2009年08月27日

◆砥石さん、ありがとう!! 【アミの一口コラム 382】◆

今晩、帰宅の車の中で、テレビを見ていました。
どこかの大学の教授が、言っていました。
「1週間に60時間以上働く人は、過労死予備軍です。」
と。

「え〜〜! それじゃあ、私は、え〜〜と。1日平均15時間ぐらい学校にいるよね〜。15時間×5=75時間???
じゃあ、わたしも、過労死予備軍じゃなあい?」
と、心の中で叫びました。

「私の行くところに、仕事がついて回っている」
・・・ような気が最近、とみにします。
私は、そんなに仕事は嫌いではないのですが、基本的に時間が足りません。
人から頼まれる仕事以外に、自分はやりたいことがたくさんあります。

仕事を早く仕上げようとするのですが、3次元の重い身体を引きずりながらの仕事です。なかなかはかどりません。
今晩も、22時が限界でした。

・・・と、いうわけで、周りの皆さんの要望になかなか応えられません。

時々、ふっと考えます。
「あ〜〜。あの世だったら、想ったことはすぐ実現するのに・・・。
なぜ、こんなに現世(3次元の世界)は、実現の速度が遅いのだろう。
なぜ、想っても実現するまでに、死ぬほど努力をしないといけないのだろう・・・。」

答えは、簡単!!
「魂修行をするために生まれてきたからです。
すぐ、実現してしまうと、修行の意味がないからです。」
・・・と、分かってはいるのですが。

みんなにとっては、「ちょっとした要望・お願い」でも、「みんなのちょっとした要望」を一手に引き受けるアミにとっては、集中砲火みたいなものです。
「ちょっと」ではありません。「たあくさん」です。

でも、助けてくれる仲間のみんながいてくれるので、
「がんばらないと。」
と、思います。

やるしかないので、アミは、明日もがんばります。


◆編集後記◆

「何でも、すぐ、実現する」と感動は、あまりないものです。
辛いときは、本当に辛いし、周りの人を恨みたくもなります。
でも、私達は、地球に楽しくハイキングするために生まれてきたわけではありません。
今世の目標は、最後のカルマを修正し、できることなら転生輪廻のサイクルから外れることです。
そのためにも、辛くても頑張らないと・・・ね!
辛い時って、「自分のエゴと人への愛」が綱引きしているときです。
人は、自分の心身が辛くなるに従って、人へ愛を向けにくくなる傾向があるようです。

辛いときは、
「りっぱな砥石のおかげで、自分の心のかどがとれ、エゴが削られ、なくなっていく・・・。」
のです。
砥石さんに感謝しましょう。

「砥石さん、ありがとう!!
あなたのおかげで、今のアミはあります。
いつも、あなたのざらざらした身体で、角張ったエゴの強い私の心を磨いてくれてありがとう!」

今日も、アミは、がんばります!!



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 23:55| Comment(7) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

◆真理は、実践することに意義がある 【アミの一口コラム 381】◆

宇宙の法則、真理は、とてもシンプルです。

基本的な知識は、必要です。
知識には、2種類あります。

○地球で魂修行をさせていただいている人間として、知っておかなければならない魂に関する一般知識。

○魂を磨くために、いかに考え、いかに行動するかの実践的知識。

ただ、これらの知識は、単なる知識にしか過ぎません。

人は、「机上の霊的な知識」を学ぶために、この地球に転生を繰り返しているのではありません。

地球上での「体験・経験」を通して、
「エゴを捨て、いかに愛に生きるか」
を学ぶために、転生輪廻を繰り返しているのです。


・・・なので、
「体験・経験(実践)」が最重要です。

花の種を手渡され、
「花というのは、愛を込めて育てることが大切だよ。」
と、言われただけでは、
「愛を込めるとは、どういうことなのか? 愛ってなんなのか?」
と、ぴんとこないでしょう。
「愛とは何なのか? 愛を込めるということは、どういうことなのか?」
実際に育ててみないと分かりません。

Aという花:光に当て、水だけあげておけば、ちゃんと育つ花
Bという花:光に当て、水をやり、肥料をやり、害虫駆除をし、いろいろ手をかけないとなかなかうまく咲かない花

同じ花を育てるにしても、難易度も違います。難易度によって、
「愛」
に対する認識も変わってくるでしょう。

「たいへんなこと」は、誰しも嫌ですが、たいへんであればあるほど、そこから得る「学び」も大きいとも言えます。

私達は、地球で永い転生輪廻を繰り返しながら、
「愛という名の小さな花」
をたくさん咲かせ、それらを花束にして、自分の魂の大元に持ち帰るのです。

今世は、今まで咲かせた花を束ねて、大きな花束にする時です。
そして、自分の魂の大元に持ち帰るのです。

・・・でも、
「すごいこと!」
をしなくていいのです。

足元をしっかり見てください。

あなたの心は、いつもさわやかで明るいですか?
身の周りの方々と調和し、仲良くやっていますか?
身の周りの方々にあなたができる親切をしていますか?


