2008年01月30日

◆◆人は、光 【アセンションスキル 38】

こんにちは! アミです。

◆◆人は、光 【アセンションスキル 38】◆◆

人は、「光」です。

どんな人の心の奥にも、「輝く光」があります。

でも、その光は、大切な宝物なので、上にカバーがかかっています。
そのカバーが汚れている人、しわしわの人、ほこりがたまって分厚くなっている人の場合に、中の光が外に漏れ出さないだけです。
カバーを洗濯すれば、みんな中の光が木漏れ日のように外に漏れてきます。

だから、心配をしないで。

みんな光の子です。

自分を信じて。

弱き自分、逃げ出したくなる自分、すぐ引いてしまう自分、気疲れしてしまう自分、すぐ傷ついてしまう自分、「ノー」が言えない自分、etc.

みんな過去のアミの姿です。

今、そのような方は、多少、発想がマイナス思考的になっているかもしれません。
マイナス思考になればなるほど、幸福感が薄れていきます。

目の前は暗く見えるかもしれませんが、未来は明るいのです。
感じ方、考え方ひとつで、目の前の光の感じ方が全く違ってきますよ。

感じることは、けっして悪いこととはいいませんが・・・。

必要以上に、傷つかないで。
必要以上に、遠慮しないで。
必要以上に、自分の想いを押さえ込まないで。
必要以上に、自分の感情を抑え込まないで。
これ以上、自分の心をいじけさせないで。

自分の心をもっといたわってあげてください。
心は、あなたの親でもあり、友だちでもあり、子どもでもあるのです。

自分の心を時々、
「自分の子ども」
と、思ってみてあげてください。

「お母さん、もっと強くなって!
そんなこと、気にしないで、さらっと流して、元気に生きてよ!」

「お父さん、もっと強くなって!
自分の言いたいことは、はっきりと言った方がいいよ。
僕、言いたいことがあるんだよ。
それをちゃんと言ってよ!」

等と子ども(心)が言っているかもしれませんよ。

嫌なことは、
「いや」
とまでは、言えなくても・・・。

「お気持ちはありがたいのですが、今の私には、まだ、時期が早すぎるので、せっかくのお申し出ですが、遠慮させてください。」

「お母様のお気持ちは、分かりますが、今の私には無理です。
本当にごめんなさい。
お気持ちに答えられるように頑張りますので、もう少し待ってください。」

とか・・・・。

うまく言えないときは、

「すみません。
今はできません。お許し下さい」

でも、いいのです。

どうしようも表現できないときは・・・。

一時期、

「だまって疎遠になる。」
「なかなか会えない場所に引っ越す」

等の手段に出なければならないときもあるでしょう。

このように、日本語や手段を駆使し、相手を傷つけないように、やんわりと、でも断固としてお断りしましょう。
やんわりできなければ、ストレートでもかまいません。
自分の本当の想いを押さえつけるよりいいからです。

何も、
「絶対、一生断る」
というのではありません。
自分の心の内なる声が、
「断りなさい」
「今は、離れていなさい」
と、言ったら、そう実行することです。

内なる声が
「辛くても、今は、じっと耐えなさい。」
「それは、相手が悪いというより、あなた自身の鏡として相手はでてきてくれているだけです。
あなたが相手に見ている×な部分は、見方を変えれば、あなたの心にもあるのです。
相手を責める前に、まず、自分の心を振り返りなさい。」

と、言えば、そうすることです。

アミも、苦情を言われたり、苦言を呈されたりすることもあります。

苦情が来た時は、

「うん、うん、そうね。
そうだったの。そういう考えも確かにあるわね。
でも、相手は、・・・と思ってのことで、悪気ではなかったと思うよ。
でも、あなたの気持ちは、・・・・・・・・なのよね。
よく分かったわ。私がうまく相手のほうへ伝えておくわね。
・・・でも、私の配慮が足りなかったのよね。
私も、・・・・すればよかったわね。
ごめんなさいね。
次回からは、私も気を付けるわね。」

と、言うようなことを言います。
そして、本当に私の配慮が足りなかった点を洗い出し、
「今後は、そのようなドジを踏まないように、気をつけよう!」
と、解決策を考えて、その件は、もうおしまいです。

