2009年08月27日

◆砥石さん、ありがとう!! 【アミの一口コラム 382】◆

今晩、帰宅の車の中で、テレビを見ていました。
どこかの大学の教授が、言っていました。
「1週間に60時間以上働く人は、過労死予備軍です。」
と。

「え〜〜! それじゃあ、私は、え〜〜と。1日平均15時間ぐらい学校にいるよね〜。15時間×5=75時間???
じゃあ、わたしも、過労死予備軍じゃなあい?」
と、心の中で叫びました。

「私の行くところに、仕事がついて回っている」
・・・ような気が最近、とみにします。
私は、そんなに仕事は嫌いではないのですが、基本的に時間が足りません。
人から頼まれる仕事以外に、自分はやりたいことがたくさんあります。

仕事を早く仕上げようとするのですが、3次元の重い身体を引きずりながらの仕事です。なかなかはかどりません。
今晩も、22時が限界でした。

・・・と、いうわけで、周りの皆さんの要望になかなか応えられません。

時々、ふっと考えます。
「あ〜〜。あの世だったら、想ったことはすぐ実現するのに・・・。
なぜ、こんなに現世(3次元の世界)は、実現の速度が遅いのだろう。
なぜ、想っても実現するまでに、死ぬほど努力をしないといけないのだろう・・・。」

答えは、簡単!!
「魂修行をするために生まれてきたからです。
すぐ、実現してしまうと、修行の意味がないからです。」
・・・と、分かってはいるのですが。

みんなにとっては、「ちょっとした要望・お願い」でも、「みんなのちょっとした要望」を一手に引き受けるアミにとっては、集中砲火みたいなものです。
「ちょっと」ではありません。「たあくさん」です。

でも、助けてくれる仲間のみんながいてくれるので、
「がんばらないと。」
と、思います。

やるしかないので、アミは、明日もがんばります。


◆編集後記◆

「何でも、すぐ、実現する」と感動は、あまりないものです。
辛いときは、本当に辛いし、周りの人を恨みたくもなります。
でも、私達は、地球に楽しくハイキングするために生まれてきたわけではありません。
今世の目標は、最後のカルマを修正し、できることなら転生輪廻のサイクルから外れることです。
そのためにも、辛くても頑張らないと・・・ね!
辛い時って、「自分のエゴと人への愛」が綱引きしているときです。
人は、自分の心身が辛くなるに従って、人へ愛を向けにくくなる傾向があるようです。

辛いときは、
「りっぱな砥石のおかげで、自分の心のかどがとれ、エゴが削られ、なくなっていく・・・。」
のです。
砥石さんに感謝しましょう。

「砥石さん、ありがとう!!
あなたのおかげで、今のアミはあります。
いつも、あなたのざらざらした身体で、角張ったエゴの強い私の心を磨いてくれてありがとう!」

今日も、アミは、がんばります!!



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 23:55| Comment(7) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

◆真理は、実践することに意義がある 【アミの一口コラム 381】◆

宇宙の法則、真理は、とてもシンプルです。

基本的な知識は、必要です。
知識には、2種類あります。

○地球で魂修行をさせていただいている人間として、知っておかなければならない魂に関する一般知識。

○魂を磨くために、いかに考え、いかに行動するかの実践的知識。

ただ、これらの知識は、単なる知識にしか過ぎません。

人は、「机上の霊的な知識」を学ぶために、この地球に転生を繰り返しているのではありません。

地球上での「体験・経験」を通して、
「エゴを捨て、いかに愛に生きるか」
を学ぶために、転生輪廻を繰り返しているのです。


・・・なので、
「体験・経験(実践)」が最重要です。

花の種を手渡され、
「花というのは、愛を込めて育てることが大切だよ。」
と、言われただけでは、
「愛を込めるとは、どういうことなのか? 愛ってなんなのか?」
と、ぴんとこないでしょう。
「愛とは何なのか? 愛を込めるということは、どういうことなのか?」
実際に育ててみないと分かりません。

Aという花:光に当て、水だけあげておけば、ちゃんと育つ花
Bという花:光に当て、水をやり、肥料をやり、害虫駆除をし、いろいろ手をかけないとなかなかうまく咲かない花

同じ花を育てるにしても、難易度も違います。難易度によって、
「愛」
に対する認識も変わってくるでしょう。

「たいへんなこと」は、誰しも嫌ですが、たいへんであればあるほど、そこから得る「学び」も大きいとも言えます。

私達は、地球で永い転生輪廻を繰り返しながら、
「愛という名の小さな花」
をたくさん咲かせ、それらを花束にして、自分の魂の大元に持ち帰るのです。

今世は、今まで咲かせた花を束ねて、大きな花束にする時です。
そして、自分の魂の大元に持ち帰るのです。

・・・でも、
「すごいこと!」
をしなくていいのです。

足元をしっかり見てください。

あなたの心は、いつもさわやかで明るいですか?
身の周りの方々と調和し、仲良くやっていますか?
身の周りの方々にあなたができる親切をしていますか?


【身近なところで、できることから実践を!】

○何事にも感謝をもち、ポジティブに考えて、心明るく生活する。

○自分がしなければならないこと、すべきことを精一杯する。

○家族や身近な人々を癒し、生かし、励まし、元気づける「言葉かけや、行動」をする。

この3つでいいのだと思います。

「知識におぼれないで、心清らかに、温かく、誠実に生きていくこと」
が大切だと思います。


◆編集後記◆

「この地球で魂修行をさせていただいている人間として、知っておかなければならない魂に関する一般知識」

この点についての知識は、皆さん、大丈夫でしょうか。

○死んだらどうなる?
○魂は、永遠に生き続ける理由
○アセンションの基本的知識

等の基本的な知識は、身に付けておいてくださいね。
どれも、深入りはしなくていいと思います。
ただ、何が起きても、慌てない、動じなくていいように、心の準備だけはしておいてください。
できれば、これは、身近な方々にもお知らせだけはしておいたほうがいい情報だと思います。

ただ、基本的には、
「心をクリアーにし、エゴを捨て、するべきことをきちんとし、愛深き生き方をする。身近なところから。」
が一番大切です。

日常生活の中で、自分がしなければいけないことを誠を込めて、精一杯し、身の周りの人へできる親切をしていくだけでいいのです。

カルマも一気に解消できるように、どんどん出てきています。
苦しいと思いますが、カルマを持ち越して後でとんでもないことになるより、まだ、日本が比較的落ちつている今の間に、噴出した方がいいと思いませんか?

苦しくても
「ああ、おかげでカルマが解消していっている。ありがたいことだ!
がんばって乗り切ろう!」
と、自分に言い聞かせてがんばりましょう。

知識がいくらあっても、実践ができていないと意味がありません。

全てを決めるのは、
「心」
だからです。

「・・・・と、アミは、自分に言い聞かせて、これからがんばろう」
と思います。

学びの多い、夏でした。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

◆愛すること=努力? 【アミの一口コラム373】

こんにちは。
アミです。

今日は、午前中は、学校で仕事。
午後は、算数の研修会。
夕方は、主人と健康のために? 定食屋に行ってごはんを食べました。
夜は、お片付けグッズを買いました。
明日は、家のお片付けデーです。
夏季休暇はとっていますが、実際にはありません(苦笑)。


◆愛すること=努力? 【アミの一口コラム373】◆

アミは、やっと、最近、踏ん切りが付きました。

今まで、ずっとしたくなかった・・・ちっ(怒った顔)
「家の片付け」
「お料理」
「お茶碗洗い」
「洗濯」
等の家事掃除等にも「心を込めて」行うことに決めましたわーい(嬉しい顔)

これらのことは、嫌いではなかったのだけれど、帰宅すると疲労困憊していて、もう何もしたくない、見たくないという感じでした。嫌々ながら、疲労した身体にむち打って・・・とい感じでした(もちろん、主人も手伝ってはくれていました)。

ただ、もう、つべこべ言っておられる状況ではありません。
私達にとって、今が、正念場です。
周りの方々、目に見えない方々?が協力、応援してくれているのです。
アミ夫婦本人達が頑張らねば、ばちが当たります。
どうしてもしなければならないことがあります。