【身近なところで、できることから実践を!】

○何事にも感謝をもち、ポジティブに考えて、心明るく生活する。

○自分がしなければならないこと、すべきことを精一杯する。

○家族や身近な人々を癒し、生かし、励まし、元気づける「言葉かけや、行動」をする。

この3つでいいのだと思います。

「知識におぼれないで、心清らかに、温かく、誠実に生きていくこと」
が大切だと思います。


◆編集後記◆

「この地球で魂修行をさせていただいている人間として、知っておかなければならない魂に関する一般知識」

この点についての知識は、皆さん、大丈夫でしょうか。

○死んだらどうなる?
○魂は、永遠に生き続ける理由
○アセンションの基本的知識

等の基本的な知識は、身に付けておいてくださいね。
どれも、深入りはしなくていいと思います。
ただ、何が起きても、慌てない、動じなくていいように、心の準備だけはしておいてください。
できれば、これは、身近な方々にもお知らせだけはしておいたほうがいい情報だと思います。

ただ、基本的には、
「心をクリアーにし、エゴを捨て、するべきことをきちんとし、愛深き生き方をする。身近なところから。」
が一番大切です。

日常生活の中で、自分がしなければいけないことを誠を込めて、精一杯し、身の周りの人へできる親切をしていくだけでいいのです。

カルマも一気に解消できるように、どんどん出てきています。
苦しいと思いますが、カルマを持ち越して後でとんでもないことになるより、まだ、日本が比較的落ちつている今の間に、噴出した方がいいと思いませんか?

苦しくても
「ああ、おかげでカルマが解消していっている。ありがたいことだ!
がんばって乗り切ろう!」
と、自分に言い聞かせてがんばりましょう。

知識がいくらあっても、実践ができていないと意味がありません。

全てを決めるのは、
「心」
だからです。

「・・・・と、アミは、自分に言い聞かせて、これからがんばろう」
と思います。

学びの多い、夏でした。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

◆「内なる声」ってなに? 【アミの一口コラム 380】◆

私には、自信もって
「内なる声とは、こうこうこういうものですよ。」
ということは断言できません。

「ただ、私が感じるには・・・。」
ということを書いてみますね。

例えば・・・ 車(セダン)

◎ふっと、思うこと
◎ぱっと、思うこと

が基本だと思います。

それ以外にも、

○夢に出てきた内容
○身近な人が、語る言葉
○本を読んできたときに、ぱっと眼に入ってきた言葉
○神社のおみくじの内容
○日常生活に出てくる何気ないできごと

等でしょうか・・・。
たいしたことではありません。皆さんが誰でも日常的に経験することです。

内容も、「人生の重要なことに関わること」は、日常的にはそう多くは出てくることはないとおもいます。
「細かい日常的な内容」が繰り返し出てきます。でも、それを受けて素直に判断したり行動したりしていると、後から、
「ああ、あの時は、自分は導かれていた。自分は、磨かれていた。よい方向に行っているなあ。」
と、思うのです。

このことからも、人生は、小さな「判断 → 選択 → 実行 → 振り返り」のサイクルで流れていることが分かります。人生は、スパイラルを描きながら、螺旋状に上がっていくという感じでしょうか。

ですから、あまりにも日常的過ぎて、これが
「内なる声? 直観? インスピレーション?」
と、思ってしまうこと多々あります。でも、おそらく「内なる声」なのです。
「内なる声」は、いつも「深淵なるメッセージ」としてやってくると言うわけではありません。
もっと、「ポピュラーで、親しみやすいもの」です。

具体的に言えば・・・ 車(セダン)

○Aの道を選ぶ?Bの道を選ぶ?
○今、○○○をしたほうがいいよ。
○そっちには、行かない方がいいよ。
○・・・・・のイメージで仕事をすればうまくいくよ。
○Cさんには、・・・・の言葉を言ってあげると分かってもらえるよ。

