、話しました。

そして、地域の子どものボランティア活動に入ることをすすめました。
そこには、心優しい子供達が集まっているからです。
また、地域のよさを肌で感じることができるからです。

その子は、今、何とか、がんばって学校に行っているようです。


◆編集後記◆

自分の心を重くする
「マイナス的な話題」
「マイナス的な出来事」
「マイナス的な映像」
等は、なるべく、心の中に入れないようにしましょう。

困っている人、悲しんでいる人に温かい気持ちをもつこと、実際に支える行動は、素晴らしいことです。

でも、それらのことをずっと、心に押しとどめないようにしましょう。

自分の心の中を時々覗いてみてください。

心の中に、
「マイナス的な・・・」
が、鎮座していませんか?

自分の心の色をぱっとイメージしてください。
灰色、黒等の色は、思い浮かびませんか?

今からは、心の管理が大切です。
世の中は、今からよりいっそう、ぐちゃぐちゃになっていくでしょう。
悲しいこと、つらいことも地球規模で起きるでしょう。

でも、それは、浄化のためのステップです。

心を安定させ、周りのことに振り回されないで、春の海のように、
温かく、ゆったりとした心を維持してください。


必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

◆身体をいとおしむ 【アミの一口コラム 262】

こんにちは!
アミです。

皆さん、元気でお過ごしですか?


◆身体をいとおしむ 【アミの一口コラム 262】◆

先日、アミは、奥歯を抜きました。
口の一番奥にある「親知らず」です。
なぜ、こういう羽目になったのかと言うと・・・。

時間がなかったのと、お金を他の所に使う必要があって、
「何度も歯医者に行っては、挫折し、また行っては、挫折をし」
を繰り返していました。

そのうち、歯は虫歯になり、詰めていたところはとれ、ぼろぼろの状態になってしまいました。

よく、周りの方々(専門職や歯のことを勉強した人)は、言われます。
「口の中を見れば、その人の生活が分かる!」
と。

アミは、その言葉にむっときます。
「歯医者に行きたくても、いろいろな事情があり、行けない人は、たくさんいるのに・・・。
生活が分かるなんて、そんなに軽く言わないで!
誰も、好きこのんで、歯をぼろぼろにしているわけではないのに・・・。」
と、思います。

でも、もう、アミの口の中は、限界を超えていました。
「このままでは、ばい菌が血管を通って、脳に回ってしまう!
虫歯が原因で死んでしまったら、ちょっと、悲しいかも・・・。」
と、思いました。

それで、
「今度は、絶対に挫折しないぞ!」
と、決意を固め、歯医者通いを始めたのです。

でも・・・。
歯医者さんも、アミのお口の中の状態を見て、おそらく
「あ然!」
と、したのだろうと思います。

レントゲンを何枚もとって、結局、
「うちでは、あなたの歯は、抜けないから、大学病院に行きなさい。」
と、いうことになりました。

アミは、大学病院に行くまで、ドキドキでした。
自己保存が強いのでしょう。
アミは、「痛い」のが苦手なのです。

そして、周りの人々は、アミを脅かしました。
「痛いよ〜〜! 歯を抜くのに、2時間もかかったよ!」
「歯をバキバキ折りながら、抜いたよ!」
「抜いた後、腫れが引くまで、1か月以上かかったよ!」
等と、次々と、アミを不安に落とし入れる情報がアミの耳に入ってきます。

かかりつけの歯医者さんまでも、
「体調を整えておいてくださいね。
30分から1時間ぐらいは、口を開けておかないといけませんからね。」
と、言いました。

アミは、暗い気持ちで、大学病院に行く日を待っていました。

そして、いよいよ当日になりました。
大学病院の歯の治療室のドアのところに
「手術室」
と、書いてありました。

アミは、
「え〜〜!! 手術???」
と、心の中で悲鳴を上げました。

でも、もう逃げられません。
観念して、手術台?に座りました(普通の歯医者の椅子でしたが・・・)。

アミの口に麻酔の針?が刺さりました。
ちょっと、痛かったです。
でも、我慢できました。

そして、いよいよ抜く時がきました。

そのとき、アミの心は、急に静かになりました。
無音状態というのでしょうか・・・。
しぃ〜〜んとした感じです。

歯医者さんの手がアミの歯にかかる瞬間にアミの心から声が出てきました。

「ごめんね。アミの親知らずさん。
仕事が忙しくて、他のことにいろいろお金を回さなくてはいけなくて、
あなたのことを大切にしてあげられなかった・・・。
早く、手当をしてあげていれば、こんなことにならなかったのに・・・。
本当に、ごめんなさい。
今まで、私の口にいていくれて、ありがとう。」
と。

本当に、アミは、自分の親知らずさんが気の毒で気の毒でたまりませんでした。

「最後の落とし前をあなたが付けてくださっているのよね・・・。
あなたが、つけを払ってくれているのよね・・・。
誰からも、知られずに・・・。

でも、アミは、知っているよ。
ありがとう。

今まで、ずっと、痛まないでくれてありがとう。
おかげで何とかここまで仕事ができたわ。
あなたとは、お別れしないといけないけれど、他の仲間達は大切にするからね。

本当に、ありがとう。」

と、心の中で語りかけていました。

アミは、そう自分の親知らずに語りかけながら、「悲しさと感謝の思い」でいっぱいになりました。

・・・ものの15分間ぐらいだったでしょうか。
「歯が抜けましたよ。」
と、歯医者さんの声がしました。

痛みは、殆どありませんでした。
あっという間のできごとでした。

アミの顔の横のテーブルにころんと
「半分ぐらいになったぼろぼろの歯」
がころがっていました。

アミは、
「ああ、これがアミの人生だ。
親知らずさん、こんなアミと共に今まで歩んできてくれて、ありがとう!」
と、心の中で言いました。


◆編修後記◆

アミの悲しく、みっともない話でした・・・(苦笑)。

けっこう苦しいこともたくさんある世の中です。
「みんな頑張っている」と言いながらも、本当に、自分のがんばりを分かっているのは、(目に見える存在の中では)自分だけです。
特に、心や身体の痛みを分かっているのは、自分だけです。

