2009年09月30日

◆アミ日記「自分を好きになる 2」【9月30日(水)】

お早うございます。アミです。
今、病院からです。
今、検査入院です。
子宮体ガンということで、来週の水曜日に手術します。


◆アミ日記「自分を好きになる 2」【9月30日(水)】◆

昨晩は、夢の中で学校の書類がいるということで、焦っていました(苦笑)。
よっぽどですね・・・。

アミは、今、これからも希望をもって生きようと考え中です。
本当に、今まであまりにも過酷な環境でしたので、これから先、生きるのが怖い状態でした。
確かに順調だったし、人から喜ばれる仕事はしてきたとは、思います。
自分なりに反省は多々あります。
でも、その反省をする一つ一つの出来事に対しても、アミは精いっぱいしてきました。
「あの時は、こうするしかなかった・・・。」
という感じです。
心の奥深くをよ〜く見てみると、
「○○○をできなかった自分を責めるとげ」
がいくつも刺さっているような気がしました。
私の心の中には、・・・・をしたくてもできなかった自分が小さくなっていっぱい座っているような感じでした。

私は、この世的に見れば、
「常識的で誠実な面倒見のいいちゃんとした人間の役割」を演じてきたと思います。
でも、親兄弟、家族の中では、
「自分や家族を顧みない、自分や家族に冷たい非常識な生き方」
をしている人間と思われていたかもしれません。

私は、これからは、自分を大切にしようと思いました。
自分や家族、縁あっていてくださる方々を大切にしていこうと思いました。

自分を大切にし、自分を自分で認めてあげること。
自分を大切にできる人が、本当に人を大切にできる人だと思いました。


必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 09:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 心と病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アミ先生

4年近く前に一度コメントをしたことのある者です。
先生のブログに、たくさんの気づきをいただいてまいりました。
私の住まいは関東ですが、いつか先生にお目にかかりたいという気持ちでおります。

身を粉にして教職に打ち込まれているお姿に、1年ほど前に母親になった私は、アミ先生の生徒たちは幸せ者だと思ったものです。

でも、どうかこれからは本当にご自身を大切になさってくださいね。
からだに浮き出たこころのメッセージを浄化なさって、これからもスピ講座愛読者たちに気づきを与えていただきたいと思います。

Posted by ピノ at 2009年09月30日 10:01
私は、たくさん不足はありますが自分なりに懸命に家族のことをやってきて、気がついたら、心の病になっていました。

主人の駐在を無事に終え、これから自分なりに懸命に生きようと思ったら、病気で倒れました。

私は、二つの経験から思いました。
それぞれ、神のご意思はあろうとも
私は、もう燃え尽きていたのだと…

もう自分を責めるのはよそうと思いました。

そうすることが、家族にとっても、私が大切に思う方にとっても、そして自分にとってもいいことなのだと、今は心から思います。

深いご縁です。今まで、本当にありがとう。
神のご加護がアミさんに降り注ぎますように。
Posted by PEKO at 2009年09月30日 14:28
アミさんへ いつもありがとうございます。来週手術決まったのですね。入院中もこうして私達へのブログの更新をして下さり、勇気や気づきを与えて頂いています。感謝します。私も来月に手術決まりました。やはり仕事の関係で自分の望む時期と少し違いますが、これも受け入れて行こうと思います。入院中行きたい行事もあったのですが、縁が無かったと思い、手術に集中しようと思います。この流れそのまま受け入れて。。。。
抵抗しても自分をいじめるだけのようで、何かの本にあったように{すべて起こる事はベスト}と受け止める事にしました。天使の心だけでない自分、自分を大事に思ってくれている人がいても、悪魔の自分が居て終わった恋いをいつまでも追っている自分がいて・・・もしかしたらその行事に行けば会えるかもなんて思ってて。。。。だから手術が入りその行事に行けなくなれば、会う機会も無いだろうと・・これも必然!ああとっても勝手な自分だけど素直な気持ちで。。。子宮の病気は異性に対する・・・とアミさんのブログにもありましたが、ここで私は清算するのかな?と自分で感じています。。仕事も家族もすべてが中途半端みたいだけど、今できる私の体調からはこれがベストです。そう鉄剤を飲むようになり、いくらか疲れが和らいできたような気がします。私事ばかりのコメントでごめんなさい。アミさんからいっぱいいっぱい喜びや苦しみや優しさを頂いてこれからも、やっぱり生きていきます。あみさんの手術のご成功をお祈り致します。
Posted by Leela at 2009年10月01日 13:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。