等といった内容が多いです。
「内なる声を聴く。」
ということは、霊能者、超能力者のように
「チャネリング、霊言」
等のようなものだけではないのです。

チャネリング、霊言っぽい内容もあるかもしれません。でも、多くは、「普通の、ごくごく日常的な内容」です。シンプルな内容のメッセージですが、素直に聴き、実行していると、必ず、人生は、いい方向へ行きます。

例えば、最近のアミの例で言えば・・・ 車(セダン)

アミは、研修会に行くために、駐車場に車をとめた。駐車場から会場まで10分間程度歩かなくてはならない。空は、お日様、かんかん照り #63647; アミは、思った。
「ああああ、暑そう! しまった! 日傘を持ってくるのを忘れた。
あっ、そう言えば、雨傘が車の中にあった! それを使おうか・・・(第一感・潜在意識からのメッセージ)ひらめき
でも、明らかに「雨傘」と分かるし、距離はそんなに遠くないし、日陰を通れば、何とかなるかな。研修会の会場でも、「明らかにそれと分かる雨傘」を持って行ったら、恥ずかしいよね〜(変な人と思われたくないというエゴの思い)。
・・・だめだめ、やっぱり、「雨傘」をさして行こう 雨
最初に、そう思ったんだから、よく分かんないけれど、そちらのほうにした方がきっといいのよ!
人からどう思われても、自分が気にしなければいいんだから!」

と思い、かなり恥ずかしかったのですが、明らかに「雨傘」と分かる傘を日傘代わりにさして研修会場に向かいました。
・・・そして、研修会が終わり、歩いて10分かかる駐車場に向かい出したとたんです。にわかに空がかき曇り、大雨がざ〜〜と、降り出しました雷 かなり長い間降り続けました。アミの雨傘は、本来の役目を果たし、大活躍でした!!
アミは、何事もなく、車に乗り込み、学校へ戻ることができました。

「やっぱり、第一感に従っていてよかった るんるん

と、思いました。一般的に言えば、
「ついている!」
という感じでしょうか。

「第一感に従います宣言」
をして、実行していると、日常生活の中で、常に
「ついている状態」
が続くようになりますよ。

このような例にあるように、普通は、「内なる声」は、
「心の独り言、つぶやき」
のような形で現われることが多いです。
でも、このように「ふっと最初に思ったこと」を大切にして、ごちゃごちゃ考えずに(エゴが入るので)、ぱっと行動していくと、どんどん直観は冴えてきます。
そして、内なる声は、グレードアップしてきます。


◆編集後記◆

内なる声をより聴きやすくするためには・・・ ぴかぴか(新しい)

◎気付いたら、最初にふっと思ったら、それを即、行動に移す(たとえ、??でも)→ 第2感は、顕在意識からのエゴの声のことが多いので、第一感に従うべし。
○心の中にいろいろなことをごちゃごちゃ考え続けない(雑念を入れない)。
→ 心をいつもすっきりさせておかないと、内なる声は、小さいので聞き取れない。
○内なる声に従って、生きようと、強く想い続ける。

でしょうか・・・。

心は、偉大な力をもっています。
心は、あなたの人生の強力なサポーターです。
心は、創造力をもっています。

是非、それらの力を活用して、人生をより豊かにしてくださいね。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 自己実現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

◆アミの片付け奮戦記 【アミの一口コラム 379】◆

こんにちは。
アミです。

今日も、お昼過ぎまで、家の片付けです。
本棚にある私の大量の書籍を段ボールに積め、代わりに主人の書籍を本棚に並べます。私の物で廃棄できるものは、できるだけ廃棄します。

(1)仕事に関連して

片付けというのは、本当にあまり楽しくない仕事です。
でも、古い物を捨てないと新しい物は、入って来ません。特に、商売をしている場合は、そうです。
新しい仕事は、古い物が片付かないと入って来ません。たとえ、入って来ても混乱状態になります。
書類がごちゃごちゃしていると、無くしたり紛れ込んだりして、それを探す時間も相当かかります。時間のロスが多くなります。
仕事ができる人の机は、いつも片付いています。必要なときに必要なものがぱっと取り出せます。

新しく仕事を開拓しようと思えば、お金と手間(時間)がかかります。お金がないなら、手間(時間)を取る必要があります。「時間」と「身の回りの整理整頓度」は、相関関係があると思います。ですから、「いい仕事をし、仕事を発展させよう」と思えば、まず、身の回りの整理整頓が基本条件です。
特に、事務仕事(文書を主に扱う仕事)で、片付いていないというのは、致命傷にもつながります。
「忙しいから、後で。」
と、言って後回しにすると、ますますたまってするのが億劫になってしまいます。
「時間がない。忙しい。」
という理由をいう人は、一生、片付けはできません。
「時間がないこと」
の責任を「時間さん」に押しつけているからです。
「時間がない。」
のではなく、
「自分が時間を作れない。」
のです。自己責任です。ですから、
「時間が作れない自分を反省し、どうしたら、時間を作れるかを考える。」
ことが大切です。仕事ができる人ほど、上手に時間を作っておられます。