○身体を鍛え、メンテナンスを行う。
○食事を整える。
○家と仕事場の整理整頓をし、ことがスムーズに行くようにする。

これらのことを行います。
おそらくこれらのことをすれば、今の1.5倍以上は、働けると思います。

私は、肉体の命が終わる時に、悔いは残したくないので、がんばろうと思います。


◆編集後記◆

「人を好きになること」
は、けっこう、だれにでもできるかもしれません。でも、
「人を愛すること ムード
は、なかなか困難です。自分のエゴを捨てていかなければならないからです。




必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 21:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

◆ありがとう 【アミの一口コラム359】◆

こんにちは。
アミです。

今日は、こちらは、快晴です。
最近、とっても疲労感が強く、かなりへこんでいました。
毎日のようにいろいろな変化が起こり、洗濯機のうずまきの中にいつもいるような感じです。
変化と言っても、おそらくいい意味なのですが、こう、立て続けに起きると、たとえいい意味でも何となく不安定にな感じがしてきます。
そして、近い未来に起きる様々な変化に対する不安があります。

思いかえせば、3月という時期は、毎年、へこむような気がします。
4月は、「あきらめ」「やるしかない!」という感じです。

そして、3月・・・。

「がんばろう」
とは思うのですが・・・。
「受電が切れた携帯」のようなアミでした。

そこで、今日は、朝から爆睡していました。
そして、眼が覚めて、車をとばして海辺に行きました。

海を見ながら、ぼ〜〜としていました。
眼をつぶっていると、波と風の音だけが聞えます。
自然に深い瞑想状態? 居眠り状態? に陥っていきます。

眼の前に紫色と黄色の色がぐるぐると渦を巻きながら回っています。
私は、眼をつぶって、ぼ〜〜とその映像を見ています。
いくつかの幻影か夢かがイメージの中を通り過ぎていきます。

半分は、眠っているのですが、半分は、眼が覚めています。
自分がどこにいるのか分からなくなります。
砂浜でもなく、家でもなく、ただ、「空間」に居る。
という感じ・・・。

深い海の底から浮上していくような抵抗感と闘いながら、眼を開けました。

目の前には、青い海と白い砂浜。

空を見上げると、一面に金色の粉がチュルチュルと舞い散っています。

砂浜に並ぶソテツからほわっとオーラが見えます。

何百年、何千年と変わらない自然・・・。

人は、この地球に生まれ、何回も何回も転生輪廻をしてきた・・・。
心を磨くために・・・。

その壮大な生命のメカニズムの中のたった1点でしかない自分・・・。
そんな自分が豆粒ほどの悩みや不安に心曇らせている・・・。

「悲しい想いをするのは、そのものが目の前に出てきてからにしよう。
出てきてもないものに対して、悩んだり悲しんだりするのは、やめよう。」

と、思いました。

確かに山を登っていくのは、楽しくもあり、苦しくもあります。
でも、アミは、
「やはり平地をウオーキングするより、山登りぐらいして、魂の足腰を鍛えたい。」
と思います。また、アミの役割は、
「楽しくみんなでハイキングというより、少しでも多くの仲間達と共に喜びを分かち合い、苦しみを乗り越え、山登りをし続けること」
のように思います。



◆編集後記◆

「楽な平坦な道」ばかりを歩んでいると、魂の足腰は鍛えられません。
多少辛くても、「山登りコース」を選んで歩むと魂の足腰は鍛えられます。

苦しい坂道ばかりではありません。
下りもあるし、お花畑の中を歩むこともあるでしょう。
小川のせせらぎでのどを潤すこともあるでしょう。
春のそよ風に吹かれることもあるでしょう。
小鳥のさえずりを聞くこともあるでしょう。

本当は、世の中には、
「苦しみ」
「悲しみ」
或いは、
「喜び」
「楽しみ」
等も存在しないのかもしれません。

「そう感じる自分がいるだけ」
です。

そうであれば、できるだけ、
「苦しく感じること」
をやめ、
「喜びを感じる」
ようにするとよいのかもしれません。

それには、
「感謝」
が大切なのかもしれません。

でも、人は、
「過去に起きた感謝するできごと」
「頻繁に起きる感謝するできごと」
等に対しては、鈍感になっていくのかもしれません。

アミは、毎日のように感謝するできごと? 奇跡のようなこと? が起きます。
また、過去に比べれば、現在の方がずっといい環境です。

でも、感謝知らずのアミは、
「様々な力により生かされていることへの感謝」
を忘れがちになります。

「見えない存在への感謝」
「主人への感謝」
「両親への感謝」
「仲間達への感謝」
「自分に喜びを与えてくれる人への感謝」
「自分に苦しみを与えてくれる人への感謝」

・・・全てのものへの感謝を忘れないでいこうと思います。




必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ



posted by 女教師アミ at 07:13| Comment(11) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

◆自分の歩む道 【アミの一口コラム358】◆

こんばんは。
アミです。

日曜日の夕方、近くの神社にお参りに行ってきました。
神社の前に桜の木々が植わっていました。
木々の幹や枝がうっすらとピンク色に染まっていました。
つぼみもふんわりとした感じです。
「桜咲く・・・。」
アミは、ふっと心の中でつぶやきました。

夕方でしたので、神殿の中に火がともされていました。
私は、そっとこうべを垂れました。

感謝の祈りをしました。
そして、今の私の胸の内を語りました。
そして、静かに待ちました。

心の中で声が響きました。

「まっすぐに歩まれよ。
 このままでよい。
 われらがそなたの前を行き、なたで道を切り開く。
 そなたは、まっすぐに歩めよ。
 そなたの後ろにも、そなた方をサポートしてくださる方々がおられる。
 何も心配をするではない。
 みなで力を合わせ、まっすぐに進め!
 清き、明かき心(清明心)をもて!
 心に雑念を入れるな!」

・・・という内容でした。

でも、この心の声は、自分自身の声かもしれません。
単なる私の思い込み、
「・・・なったらいいなぁ〜!」
という想いが表現されたものにすぎないかもしれません。

でも、私には、もうどこにもすがる言葉がありません。

「心の中の声と思われし声に従ってひたすら前進をするしかない。
 ここで、私(達)がこけたら、どうしようもない。
 私(達)は、こけるわけにはいかない!!」

と、思います。



◆編集後記◆


・・・なんか、とっても悲壮感が漂っていますね(苦笑)。
「ここまで悲壮感を漂わせなくても・・・。」
と、我ながら思いました。

どんなに忙しくても、見た目には、明るく、楽しく、ユーモアも少しもって、毎日暮らしているのですが・・・。

私は、時々感じます。

「伊勢の神さまにお願いしたのは、いいんだけれど・・・。
 伊勢の神さまは、私の想い、願いを聞き届けて下さったように感じるのだけれど・・・。
 何だか、日に日にたいへんになっていくような・・・。
 ・・・気がする。」

と。

でも、自分から頼み、志願したのですから、
「最後まで責任をもって、がんばろう!」
と、思います。

苦しいこと、たいへんなこと・・・。
目白押しです。
でも、本当は楽しいのかもしれません。

明日、朝、2時に起きて学校に行こうと思います。
さて、起きれるでしょうか・・・!?
明日は、卒業式です。


皆さん、どんなにたいへんでも、心を明るく前向きにがんばっていると、必ず、報われますよ。
すぐ、報われないからと言って、あきらめないでくださいね。

アミも、頑張っています。
一緒にがんばりましょう!



