2009年10月03日

◆アミ日記「感謝」【10月3日(土)】

こんばんは。
アミです。

皆さん、お元気ですか。
今、おなかの張りと検査の苦しさに耐えながらも、心は穏やかに入院生活を送っています。
身体が苦しくて動けないので、眠っている時以外は、「本を読む」か「考える」か「感じる」しかありません(笑)。


◆アミ日記「感謝」【10月3日(土)】◆

朝、目覚めたとたんに痛みがおそってこないことの幸せ。
普通の速さで普通の足取りで歩けることの幸せ。
もの言わない身体さんが元気に働いてくれることへの幸せ。
小さな草花さんが心癒してくれることへの幸せ。
人の温かな想いをいただける幸せ。
エネルギーを与え続けてくれる太陽への感謝。
眠っている間に身体を癒してくれる霊エネルギーへの感謝。
どんなにボロボロになろうと決して見放さないガイド、サムシンググレートへの感謝。

今までだって
「感謝は大事」
ということは分かっていたし、してきたつもり。
でも、今、この状態になると
「浅かった。」
「身体さんに関しては、感謝どころか拷問をしていたようなものだった。」
と思いました。


◆編集後記◆

人には想像力があるので、ある程度は想像力、あるいは人の体験を見聞きした知識等で「言葉のもつ意味」を理解することは可能なのだろうと思います。
でも、今回の入院で、アミはつくづく思いました。
「なんと、○○○してきたつもり」
の多かったことか、と。


◆編集後記 2(義法より)◆

コメントをくださった皆様へ

アミの夫の義法です。
アミに温かい心のこもったコメントやお心遣いをいただき、本当にありがとうございます。
アミはモバイルパソコンまで用意し、病室で打つと張り切っていたのですが、おなかが張って身動きするのも苦しいため、私がアミの口述を筆記して、帰宅後自宅でアップしています。
今のアミの身体では、口述するにしても短い記事をアップする程度の分量しか体力がもたないようで、
「コメントのお返事まで、なかなか書けずに申し訳ありません。」
と、アミが申しておりました。
でも、コメントは、毎日私が印刷して病室に持って行っています。
アミは、コメントを読むのがとても楽しみなようで、喜んで読んでいます。
手術が終わって元気になったらコメントのお返事を書きたいと申しています。
それまで、しばらくお待ちください。
皆さんの温かい想いに、私も大変感謝しています。


必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

ラベル:感謝
posted by 女教師アミ at 23:56| Comment(7) | TrackBack(0) | 心と病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アミさんが健康を取り戻して普通の生活に早く戻れるように強く願っています。
Posted by market_3e at 2009年10月04日 01:03
ず〜と 読んでいます。
ゆっくり 治して下さい。

   やすんで進 より
Posted by やすんで進 at 2009年10月04日 06:52
>人には想像力があるので、ある程度は想像力、あるいは人の体験を見聞きした知識等で「言葉のもつ意味」を理解することは可能なのだろうと思います。

>でも、今回の入院で、アミはつくづく思いました。「なんと、○○○してきたつもり」
の多かったことか、と。

自分への反省を含めて、とてもここ李に響く言葉です。まったくその通りだと、私は思います。

経験することを、恐れていないわけではありません。ただ、それをどう捉え、どう生かすかは、その人次第、また経験の多さ、深さなのだと、自分への反省からもそう思います。
Posted by PEKO at 2009年10月04日 11:12
パソコンの調子が悪く、誤字がありました。
お詫びします。
Posted by PEKO at 2009年10月04日 11:23
アミさん、ご主人様こんばんは!
私は今、出張で信濃の方に来ています。
先ほどまでは見えなかった月が、ホテルの上空に来て窓から顔を出しました。
そして月にかかった薄い雲が少しずつ移動しています。後10分もしたら真ん丸なキレイな姿を見せてくれることでしょう!
明後日の手術が無事に終わり、雲が移動するように痛みが消えていきますよう、こちらから祈っております。
Posted by りー at 2009年10月05日 01:29
アミ先生、そしてご主人、大変な時にブログを更新してくださって、ありがとうございます。

アミ先生がお忙しい仕事の中、私のつらい気持ちを受け止めてくださった嬉しさや温かさは、本当に忘れることがありません。

今もお体がつらいのに、一生懸命ご自分の思いを伝えてくださるアミ先生の姿勢に頭が下がる思いです。

何もできませんが、心してブログを読むことが、この時に私に出来ることだと思います。

ご回復をお祈りしています。
Posted by 舞子 at 2009年10月05日 09:48
改行が多く、スペースをとり過ぎました。今後気をつけます。
Posted by 舞子 at 2009年10月05日 12:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。