私は、そう考え、何とか、今日の学校での仕事のやりくりを付けようと思います。

仕事を発展させるために、「お金」がかけられないなら、「時間」を使う。

そのためには、今までの「時間」に対する概念を打ち砕かなければなりません。

(2)運気に関連して

家が散らかっていると、気の流れも相当悪くなります。もちろん精神衛生上もたいへん悪く、家人の波動を下げます。運気も当然下がります。

(3)「主婦業と仕事をされている女性」「病気などと闘いながら主婦業をされている女性」へ

・・・ということを分かってはいるのですが、すごい量の片付け物を見ると、やる気がうせ、見て見ぬふりを決め込んでいました。
見て見ぬふり期間が長いので、片付けの量も相当です。でも、私達は、どうしても次のステップに踏み込まなければならないので、「いや!」などと悠長なことは言っておられません。

教頭の仕事量も相当です。プラス、片付け、家事もあります。
「いつも平均睡眠時間5時間前後なのに、この上、どうやって・・・?」
と、思います。でも、やるしかありません。

身体の管理をきちんとしようと思います。周りの人は、その人が熱を出すか、外傷を負うか、倒れるかぐらいにならないと、その人の身体がぼろぼろなんて気がつきはしません。自分の身体を知っているのは、自分だけです。
がんばってくれる身体さんは、自分が守ってあげないと、周りの人は、
「あの人は、元気だから・・・。このくらいなら・・・。」
と、言っていくらでも仕事をもってきます。
身体さんを大切にケア、メンテナンスをすることは、大切です。
外で働く女性の方々、身体が強くない方々は、特にそうです。気を付けてあげて下さいね。


◆編集後記◆

主婦しながら、外で働いていらっしゃる女性も多いことでしょう。
バランスよく、無理なくされている方は、とてもOKだと思います。
でも、そうしたくてもできない女性もおられることでしょう。全国には、たくさん、家事と仕事を必死でやりくりして毎日頑張っておられる方々もたくさんいます。
がんばってくださいね。でも、自分の心と身体だけには、どうぞ気を付けられてくださいね。あなたが倒れると、困るのは、あなただけではありません。ご主人やお子さんも困ります。
あまり無理をされないでくださいね。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

◆愛の実践、エゴを捨てる(アミの反省) 【アミの一口コラム378】

こんにちは。
アミです。

今日は、1日中、家の片付けをしました。
でも、まだ、残っています。見ているとうんざりします。
でも、このまましておくと、ますますひどくなることは予測されますので、また、夜もがんばります!

・・・と、思ったら、友だちからの悩み?電話がありました。話していたら、もう、10時です。「ああ〜! でも、友だちの悩みは、少し解決できたからいいかあ〜。」と、思うことにしました。

皆さん、ここでお願いなのですが・・・。
これからアミが書いていく記事は、ほとんど本音のところで書いていきます。また、
「記事の内容に絶対の自信をもって、皆さんにおすすめ!」
という訳ではありません。アミは、そんなに立派な人間ではありません。どちらかというと、アミの個人的な日記のような感じで、
「アミは、こう考え、アミはこうします。」
というような気持ちで書きます。・・・なので、頑張って一生懸命に生きておられる皆さんに、アミの想いや考えを押しつけるようなことはありません。
「アミさんは、こう考えているのだなあ。」
ぐらいに気楽に読んでいただけたらうれしいです。
共感して下さるところは、試していただけるとうれしいです。


◆愛の実践、エゴを捨てる(アミの反省) 【アミの一口コラム378】◆

「愛の実践、エゴを捨てる」
と、私は、常に(自分にも)言い続けています。では、私がそれを確実にしているのか・・・と言えば、イエスとは言えません。

「愛の実践、エゴを捨てる」にもレベルがあります。

@自分に痛みを伴わなくてできる段階 「いいよ〜!」
A自分に少し痛みを伴う段階 「かまわないよ〜!」
B自分にかなり痛みを伴う段階 「ちょっとたいへんだけど、OK!」
C自分が犠牲(被害者)になっていると思えるほど痛みを伴う段階
「なぜ、自分が・・・? やるしかない!」