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ



posted by 女教師アミ at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

◆全てに感謝 【アミの一口コラム354】◆

こんにちは。
アミです。

「想いは現実を創る。」
は、本当のことだなあと、最近、つくづく思います。言葉を変えれば
「想ったこと(願ったこと)が現実になる。」
ということです。
アミ自身、アミの周辺、次々に奇跡的なことが起きています。

さて、
「想いが本当の意味でその人のためになる形で現実化するには、いくつかの条件がある」
と思います。

一つは、「心が純粋でエゴが少なく、明るいこと」
二つ目は、「利他の愛・行ないがあること」
三つ目は、「自分の使命、役割を果たそうとしていること」

です。

この3つの条件が揃えば、「想いの現実化の速度」は、極めて速くなります。

そして、次々と想いが現実化していきます。
その時、人は、驚異の目でその変化していく現実を見ます。
ある人は、
「本当は、導かれたのでは何でもなく、偶然さ」
「本当は、実際には、起こるべくして起こったのさ」
等と思う人もいるでしょう。

例えば、Aということを願ったとしましょう。
数日後、Aということが実際に起きました。
その時、考えなければいけないのは、
「Aのできごとが導かれた(見えない力のサポート)のおかげなのか、単なる偶然なのか、実際には起きるべくして起きたことなのか」
は、どうでもよいことなのです。そのような分析は意味がありません。
真実は、目に見えない人に聞くか、裏で実際に操作した?人に聞かないと分からないことなのです。
神様? 守護霊? 操作した人?
だれかに聞かないと、分からないのです。

だれがどうしたのでそうなったのかを詮索するより、まずは、「感謝」です。
全てのものに「感謝」です。
たとえ、それが裏で誰かが操った結果、偶然、本人の望む形で物事が進んだとしてもです。

感謝しないより、感謝することの方が大切です。
感謝して、目に見えない存在に
「ありがとう!」
と言っても何ら問題はありません。
「全てのものに感謝」
です。

アミは、いつでも(気付く限りは・・・)、目に見えない方々、目に見えるか方々、全ての方々に心を込めて感謝を送るようにしています。

今は、正しく心磨きを進めていけば、その結果、奇跡は起きてきます。
「純粋な想い → 奇跡(と推測されること)→ 感謝 → 報恩(愛の実践)」
だと思います。

「感謝。」
大切です。
「感謝」は「エネルギー」をもたらします。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいでするんるん
応援のクリックをお願いします!exclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
posted by 女教師アミ at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

◆心磨きは年令に関係ない! 【アミの一口コラム352

こんにちは。
アミです。

私の知り合いにAさんがいます。
彼は、もう、50才になります。
彼と出会って、1年ぐらいににしかなりません。
でも、私は、彼の中に光が眠っているのを見ました。

1年前、私は、彼をサポートしようと思いました。
そこで、彼にいろいろなアドバイスをしました。

彼は、いい面はとても素晴らしいのです。
でも、大きく欠けている面がありました。

私は、彼に言いました。
「バランスが大切よ。
あなたの○○○な面は素晴らしい。
それはそれで個性として伸ばせばいい。
でも、人の上に立つなら、○○○な面だけを打ち出すのではだめ。
あなたの部下になる人の中には、×××な面をもっている人もいるはず。
△△△な面をもっている人もいるはず。
いろいろな人がいる。
だから、あなたに大きく欠けている部分を補えるように努力するといいよ。
そうすると、いろいろな人が理解でき、たくさんの人を生かすことができるわよ。」
と。

そして、私は、彼が具体的に欠けている部分を補えるようにサポートしました。
もちろん、彼も私をよく助けてくれました。

彼は、
「自分は、苦手・・・。」
と、言いながら、精一杯アミについてきてくれました。

そして、とうとう、彼は、先日、ある難しい試験に通りました。
彼は、私にそのとき書いた論文を見せてくれました。

その論文は、以前の彼の
「がんばっているのは分かるけど、ちょっと独断っぽい、あくの強い論文」
とは打って変わって、
「人のために役に立とうという素直で、前向きで、バランスのよい論文」
になっていました。

文が変るということは、「心が変る」ということです。
50才になって、大の大人が心(考え方)をたった1年間のうちに変えつつあるのです。
これは、すごいことです。

試験合格の夜、帰りがけ、車に乗り込み、帰ろうとしていた彼をアミは呼び止めました。
心からねぎらいの言葉をかけてあげたかったのです。
すると、彼が車から降りてきました。
小雨の降る中、彼はまっすぐに立って、私を見ていました。

私は、彼に心から
「おめでとう」
を言いました。
彼の身体から黄色のオーラがほとばしり出てくるのを感じました。
彼の心はまるで青年のように生き生きときらきらと輝いていました。
美しい瞬間でした・・・。

「心磨きや自己変革は、年令には全く関係ない」
と本当に思いました。

「素直さ」
「前向きさ」
「向上心」
があれば、年令に関係なく変っていけるのだと思いました。

彼が完全に神に導かれているのを感じました。

人は、悟りのステップを1段上がるとき、心の中から光がスパークして出てきます。
美しい瞬間です。
感動の瞬間です。


◆編集後記◆

暗い闇夜で苦しんでいる方、どうぞ、足元ばかり見つめないで、光を見つめて下さい。

アミのブログを読んで下さっているような方は、きっと導かれます。
自信をもつことです。

光を見つめて努力し続けるのです。
心正しく、清く努力をし続ければ、必ず、あなたの前に導き手やチャンスが現われます。

後は、その波にのっかって何も考えずにひたすら努力を続けるだけでいいのです。
苦しい時を乗り越えるためには、頭を使わずにハートを使うことです。
ハートで感じることが大切です。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいでするんるん
応援のクリックをお願いします!exclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
posted by 女教師アミ at 22:46| Comment(5) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆心素直に【アミの一口コラム351】

こんにちは。
アミです。

◆心素直に【アミの一口コラム351】◆

Hさん、こんにちは。
アミのブログを読んでくれてありがとう。

Hさんの魂は芸術家の魂です。
大きなエネルギーをもっておられます。
ですから、どうしてもピラミッド構造、縦社会のサラリーマン社会には向いていなかったのかもしれませんね。

「独創性」「のびやかさ」「美を求める強さ」「納得がいくまで追い求める忍耐力」「自由奔放さ」「明るさ」「優しさ」
等がHさんにはあります。

適材適所で、Hさんの合ったところへ行けば、きっと力が発揮できます。
Hさんは、これからは、自分の役割、使命を果たせる場所にいくことが大切だと思います。
そのためには、適切な判断力、決断力が要ります。
まずは、心の奥底にたまっている「マイナスの感情」をはき出して下さい。
思いっきり泣く、叫ぶ、怒鳴る・・・等々。
車で山の中を走りながら、がんがん音楽をかけながら、そのことを実行してみて下さい(運転には気を付けて)。悔しかったその場面等を思い浮べながら、まざまざとその時の光景を目に浮かべてみましょう。
そして、その時の感情をしっかり味わい、力一杯出すのです。
もう、何も我慢しなくていいのです。
家族のために、一生懸命に働いたのです。
言いたいことも言わずに我慢をしてきたのです。
自分で自分を褒めてあげて下さい。

心の中にたまっていたマイナスの強い感情がはき出されると、それだけで自然に心が静まってきます。

できるだけ呼吸をゆっくり深くしましょう。
静かに座って深呼吸を何回かするだけでも心が落ち着きます。
お気に入りの音楽を聴くのもいいでしょう。
自然の中を散歩するのもいいでしょう。
海を見つめるのもいいです。
そして、楽しかった場面、自分が輝いていた場面を想像してみましょう。

一番大切なのは、頭で判断するのではなく、ハートで答えを感じることです。
心を素直にして、心を開いて・・・。
自分の心の声を聴いてみて下さい。

Hさんには、大きな役割があります。
判断をミスると、気の毒ですが、Hさんの前の門は開かれないように思います。
適切な判断をすると、Hさんの目の前の門は、静かに開いていきます。

Hさんは、心美しい、純粋な方です。
だからこそ、Hさんのガイドが役割、使命を果たせる方向に何とか導こうとしているのだと思います。
Hさん、心をもっと柔らかくもって、ガイドの導きに従ってみてはどうでしょう。

Hさん、私達は大切な仲間であるあなたに手をさしのべています。
私達の手を握って下さい。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいでするんるん
応援のクリックをお願いします!exclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
posted by 女教師アミ at 07:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

◆運を引寄せる【アミの一口コラム350】

こんにちは。
アミです。

私の周囲は、とても慌ただしくよい方向に変化しています。
そして、私のもとに次々と新たな人物が登場してきます。
また、私の周りの方々がどんどんよい方向へ変化していきます。
一人気がかりな方がいますが、きっと彼もよい方向へ導かれることでしょう。
私は、彼を信じています。