だから、エゴではなく、もっと、自分を大切にしてあげて。
もっと、メンテナンスをしてあげて。
ガソリンもあげないで、
「突っ走れ、突っ走れ!」
と、せき立てないで。
完全を求めないで。
時には、ミスも、遊びもさせてあげて。
もっと、かわいがってあげて。
もっと、いとおしんであげて。

自分の身体は、自分のものだからと言って、酷使、虐待をしないで。

身体は、魂が宿るお宮です。
大切に、使ってあげてください。


必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 22:49| Comment(4) | TrackBack(0) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

◆開き直り!? 【アミの一口コラム 261】◆

最近、身体の調子が若干よくなってきているように感じます。

ここ5年間ほど、歯医者以外には行っていない、まあまあ健康体なのですが、
それでも、ハードな仕事続きで、いつも、いつも、
「身体がだるい。 疲れた。」
の言葉を連発する毎日でした。

仕事は、年々、日々、ハードになっており、ちっとも楽にはなりません。
それどころか、増える一方です。
我ながら
「よくこれだけの仕事をこなせるよね。」
と、思うぐらいです。

仕事だけではありません。
アミ自身の大きな課題がいくつか、重く肩にかかっています。
すぐには、解決しない課題です。

何ヶ月か前は、その課題に押しつぶされそうでした。
「こんなに苦しむぐらいなら・・・。」
と、思ったほどでした。

でも、なぜか、ここ最近なのですが、身体が軽くなってきたのです。

仕事量は、膨大。
課題は、解決せず、山積み状態にもかかわらず・・・。

「なぜだろう?」
と、考えてみました。

〈身体が若干軽くなったように感じる?理由〉

(1)膨大な仕事について

○「とにかく、こなす。さばく。」
という強い意志と覚悟と実践ができ始めた。

○「仕事をこなさないと、自分がしたいボランティアの仕事ができない!」
という切迫感。

○仕事に慣れて、スムーズに行えるようになってきた(見通しがもてる)。

○周りががやがやとうるさくても、全く無視して?仕事ができる集中力がついた。

等。

(2)すぐには、解決できない課題について

○「何とかなる、未来は明るい。必ず、うまくいく!」というイメージがもてた。

○「なるようにしかならない。だから、もう気にすまい。」と思える。

○この課題解決が自分の心磨きにとって、とても重要な意味がある。

○「みんなが応援して、後からついてきてくれているのに、自分がこのくらいの課題解決ができないで、自滅したら目も当てられない。
また、自分達の取組みが前進し、実績をつくることが、人への説得力になる。だから、どんなに苦しくても、がんばろう!」
と、考えられるようになった。

(3)身体のケアについて

○「今まで、自分の身体を虐待していた。申し訳ないことをした。だから、痛んでいるところは、ケアをしよう。」
と、考え、ケアを始めた。

(4)取組みについて

○「自分が(自分達が)取組んでいることが、次々に形になっていく。
小さな奇跡が次々に起きる!」
という実感と喜びがある。

○新たなプロジェクトがあるので、「身体がだるい」と言う時間がない。

(5)心の支え

○「自分には、守護霊がついていてくれる。潜在意識は、とても頼りになる。私達をバックアップしてくれている。」
という確信がある。

○「主人がいつもついていてくれる」という安心感がある。

○「仲間が助けてくれる、仲間も頑張っている」という安心感がある。


◆編修後記◆

心と身体は、とても密接な関連があります。
身体を元気にしようと思ったら、心を元気にすることです。

心を元気にするということは・・・

○心を癒し、休めること。

○心が喜ぶことをすること。

○マイナスのことが出てきたら、考え方を修正すること。

でしょうか・・・。

みんな、自分と格闘しています。
一人ではありません。

粘り強く、頑張っていきましょう。


必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 17:23| Comment(2) | TrackBack(0) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

◆感謝 【アミの一口コラム 259】

おはようございます。

一昨日は、教育委員会の方に、
「○○○○万円の設備費がもらえるかもしれない事業」
の応募のための書類を仕上げました。

昨日は、学校の主題研究のための提案を仕上げました。
(でも、この原稿は、却下され、振り出しに戻りました・・・。)

今日は、わたしの所属する学習サークルの研究紀要作成に着手しています。

あと、残る原稿作成は、2つほどでしょうか・・・。

もう、パソコンを開くのも嫌になっています。
その間にも、横から次々と仕事が入ってきます。

「あ〜〜〜〜・・・・! もう、仕事、止めたい(辞めたい)!!」
と、思うこともしばしばあります。

でも、仕事を辞めると、即刻、経済的困難に陥って、生きていけなくなります。
私は、働かなくては、食べていけません。

どんなに仕事が山積みであろうとも、寝る時間が削られようと、元気で働かせていただいているだけでも、感謝です。
贅沢は、言えません。

ましてや、自分の仕事が少しでも人様のお役に立てるのなら・・・。
また、市民の大切な税金で養っていただいているのですから、身体を張って頑張っていかなければなりません。

主人に対する感謝・報恩もあります。
私をいかして下さる存在への感謝・報恩もあります。

メルマガ・ブログのコメントを拝見しても思います。
みんな頑張っておられるのです。
「私も、頑張らなければ・・・。」
と、思いました。


◆編修後記◆

どんなに苦しくても、辛くても、
「感謝」
で、乗り越えていきましょう。

苦しいとき、辛いときは、エゴも出てきやすくなっています。
エゴにまけてしまうと、マイナスパワーが増幅されます。

エゴを乗り越えるためには、
「感謝」
です。

どんなに探しても感謝のネタが思い浮かばない人は、
「自分がこうして生かされていること」
に、感謝しましょう。

私の周りには、今日食べるものにも事欠く方もおられます。
借金取りにおびえて毎日を過ごす人もおられます。

でも、みんな、みんな頑張って生きているのです。
自分だけが苦しいのではありません。
みんな頑張っています。
一緒に、がんばりましょう!