です。
私の場合は、@、Aは(気付く範囲では)だいぶんできるようになりました。Bも、いつもではありませんが、気付く範囲では何とか自分なりには、できる場合もあるでしょう。問題は、Cです。

このCの段階は、普通に生活をしていれば、あまりいかないのかもしれません。でも、本人に自覚があるとないとに関わらず、Cの段階で頑張っておられる方々も多いと思います。

もちろん、Cの段階を気持ちよくできれば、魂的にもとても向上します。
人は、Cの段階に来たとき、次のような行動パターンに出ることが予測されます。

【Cの段階に来たときに人がとる思考・行動パターン】

A.逃げる(しらんふりする、周りの人や環境が悪いと責める)。
B.しかたなく立ち向かう(不平不満の固まりとなる)。
C.何とか、前向きに考えようと言い聞かせて頑張る(不安定)。
D.積極的に立ち向かう(前向き思考、自然体)

です。

《Aの段階の人》
逃げられません。自分でセッテイングしてきた課題ですので、課題が解決できるまで、必ず追いかけてきます。この段階でとまっている人は、周りの人や環境のせいにすることがあります。課題解決以前の問題です。でも、自覚はあって、あえて、ちょっと休憩して、取り組もうという人もいると思います。それは、それで作戦でしょう。ただ、あまり先延ばしにはしないほうがいいかもしれません。

《Bの段階の人》
目の前にある、追い立てられるのでしかたなくするのですが、しながらぶつぶつと心の中で不平不満を言っていること多いです。仕事に誠がこもらず、成果が上がりにくいし、時間もかかります。今起きていることが自分の課題であることに、まだ気付いていません。この段階に止まっている人は、課題解決をしたことにならず、また、同じような課題が出てきます。

《Cの段階の人》
@、Aに比べて考えが前向きなので、気持ちが幾分明るく、波動もよいことがあります。心の状態にもよりますが目に見えないバックアップも入り始めます。この段階になると、課題を人や環境のせいにはしなくなります。ただ、身体が苦しかったり、忙しすぎたり、課題解決まで時間がかかったり、課題解決の見通しが見えにくかったりすると心が不安定になり、心身が疲労にしてしまいます。方向的には間違っていないことも多いのですが、本人的には、非常に苦しい状態にあります。
 
案外、課題解決に苦しむ以外にも・・・
○衣食住が足りていない。経済的にも不安定。
○心身が健康でない。
○家族のしがらみ、その他人間関係などがある。
等の条件が付加されていよいよ苦しい状況になっていることもあります。これらの基本的な部分の解決も合せてしていかなければならないでしょう。

この段階で課題解決をすれば、そこそこの魂の向上は、あるでしょう。ただ、気持ちや実践が不完全で、未解決の部分があれば、それが出てきます。

《Dの段階の人》
○使命感があり、精神性がある程度高いところにきている。精神力もある。
○Cの段階を超えられた人
この段階に来たこと自体が「魂の向上」と言えるでしょう。この段階に入れば、課題解決は、目前です。そして、課題解決をしたあかつきには、もう、同じような課題は出てこないでしょう。

アミは、まだ、@〜Bの段階を行ったり来たりしながら、もがいているのだろうと思います。早く、Cの段階にいきたいです。
そこで、Bの段階を早くクリアーするコツを考えてみました。

《Bの段階を早くクリアーするコツ》

◎「愛」と「自分のエゴ」が究極のところで闘っていることを認識する。
◎苦しくなればなるほど、今の自分、周りの人、環境に感謝する。感謝がテンションと波動を上げる。
◎考え方決め、方策をたて、実行し始めたら、解決の時は、「神のみぞ知る」で、おまかせする(ゆだねる)。長期戦も覚悟する。早く解決しようと思うと、返ってうまくいかない。「時は、神が決める!」と思う。
◎幸せな姿を思い浮かべ、ありありとイメージする。
○これだけしているのに(してあげたのに)などと恩着せがましいことは考えない。
○報われない(と思える)ことでも、内なる声に従って言ったり行ったりしたことであれば、「自分のためにした」と考える。
○人と比べたり、必要以上のこと(多くのこと)を望んだりしない。人は人と考える。
○考えてもどうにもならないことは、考えない。
○悪いもの、困ったこと等については、あえて、極力、眼や耳に入れない。
○「なるようにしかならない」という開き直りも大切。
○魂が喜ぶ、「美しいもの、感動するもの」を見たり聴いたりする。
○人のためになることを、できる範囲でよいので、考えたりしたりする。
○睡眠をしっかり確保する。
○身体を酷使しない。休養の時間もあえてとる。
○食事も、不規則にならず、できるだけ野菜、穀物、海草等を中心にとる。