私は、新任の教頭なので、よくドジも踏みます。
上司に当たるような方々から、お叱りを受けることもあります。

時には、
「そんなつもりではなかったのになぁ。」
「自分なりに頑張っているのに、なぜ、そこまで言うのだろう・・・。」
と、思うこともあります。

その時は、
「しまったぁ〜。また、地雷踏んじゃった!
でも、まっ、仕方ないか・・・。 今度から気をつけよう!
でも、あんなに怒らなくてもいいのに・・・。男性と女性は、違うのに・・・。
これは、アミだから耐えられるけれど、他の女性だったら耐えられないよね。
でも、ここで、アミが暗い顔をしたら、周りの人が心配するから、もう、くよくよ、ぶつぶつ思うのは、やめよっ!
は〜〜い! 切り替え、切り替え!
笑顔、笑顔!」
と、約30分以内で、立ち直るようにしています。

「敏感、感受性の強い方」が、強くなると、本当に「鬼に金棒」というぐらい、頼もしくなります。

「傷つきやすい人」は強くなれれば、「柳のようにしなやか」に強くなれます。


◆編集後記◆

少々のこと、気にしないで。
少々のこと、悩まないで。
人からの助言は、?であれば、さらっと流す。
もし、あたっていれば、ありがとうの思いで受け止めればいいのです。

今は、
「自己表現の時」
です。

どんどんはっきりと自分の心を表現してあげてください。

心は、自由に表現をしたがっています。

マイナスの思いも、プラスの思いも、表現してください。
一番よくないのは、自分の心、感情を抑え込むことです。
正直に自分の弱さを表現する勇気を持ってください。

もし、弱さを指摘されても、
「ありがとう! 私は、それを乗り越えるわ!」
という強さをもってください。

自分に自信のない人は、自分のよさや頑張りになかなか気づけない人です。
自分の・・・
「いいところ」
「頑張っていること」
「頑張ったこと」
「前と比べてよくなったこと」
「人から褒められたこと」
「小さなことへの感謝」
等の
「プラス思考(いいとこみつけ)日記」
を付けてみてください。

じっとしていても、何も変わりません。
行動を起こしましょう。
みんな、光の子です。
みんな、幸せになれるのです。




必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 05:53| Comment(15) | TrackBack(3) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アミさん、いつもありがとうございます。

「人は、光」とても勇気をいただきました。
最近身体の調子が下降気味で、心にも力が入っていなくて、「これではいけない!何とかしなくては・・」と思っていたときでした。ですから、この記事を読ませていただくと、心がほわっと温かくなり、心に力(やる気)が湧いてきました。
私は、心の表現をしながらも、時と場合を考えて、「相手の方の心を考えて」ということを最優先して、自分のエゴを出さないようにしていきたいと思います。そして、「心の声」が聞こえるようなクリアーな心にしていかれたら・・と願っています。

「霊とらわれ思考」脱出大作戦1.2では、心の整理がつくようでした。アミさんの過去の記事もじっくり読んで、勉強したいと思っています。

ここで、アミさんと皆さんにお詫びとお願いがあります。今まで使っていた「すみれ」という名前を変更させていただきたいと思います。この名前を決めるとき、深く考えずにつけていたので、今思えば自分の性格などには合っていないし、皆さんには大変失礼なことをしてしまったと感じています。深くお詫びをいたします。これからは、自分らしい名前「なるみん」でいかせていただこうと思います。「相手の方への思いやり・物事を深く考える」ということの反省をいたし、名前の変更をお願いしたいと思います。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by すみれ at 2008年01月30日 07:30
アミ先生☆こんばんは。
この記事を開いてちょっと読むとすぐに涙が…お忙しい中、記事を書いてくださり、ありがとうございます。

