2009年09月19日

◆アミの振り返り日記スタート【9月19日(土)】

おはようございます。
アミです。

本当は、昨日、ブログを書くはずでしたが、疲れて寝てしまいました。
昨日は、天神(福岡)に行ってきました。

次のようなことをしました。

○大きな書店で「自分の心の修正を図るために活用する本」を山のように買ってきました。
○病院でもこそっと記事をアップできるようにモバイルを仕入れてきました。
○おなかを押さえると痛いので、マタニティ用の衣類を買ってきました。
○お気に入りのうどん屋で「ぶっかけソバ」を食べました。


◆アミの振り返り日記スタート【9月19日(土)】◆

これからのブログは、アミの反省日記(心の浄化日記)のような形になります。少なくとも、病気が治るまでは。
ですので、「本音」や「アミのみっともないところ」等がぼろぼろ出てきます。
読み苦しいところも多々あると思います。
でも、きっと、参考にはなると思います。
「どのように心を開放させ、反省し、感謝していくか」
の過程がよく見えると思います。
この「心の浄化作業」が、病気に対する「西洋医学の処方」を助けることにつながっていきます。
「心のみ」でもだめで、「漢方のみ」でもだめで、「西洋医学のみ」でもだめで、「自然食のみ」でもだめだと、私は個人的には考えています。
今ある環境の中で、手持ちの道具でできることを精一杯していけばよいと考えています。
でも、もう一つ外してはならないのは、
「主治医への絶大なる信頼」
だと思います。

アミは、今まで「病気」については、あまり記事にアップしてきませんでした。
でも、「病気」は、とても大切なテーマです。
「病気」そのものは、とても大ピンチのように見えます。でも、本当は、
「心磨き・起死回生の一発逆転のチャンス」
でもあるのです。
アミは、過去、この「病気」も活用して?「心磨き」を進めてきました。
ただ、最近、殆ど病気にならず、「病気」に関しては、ネタが手元にはありませんでした。
過去の私のネタを使っても良かったのですが、ちょっと古いかんじがしたので、保留していました。

「病気を克服すること」
「病気を早く治療すること」
を通して、「心磨き」が進みます。
言い換えれば、「心を変えていくこと」で、
「病気が克服でき、病気が早く回復する」
のです。
それは、アミの過去の折り重なる「自力病気克服体験」からもはっきり言えます。
それは、アミのオリジナルでも何でもなく、
「心を変えれば・・・」
ということを言っている宗教もあります。
「心と肉体の相関関係」
も言われています。

でも、これをブログに書いてオープンにするには、「自分の体験」でしか書けません。人のことを例示すると、それは、普通の人にとっては、
「あなたの心が悪いから病気になった」
と、短絡的に捉えられる可能性が高く、病と闘っている本人やご家族を大きく傷つけてしまう恐れがあるからです。

今回は、あくまでも、アミの一体験として、ブログに書いていきます。
おそらく、必ずブログの端には、
「これはあくまでもアミ個人の意見で、体験です」
と、書き添えます。

ただ、法則は、「普遍」です。
皆さんもよろしかったら活用してみて下さいね。


◆編集後記◆

このブログは、私の家族、友だちも読んでいるので、近況も書いていきます。
ほとんど「私用化」していますが、お許し下さい。

【お世話になっている皆さんへ】

アミの入院は、9月25日の午前中に決まりました。
それまで、家と学校の後始末をしていきます。
それと、ブログを書きながら、振り返りをしていきたいと思います。

今は、本当にいい薬が出ているのですね。
薬を飲むと、ほとんどおなかの痛みがありません。
ただ、おなかの張り感は、かなりあり、妊娠しているときのような感覚です(笑)。
歩いたり、長時間座っていたり立っていたりすると、非常に張ります。
ただ、それに気を付ければ、何とか元気に動けます。
おなかをのぞけば、いたって元気で、気分は晴れやかです。
この待ち期間を利用して、少しでも迷惑をかけない形で準備を進めていきたいと思います。

主人や家族、私の周りの仲間達(家の周り、ブログ等)、学校関係の方々、みんな本当によくして下さいます。
心から感謝です!

「もし、生還できれば、少しずつ、これからは恩返しをしていきたい」
と思います。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 06:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 心と病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
澄み渡る秋空のようにアミさんの波動が、さらにさらに透明度を増しているように、感じています。

痛みと折り合いをつけながらの準備は、どんなにか大変かと思います。でも、その文章からは明るささえ、楽しささえ感じます。

今のアミさんは、アミさんを応援するたくさんの皆さんの祈りの上に、穏やかにたたずんでいるように感じます。

皆さんと共に、アミさんのご快癒を心から祈ります。また、その勇気ある行動に感動を禁じえません。

アミさん、心と体はひとつです。昨年の私は、体の強さより、心の強さが勝っていたと
振り返ります。

思えば、病気で体が辛い時ほど妙に感覚が冴え渡り、生き生きしていたことを思い出します。

底を見た人は、後は上るだけでいいのですから…後は、下る必要はないのですから。
Posted by PEKO at 2009年09月19日 17:03
私の先程のコメントのなかの「底を見た人は…」の部分ですが、これは全てに言えることではなく、私の病気の経験から来た部分が多いということを、ここでお詫びします。

ごめんなさい。これから、気をつけたいと思います。


Posted by PEKO at 2009年09月19日 19:06
【PEKOさん、コメントをありがとう】

>アミさん、心と体はひとつです。昨年の私は、体の強さより、心の強さが勝っていたと
振り返ります。

>思えば、病気で体が辛い時ほど妙に感覚が冴え渡り、生き生きしていたことを思い出します。

よく分かります。
今、私は、健康を失って、活動を停止できたことで、大きなものを得たように思います。

「安らぎ」「愛」「感謝」「希望」
等です。

強がりでも何でもなく、私は、以前より「心」が春の海のように穏やかになっていく感じがします。

今、人を許し、自分を許し、自分のマイナスの感情を客観的に見つめて、心の泥を落としている最中です。

ぺこさんの言われること、本当によく分かります。
とても心強いです。
Posted by アミ( PEKO さんへ) at 2009年09月20日 07:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128367003

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。