ただ・・・。
あまりにも忙しい・・・。
いろいろあって・・・。

私は、次のように生活を変えることにしました。

〈1番大切なこと〉
心が静寂になる時を1日20分間、1週間に1日間、もつこと。
※潜在意識等からの正確なメッセージを受け取るために。

〈2番目に大切なこと〉
○メルマガ、ブログを書き続けること。
○仲間達、これから集まってくる方々のために時間をとること。
○主人の仕事のサポートをすること。
○学校の仕事
※「心の仲間」「主人の仕事」「学校」の3つを大切にすること。

〈3番目に大切なこと〉
身体の管理

です。

そのために、次のような日課をたてました。

〈月〜金〉
朝〜夜10時ぐらいまでは、学校で仕事をする。
※帰宅後、メルマガ、ブログのアップ、英会話の学習ができればする(でも、難しいだろう)。

〈土〉
人との交流、勉強会、読書

〈日〉
メルマガ・ブログのアップ、主人のホームページ、ブログ作成の手伝い、英会話レッスン、読書

行政書士の試験勉強をカットしました。
土日が行政書士の試験勉強でまるまるつぶれていたのです。
7月までは、私は、試験勉強会のマネージャーになります。
7月から行政書士の勉強を再開するつもりです。

とりあえず、これでやってみようと思います。

「今、しなければならないこと」
を大切にしたいと思います。

今は、本当に
「正しい判断」
がとても大切です。

今、判断ミスをすると、とても痛いです。
判断ミスをしないためには、一番高い目標を見つめることが大切です。

私の目標は、
「心磨き&それが広がり、みんなが幸せになること」
です。

そこから、今すべきことの「優先順位」を考えます。


◆運を引寄せる【アミの一口コラム350】◆

自分に適した仕事を見つけるためには、まず大切なことは
「明るい気持ちで波動を整えること」
「大きな目標をもつこと」
です。

・・・と、前回の記事で申し上げました。

「神さま」「守護霊」「グレイトサムシング」等は、目標が高ければ高いほど力を貸してくれます。

「志を高くもつこと」
が大切です。
「心のくもりをはらすこと」
です。

そうすると、必ず運が向いてきます。

私は、「心(宇宙)の法則」は、厳然としてある。
と思っています。

でも、最近、主人の仕事を見ていても、つくづくそう思います。

連帯保証人になっていて、友人が逃げ、代わりに友人の借金を払い続けてきたAさん。

もう、お年の方です。
「今の仕事ももう年だからやめる」
と言われていました。
「ただ、やめるとますます生活が苦しくなるので、だめでもともと、どこに行ったか分からない本人を捜して、少しずつでもいいから自分にお金を返してもらえるようにしてもらえないか」
という依頼でした。

普通は、借金が返せないで逃げている人です。見つけるのも難しく、ましてや返してもらうのも不可能に近いです。

ところが、主人は、その逃げた人を奇跡的に見つけ出し、お金を本人に返す約束をとりつけたのです。
奇跡でした・・・。

今日、そのAさんにお会いしました。
Aさんの表情は、たいへん穏やかでまさしく善人の表情でした。
Aさんが何年間も、人の借金をまじめに払い続けてきたことが伺われました。

Aさんは、ケーキを3つ買ってもってきてくれました。

彼の誕生日が数日前だったようでした。
主人がAさんの誕生日を覚えていて、当日、電話で
「おめでとう」
と言っていました。
Aさんは、一人暮らしで、誕生日の日も一人で迎えたようです。
Aさんは、とても喜んでおられました。

Aさんは、
「お願いしたものの、まさかお金が返ってくるとは思っても見なかった」
と、言われていました。

Aさんの波動はとても美しいものでした。
「正直者は、ばかを見ない。」
「善人に奇跡は起きる。」
とAさんの表情を見て思いました。

Aさんは、一旦やめると決めていた仕事を続けることにしたそうです。
生きる意欲が湧いてきたようでした。

今度、うちにご招待をして
「Aさんの誕生日とお金が戻るお祝い」
をして差し上げようと思います。

行政書士という主人の仕事を通して、困難にもめげず、前向きに生きている方々によく出会います。

「心清らかな善人」の方々は、主人の力を借りていい方法へ、くらっと人生が変ります。
主人は、心温かな強運の持ち主です。
司法試験にチャレンジしていたこともあり、法律には強いです。
そんな主人と出会い、人生を明るい方向にくらっと方向転換し、
「ありがとうございました。」
と、深々と頭を下げて帰られる依頼者の方々をそばで拝見していると、本当に感動することが多いです。

「こちらこそ、いい仕事をさせていただいてありがとうございます。」
と、お礼を言いたい気持ちになります。
「『神に導かれる方々』がどんな生き方をしてきて方なのか」
を知るとてもいい勉強のチャンスが与えられています。

「誠実に、明るく、前向きに、愛をもってエゴを捨てて生きる」
これにつきると思います。
主人の仕事を通して、ますますそう確信するようになりました。

今は、まだまだ苦しいことが多いのですが、私達夫婦もこのように、心は豊かな生活ができることを本当に感謝しています。




必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいでするんるん
応援のクリックをお願いします!exclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
posted by 女教師アミ at 19:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

◆光 【アミの一口コラム 338】◆

こんばんは。
アミです。

「人の考え方」を大きく2つに分けるとしましょう。
きれいに2つに分けられるわけではありません。もちろんグレーゾンもあります。

皆さん、よろしかったら、この10項目に○をつけて見られてください。


(1)幸せについて

A 「自分も幸せ、人(地球)も幸せ」という考え方の人。

B 「自分(+家族)が幸せ」という考え方の人。


(2)思考の仕方について

A ポジティブ思考の人。

B マイナス(ネガティブ)思考の人。


(3)努力について

A 努力し続ける人

B 努力(が続かない)しない人


(4)自分について

A 自分を愛せる人

B 自分を愛せない人


(5)自己開放(開示)について

A 自己開放(開示)できる人

B 自己開放(開示)できない人


(6)ユーモア(笑い)について

A ユーモア(笑い)がある人

B ユーモア(笑い)がない(少ない)人


(7)心について

A 「心の世界」を信じたり、理解したりできる人。

B 「心の世界」を信じたり、理解したりできない人。


(8)楽しみについて

A どんなことでも楽しめる人

B どんなことでも楽しめない人


(9)心の成長について

A 心を磨き、愛深き生き方をしようとしている人

B 心を磨き、愛深き生き方をすることに興味がない人


(10)サムシンググレイトについて

A 見えない大きな存在に敬意を払い、感謝の思いが持てる人。

B 見えない大きな存在を信じない人。


いくつ、Aに○がつきましたか?

上記の項目は、今、アミが
「大切なのではないかなあ」
と思う、心の状態です。

他にも、

「チャンスをつかむ」
「勇気をもって一歩を踏み出す」

ということも大切かもしれませんね。


◆編修後記◆

アミの周りにいる方々を見ていると、皆さん、これらの項目をほぼクリアーして生きつつある方が多いように思います。
本人は、必死ですが、その方々は、みんな「光」の方向に向かって着実に歩んで行かれているように見えます。

世の中がどんなに暗くなっても、自分の心には、かがり火を焚き、周りの方々と共に、夜道を楽しく元気に歩いていきましょう。

「光」は、その先に必ず待っています。

自分の役割をしっかり果たし、悔いのない地球上、最後の人生を歩みましょう。



span style="color:#CB0000;">必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 19:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

◆みんなつながっている 【アミの一口コラム 324】◆

こんばんは。
アミです。

今から、ちょっとカラオケに行ってきます。
主人とふたりっきりで。
飲み放題で、歌いまくります!
「レトロな歌」が多いのですが・・・。

少し昔の歌になりますが、私は、「ハナミズキ」「桜」が好きです。
演歌も歌います。
「八代亜紀」「美空ひばり」「中島みゆき」
等も歌います。
お若い方は、知らないかもですね。本当に、年令が知れますね(苦笑)。
「トトロ」とか、お子ちゃま系の歌、童謡、唱歌も歌います。
民謡も好きです。

本当は、なるみんさんも誘いたかったのですが、練習をかねているので、やはり、人前で歌いまくるのは、ハズカシイので、夫婦二人でいくことにしました。
なるみんさんは、上手なので・・・。