自分のために、ちょっと書いてみました。それぞれの項目には、理由があるのですが、紙面の都合上、割愛します。
要は、
「波動を上げ、内なる声を聞きやすくし、見えないバックアップやエネルギーを得るための方策」
みたいなものです。


◆編集後記◆

「世のため、人のため」
とよく言いますが、これは、

☆人から喜ばれる場合
☆その時は、人から嫌がられ(理解されず)、後から感謝される場合
☆最初から最後まで理解されず、嫌がられる場合

等、いろいろあります。

人に関わるというのは、喜ばれたり感謝されたりすれば、やりがいもあります。
でも、嫌がられたり、理解されなかったり、気付かれなかったり、裏切られたり?する場合もあります。

見当違い、イランお節介的なこともあるでしょう。そんなときは、反省することです。
時期もあるのかもしれません。
でも、内なる声に従い、本当に相手のためを思ってしたことであれば、
「見返りを求めてはいけない。人のためではなく、自分のためにさせていただいた。」
と、思うようにすればよいと思います。

ただ、その場で相手が怒るというのは、まだ、その時期がきていないのかもしれません。或いは、必要とされていないのかもしれません。

人と人との関係は
「愛」
が基本だと思います。
でも、それができないから、転生輪廻を繰り返しているのでしょう。
人と人とが関われば、お互いに迷惑をかけたり、傷つけ合ったりすることもあるでしょう。
互いに許し合い、認め合う気持ちが大切なのかも知れません。

人はみな兄弟です。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 22:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆もっと深く、内なる声を 【アミの一口コラム376】

こんにちは。
アミです。

今日は、1日中、家の片付けをしようと思います。
明日は、学校に行って仕事をしようと思います。


◆もっと深く、内なる声を 【アミの一口コラム376】◆

昨日のあたりから、自分のイメージの中に
「黒い円」が出てきます。私は、
「ああ、心の象徴だなあ。」
と、思いました。

今まで、私の中で、心を象徴すると
「2重円」
でした。つまり、2層になっていました。中(核)が「潜在意識」。外側が「顕在意識」です。これは、心理学的に言ってもそうなんだろうと思います。

でも、昨日あたりから、私のイメージの中でちらちら見えるのは、1重円です。色は、「黒色」というより、「無限の宇宙につながるような黒」という感じです。
私が、若かりし頃、「心理学者になりたい」と思ったけれど、
「心の世界に首を突っ込むというのは、無限の闇の世界に入り込んでいくこと」
のように感じられ、恐くて断念した、あの「黒」でした。

私の心の中で声がしました。
「全てが潜在意識」
と。私は、
「そうだ! 夜にならないと潜在意識が表に出てこない!
なんて、決めつけなくていいんだ。昼間だって、心をピュアにし、本当に、真摯に心の中に問い、素直に耳を傾け、実行していけば、潜在意識に常につながっていくことができるんだ。
そうすれば、困ったことが起きても、悩みを抱えても、それは、遅かれ早かれ、必ず解決するんだ。」
と。

潜在意識とできるだけ接続状態が長くなるようにするのです。

今まであまり見えてこなかったことが少しずつ見えてきました。

大きな流れには乗って、導かれているという確信はあります。
でも、小さな、私、個人レベルでの課題がけっこうあります。その原因が少しずつ、見えてきました。
「そういえば、確かに、内なる声は、・・・しなさいと、言っていた。でも、私は、無視してきたよね。」
ということも判明してきました。

例えば・・・

○嫌なこと、価値を置かないことを後伸ばしにする。逃げる。それどころか意識の中で抹消しようとさえしていた。

○精神面に価値を置きすぎ、物質面、身体的な面を軽んじていた。

○人に要求する前に、自分ができることを精一杯していなかった。

○現在の状況を受け止め、そこに没頭して切れていなかった。

など、まだ、いろいろあります。


◆編集後記◆

上記のようなことに気付いたのは、私にとっては、画期的なことだと思います。

それは、私の仲間の皆さんのおかげです。自分一人の人生でしたら、

「そこまで自分の心を見つめなくてもいいよ〜!
こんなに身体も心も疲労困憊して、毎日、精一杯がんばっているのに、なぜ、これ以上、反省をして、もっと努力しなくてはいけないんだあ〜?!」