私は動揺すると出来事にとらわれやすいです。(直したいです!)
今日もありました。

辛いから視点を変えてみたり違うものに目を向けたり。

やってみて、数時間はよかったんです!でもまた思い出してしまい、心がパンクしそうに…

今の私の悩みは彼との関係と両親との関係です。

狭い中ですね…

退行催眠を受けた方が良いとも言われました。オーラソーマやフラワーエッセンスもしています。助けてもらっています。これは良くないことなのでしょうか…

辛く思う心にとらわれないでと叫ぶ自分と感情に揺るがされる自分が戦ってます!
Posted by やまりん at 2008年01月30日 23:48
【名前の響き −「すみれ」こと「なるみん」、皆さんへ−】

なるみんさん、名前変更、ありがとう!
アミは、うれしいです!
なるみんのほうが、なるみんらしさ
「天真爛漫」
「開放的」
「あどけなさ」
「明るさ」
等のなるみんのよさが醸し出されていてとてもいいと思います。
そう言えば、この「なるみん」は、主人が名付けたように思いますが・・・。
(余談ですが・・・。主人は、ものごとの本質をとらえて短い言葉に表現するのが得意です)
すみれは、イメージにちょっとというか、かなり合わないように思いました。

けっこう名前というのは、大切です。
アミとはフランス語で「友達」という意味だそうです。
それは、後から知りました。
私は、何となく、「アミ」にしようと思いました。

アミの本名もいずれ分かるときが来るかもしれませんね。
その時は、本名でもいいし、アミでもOKです!
Posted by アミ(「すみれ」こと「なるみん」、皆さんへ) at 2008年02月02日 11:52
【ベストの状態で決断を −やまりんさんへ−】

やまりんさん、こんにちは。
他のお返事のところでも、申し上げましたが、
彼とは、結婚をされているのですか?
「新たに人生のステップを踏むときや、大きな仕事に取りかかるとき」
などは、自分の心が安定し、自分の考え方が定まり、人生の方向性が見出させたときにした方がいいです。
自分の波動が高まり、運が上向きになっているときにです。
いかがですか?
Posted by アミ(やまりんさんへ) at 2008年02月02日 14:44
アミ先生☆
せっかくお返事いただいたのにご回答が遅くなって申し訳ありません*
一週間携帯の使えないところにいました(;_;)
私は今婚約をしています。7年間付き合った人とです。
私はもともと頭の固い性質です(+_+)約束事や異性関係については特に…
でもその性質で自分ががんじがらめになったりもして、人生は我慢して初めてご褒美がもらえると思うと我慢や頑張れないときとても自分がつらくなります。
だからその考えを今からでも少し明るい光が指す方向にしたいと今に至ります。

もう少し明るい未来を信じて作って行きたいと思い結婚に同意しました。
2通目に続きを書きます☆
Posted by やまりん at 2008年02月07日 12:09
アミ先生☆
2通目です♪
けれども不思議なもので、色々出てきました(+_+)
異性に送るメールを見る機会(隠れてというのではないですが)やあまりいい気持ちがしないプリクラなども出てきました…引越しをまかされたので*
 ただの女友達だから、と気にする私の器が小さいとも言われます。若気の至りだとも。(メールやプリクラは遠距離が続きその間に彼がしていたことです)
その時と今とじゃ違うと言うのですがもともと私は不安が強くて、信じていたのにということになるとなかなか払拭できなくなります。今その不安を小さくする練習をしています。
だからこそ自由でいたいなら結婚はお互いのベストじゃないとも言いましたが、大丈夫と言います。

悩んだ挙句一度やってみたらいいじゃないと思って進んでいた矢先のことだったので、動揺しました…
 今それがあってからは時間がたちましたが、最近あったのがタバコでした。結局お酒の席でだけは我慢できないからということになりました。私はやっぱりイヤですとつたえましたが彼的には押し付けになったみたいです。
いたずらに時間が経過します(;_;)
Posted by やまりん at 2008年02月07日 12:18
【急がないで −やまりんさんへ−】

やまりんさん、アミは、離婚をしたことがあります。
離婚をして後悔はしていません。
でも、それは、結果的によかったからです。
結果が悪ければ、後悔をしていたことでしょう。
でも、そのいい結果を出すまでに、20年近い歳月が必要でした。

離婚に至った結婚をしたとき、私の波動は、決して善くなかったです。
というか、「低い波動」でした。
そのような低い波動であるときの結婚は、うまくいくはずもありません。
やっぱり、「離婚」という結末を迎えてしまいました。

やまりんさん、今、一番、大切な決断の時だと思います。
けっして、早まってはいけませんよ。

今、時代が急速に流れています。
今、新たに大きな失敗は、しない方がいいです。
今の時代は、どちらかというと、
「修正・浄化」
の時です。

今、大きな失敗をすると、取り戻す時間がありません。

やまりんさん、ちょっと、彼から離れて、自分の心の中を見つめてみませんか?