なるみんさんと二人で、
「ブーティーペア−を結成して、二人で歌いまくろうか!」
と、話すことがあります。

今日は、なぜかとても歌いたい気分でした。
カラオケ20%割引券を握りしめて、カラオケ屋に行きます。

最近、徐々にテンションが上がりつつあるような気がします。
なぜだろう・・・と、思います。
それは、学校の同僚の影響もあるかもです。
みんな、明るいのです。
いつも、冗談を言って笑っています。
「笑うっていいなあ」
と、思います。

最近、何となく、うきうき感があります。

今まであまり心を割って話せなかった同僚達とも、気軽に話せるようになってきました。
「いろいろな人と本当はつながっているんだ・・・。」
と、実感するときがあります。

初めての人と話しても、心がすっと通じ合うことがあるんですね。
不思議な感覚です。

「私の思い、願い、注文は、○○▲○△です。」
と、アミが伝えると、
「はい、分かりました。○○▲○△ですね。」
と、答えが返ってくる。
アミは、
「本当に私の思いをキャッチしてくれて、ありがとう!」
と言うと、相手の人は、
「どういたしまして。あなたがそんなに喜んでくれると、私もうれしいです。」
と、答えてくれる。

これらの言葉は、実際に発せられた言葉ではなくて、心の中の言葉です。


◆編修後記◆

「みんな、いい人・・・。」
と、最近、思うことが多いです。
だから、アミも
「みんなの思いに応えよう。」
と、思い、ありがとうの思いを何かの形で表現していきます。

「ありがとう」
がたくさん増えれば、きっと、世の中は、もっともっと明るくなるのかもですね。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

◆親離れ・子離れ 【アミの一口コラム 310】◆

「赤の他人」
という言葉を時々耳にします。

でも、私(達夫婦)の心の辞書?には、「赤の他人」という言葉は、ありません。
私(達夫婦)の辞書には、「人類・万物みな兄弟!」という言葉があります。
「血の縁より、魂の縁!」
という言葉もあります。

私の父母は健在です。
うちの家から車来るまで30分ほどのところに住んでいます。
幼いときは、大嫌いな母でした。
大嫌いでありながら(大嫌いだからこそ?)、とても強い親子依存関係にありました。
大人になってやっと親離れ、子離れをしました。
親離れ、子離れして、私は、ぐっと自分が伸びたように思います。

今、両親には、とても感謝をしています。
両親のことを深く愛しています。
でも、あまり行き来はありません。
年に数回あるぐらいでしょうか・・・。
私が両親と距離を置きだしてから、両親はとても落ち込みましたが、やがて、両親は、前より夫婦仲がよくなりました。

アミは、両親より、私の周りにいる仲間、友だち、ご近所と接する機会のほうが多いです。

今、アミの全勢力は、Kさん、Pさん、Iさん、Mさんに注がれています。
今、自分にとって一番関心のある人は、この上記の方々です。

私にとって、
「血がつながっている、血がつながっていない」
等は、たいした問題ではありません。
「血」と言いながら、実態は、「肉体 → 物質」です。

人類は、みんな潜在意識の深いところでつながる「魂の兄弟」です。
血がつながっているのは、たまたま生まれる前に
「一緒に家族として生まれて修業をしようね。」
と、決めてきただけです。

「家族」も、主に「子どもが巣立つまでの修業の場」です。
子どもの修業を助けてくださった両親には、いくら感謝してもしたりません。

でも、
「感謝 = 親子依存」
ではありません。

子どもが20歳頃を過ぎ、心身共に大人になったら、子どもは、生まれた家庭を巣立ち、自分の家庭を作るために、自立への道を歩まなければなりません。
親は、子どもをいつまでも囲っておいてはいけません。
動物の親子も、子どもが巣立つときが来るのです。
喜んで送り出してやらなければなりません。

いくら、親離れ子離れしても、縁は切れません。
一生続きます。
親子の絆は、変りません。
ただ、
「親子依存、密着親子になってはいけない。」
ということです。

それぞれが自立した関係を保ちながら、思い合い、支えあうことが大切だということです。

お子さんは・・・

○自分でご飯が作れますか?
○掃除洗濯が自分でできますか?
○自分一人でどこにでも行けますか?
○一人で暮らしても、寂しがらずに元気に生活していけますか?
○仕事を責任もって果たすことができますか?
○人とうまくコミュニケーションがとれますか?
○多少の困難があっても、自力でたくましく乗り越えていけますか?
○ある程度の体力や持久力等は、ありますか?
○気配り目配りできますか?
○相手の立場にたって考え、実行できる思いやりがありますか?
○自分の考えをもち、はっきりと伝えることができますか?

世の中のお父さん、お母さん・・・。
親元にいるときはそんなに不便を感じなくても、お子さんが結婚するときに、親離れ・子離れができてなかったり、お子さんに生活力がなかったりすると、困るのは、お子さん自身です。
「生活力」は、今からは、特に大切です。
本当にお子さんのことを思うなら、お子さんを独り立ちできる環境を与えてやって下さい。

私は、ここで「お子さん」という言葉を使っています。
でも、この「お子さん」は、小・中・高校生をさしているのではありません。
どちらかというと、高校生以降の「大人に見える子ども」を指しています。

アミとアミの父母は、密着親子でした。
アミと娘も、母子密着でした。
密着していいことなんてありませんでした。

自然界に住む動物のように、人間の親子も、時期が来たら、自立していかなければなりません。

親と子どもは、魂は違うのです。
親には、親の人生があります。
子どもには、子どもの人生があります。
子どもの心を大空に向かって、解き放ってやりましょう。

夫婦が健在のところは、20歳にもなろうかという子どものことより、お互いを見つめ合いましょう。
夫婦では、お互いが幸せになるように努力しましょう。
これから、長い夫婦生活が始まるのです。
互いに関心を示し、話をして、理解し合うのです。
それが「愛」です。

「愛」には、理解が伴います。

夫婦と言えども、お互いに考えていること、大切にしていること等、をどれだけ知っているか、振り返ってみましょう。
相手が苦しんでいるときは、助けましょう。
それが夫婦です。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ



posted by 女教師アミ at 00:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

◆アミのひとり言 【アミの一口コラム 294】◆

こんにちは。
アミです。

昨日、たまたま車の中でテレビを見ていました。
NHKだったかなぁ・・・。

フジコ・ヘミングが、話していました。
http://tinyurl.com/37lump

「人は、愛してもらおうとするから、不幸になるのよ。
 自分が愛すれば、幸せになるのよ。
 人は、愛するために生まれてきたのよ。」

みたいなことを・・・。

私は、このフジコさんの短い言葉の中に彼女の重い人生を感じました。


それから、次に小沢昭一がテレビで歌いました。

「しゃぼん玉」
です。
http://www.geocities.jp/densetsutojijitsu/02_shabondama.html

小沢昭一が歌い出すと同時に、私は、涙が出てきました。

何とも形容しがたい歌唱でした。
私が小沢昭一のファンというわけではありません。
でも、私には、小沢昭一の・・・
「何かに向かって一筋に生き抜いてきた人がもつ力強い響き」
を歌から感じました。

私は、この2人の言葉と歌から、ひたすら何かに向かって、不撓不屈の精神で生き抜いてきた2人の力強い人生を感じました。

私は、自分を振り返りました。

私も、何かに向かって、頑張ってきたと思います。
でも、私は、
「ああ、まだ足りない・・・。」
と、思いました。

「がんばり」が・・・というより、「がんばることへの心構え」がです。

好きなことなら、ひたすらがんばれるはずです。
だのに、身体が苦しくなると、
「ああ、苦しい。なぜ、自分だけが・・・?」
とか
「こんなにやっても、誰にも理解されない・・・。」
とか、
「もう、開き直っちゃおう(やけになろう)!」
とか・・・。

まあ、エトセトラです。

最後には、
「自分なんかどうでもいい!」
とか、自暴自棄気味になったりして・・・(苦笑)。

私は、
「もっと身を正そう。」
「身を律そう。」
「愛をもらおう、認めてもらおう等というせこい根性は捨てよう。」
「自分が好きでしているのだから・・・。できてあたり前。やってあたり前。」
「元気でいろいろできることや大きな眼に見えないサポートと愛に感謝をしよう。」
「助けていただけるたくさんの方々に深く感謝をしよう。」
等と、想うことにしました。