苦しくても頑張って生きておられる人は、輝いています。

〈追伸〉
心温まるコメントをありがとうございます。
今日、お返事を書かせていたただきます。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 07:07| Comment(10) | TrackBack(0) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

◆心と身体のメンテナンス 【アミの一口コラム 221】

こんにちは!
アミです。

今日は、4月1日です。
新しい年度の始まりです。

旧い環境、人との別れ、新しい人や環境との出会いがある方もおられることでしょう。
また、お子さんが入学される方もおられることでしょう。

◆心と身体のメンテナンス 【アミの一口コラム 221】◆

新しい環境に入られた方は、前の環境での学びが終わった方です。
環境の変わらない方は、同じ環境での学びを継続していったり、物理的には同じ環境ですが、そこで起きる新たな展開に立ち向かっていったりするのかもしれません。

おそらく、これから先、2,3年間、個人レベル、地球規模レベルでかなり厳しい状況が展開されるでしょう。

でも、今、生きておられる皆さんは、肉体をもったまま、この地球で変化の波を乗り切る覚悟でこの世に出てこられた方です。

覚悟を決め、勇気をもって乗り越えていきましょう。

キーワードは、
「プラス思考」
「心を常にクリアーに」
「逃げずに、前向きに」
です。

自分にとって、嫌な環境、嫌な人間関係は、自分の心を磨くための砥石のようなものです。
「自分を磨いてくれてありがとうございます」
と、感謝の気持ちをもちましょう(難しいですが)。

そして、何とかいい方向に考え直しましょう。
「嫌だな」
という思いは、自分が考え直すしかありません。

主婦業、外の仕事、勉強、一つ一つのことに心を込めて、効率よく取組みましょう。

そして、1日のうちにできれば、1時間ぐらいは、自分の心と身体を休め、自分の心を見つめる時間をつくることが大切です。

今からは、ひとまず最終ゴールを目指して、学びの中身を充実させていくことが大切です。
それと同時に、自分の心と身体を休め、ゆとりをもたせ、自由な世界に解き放ってやることもとても大切です。

心と身体に自由になる時間をつくってあげてください。

(矛盾するようではありますが)状況は厳しくなりますが、生活に追われないで、心と身体のために、自由な時間をつくってあげてください。


◆編修後記◆

身体のメンテナンスのためには、睡眠も大切です。
清潔も大切です。
自然の中に身を置くことも大切です。

食べ物、飲み物も大切です。

できれば、自家菜園できるといいのですが。
プランターでもできます。
ホームセンターに行けば、野菜を育てるための深いプランターもあります。
それでも、十分に育ちます。

なるべく、無農薬、減農薬の野菜を食べましょう。
水も、できれば水道水を直接飲まないようにしましょう。

これからは、環境や人間関係の中で自分の心磨きの仕上げをしながら、身体もメンテナンスをしていく時期です。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 06:57| Comment(2) | TrackBack(0) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

◆自分を大切に 【アミの一口コラム 217】

こんにちは!
アミです。

皆さん、お元気ですか?
春先、気持ちはいい季節ですが、何となく心身共に疲れやすい時期でもあります。
心身をリラックスさせてあげましょう。


◆自分を大切に 【アミの一口コラム 217】◆

先日、お客さんがありました。

春なので、春らしくおもてなしをしようと考えました。

そこで、アミは、忙しい中、必死で、花の苗の卸元に花の苗を買いに行きました。たくさんの花の苗を買い込み、寄せ植えをしました。玄関に寄せ植えの鉢を並べ、お客さんを迎えるようにしました。

やがて、お客さんがやってきました。
その中の一人が、
「わあ、きれいだなねぇ。
 優雅な暮らしをしているじゃない?」
と、言いました。

アミは、言いました。
「優雅なんて、とんでもない。
 ない時間をさいて、必死でガーデニングをしたのよ。」
と。

私の生活をよく知っている友だちが言いました。
「そうよ。アミさんは、夜、車のヘッドライトを照らしてガーデニングをすることもあるのよ。」
と。

・・・確かに、今回も苗を植える時間がありませんでした。
お客さんを迎える準備をしながら、短い時間を見つけて、何と15分間ほどで、凄まじい勢いで、鉢3つ分ぐらいの苗を寄せ植えしました。

アミのガーデニングをしている姿を見た人は、
「オニのような表情(必死の形相)?で、アミさん、何をしているのだろう?」
と、思われたことでしょう。

アミが、このようにオニのような形相でガーデニングをするのにも理由があります。
「お客さんをおもてなしをしたい」ということが主な理由ですが、他にも、「家の波動を高めたい」ということがあります。

どんなに忙しくても、家の中、トイレ、玄関、庭などは、きれいにしておくと気がよくなります。
家の中の様子は、ある意味、そこに住む人の心の中を表します。
家を外から見ると、家自体が発しているオーラのようなものがあります。
なんとなくですが、家を見ると、そこに住む人の心の状態が感じられることがあります。

小さな家でも、古い家でも、そんなことは関係ありません。
清潔に明るく、ちょっとした心配りをしておけばいいのです。
できれば、季節感を添えて・・・。


◆編修後記◆

「今の時代、人は、もっと、もっと自分を大切にしていかなければならない」
と思います。

「大切に」というのは、「エゴや自己保存の気持ちを出し、自分を守ること」ではありません。

自分の心や身体、住む家などを粗末にしないということです。
それらを、もっと、いたわり、大切にするということです。

悪想念で心を汚したり、栄養や休息も与えないで身体を酷使したり、家の中をぐちゃぐちゃにしたりしないことです。

本当の意味で自分を大切にすることが、今、人間に求められていると思います。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 07:05| Comment(4) | TrackBack(0) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

☆徒然なるままに(1)

☆徒然なるままに(1)☆

皆さん、こんにちは。
アミです。

今、3日のお昼の12時です。
田舎なので? 12時にサイレンが鳴ります(笑)。

もうすぐ、すみれさん 改め なるみんさんと主人と一緒にランチをとりながら、お話します。

次のような目的・内容です。

○心磨きについて

○なるみんを励ます(彼女は、とても介護で疲れています)。

○アミのe-Book書きで疲れた頭を冷やす? 癒す?

です。

学校の仕事がたくさんありますが、それは後にして、今、必死でe-Bookを作成しています!

