2009年10月01日

◆アミ日記「天地一切のものと和解せよ」【10月1日】

こんばんは。
アミです。

今、病院でおなかの苦しさと検査の苦しさにたえて、毎日生きています。
寝てるだけで頭と心はヒマなので、いろいろと考えています。
お見舞いに来て下さる方、励ましのコメントやメール・・・。
たくさんの方々に本当に感謝しています。
本当に心のこもった温かい想いをありがとうございます。
とっても勇気づけられます。
コメントのお返事、書けなくてすみません。
でも、しっかり読ませていただいて、心の中で手を合わせています。
病院の先生や看護師さん、皆さんとても優しく癒されます。

◆アミ日記「天地一切のものと和解せよ」【10月1日】◆

2〜3日前から、
「天地一切のものと和解せよ」
という言葉が浮かびます。
肉親なのに苦手だった父母、弟、妹・・・。
私の身体の(アミに酷使された)内臓さんたち・・・
心の深いところを探るといくらでも出てきます。
(義理も含めて)肉親、家族との関係を修復しようと思います。


必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


タグ:感謝 和解
posted by 女教師アミ at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 心と病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日のコラムを読んで感じたことは、「スピリチュアルって、なんだろう…」ということでした。

私の心に浮かぶのは<バランス>という言葉です。最近、ずっとバランス、心の平衡感覚という言葉が気になっていました。

善きことも悪きこともあまり心の中に留めたり封じ込めず、その感情にあまり浸っていないで、更に先を見て、進んでいこうとする姿勢が、スピリチュアルにはとても必要なんだと、改めて実感として思います。

そういえば、私の心はずっと偏っていた…今も、そうです。

私は、まだ義理の母が苦手です。
相変わらず電話だけで、心をズタズタにされます。失望させられます。

ただ、今は彼女と拘ろうとすると心?、身体?のなかで自分の醜い、嫌いな自分と戦っているのがとてもよく解ります。

もう期待していませんが、いややっはり期待しているのでしょう。何故なら、義母と話している時の自分が好きではないから。

>「天地一切のものと和解せよ」

今、いろいろな意味で私の課題がかなりシンプルに、ひとつのことに絞られてきたような気がしています。大切なものが、見えてきたような気がします。自分の方向性が少しですが、見えてようなきた気がします。

この言葉は、私に何かのきっかけをくれました。ありがとうございます。アミさんは、ますますシンプルになられていますね。

本当に大切なことは本来シンプルであって、
灯台下暗しで、自分の足元にあるのかもしれません。

アミさん、今日も一日心穏やかにお過ごしください。
Posted by PEKO at 2009年10月02日 07:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129295413

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。