と、思ったでしょう。でも、仲間の皆さんが信じて、応援して下さるから、
「がんばらなくては・・・。」
と、思えるのだと思います。私一人のための人生でしたら、ここまで決して考えなかったことでしょう。


私は、「心の大切さ」を多くの方々にお伝えしていきたい・・・と思います。
そのためには、自分達が不幸であっては、説得力がないと思います。
「心を大切にして生きると、こんなに幸せになり、成功しますよ。」
ということを実際にお示ししたいと思います。
そのために、今、体験を積み中、奮闘中です。

竹の子の皮のように、向いても向いてもエゴが出てきます。
「不幸(のように見えること)は、天から降ってくるのではなく、自分のエゴが引寄せたものだ・・・。」
ということをつくづく感じます。

「いい想い」をもっていると、「いいこと」が引寄せられる。
「エゴ」の部分には、「困ったこと」が引寄せられる。
本当に宇宙の法則は、正確に働くもんだなあ。

と、思います。

「人のせい、環境のせいにしていては、いつまでたっても、トンネルから抜け出られない。」

と、心の底から思います。

「内なる声を必死で聴き、それにそって(たとえ自分的には、嫌でも)実行していこう。」
と、思います。

後、結果は、
「ゆだねる」
しかないと思います。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 08:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

◆内なる声 【アミの一口コラム376】

こんにちは。
アミです。

今日は、午前中は、研究会あり、午後は、学校でした。
本当は、帰れなかったのですが、帰ってきました。


◆内なる声 【アミの一口コラム376】◆

(1)直観の活用を!

今、「直観に関わる本」を読んでいます。
「これでもか!」
というぐらいに
「直観(心の声)に従うことの大切さ」
を書いています。

私も、もともと
「直観の大切さ」
は、分かっていたつもりでしたし、活用もしていたように思います。

でも、本で
「これでもか!」
と、書かれているのを読んで、ふっと思いました。
「私は、直観を活用しているつもりだったけれど、本当は、もっと、活用できるのかもしれない・・・。」
と。

直観が鋭くなり、心の声に従って生活できるようになると、

○やることなすことが、タイミング良くいい方向へ行く。
○自分では思いも寄らないアイディアなどが口からついて出てくる。
○ただ、あくまでも自分の心の声なので、人には分かってもらえないことが多く、時に、孤独を感じることもある。

などという変化がみられます。
○「ふっ」と、思ったら、ぱっと動く。
○雑念を払う。
○独り静かに自分の心と対話をする時間をもつ。

これらのことに気を付けて実践するといいと思います。


(2)内なる声に極力したがって

「直観(潜在意識の声・内なる声)に逆らうと、自分が苦しくなる」
と、その本には、書いてありました。
私は、ふっと思いました。
「私も、そうかもしれない・・・。
人には、『逃げないで』などと言うけれど、自分も逃げていたのではないか・・・。」
と。

思えば、私は、不登園児でした。
とにかく集団生活が大嫌いでした。
ですから、幼い頃から、「学校」との名のつく物は、大嫌いでした。

それがどうしたはずみか、私は、小学校の教師(教頭)になっていました。
本当は、幼稚園の教師になるはずだったのですが、採用は、小学校になっていました。
そこから、私の第2の人生の苦しみが始まりました。私は、何度も何度も、何年も何年も、そこから逃げようとしました。でも、どんなにあがいても逃げれませんでした。今もです・・・。

「小学校の教師として、生きろ!」
というのは、潜在意識の声なのかもしれません。

私は、天然ぼけで、ぼっとしたところがあります。けっして、ばりばりやり手の教師のタイプではありません。全くエリートではありません。どちらかというと、人生の落ちこぼれ状態から這い上がった人間です。
ただ、そんな前歴を持っていますので、苦しみにもがいている子ども達や保護者の気持ちは、よく分かります。いろいろな人の気持ちがよく分かります。それくらいが取柄と言えば取柄かもしれません。あと、
「人のために動くのが大好き」
「何かを創造するのが好き」
ぐらいです。
「そんな先生が一人ぐらいいてもいいのかなあ」
と、ちょっと思い始めました。

「学校が嫌だ。辞めたい。」
というのは、自分の使命からの逃げであり、トラウマを癒すチャンスを逃してしまうことになるのかもしれません。
実際に、仕事もしっかりしないと、食べていけませんし・・・(苦笑)。

顕在意識レベルでの夢や希望は、たくさんありました。
潜在意識の声は、私にとって、あまり心地よい選択を示唆していません。
でも、もうこれ以上抵抗するのは、辞めようと思いました。
「りっぱな先生になって、使命を果たそう」
と、思います。

でも、私は、自分の夢を捨てた訳ではありません。
将来の仕事のイメージは、はっきりとあります。
仲間達と、絶対に夢を実現させます!