きちんとした判断をするためには、まずは、自分の心をしっかり見つめることができる状態にしないといけません。

ちょっと、彼から離れて一人になり、自分の心を見つめられませんか?
Posted by アミ(やまりんさんへ) at 2008年02月09日 21:47
アミ先生☆
お忙しい中、各コメントにお返事をいただいてありがとうございました!

毎日行ったり来たりを繰り返しています。
ふと気付くと私はいつも自分のことを棚にあげて他人の欠点をみつめすぎてしまいます。他人の考えを自分と同じものにしたいという思いも恥ずかしながらあります。

 あるところで学びました。それは相手を苦しめ牽いては自分も苦しむと…だから相手に求めることは得策じゃないと。

 さらには、私は許すことも下手です。
 以前お話した彼の行動はなかなか附に落ちません。

 けれども今日私が誤解をしていたことが一つ明らかになった時にふと気が付きました。
 私は彼に許されていた部分が多いと…
 
二通目にします☆
Posted by やまりん at 2008年02月09日 23:06
アミ先生☆
そう思ったのは誤解がわかった時でした…

私は小学校の時から大人になったらキャリアウーマンになって一人で生きていくんだと思う部分がありました。

両親から金銭的に自立したいこと(今はすっかりパラサイト状態ですが…)と私には相手がいないと思っていました。

だから恋愛しても告白はしないしされないと高校まで思っていました。

けれども彼には生まれて初めて自分から告白しました。大学の時にです。それからお付き合いをしています。
でもその頃は初めてだらけで今より拘束が酷く、彼も嫌だったと聞いてます。
それから7年して、結婚を決めましたが、なにしろ昔からの思いや不安癖があり石橋を叩き割ってしまいそうになります*

アミ先生にコメントをいただいて、情けないことに「私はやっぱり結婚して家族を持ちしあわせに暮らすことは無理なのか」と思ってしまいました…

アミ先生が意図してらっしゃる部分はもっと深いところにあるはずだと思うのに、こんな捉え方しかできなくてごめんなさい(;_;)

こうしてみるとやっぱり彼をうしなうのは怖いのでしょうね…

涙が溢れます(;_;)
情けなくてごめんなさい*
Posted by やまりん at 2008年02月09日 23:17
【内なる声にしたがって −やまりんさんへ−】

やまりんさん、お返事をありがとう。

やまりんさんの悲しみや辛さがひしひしと伝わってくるような感じがします(やまりんさんが受けている感情とはちがうかもしれませんが)。

単なる1つの考えとして聞いてくださいね。
アミは、最初にやまりんさんの話をお聞きしたときに、
「今の彼とは、結婚しない方がいい」
と、すぐ、思いました。

彼がどんな人か、アミには分かりませんが、
少なくとも、やまりんさんと彼の心性が違いすぎているような気がします。

一緒に結婚しても、きっと、食い違いが出てくるでしょう。

一般的に言っても、大きなことを決断し、決行するときには、
「心がすきっとして、快晴状態」
でないと、うまくいきません。
やまりんさんの守護霊は、
「やめなさい。」
と、言われているのではないでしょうか。

心に少しでもひっかかることがある時は、何でも、決断をしないほうがいいです。
「心のひっかかり」
というのが、潜在意識からのメッセージであることが多いからです。

私の目から見ると、いくつもの潜在意識から
「やめなさい」
というメッセージが発せられているように思います。

本当は、やまりんさんご自身が気づくことが大切なのですが、いろいろお話を伺っていると、今のやまりんさんの心は不安定でくもりがかかっておられるような感じです。
「おそらく、今の状態のままでは、潜在意識からのメッセージを受け止められないのでは・・・。」
と、思い、おせっかいとは思いましたが、私の感じていることを書きました。