このようなことが本気で想えれば、もっと、エネルギーが出て、サポートも得られると感じました。


◆編修後記◆

地球が大きく変わろうとしている現在。

この変わり目の時に、私は、小さな光(愛)の点になりたいです。

この光の点になることは、簡単です。
自分が
「光の点になりたい」
と、想い、実行すればいいだけです。

だれもがなれます。

「心を磨き、愛深い行為をし続ける」
それだけです。

一つ一つは、小さな光の点でも、それらが集まれば、大きな光の円になります。

日本は、この光の円を広げていく役目があるのだと思います。
日本全国で、世界中で、この光の点が広がっていくことが、とても大切です。


私は、自分が光の点の役目を果たしきれば、もう何も要らないと思います。

◆オフ会参加の方へお知らせ◆

自分の心が安らぐ場面の瞑想を行います。
イメージングがすぐできる方はいいのですが、難しそうな方は、
「自分の心が安らぐ写真、絵等」
をご用意下さい。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 07:59| Comment(11) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

◆優先順位第1位:心 【アミの一口コラム 278】

心を開きましょう。

自分が傷つくことを恐れないで。

傷つくことを恐れるあまり、心を閉じていても、決して、運は開けません。
本当の意味でのしあわせは、訪れません。

心の扉をしっかり閉めている方には、とても純粋で宗教的な魂の方が多いように思います。
純粋なあまり、或いは、現世や過去世でたくさん傷ついてきたため、恐くて心の扉を開けられない方もいます。

恋愛がなかなかできない方、結婚したくてもなかなかふみきれない方の中に、相手に心を開いてしまうと、傷つくのでは? 自分のプライドが傷つくのでは? という方も時々おられます。

もし、あなたの心がきれいであれば、あなたが心を外に向かって開いても、周りにいる方々は、おそらくあなたと同じくらいに心のきれいな方でしょう。
そのような方は、あなたをそんなに傷つけはしないでしょう。

たとえ、傷つけられたと感じても、気にしないことです。
もう、傷ついた傷つかない等と、自分の心のお世話をしている時間はありません。

ひたすら前を向いて、前進あるのみです。
自分の使命を果たしましょう。

今まで心磨きを本当の意味で頑張ってきた方は、もう、自分の内をじっと見続ける作業は、横に置いておいて(時々(行動しながら)、見つめればいいと思います)、愛の実践(行動)に出ましょう。

まだ、心磨きが深まらない人や心磨きをしてきたつもりだがまだ一歩の方は、傷つくことを恐れず、人に指摘してもらってでも、早急に心磨きを深めましょう。時間がありません。
心磨きも、ある程度の深さとバランスが必要です。
「球の形をした心」です。
いびつな部分を修正しなければなりません。
心がいびつな状態、心が閉じた状態で、
「世のため、人のため、地球のため、環境のため、○○のため・・・」
と頑張っても、
心が磨かれないどころか、
「心」が一番ではなく、「○○のため」の「○○」が一番になってしまいます。
そのような状態の心には、「エゴ」が入っています。
心なくして(エゴを捨てないで)○○の活動に集中・専念してしまうと、間違った方向にいきます。
本人は、よいことをしているつもりなので、なかなか自分の心の状態に気付きません。
また、必死になればなるほど、自分の活動に反対する(ように見える)忠告には耳を貸さなくなります。
○○○の活動を行うことで、
「自分の心磨き(自己変革)から逃げてしまうことになる場合」
もあります。

全てのことの前にまず、
「心ありき」
です。

「心のバランスをとり、心を外に向けて開くこと。」
「愛深き想いをもつこと。」
とても大切です。

活動を主体にやってこられた方は、早急に
「自分の心磨き」
を頑張って下さい。

本を読みながらではなかなかはかどらない方は、アミのブログのほうにコメントをお寄せくださってもいいでしょう。
オフ会に参加されるのもいいかもしれません。
人の考えに耳を傾けましょう。
人から意見をもらいましょう。
そして、自己変革をするのです。

心の扉が閉まったままで、心磨きが深まらない状態のままで、
「○○○の活動」
を行うのは、「魂の危険性」を伴います。

心を開く訓練をしたり、自分の心の課題を人から指摘してもらったり(活動型の方は、本などの文字を読んで自分のレベルにもってくることが苦手な方が多いように思います)しながら、早急に心を「丸い状態」にもっていってください。

今、○○○の活動をされている方は、辞めることはできなくても、主でなくて、心磨きの片手間に行うような感じの方が、今は、いいと思います。

今から、○○○の活動をされようとする方は、ちょっと踏みとどまって、自分の心をまず見つめてから、決断しても遅くないと思います。


◆編修後記◆

今、とても大切な時期です。

今まで、ある程度、心を磨いてきて、奥に引っ込んでいた方は、早く前に出てきて下さい。
そして、自分なりのやり方でよいので、前に進んでください。
もう、後ろや横は振り返らないで。
人のことを気にしないで、前に進んでください。
「自分の道」を歩むのです。

心磨きをしてきたつもりだが、心磨きは今一つ。
○○○の活動はできてたが、心の状態は今一つ。
という方は、早急に、「自分の心のチェック」をしてください。

優先順位1位に
「人や地球のための○○○の活動」
ではなく、
「自分のための心磨き」
をもってきてください。

自分の本当の心と向き合う勇気をもってください。
いやなこと、苦手なことにも、勇気を持ってとりくんでください。
時間がありません。
使命を果たさなければなりません。

それがあっての、
「活動」「行動」
です。

心を中心にもってきていない活動は、最終的にはうまくいきません。
それは、仕事でも、家庭でもそうです。
全ての中心は、「心」です。


  
必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 06:45| Comment(7) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

◆未来を見つめて 【アミの一口コラム 264】◆

アミは、いつも、小1時間かけて、通勤をします。
緑の山の中を抜け、青い海を見ながら、スモッグだらけの町に通います。

今日、帰宅途中、緑の山の中を抜けながら、アミは、感じていました。

アミの心は、しぃ〜んとしていました。
「ゆったりと時が流れていく」
「自然に溶け込む」
と、言うのでしょうか・・・。
「無音の世界」です。

「今と1か月前と、心境がえらく違うなぁ・・・。
 1か月前は、現実に打ちのめされていたのに・・・。
 事態は、あまり変わっていないのに、今、どうしてこんなに心が静かなのだろう?」
と、思いました。

今日、一つ気付きました。
「一つは、身体への感謝 → 身体の変化」
「もう一つは、未来への『希望』なのかも・・・。」
と。

「未来は、大丈夫!!」
と、いった確信みたいなものが、アミにはあるのです。

これかもしれません。

「今の自分の(不満な)状態が真実だとは、思わない。
 未来の自分のイメージは、明るい!!」
と、いう感じです。

私には、一つのイメージがあります。

そう遠くないとき、お世話になったたくさんの方々を招いて
「ありがとう! パーティー」
を開いているイメージです。

場所も、予算もイメージにあります。
ホテルも決まっています。
二次会の会場も決まっています。

会費制のパーティーです。
会費は、一人1,000円です。
後は、アミ夫婦が出します。

あいさつの内容も、決まっています。

メンバーも、決まっています。
でも、後、何人か増えます。

アミは、すごい空想家でしょう!!

でも、想い(イメージ)は、現実を創り出します。
上記のイメージは、今のアミ夫婦の状態では、とても考えられないことです。

でも、それでも、アミはめげないでイメージするのです。
・・・というより、
「ふっと心に閃いて、その映像がずっと心から離れない」
という感じでしょうか・・・。

そして、
「必ず、為る!!」
と、確信するのです。
・・・というより、
「為った!!」
ことをイメージするのです。
できるだけ、具体的に・・・。

アミの目には、そのパーティー会場が見えます。
たくさんの方々の楽しそうな顔や談笑の声が聞こえてきます。

パーティー後の人間関係の雰囲気まで伝わってきます。

今、このブログを読んでくださっている、アミと直接関わっているお友達は、きっと、お招きします。そのときは、来て下さいね。


◆編修後記◆

アミは、このような大風呂敷?なイメージを常に広げながら、人生を歩んできました。

「でも、ここ10年ぐらい前から、アミがイメージしてきたことは、ほぼ、現実になってきた」
と思います。


どうぞ、希望を見失わないで。
「現実の目の前のこと」がどんなに辛くても、「辛い現実」をじっと直視するのではなく、しっかり課題解決はしながらも、目は、「明るい未来」を見つめて下さい。

「明るい未来像」は、自分のプラス思考で創り出すのです。
目の前の現実が辛ければ辛いほど、強烈なプラス思考が必要です。

そして、実現のコツは、
「愛」
です。

自分の描いた未来像に「愛」があるか?

