2009年10月09日

◆臨時お知らせ号 -3- 【10月9日(金)】

おはようございます。
義法です。

◆臨時お知らせ号 -3- 【10月9日(金)】◆

昨日の朝7時過ぎに、
「お父さん、今すぐ来て・・・」
と、か細いかすれ声で、アミからの電話がありました。
一体何事だろうと、急いで病室へ駆けつけました。
ベッドのアミを見ると、病衣の肩口とシーツの顔の横のあたりがびしょびしょに濡れていました。
事情を尋ねると、一昨日の夜、私が帰宅した後、のどの渇きを抑えるため、自分でうがいをして、うまくうがい受けの容器に水を吐き出すことができずに、病衣やシーツを濡らしてしまったようです。
結局アミは朝まで、のどの渇きのため、一睡もできなかったようです。

午前10時過ぎに若い担当医師の回診があり、
「立って歩けるようでしたら、ある程度飲み物を飲んでも大丈夫ですよ。」
と言われ、看護師さんに支えられて、立ち上がろうとしましたが、立ちくらみして、まだ立ち上がるのも無理なようです。
先生に、
「のどの渇きのため、一晩一睡もできなかったようです。」
と、私が伝えると、先生はアミのお腹に聴診器をあて、
「腸も少しずつ動き出しているようなので、ほんの少しずつなら飲んでもいいですよ。」
と、言っていただきました。

飲み物を飲めるようになり、アミはずいぶん楽になったようです。

その後、娘や父母と面会し、午後は、穏やかな表情で熟睡していました。

今日あたり、
「自力で立って歩けるようになりました。」
と報告できるのではないかと思います。

皆さんからの応援に、大いに励まされています。
アミ共々、深く感謝いたします。


必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 03:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 心と病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

手術が無事成功されたとのこと、おめでとうございます。

私の手術は、開腹ではなく腹腔鏡手術でした。
 ですので、お腹の筋肉を切ることなく 回復は順調でした。
 しかし、全身麻酔の副作用や喉に管を入れた後の違和感、
  腹腔鏡手術によるガスの違和感など・・・
  なかなか すぐには 元の状態に戻ることができませんでした。
 立って歩くことも、次の日から行いましたが 訳がわからず辛かったです。
  そして、思うように体調が優れない自分に 苛立ちました。
 でも、メンタル面などで 
  とてもよい「体験・感動・自分自身の心の状況」などを 感じ取ることができました。

アミさん、
 これから(私より)思うようにいかないことが 出てくるかもしれません。
 「立って歩くこと」も大切ですが、
  絶対に「無理をして頑張らない」でくださいね。
 
アミさんが心身共に、
 (たくさんの愛で包まれている風景を創造して)
 一日も早い回復を お祈りいたします。


  
Posted by 北のたんぽぽ at 2009年10月09日 09:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129848250

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。