これから、このような形で、徒然なるままに書きつづることでしたら、いくらかできるかもしれないので、書いてみようと思います。

お返事は、遅くなるかもしれませんが、コメントもどうぞお寄せ下さい。
posted by 女教師アミ at 12:09| Comment(5) | TrackBack(0) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

◆イメージ力 【アミの一口コラム 186】

◆◆イメージ力 【アミの一口コラム 186】◆◆

皆さん、疲れているときは、次のようなことをされてみてはいかがでしょうか。

《お風呂心身健康法》

@お風呂で、体を洗い、身を清めます。
A少し、ぬるめのお風呂につかります。
B目を閉じて深く腹式で深呼吸をしながら、自分の心と体からマイナスの思いや気がお風呂に流れ出すのをイメージしてください。シャワーの場合も一緒です。体から、どんどんマイナスの思いや気が流れ出て行きます。
C背筋を伸ばし、頭頂チャクラから金色の光が入るのをイメージしてください。金色の光が身体全体に広がっていく様をまざまざとイメージしてください。
D自分の心と体が、金色の光にすっぽりと包まれているところをイメージしてください。
E気持ちよくなったり、眠くなったりしてきたら、「ありがとうございます」と、感謝の言葉を述べて終わりましょう。

※これらは、基本的には、お風呂の中で行います。

※うまく光が入ると、体がほかほかになり、お風呂からあがるときは、疲れがとれていますよ。



◆編集後記◆

これからの時代は、「心の時代」です、

でも、「心のみ」でも、修行はうまくいきません。

「心」も「身体」も大切です。
身体は、心が宿るお宮です。
身体も大切にしないといけません。

これからは、身体のことにも触れていきたいと思います。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ
posted by 女教師アミ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

◆アミのつぶやき

◆アミのつぶやき◆

こんにちは!
アミです。

ここ1年間を振り返ると、アミは、「サポート人生」を歩んできたように思います。
「やりがいは、あったなあ」
「失敗もあったなあ」
「迷惑もかけたなあ」
「でも、喜んでもらえたなあ」
等と、今、振り返っています。

6年生を卒業させて、もう、何日もたつのに、毎日のように子ども達が(危機的状況の)夢に出てきます。
はっと、目を覚まし、
「ああ、もう、心配をしなくていいのだ・・・。」
と、安心します。
まだ、心の緊張がとれていないようです(苦笑)。

久しぶりに近くの海に行きました。
潮風にあたっていると、自分が仕事人であることを忘れられるような気がしました。

一方、主人の仕事がいよいよ前進し始めました。
奇跡的な展開が次々と起こり、主人と
「ぎりぎりのところがけれど、神様は、私達を見放されていないんだね」
と、話しました。

前に向いて、どんどん進んでいるのは分かるけれど、実際に体感できる感じは、
「苦しい」
「体がきつい」
といった感じです。

心では、
「感謝」
「喜び」
ということは、分かっているのですが、自分の顕在意識の部分は、どうも「苦しみ」と認識しいているようです。

心と体のメンテナンスをしっかりしながら、ゆとりを少しでもつくり、がんばっていこうと思います。

さて、久しぶりに
「人生の成功哲学」
をアップしました。
お時間があれば、読んでいただければうれしいです。

http://ami-success.seesaa.net/article/36847452.html


必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ
posted by 女教師アミ at 20:37| Comment(7) | TrackBack(0) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

◆なんでもない日、バンザイ! 【アミの一口コラム 90】

こんにちは。アミです。

メルマガ、ブログのアップが遅くなりすみません。
ここ何日間か、短時間睡眠で仕事をさばき、やっと、今日、記事を書ける時間がやってきました。
「やったー! 待ちに待った日が来た!」
という感じです。

ご迷惑をおかけしました。


◆なんでもない日、バンザイ! 【アミの一口コラム 90】◆

「不思議な国のアリス」のビデオだったでしょうか・・・?
よく覚えていないのですが、アミは、昔、そのビデオの中で、ウサギ?猫?が、
「なんでもない日、バンザイ♪ なんでもない日、バンザイ♪」
と歌いながら、誰かと「お茶パーティー」をしている場面を見ました。

アミは、その
「なんでもない日、バンザイ!」
というフレーズがとても気に入りました。

アミは、思ったのです。
「そうか! パーティーは、何も特別な日じゃないとしてはいけないってことはないんだ。なんとなくうれしいとき、うきうきするとき、ちょっと退屈なとき、ちょっと悲しいとき、とっても疲れたとき・・・。いつでもパーティーは、していいんだなぁ。」

と。


〜 なんでもない日、バンザイ! パーティー 〜

先日も、アミと主人で、「なんでもない日、バンザイ! パーティー」をしました。

アミ「ねえ、お父さん、今日はパーティーをしようか?」
主人「ウン、いいよ。でも、何のパーティー?」
アミ「なんでもない日、バンザイ! パーティーよ!」
主人「ウン、いいよ、しよっかぁ!」

主人も慣れている。アミの提案にすぐのってくれる。
・・・・適当にシャンペンを買ってきて、カナッペ(リッツの上に生クリームを絞って、いろいろなものをのせて食べるだけ)をつくり、韓国のりと、野菜のビスケットをつまみに、二人で飲む準備が整う。いつもは、夕食時に、350mlのヱビスビールを夫婦で1本飲むぐらい。
シャンペンが登場したら、「なんでもない日、バンザイ! パーティー」のはじまり!

アミ「お父さん、乾杯をしようか?」
主人「ウン、いいよ。でも、何に乾杯する?」
アミ「お父さんが言ってよ。」
主人「お母さんが言ってよ。」

・・・・と、ここで二人で「どちらが乾杯の音頭をとるか」でもめる。

アミ「じゃあ、アミが言うよ。お父さんがいつもがんばってくれていることに乾杯!」
主人「お母さん、合格おめでとう!(アミ夫婦の場合、過去のことでも、楽しいことやうれしいことは、口に出して何回も喜ぶ習慣有り)」
アミ「ありがと! お父さんも、合格おめでとう!(主人も先日、あるライセンスを取得した)。」

その後は、二人でシャンペンを飲みながら、スピリチュアル世界のこと、メルマガ・ブログのこと、マンウォッチングの内容、今朝見た夢、これから先の地球の行く末、政治、経済の話題、未来のことなど、様々なことを語り合う。
おおむね、「希望的観測の内容」が多い。

アミ「私、6年後には、○○○をしたいのよね。できるかなぁ。」
主人「がんばればできるんじゃない。」

(そのためには、「血の滲むような努力」をしないといけないにもかかわらず・・・。)