です。

乗り越えられない困難は、与えられません。
乗り越えられるから、与えられているのです。
できる手立てを打ったら、「辛い現実」を直視しないで!!

「明るい未来」を自分勝手にイメージしてください。
決して希望を失わないで、粘り強く、がんばり続けて下さい。
イメージが現実化するまで、忍耐強く努力するのです。

アミも、そうしています!



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ




posted by 女教師アミ at 21:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

◆心光らせて 【アミの一口コラム 250】

こんにちは。
アミです。


◆心光らせて 【アミの一口コラム 250】◆

小さなエゴにしがみつかないで。

小さな自分の身体にとらわれないで。
小さな自分のしあわせにとらわれないで。

今日も1日、人に対して、笑顔で愛をもって接することができましたか?
今日も1日、誠意を込めて仕事ができましたか?
今日も1日、人を生かすことができましたか?
今日も1日、自分の心の波は静かですか?

鏡の前に立って、自分の顔を観(み)ましょう。

眉間にしわは、寄っていませんか?
口角が、下がっていませんか?
ほほは、上がっていますか?
眼は、大きく見開いていますか?
眼に、優しさがこもっていますか?
皮膚の色は、明るいですか?

自分の心を光らせてください。
そして、光を広げてください。


自分のできること・・・。

自分の心を光らせること・・・。
内なる声に従って行動すること・・・。


◆編修後記◆


地球の陣痛が始まりました。



〈追伸〉

コメントのお返事が遅くなり、すみません。
今晩、書きます。




必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 07:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

◆積極的愛の実践 【アミの一口コラム 215】

B子の家に、明日、遠方から大切なお客さんが急に来ることになりました。
B子の家で、そのお客さんをもてなすことになりました。

そのため、B子は、家の中を片付け、掃除をし、料理の準備をすることになりました。
B子の家には、小さな子どももおり、急な来客にてんやわんやの状態になることが予測されました。

前日、B子は、近所に住むA子とC子と立ち話をしていました。
B子は、ため息混じりに話し始めました。

「明日、たいへんなのよ。
急な来客で、我が家はてんやわんやよ・・・。
明日は、早起きしてがんばらなくっちゃ!
それに、明日は、ゴミ出し場所の掃除当番なのよ。
何もかもかぶっちゃって・・・。」

A子は、言いました。
「たいへんね、B子さん。でも、あなたならできるわ! がんばって!
お掃除も、ざっとしておけばいいわよ。」

(A子が心の中で考えたこと:B子さん、気の毒に・・・。
ゴミ出し場所の掃除当番ぐらいなら、代わってあげてもいいんだけれど・・・。
でも、私も明日は忙しいし、やっぱり無理だな。)

C子は、言いました。
「B子さん、わたし、ゴミ出し場所の掃除当番を代わってあげるわよ。」

(心の中で考えたこと:B子さん、気の毒に・・・。
ゴミ出し場所の掃除当番ぐらい代わってあげよう。
うんっ? 待てよ、私も明日は忙しかったんだ!
まっ、いっかぁ。何とかなるかぁ。
B子さん、困っているんだし、やっぱり代わってあげよう。)

B子は、言いました。
「本当? C子さん、助かるわ。お願いしていいかしら。」

C子は、言いました。
「おやすいごようよ。」


◆編修後記◆

さて、皆さん、このお話を読んでどのように思われましたか?
日常生活の中でこのようなことはよくあると思います。

この場合、「ゴミ出し場所の掃除当番を代わってあげること」は
「親切(小さな愛の実践)」
ということにしましょう。

最初の第1感は、2人とも、
「気の毒に・・・。掃除を代わってあげよう」
なのです。
「潜在意識の善なる声」です。

ところが、その後に
「でも、私も忙しい・・・。」
という「エゴの声」が聞こえてきます。

愛深き人になるためには、
「エゴの声を制して、潜在意識の善なる声に従えるかどうか?」
がポイントです。

自分が相手に親切を行うにあたって、自分に痛みが伴わない場合も、一応、「愛」とは言える場合もあるかもしれません。

でも、自分に痛みが伴ったり、見た目には自分が損をしたりするにも関わらず、相手に親切ができることは、「積極的な愛の実践」と言えるでしょう。

愛は、人に与えれば与えるほど、相手を幸せにします。
また、同時に、自分にも愛がどこからか返ってきます。
そして、自分も幸せになります。

たくさん人に愛を与えることができる人が、たくさん人や神さまから愛をもら
える人です。


必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 21:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

◆みんな幸せに! 【アミの一口コラム 207】

こんにちは。
アミです!

最近、コラムを書こうとするのですが、どうしても、何となく重くなってしまいます。
身近にそのような話題が多いせいかもしれませんね。

でも、一方では、新たな展開が次々と起きてきて不思議な感じです。
いろいろな方々がアミ夫婦の回りに集まってきています。

また、eブックをあらかた書き上げているのですが、いつものごとく、何度見直しても修正箇所が出てきます。
まだ、神さまはGOサインを出してくださらないようです。
書いても書いてもOKは、なかなか出ません(苦笑)。
「まだ、だめですか〜?」
と、叫びたい気持ちになります・・・。

話は戻りますが・・・。

学校現場というのは、社会の縮図が見えます。
悲惨、壮絶な人生を歩んでいる子どももいます。

最近、幼くして人生を闘いながら生きている子どもに触れることが多いです。
多少、重いコラムになりますが、ご容赦下さいね。


◆みんな幸せに! 【アミの一口コラム 207】◆

アミは、最近、とても悲しくなることが多いです。

アミの周りには、幸せに暮らしている人もいます。
でも、そうでない人もいます。
とても、苦しんでいる人もいます。

苦しんでいる人、悲しんでいる人のことを思うだけで胸がつまってきます。
相手の感情が胸に伝わってきます。
涙が出てきます。
「ああ、何とかしてあげたい。自分で役に立つなら、何かしてあげたい。」
と、思います。

でも、ある人に言われました。

「もう少し、様子を見てみよう。
親であれば、子どものためにもう一踏ん張りできるはずだ。
その前に、手を差し出すのはよくない。」
と。

アミも、
「そうだなぁ。
子どもだって、他人から援助してもらうより、
親自身が無理してでも一生懸命に自分のためにしてくれたほうが、
うれしいに決まっている。」
と、思い直しました。

でも、アミには、友だちは進級の準備ができているのに、自分だけできていない子どもの悲しみがひしひしと伝わってきます。
「お父さん、お母さん、子どものために何とか頑張って!」
と、アミは、心の中で祈っています。

・・・このような例をたくさん見ます。

「ああ、なぜ、『先進国』『お金持ちの国:日本』等と言われているのに、世の中には、お金がなくて生きていけない人々がたくさんいるのだろう。
いつから、日本はこのような国になってしまったのだろう。
最低限ぎりぎりの生活しか保障されないのか?」
と、思います。

「みんなが幸せになったらいいのに・・・。
でも、ぎりぎりの生活だと、心にゆとりももてないよね・・・。」
と、正直思うことがあります。

みんなが幸せになれますように・・・。
幸せになるための考え方を身に付け、自己変革できますように・・・。

アミは、毎日祈っています。


◆編集後記◆

幸せは、そこら辺に転がっているものではありません。
幸せは、自分で創り出すものです。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 00:50| Comment(7) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