結婚=幸せ
でも、ありません。
また、
「自分が幸せになるためだけに結婚がある」
と考えてはいけません。
相手を幸せにするだけの力もある程度は、必要です。
「まずは、自己確立をする。
そして、相手を支え、伸ばすだけの力をある程度でよいので、備える。」
ことが大切です。

そこまでの心の準備ができてから、結婚に進むとうまくいくでしょう。

まず、結婚の前に、自分の心を幸せな状態にしてから、結婚するほうがいいとも思います。
自分自身を幸せにできない人は、相手を幸せにすることはできません。

アミの目から見ると、やまりんさんは、とても純粋で、
繊細な感じがします。
今から、もっと伸びます。努力次第で、強くなり、自信がついてくるでしょう。
その時に、結婚を考えられても遅くはありません。

結婚の前に、まずは自分の心を安定させ、自分に自信をもたせることです。
自分の生き方、考え方を確立することです。
そのような状態になったときに、波長同通の法則で引き寄せられて来た人は、本物でしょう。

「とりあえず、結婚」
という発想は捨てた方がいいです。
そのような発想でしてしまうと、後から、大きな代償を払わなければならなくなります。

やまりんさん、アミが言ったとことは、あくまでも
「アミの個人的に感じたこと」
です。
決断するのは、やまりんさんです。
後悔しない選択を自分でしてくださいね。

これでも、アミは、やまりんさんに遠慮して書いている部分があります。

「せっかく、やまりんさんが、「結婚」という新たな門出を迎えようとされているのだから、それに水をさすのも・・・。」
と、思いましたので・・・。

ですから、
「やまりんさんが自分で気づけかれれば・・・。」
と、思いましたが、今は、厳しそうなので、アミが感じていることをお話してしまいました。

やまりんさん、頭で考えないで、ハートで感じてください。
「やまりんさんの内なる声」
にしたがって下さい。

アミは、いくらでもご相談にのります。
よろしければ、いつでもコメントをくださいね。
Posted by アミ(やまりんさんへ) at 2008年02月11日 11:04
アミ先生☆
お忙しい中本当にありがとうございました!心に来ました…正直に言えばショックです(^_^;)どうしたらいいのか…
 
 彼を支えられる人になりたい、お互いを尊重できる人になりたい、寛容になりたい。そんな風に思いながらいました。


 彼と私の心性が違う…価値観を超えたところですかね。 


波動が低い…なかなか残念です(^_^;)わかっているとはいえ。でも自分を見つめれば歴然なことなので!

もう新居に彼が住み始めました。式も三ヶ月後です。

私もその方向に向かっています。

潜在意識…私が努力しても彼といるうちは心が曇ったままなのでしょうか(;_;)

大きな失敗は目にみえていますでしょうか…

「結婚がしたい!」というより彼といたいと思う気持ちは魂の声ではなくただの恋愛の気持ちなのでしょうか…

答えは私が知っているはずなのにわかりません*

アミ先生がおっしゃる言葉にアミ先生の大きな思いやりがあること、ちゃんとわかっています。

ありがとうございます☆
Posted by やまりん at 2008年02月12日 22:12
【後悔しない人生を! −やまりんさんへ−】

やまりんさん、自分の人生(自分の決断)に自分で責任をとる覚悟があることが大切です。

アミは、1回目の結婚のとき、家族の猛反対がありました。
でも、アミは、思いました。
「(絶対にしたくないけど)たとえ、離婚してもいい。
私は、自分の決断に責任をもつ。」
と。
ですから、離婚をしてしまいましたが、悔いは残りませんでした。
自分の決断と選択だったからです。
離婚したとき、とても悲しかったけれど、
「自分でした選択だから、しかたないな・・・。」
と、思いました。

やまりんさん、結婚後、どんなことが出てくるか分かりません。
なぜなら、すでに結婚前からいろいろなことが出てきているからです。
普通でも、結婚してから、いろいろ出てきます。
(違う環境に育ったのですから、出てきて当たり前と言えば、当たり前ですが・・・。)