アミ「そうよね、やればできるかもね。がんばろう!
お父さんも、×××になっているイメージが見えるよ。きっと、そうなるから、がんばりなさいよ。」

(×××になるためには、これもまた、相当な努力と強運がいる・・・。)

主人「ウン、そうだね。がんばるよ!」
アミ「一緒に、がんばろうね! 世のため、人のため!」
主人「がんばろう!!」

と、言いながら、シャンペンを飲み干す。
これが二人だけの小さな「なんでもない日、バンザイ! パーティー」です。
第三者が聞けば???の会話だと思います。
私達夫婦の会話の内容は、このように雲をつかむような内容が多いです。
2人で「未来のイメージの世界」で遊んでいます。
また、互いに「いいところをほめあう」ことも多いです。


〜 余談 「夢を現実化させる」 〜

そう言えば、けっこう、この「夫婦の共通イメージの世界」が現実になってきました・・・。

「よいイメージを常にもつ。
できれば口に出して『あたかもイメージが現実化したかのごとく』に語り合う。」

ということは、夢を実現させるために大切かもしれません。

アミ夫婦の場合、夢を語り合うというより、「もう、それが現実に起きているかのごとく話し合って楽しむ」という感じです。
アミ夫婦の場合、夢を現実化させるために話し合っているのではなく、ただ、「いいイメージを語り合うこと自体が楽しいから、そうしている」
という感じです。

夢を現実化させるためには、「夢の内容」は大切だと思います。「真善美にかなったもの」じゃないと、アミ夫婦の場合、夢は現実化しませんでした。
もちろん、その夢の現実化に向けてたいへんな努力はしました。
リスクは負わないと、夢は現実化しません。
「棚からぼた餅的なこと」は、ありませんでした。


《アミ夫婦の夢実現化の法則》

○「夢の内容」が「真善美」にかない、「自分達の魂の成長や世のため人のために役に立つもの」であること。

○ それ相応の「リスク」も負い、「努力を継続する」こと(大きな夢実現には長いスパンで考えないと無理です)。

シンプルですが、アミ夫婦は、この法則に沿って、人生を築いてきました。
そして、たくさんの夢がかなってきました。


〜 話は戻ります・・・ 〜

どんなに忙しくても(というより、忙しければ忙しいほど)この「なんでもない日、バンザイパーティー」は開催されます。
忙しくて、外出する暇もない、遊びに行く時間も無いというとき、このパーティーはアミ夫婦にとって大切な催し物です。

家族以外の人とパーティーをするとなると、どうしても気を遣ったり、お料理をある程度用意したりなど、しなければなりません。
夫婦で勝手に「パーティーだ!」と決め、シャンペンとおつまみを用意しただけでできるパーティーなので、全然、気も遣わず、疲れず、すぐできて、楽しいものです。

お酒が飲めない方も、今は、いろいろなおいしい飲み物がありますので、工夫されるのもいいかもしれません。

アミは、カルーアミルクも、甘くてコーヒー牛乳みたいで好きです。カルーアミルクの元は、酒屋さんに売っていますので、牛乳で割るだけです。

オレンジジュースにちょっとウォッカをたらして飲むのもいいかもしれません(軽いスクリュードライバー風飲み物)。

梅酒でもいいでしょうし・・・。梅酒なら、「チョーヤの梅酒」がアミは好きです。

要は、気分です。


◆編集後記◆―――――――――――――――――――――――――――

前回は、「ちょこっと愛」について、お話しましたが、今回は「ちょこっと楽しみ」についてでした。

どんな方法でもいいので、疲れたときに、「手軽に気分転換ができる裏技」をいくつかもっておくといいです。

アミ達夫婦は、ひとりっこの娘が家を出たので、(若くして)夫婦二人っきりの生活になりました。

娘がいないのはさびしいけれど、今、「夫婦のありがたさ」「夫婦で共に過ごす時間の大切さ」を実感しています。
これからも、「夫婦でいい時間を過ごしていきたいなぁ」と思います。

夫は、「死ぬまで共に歩んでくれる人生のパートナー」です。
「親子の縁」は、子どもの結婚を境にぐっと薄くなります。
でも、「夫婦の縁」は、死ぬまで続きます。

「親子関係」は、子の人格形成に影響を与え、子の人生の基をつくります。
「夫婦関係」は、「人生そのもの」です。

アミは、とても夫婦関係を大切にしています。
「互いに生かしあい、高め合い、相手の成長を喜び合う夫婦でありたいなぁ」
と、思います。



応援してもらえるとうれしいなるんるん
共感できればポチッと押してねexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ
★にほんブログ村へ
posted by 女教師アミ at 11:48| Comment(12) | TrackBack(0) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

◆まずは、自分の心の健康を!【アミの一口コラム53】

こんにちは。アミです。

今日は、
「まずは、自分の心の健康を!」
についてお話します。


◆まずは、自分の心の健康を!【アミの一口コラム53】◆

〜学校の先生の姿から〜

アミは、自分も興味があるのと、
「メルマガ・ブログ書きの参考にもなるかなあ」
と考えて、教育関係のメンタルヘルス系の研修会に出席したり、お世話をしたりする機会をつくっています。

そのとき、いつも、不思議に思うことがあります。

「メンタルヘルス系の研修会」には、とても疲れ、ぐったりとした重い足取りで来られる先生方が多いです。

ところが、研修を終わると、笑顔いっぱいで、足取り軽く帰って行かれるのです。

「なぜかな〜?」

と、アミはいつも考えていました。

アミなりに出した答えはこうでした。

本来のメンタルヘルス系の研修の目的は、簡単に言えば、
「子どもの心を健全に育むためには、どのように考え、どのようにしたらよいのか?」
と、いうことです。

もちろん、研修を受けに来られる先生方は、そのつもりで来られています。
日々、先生方は、クラスの中で厳しい状況にある子ども達と対面し、がんばっておられます。そういった状況の中で、子どもに関して、何らかの問題意識や悩みをもって来られているのです。

メンタルヘルス系の研修は、実習ともなうので、とても楽しく、皆さん、ワイワイがやがや言いながら、とても楽しく研修を受けています。また、日ごろの子ども達に関する悩みも自由に打明け合うこともあります。