◆◆みんな幸せに 【アミの一口コラム 202】

こんばんは!
アミです。

最近、とても感じていることを書きます。


◆◆みんな幸せに 【アミの一口コラム 202】◆◆

モンスター・ペアレンツという言葉がはやっているようです。

「(超?)自己中心的なクレイマー(保護者)」
とでも言うのでしょうか・・・。

数年前、
「それに当てはまるかなぁ・・・。」
と、思われるお母さんに出会ったことがありました。

そのお母さんのお子さんが大げんかをして、相手が怪我をしました。
殆ど、そのお子さんに非がありました。

お子さんは、心の根は、とても優しいお子さんです。
でも、学校では、乱暴で、よくけんかをすることがありました。

殆ど、我が子に非があるにも関わらず、そのお母さんは、我が子をかばおうとされて、クレイマーに変身しかけました。

アミは、
「待った!」
をかけました。
そして、お母さんを説得しました。

お母さんは、何とか納得してくれ、謝罪しました。

アミは、別れ際にお母さんに言いました。

「お母さん、お子さんをもっと抱きしめてあげてください。
お子さんに笑顔で褒めてあげてください。」

と。

お母さんは、涙を流しながら言いました。

「私も、必死だったのです・・・。
何とか我が子をよくしようと思って、叱ってばかりでした。
難しいけれど、やってみます。」

と。

アミは、思いました。

「『モンスター・ペアレンツ』とよく言われるけれど、『モンスター・ペアレンツ』と言われる保護者の方々にも、いろいろな悲しい事情がたくさんあるんだ・・・。
今、生きている大人一人一人が幸せにならないと、子どもの幸せもないんだ。」

と。

「地球上の人々が一人残らず幸せになればいいのに・・・。」
と、思います。


◆編集後記◆

自分が幸せでも、お隣から毎日、大きな怒鳴り声や子どもの泣く声が聞こえていたら、幸せな気持ちになれるでしょうか?

では、100メートル離れたところで、同じようなことが起きていたら、(自分の耳には叫び声が聞こえないから)幸せ感に浸れるでしょうか・・・?


「みんなが幸せにならないと、自分の幸せはないのかも・・・。」

と、何となく、そんなことを感じる今日この頃のアミでした。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 18:57| Comment(23) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

◆◆人は、光 【アセンションスキル 38】

こんにちは! アミです。

◆◆人は、光 【アセンションスキル 38】◆◆

人は、「光」です。

どんな人の心の奥にも、「輝く光」があります。

でも、その光は、大切な宝物なので、上にカバーがかかっています。
そのカバーが汚れている人、しわしわの人、ほこりがたまって分厚くなっている人の場合に、中の光が外に漏れ出さないだけです。
カバーを洗濯すれば、みんな中の光が木漏れ日のように外に漏れてきます。

だから、心配をしないで。

みんな光の子です。

自分を信じて。

弱き自分、逃げ出したくなる自分、すぐ引いてしまう自分、気疲れしてしまう自分、すぐ傷ついてしまう自分、「ノー」が言えない自分、etc.

みんな過去のアミの姿です。

今、そのような方は、多少、発想がマイナス思考的になっているかもしれません。
マイナス思考になればなるほど、幸福感が薄れていきます。

目の前は暗く見えるかもしれませんが、未来は明るいのです。
感じ方、考え方ひとつで、目の前の光の感じ方が全く違ってきますよ。

感じることは、けっして悪いこととはいいませんが・・・。

必要以上に、傷つかないで。
必要以上に、遠慮しないで。
必要以上に、自分の想いを押さえ込まないで。
必要以上に、自分の感情を抑え込まないで。
これ以上、自分の心をいじけさせないで。

自分の心をもっといたわってあげてください。
心は、あなたの親でもあり、友だちでもあり、子どもでもあるのです。

自分の心を時々、
「自分の子ども」
と、思ってみてあげてください。

「お母さん、もっと強くなって!
そんなこと、気にしないで、さらっと流して、元気に生きてよ!」

「お父さん、もっと強くなって!
自分の言いたいことは、はっきりと言った方がいいよ。
僕、言いたいことがあるんだよ。
それをちゃんと言ってよ!」

等と子ども(心)が言っているかもしれませんよ。

嫌なことは、
「いや」
とまでは、言えなくても・・・。

「お気持ちはありがたいのですが、今の私には、まだ、時期が早すぎるので、せっかくのお申し出ですが、遠慮させてください。」

「お母様のお気持ちは、分かりますが、今の私には無理です。
本当にごめんなさい。
お気持ちに答えられるように頑張りますので、もう少し待ってください。」

とか・・・・。

うまく言えないときは、

「すみません。
今はできません。お許し下さい」

でも、いいのです。

どうしようも表現できないときは・・・。

一時期、

「だまって疎遠になる。」
「なかなか会えない場所に引っ越す」

等の手段に出なければならないときもあるでしょう。

このように、日本語や手段を駆使し、相手を傷つけないように、やんわりと、でも断固としてお断りしましょう。
やんわりできなければ、ストレートでもかまいません。
自分の本当の想いを押さえつけるよりいいからです。

何も、
「絶対、一生断る」
というのではありません。
自分の心の内なる声が、
「断りなさい」
「今は、離れていなさい」
と、言ったら、そう実行することです。

内なる声が
「辛くても、今は、じっと耐えなさい。」
「それは、相手が悪いというより、あなた自身の鏡として相手はでてきてくれているだけです。
あなたが相手に見ている×な部分は、見方を変えれば、あなたの心にもあるのです。
相手を責める前に、まず、自分の心を振り返りなさい。」

と、言えば、そうすることです。

アミも、苦情を言われたり、苦言を呈されたりすることもあります。

苦情が来た時は、

「うん、うん、そうね。
そうだったの。そういう考えも確かにあるわね。
でも、相手は、・・・と思ってのことで、悪気ではなかったと思うよ。
でも、あなたの気持ちは、・・・・・・・・なのよね。
よく分かったわ。私がうまく相手のほうへ伝えておくわね。
・・・でも、私の配慮が足りなかったのよね。
私も、・・・・すればよかったわね。
ごめんなさいね。
次回からは、私も気を付けるわね。」

と、言うようなことを言います。
そして、本当に私の配慮が足りなかった点を洗い出し、
「今後は、そのようなドジを踏まないように、気をつけよう!」
と、解決策を考えて、その件は、もうおしまいです。

私は、新任の教頭なので、よくドジも踏みます。
上司に当たるような方々から、お叱りを受けることもあります。

時には、
「そんなつもりではなかったのになぁ。」
「自分なりに頑張っているのに、なぜ、そこまで言うのだろう・・・。」
と、思うこともあります。

その時は、
「しまったぁ〜。また、地雷踏んじゃった!
でも、まっ、仕方ないか・・・。 今度から気をつけよう!
でも、あんなに怒らなくてもいいのに・・・。男性と女性は、違うのに・・・。
これは、アミだから耐えられるけれど、他の女性だったら耐えられないよね。
でも、ここで、アミが暗い顔をしたら、周りの人が心配するから、もう、くよくよ、ぶつぶつ思うのは、やめよっ!
は〜〜い! 切り替え、切り替え!
笑顔、笑顔!」
と、約30分以内で、立ち直るようにしています。

「敏感、感受性の強い方」が、強くなると、本当に「鬼に金棒」というぐらい、頼もしくなります。

「傷つきやすい人」は強くなれれば、「柳のようにしなやか」に強くなれます。


◆編集後記◆

少々のこと、気にしないで。
少々のこと、悩まないで。
人からの助言は、?であれば、さらっと流す。
もし、あたっていれば、ありがとうの思いで受け止めればいいのです。

今は、
「自己表現の時」
です。

どんどんはっきりと自分の心を表現してあげてください。

心は、自由に表現をしたがっています。

マイナスの思いも、プラスの思いも、表現してください。
一番よくないのは、自分の心、感情を抑え込むことです。
正直に自分の弱さを表現する勇気を持ってください。

もし、弱さを指摘されても、
「ありがとう! 私は、それを乗り越えるわ!」
という強さをもってください。

自分に自信のない人は、自分のよさや頑張りになかなか気づけない人です。
自分の・・・
「いいところ」
「頑張っていること」
「頑張ったこと」
「前と比べてよくなったこと」
「人から褒められたこと」
「小さなことへの感謝」
等の
「プラス思考(いいとこみつけ)日記」
を付けてみてください。

じっとしていても、何も変わりません。
行動を起こしましょう。
みんな、光の子です。
みんな、幸せになれるのです。




必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 05:53| Comment(15) | TrackBack(3) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。