「結婚後にいろいろなことが出てきても、強くたくましく、乗り越えていこう!」
という決意があるのであれば、前に進むのもいいでしょう。

まずは、
「結婚するのかしないのか」
をはっきりさせることです。
結婚することにされたのなら、もう、あれこれ迷わず、
「どんな困難が出てきても、強く乗り越えていくぞ〜!」
と、明るく、元気に意志を固めることです。

内なる声にしたがって下さいね。
後悔しない判断と決断をされてください。
Posted by アミ(やまりんさんへ) at 2008年02月14日 05:16
アミ先生☆

私はどうしようもないですね…

ちょっと虚しくもなります。

アミ先生にあれだけの言葉をいただいたのに…アミ先生も諦めてしまいますよね(;_;)

距離があった分問題を見なくて済んだのかもしれません。

問題と捉えるのか人生の奇跡に比べれば小さいことと流すのか。
 私は一つ一つを問題と捉えすぎること、それで自分が幸せになれる想像が出来ないことが虚しくて仕方ありません。

チャレンジすれば後悔してしまい…ということもあります。

大学生活でも母に「だから言ったでしょ」と言われて悲しい思いをしました。あらゆる場面で言われます。

どんな状況にも幸せを見つけるよりもそうでない部分を見て愚痴を言っていたからでしょうね。

本当はいい経験にもなっていたのに…

そういうところをなおさないとなと思います*

中学の頃から「何でこんなことになるんだろ」と辛いなと思うときに空を見上げて「いつか…」と泣いたり「笑おう」って頑張ってましたが、その頃から悲劇のヒロインをやっていたのかもしれません。

被害者顔で…

やめたいですね。自分の選択に前向きに、悲観的なエネルギーに負けない心を作りたいです。

アミ先生、情けない私に言葉をくださってありがとうございます。

私の出会った先生で、私に勇気をくださったのは学校ではなく塾など校外の先生でした。

ありがとうございます☆
Posted by やまりん at 2008年02月14日 18:10
アミさん、はじめまして!
人は、光
素敵な言葉です。
今まで沢山失敗してきたし、これからも沢山するかもしれないけど、
自分の力で頑張ろうって思いました。

最近はアセンション、スピリチュアルに関して情報が多いので、
スピリチュアル感度ゼロの私は、最近ずっと頭がくらくらしていました。
アミさんの記事で、「人は、光」を愛を持って実践しよう!とすっきりしました。

ありがとうございました。
感謝、感謝です。

Posted by トミー at 2008年02月15日 21:59
【シンプル −トミ−さんへ−】

トミーさん、コメントをありがとう。
うれしく拝見しました。

>・・・最近ずっと頭がくらくらしていました。

う〜ん、そうかもですね(苦笑)。
アミも、そう感じることがあります。

いろいろな情報はありますが、
「『心磨き』といっしょかなあ」
と、思います。

「人の本質は、光、愛であること」
「それらを磨き出すことに努力すれば善いこと」

真理は、シンプルなのかもしれませんね。
Posted by アミ(トミーさんへ) at 2008年02月17日 09:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

意識の大切さ
Excerpt: 前回も少し触れた意識のお話。 意識というものには、プラスの意識、マイナスの意識があります。 ある、テレビで見たお話です。 ある外...
Weblog: 今までの私、これからの私 『知らなかったことの発見』
Tracked: 2008-01-30 10:43

アセンションの真実
Excerpt: 今日は、皆様方に2012年のアセンションについて説明するわ。 あなたのハートで聴いてね。 1−私たち地球人は惑星にビルの住人であるアヌンナ...
Weblog: 良子のアセンションで一服
Tracked: 2008-01-30 14:36

目覚めよ!時は来た・・・!(1)
Excerpt: なんかこの頃 地球も世界中の人達も 変だよね。どうしちゃったんだろう? これから このままじゃどうなっちゃうんだろう? 一体 何が起...
Weblog: 世にも奇妙なフツーの話
Tracked: 2008-02-02 15:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。