最初は、「しら〜」としていた雰囲気も、帰る頃になると、皆さん笑顔で
「じゃあ、また、いつか会いましょう!」
と、にこやかに挨拶をされています。

アミは、そのとき、(個人的に)思うのです。

「あ〜、先生方、皆さん疲れていらっしゃるんだなあ。
 もちろん、子どものために研修を受けに来られているんだけど、
 先生方ご自身も、実技をしたり悩みを話したりして、
 十分癒されて帰られているんだなあ。」
と。

講師の先生方も、同じような感想をもたれることが多いようです。

アミは、
「子どものためだけでなく、先生方ご自身のためにもメンタルヘルス系の研修が必要なのだなあ」
と、思います。

ある心理学の偉い講師の先生が言われました。

「先生方、子ども達には、『寝る』『食べる』『遊ぶ』が必要です。
これができないと、子どもは、おかしくなります。

でも、先生方、これは大人も同じです。
先生方も同じです。
人間が固くなると、『遊ぶ』ことができなくなります。
先生方、この3つのことに気をつけてくださいね。

また、今日のように、悩みは口に出して話してくださいね。
1人で抱え込まないでくださいね。

子どもの心の健康を図る前に、
まず、ご自分の心の健康を図ることが大切ですよ。」

と。

アミは、この先生の温かな言葉が胸に染み入りました。

「自分の心が不健康な状態だと、人の心まで癒してあげられない・・・。」

本当にそうだなあと思いました。

◆編集後記◆

家族や夫婦、恋人、同僚、友だち、教え子等のために
「心を癒すお手伝いをしよう」
ということがありましたら、まずは、
「相手の心の状態を知る」
ことが大切です。

「相手の心の状態」は、「自分の感性」でキャッチするものです。

たとえていうと、
自分の「心の水鏡」に相手の心を映し出すということです。
だから、自分の「心の水鏡」にさざなみが立っていたり、ましてや濁っていたりすれば、相手の心を映すことはできません。

自分の「心の水鏡」が静かで透き通っていればいるほど、相手の心の様子がわかり、相手にとって、「一番必要な言葉」が心の底から湧いてくるのです。

どんなことも、「心が原点」だなあと、アミは思います。





応援してもらえるとうれしいなるんるん
共感できればポチッと押してねexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ
★にほんブログ村へ
posted by 女教師アミ at 20:54| Comment(5) | TrackBack(1) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

◆眠りは癒し 【アミの本音日記 2】

こんにちは。
アミです。

今日は、父母を連れて、お墓参りです。

娘が来られないので、父母は少々寂しげですが、娘の分まで父母にサービスをしないといけないなと思います。


◆眠りは癒し 【アミの本音日記 2】◆

昨日は1日、眠くて眠くてたまりませんでした。

仕事場でパソコンを打っていても、「目のふた」がパタンと閉まります。
「昨晩は、そんなには遅くなかったのに・・・。おかしいなあ。」
などと考えながら、1日眠気と戦っていました。

眠気だけではなく、耳鳴り?(数年前からずっと、耳の奥でいろいろな高さの音が聞こえるのです。精密検査まで受けましたが、原因不明といわれたので、ほっといてます)はするは、とうとう帰り間際になると、左目の端がきらきら、ちらちらした光が見え出し、人の姿は霧のようにかすむは・・・。
「人って、霧のように細かな分子でできているんだなあ。本当は、固い物質ではなくて、すかすかなんだ・・・。」
などと妄想?が湧いてきたり・・・。

「こりゃだめだ!!」

と思って、ちょうど17時になったので、仕事をあきらめ、車を運転して帰り始めました。

しばらく運転していると、体が温かくなり、ふわっとしたものに包まれているような感じがしました。お風呂の湯船につかっているような気持ちです。
またまた眠気が襲ってきました。意識がすっと薄らいでいくような感じです。
ああ、このまま眠って目を閉じて、二度と目を開けなかったら、さぞ気持ちがいいだろうな等と、ふっと思ったり・・・。

まずい!! 早く帰らなければ、居眠り運転になるぞ!
と、あせりました。

でも、アミはそのときふっと思いました。

「アミは、最近、家族のことで悩んでいる。えてして、家族や身近にいる人が、とっても困ったことになった場合、周りの人は、自分を責めるんだよね。『自分がいけなかった、神様もそう思っておられるよね』とアミは、考え続け、1人でしょぼくれていた。そんな様子を見て、神様は心配をしてくれているのかな。『早く眠りなさい。眠って霊界のエネルギーを補給してきなさい。』って、言ってくださっているのかな。」
と。

家にやっとの思いで帰り着きました。
そして、メルマガ・ブログを書こうとパソコンに向かいました。
キーを打とうとしたのですが、そのまま眠ってしまいました。

2時間ほど、眠ったでしょうか。
いろいろな夢を見ました。
夢の内容は、よく覚えていません。

ただ、目が覚めた後にアミの心に感じたメッセージは、

「○○な場合も、××な場合も、△△な場合も、いろいろあるよ(考えられるよ)。でも、そのこと自体に、『善悪』はないよ。『ただ在る』だけだよ。そのまま受け入れればいいんだよ。」
というようなものでした。

心がぽっと温かくなったような気がしました。

「そうかもね。」
と、アミは思いました。

気分は少しさわやかになっていました。


◆編集後記◆―――――――――――――――――――――――――――

「眠り」はとても大切です。

眠っている間に、霊界(あの世)に帰り、エネルギーをもらったり、この世で生きていくために必要な考え、アイディアをもらったりするからです。

悩んでいるとき、いろいろな本を読んだり、考えたりして、善き方向に解決していくことはとても大切です。

ただ、悩み疲れたときは、温かな人に寄り添ってもらうのもいいですし、癒しの言葉を読むのもいいでしょう。

そして、眠りましょう。
できれば、眠る前に祈るといいでしょう。

「この眠りが、私の心と体を癒し、生きていくために必要な智恵とエネルギーを与えるものになりますように。」
と。


応援してもらえるとうれしいなるんるん
共感できればポチッと押してねexclamation

   ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ
★にほんブログ村へ
posted by 女教師アミ at 00:08| Comment(8) | TrackBack(0) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

