2009年08月19日

◆苦しいときこそ 【アミの一口コラム375】

こんにちは。
アミです。

今日は、夏季休暇をとって、朝から家の大片付けです。
午後からは、よその小学校で仕事です。
夜は、懇親会です。


◆苦しいときこそ 【アミの一口コラム375】◆

結婚は、若い方にとって、夢であり、あこがれであり、理想であるのかもしれません。
確かに、究極的には、そうなのでしょう。
でも、そこに至るまで、並々ならぬ努力が必要です。

結婚とは、
「エゴを捨て、愛を実践する過程」
なのかもしれません。

結婚は、いろいろなパターンがあります。

@1+1=2
A1+1=3以上
B1+1=1以下

でしょうか・・・。

普通、人は、@Aのパターンを考えて結婚します。
まさか、Bのパターンを成し遂げるために結婚する人はいないでしょう。
ただ、結果的には、Bのパターンに知らないうちになってしまうことも多いかもしれません。

結婚とは、

【Aパターン】
@エゴとエゴのぶつかり合い → AA.許す・妥協・忍耐 → B・現状維持・離れていく

【Bパターン】
@エゴとエゴのぶつかり合い → AB.理解・認める → B生かし合う

大きくこの2つかなと思います。
どちらにしても、大なり小なり、エゴとエゴがぶつかり合うことになります。時には、本当に理不尽なことを強いられているかのように感じられることもあります。
「そこをどう切り抜けるか?」
それが試しです。
人によっては、本当に辛い試しが訪れることもあります。でも、それも生まれる前に自分が計画してきたことです。それによって、その人の魂の課題が解決されたり、カルマが解消されたりします。苦しいけれど、踏ん張り時です。

「親子関係」「夫婦関係」「舅・姑関係」
のもめごとは、地獄を見ることが多いようです。

でも、本当に
「もうだめだ〜!」
というところまでは、頑張りましょう。

ギブアップの声を上げた時は、
「ちょっと人間関係を避けて休憩する」
「お別れする」
等の選択肢があるでしょう。

特に、夫婦は、苦しいとき、辛いとき、悲しいとき、うまくいかないとき、ステップアップするとき等に、夫婦としての本領が発揮されます。
いいときばかりが夫婦ではありません。

苦しいときこその夫婦です。
苦しいときは、伸びるときでもあります。
そんなときにサポートをするのが夫婦です。


◆編集後記◆

苦しみながらも、前を向いてひたすら誠実に歩み続ける人は、輝いています。
あきらめないで、希望と夢をもって頑張り続けましょう。
そして、もし、あなたの目の前に幸運の女神が手を差し出したら、多少のリスクを負っても、女神の手をしっかりと握りましょう。

苦しみにあえいでいる人は、どうかすると、救いの手が差し出されても、また、苦しいことになるのでは・・・という想いから、手を握ることを躊躇し、苦しみの穴に安住する人がいます。そして、
「苦しい。苦しい。(安全で無難な方法で)誰か助けてくれ!」
と、叫びます。それは、どだい無理な話です。苦しみの穴の中に落ち込んでいるのですから、それ相当の覚悟とリスクを負わないと、そこから這い出るのは難しいでしょう。
勇気を出して、幸運の女神の手をしっかりと握り、苦しみの穴から抜け出しましょう。
誠実に、まじめに、愛をもって生きている人には、必ず、チャンスが訪れます。
1回目のチャンスを逃しても、2回目もやってきます。
あきらめないで、努力を続けて下さい。
私も、そうするつもりです。




必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 10:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 若い方・子供達へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アミさんのお加減はいかがでしょうか?
お祈りをしています。
Posted by 鴎 at 2009年11月20日 07:26

記事へのコメントでなくご無礼!
検索“修行”しておりました道中、貴HP(道場)へ立ち寄った者にて候。
突然のお知らせ(書き込み)にて御免!

現代日本の弱体、荒廃を云々するとき
「サムライとは何者だったか」を再考することからはじめなければならない。
『武士の女の品格』──武士の妻女からみた武士道が一考察となるでしょう。
武道通信へ御立ち寄りいただきお読みいただければ幸いです。
Posted by 武道通信 at 2009年12月15日 08:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。