◆たまには「一歩後退」もOK!!【番外編 1】


〜 今、土曜日のお昼です♪ 〜

こんにちは。
アミです。

じつは・・・
土、日曜日中に研究原稿のプロットを2本書き上げないといけない仕事があります。

2日間かけてがんばろうと予定をしていました。

ですが・・・
土曜日の午前中、メルマガを1本アップした後、もう次の「お仕事原稿」には手を出したくなくなっていました。しようと思って、パソコンの前に座っても手が動かないのです。

「お仕事原稿」は、たくさんの本と格闘しながら、研究のプロットをひねり出していかないといけません。1週間の仕事で頭の中がくたくたのアミにとって、仕事内容を想像しただけでもう「メマイとハキケ」がしそうなのです。

それで・・・
このように、あまり仕事が多くなった場合、アミの場合は突然、「開き直る」ことにしています。

「まっ、いいかあ。土曜日はアミの好きなメルマガ書きをしよう!! 日曜日にばあっと、やっちゃおう(お仕事原稿を)。」

ということにしました。

「アミは仕事から逃げてる?」

と思われるかもしれませんが、適当に、うまく逃げながら前に進まないと自分がダウンしてしまいますよね。

常に「前進! 前進!」では、体力と精神力がギブアップです。

ちょっと、後退しているみたいに見えますけど、3歩進んで1歩下がるぐらいのほうが、結果的には無理なく自然に前進できるように思います。

ということで・・・
日曜日は「背水の陣」でお仕事をがんばろうということで、土曜日は楽しくメルマガ書きをしま〜す!!

土曜に書いた「アミの一口コラム 11」の続きは、明日(日曜日に)アップしますね。

〜 今は土曜日の夜です♪ 〜

土曜のお昼過ぎまで、メルマガを書いたり眠ったり(夢の中でもメルマガの内容について話していました)しながら過ごしました。
疲れていたので眠る時間の方が長かったと思いますが・・・。

夕方は、本を読んで、それから、行きつけのアミの体をケアしてくださる先生のところに行きました。

今日は、私達夫婦の共通の友達が新築する(アミの家のまん前に)家の図面を見て欲しいということで、アミの家に来ます。
凝り性のアミと主人の考えたこの家を見て、自分もそのようにしたいといって、相談に来るのです。

先日、住宅会社と契約したということなので、彼女をイメージしたちょっとかわいいクリームイエローのバラをテーブルに飾って、シャンパンを開けてお祝いをしてあげようと思います。

今日、土曜日は、

たいへんな明日(お仕事)のことは考えない。

明日になって、
「たいへんだあ!!」
と、言ってがんばればいい。

土曜日は、リラックスタイム!

に、無理やりしました(笑)。

アミに言わせれば、

リラックスする時間なんてどこにも確保されていない。
そうとなれば、リラックスしたり癒されたりする時間は、自分でどこかの時間を押しのけてでも何とか確保するしかない。

ということなのです。

「ぼろぼろの一歩手前まで→ヨレヨレぐらい」までいくことは、時々あるかもしれないけど、「心と体をぼろぼろ」にしてまでは、がんばる必要はないというのがアミの価値観です。

自分の心や体の健康は自分でキープしよう。
家族との時間も大切にしょう。
と、アミは思います。

人生って、「波乗り」のような感じがするのです。

波が来たときはその波にグウ〜ンとのってがんばります。
でも波が来ていないときは、さざ波に体をまかせて思索するときがあってもいいのではないかと思います。

メリハリが大切です!!

では、明日またお会いしましょう。

明日は、

「雑念」とは

についてお話します。



応援してもらえるとうれしいなるんるん
共感できればポチッと押してねexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★にほんブログ村へ
posted by 女教師アミ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

◆アミの一口コラム6 〜心を安らげ、波動を整えるための部屋づくり パート1〜

−いつも目に触れるもの−

身の回りは、すっきり片付いていまか?
アミは、身の回りには、なるべく必要のないものは置かないようにしています。

ものにはそれぞれ波動があります。
それぞれからいろいろな波動が出ています。

ものがたくさんあると、それぞれのものからそれぞれの波動がでて、
不協和音のように、部屋に広がるように、アミには感じられます。

前の持ち主のいろいろな念が伝わってくることもあります。

そんな見えない情報の渦の中にいる人の心は落ち着かないように思います。

でも、現実には、住宅事情もありますから、そんなにすっきりとはいかないでしょう。

−3つの部屋をきれいに−

1点豪華主義ではありませんが、アミは3点豪華主義でいっています。

部屋全部をきちんと整えることは無理なので、3部屋だけは、きれいにしようと思っています。まあ、3部屋をきれいにしたら、残りの部屋はもうありませんが・・。

1つ目は、トイレ。

トイレの中は、落ち着いたベージュ色で統一しています。

もうすぐ夏なので、トロピカルな写真を飾っています。
写真の前には、砂浜で拾ってきた貝殻と青いビー玉が転がっています。

トイレの窓辺には、お気に入りの天使の木組みの絵を飾っています。

それと、ドライフラワーのラベンダーを入れたガラスのボトルと、リラックスと書いた丸っこい石が置いてあります。

本当は、生のお花をおきたいのですが、トイレの空気が湿るのでやめています。

トイレは、遊び心をちょっと加えた安らぎ空間にしています。

このトイレにすわると、いろいろなひらめきが生まれます。

2つ目は、居間。

「お気に入りのサボテン達、観葉植物」を置き、「大きな窓」と、「大きなライトグリーンのソファー」「リーフ模様のライトグリーンのカーテン」と、「テーブル」と「フツーのテレビ」があるシンプルなつくりにしており、グリーンを基調にまとめています。

ここは、家族が集い、お客様とのコミュニケーションの場所です。
いろいろな人がくつろげるような雰囲気にしています。

部屋になるべく、グリーンを置いて、空気の浄化と共に、緑の中で安らぐことができるようにしています。

3つめは、寝室。

寝室にも、ものは、ほとんどありません。

「ベッド」と「観葉植物」とお気に入りの「天使の人形」と「潮風に吹かれている女性の小さな像」、「ピンクの造花のバラ」、「何冊かの本」が置いてあるだけです。

やはり、グリーンと自分の心が安らぐ、グッズのみを置いています。

寝るところは、ものが多いと、いよいよリラックスして眠れません。

寝ることに集中できるように、ホテルの部屋をイメージして、すっきりと、温かな感じで、ワインカラーを基調にしています。

−ものに埋もれない主義−

「物は、買わない。どうしても必要なもの、自分にとって大切なものだけ置く。特に、日常的によく目に触れる場所には、ものを不必要に置かない。
なるべく、収納をたくさん作って、全部しまいこむ。」

というのが、アミの主義です。

2〜3ヶ月に1回は、いらないものを片付けます。

何回も片付けているので、もう今は、あまり捨てるものはありませんが、いらないものは、リサイクルショップに持って行きます。たいしたものではないので、ほとんどリサイクルショップに「あげる」って感じです(笑)。
リサイクルショップも「要らない」といわれたものは、捨てます。

家がいつも、すっきりしているので、家に帰ると落ち着きます。

−アミのお気に入りの部屋−

アミの一番好きな部屋は、居間。

すっきりとした部屋に飾られている
「家族の写真」(家族)
「サボテン達、観葉植物」(自然)
「大きな窓から見える景色・・・
『緑の山』や、『かえるが鳴く田んぼ』、『川の堤防で光るライト』、『おしゃれな近所の家』」(自然、人)
などが、私の宝物、大切にするものです。

シンプルな部屋にしておくと、そこに置かれているものがクローズアップされます。
何が、自分にとって大切なものなのか、自分にもよくわかります。

いつも目に触れるものは、自分の無意識の世界に、知らないうちに入っていき、人格形成にも影響を与えるように思います。
ですから、いつも目に触れるものが「何か」ということはとても大切です。

また、家というのは、心身を安らがせ、整える大切な場所です。

できる範囲の中でよいので、こだわって、自分好みの空間をつくっていくといいかなと思います。



応援してもらえるとうれしいなるんるん
共感できればポチッと押してねexclamation

   ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★にほんブログ村へ
posted by 女教師アミ at 18:37| Comment(4) | TrackBack(3) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

◆なやみ5 : アミ式心身健康法

最近、体がとても疲れやすく、だるい感じがします。風邪もよく引きます。病院に行っても、特別、どこが悪いということはなく、「風邪でしょう」ぐらいのことです。でも、私にとっては、日々のことで、つらい症状なのです。どうやったら、元気に毎日を過ごせるでしょう。

◆悩み解決のポイント◆

「心」と「体」を温め、血液をさらさらにし、自然治癒力を高めましょう。

◆アドバイス◆

医学的処方ではありません。

「アミ式心身健康法」です。
みなさんの健康法のひとつにでも加えていただければ、幸せです。

アミはこうしています・・・

〜 体を温め、血液をさらさらにする 〜


○毎日、薬草茶(よもぎ・くこ葉・おおばこ・かきどおし・どくだみの5種類ブレンド)をお水代わりに飲む。
  ※お子さんのいる家庭は、「甘草」を入れると、よりおいしく飲める。

○食事は、「玄米・天然酵母パン・野菜・海草・魚貝類」が中心。

○水は、浄水器を通す。

○なるべく、無農薬、無添加の食品をとる。

○なるべく、根のもの(にんじん、ごぼう、レンコンなど)を食べる。
  →根ものは、体を温めるそうです。

〜心を温めるため(心を光らせ、光を心に取り入れる)〜

○自分のためだけでなく、小さなことでよいので、人のためになることをする(人を喜ばせる)。← お勧め

○自分の心の管理を怠らない。明るい気持ちをキープする。

○悩みはなるべく早く(できればその場で)解消し、ストレスを作らない。
  →ストレスをためると、活性酸素(フリーラジカル)?という物質が血液の中に発生して、血が汚れるそうです。

○一つのことを思いわずらわない。一つのことについて、ずっと考え続ない。
  →これが原因で「風邪を引く」ことが多い。

○心の状態がよくない、体が冷えていると思ったときは、「光の瞑想」をする。

《光の瞑想法》

@静かな部屋で、独りになり、胡坐をかき、背筋を伸ばしてすわる。手のひらをひざにのせ、上に向け、肩を落とし、体はリラックスさせる。

A目をつぶる。

B腹式で深呼吸を5回程度(心が静まるまで)する。
  その際に、静かな夜の湖に満月が映っている情景をイメージする。

C天上から太い光の柱が自分の頭のてっぺんめがけて降りてくるイメージをする。

D光が自分の頭から徐々に体の下方に向かって、手足の末端部にまで、ゆっくりとジわっと広がっていく様子をイメージする。光の広がりと一緒に体がじわっと温かくなっていく様子をイメージし、感じる。

E光が体の隅々にまでいきわたったら、自分の胸の辺りに光の玉をイメージし、光がまぶしく輝き始め、体の外にまで光がこぼれる様子をイメージする。

F体全体に光がいきわたり、光のまゆに自分が入っている様子をイメージする。

Gその光のまゆの中でゆったりとくつろぐ。

   ※できれば座ってするほうがいいと思いますが、眠る前に布団の中でしてもいいと思います。

○アミは、忙しさにかまけてしていませんが、これに日々の運動を加えるとより効果的だと思います。  

◆後記◆

このようなことを続けていくと、「自然治癒力」が高まり、風邪も引きにくく、健康な体になります。

おかげでアミ一家は、ほとんど歯医者以外にお医者様やお薬のお世話になることはありません。アミは、ここ数年、風邪もひいていません。

アミは、小さなころは虚弱体質で、病院とは縁が切れませんでした。小児喘息、全身にアトピー、胃炎、胃潰瘍などの持病にも悩まされてきました。

でも、年をとるにつれて、それらはほとんど自然治癒してしまいました。

後、残っているのは「ひじにできているアトピー」と「花粉症」だけです。
これらも、いずれ治るイメージがあります。

今年は、花粉症もひどくならず、「鼻がつまり気味だった」ということぐらいでした。

年をとるほど、健康な体になるというのも不思議ですが・・・。

「心の健康」と「体の健康」は密接に結びついているんだなあと実感しています。



おもしろかったら、クリックしてね!
    ↓             ↓
人気blogランキング  にほんブログ村
posted by 女教師アミ at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。