(3)多少辛くても、がんばる!

あらゆるところで、力一杯頑張らざるを得ないのが私の状況です。
大きな眼でみればいい感じでいっているとは、思います。
でも、「体力の限界」「時間の限界」に挑戦しているアミは、身体的にかなり辛いです。倒れない限りは、周りの人は、
「元気な人!」
と思ってくれるので、仕事がどんどんアミの元に来ます。断ろうとするのですが、アミでなければできないような仕事が来るので、引き受けざるを得ないのが状況です。

でも、アミは、
「どんなに辛くても死ねないのだから、頑張るしかない!
応援して、助けてくれる人達のためにも、頑張ろう!」
と、思います。

ただ、自分の身体(からだ)さんのことは、自分しか分からないので、身体さんを自分のものだからと、こき使うとかわいそうなので、メンテナンスだけは、してあげようと思います。
楽しみも、人が作ってくれる訳ではないので、自分でちょこっと日常生活の中で作っていこうと思います。



◆編集後記◆

人というのは、自分が苦しいと、
「自分が世界で一番辛い!」
と、思いがちです。でも、一人一人の人が、それぞれ違う苦しみを持っています。となりのAさんの苦しみと自分の苦しみを比べてみても、どうしようもありません。「苦しみ比べ」をして、その結果、
「自分が一番苦しんでいる」
と、分かっても何ら前向きな考えは出てきません。

「苦しみ」
ではなくて、
「課題」
と捉えて、淡々と、静々とこなしていくことにアミはします。

「苦しみ」「喜び」
等というものはなくて、
「苦しい、喜びと感じる自分がいるだけ」
なのかもしれません。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ




posted by 女教師アミ at 21:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 自己実現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

◆苦しいときこそ 【アミの一口コラム375】

こんにちは。
アミです。

今日は、夏季休暇をとって、朝から家の大片付けです。
午後からは、よその小学校で仕事です。
夜は、懇親会です。


◆苦しいときこそ 【アミの一口コラム375】◆

結婚は、若い方にとって、夢であり、あこがれであり、理想であるのかもしれません。
確かに、究極的には、そうなのでしょう。
でも、そこに至るまで、並々ならぬ努力が必要です。

結婚とは、
「エゴを捨て、愛を実践する過程」
なのかもしれません。

結婚は、いろいろなパターンがあります。

@1+1=2
A1+1=3以上
B1+1=1以下

でしょうか・・・。

普通、人は、@Aのパターンを考えて結婚します。
まさか、Bのパターンを成し遂げるために結婚する人はいないでしょう。
ただ、結果的には、Bのパターンに知らないうちになってしまうことも多いかもしれません。

結婚とは、

【Aパターン】
@エゴとエゴのぶつかり合い → AA.許す・妥協・忍耐 → B・現状維持・離れていく

【Bパターン】
@エゴとエゴのぶつかり合い → AB.理解・認める → B生かし合う

大きくこの2つかなと思います。
どちらにしても、大なり小なり、エゴとエゴがぶつかり合うことになります。時には、本当に理不尽なことを強いられているかのように感じられることもあります。
「そこをどう切り抜けるか?」
それが試しです。
人によっては、本当に辛い試しが訪れることもあります。でも、それも生まれる前に自分が計画してきたことです。それによって、その人の魂の課題が解決されたり、カルマが解消されたりします。苦しいけれど、踏ん張り時です。

「親子関係」「夫婦関係」「舅・姑関係」
のもめごとは、地獄を見ることが多いようです。

でも、本当に
「もうだめだ〜!」
というところまでは、頑張りましょう。

ギブアップの声を上げた時は、
「ちょっと人間関係を避けて休憩する」
「お別れする」
等の選択肢があるでしょう。

特に、夫婦は、苦しいとき、辛いとき、悲しいとき、うまくいかないとき、ステップアップするとき等に、夫婦としての本領が発揮されます。
いいときばかりが夫婦ではありません。

苦しいときこその夫婦です。
苦しいときは、伸びるときでもあります。
そんなときにサポートをするのが夫婦です。


◆編集後記◆

苦しみながらも、前を向いてひたすら誠実に歩み続ける人は、輝いています。
あきらめないで、希望と夢をもって頑張り続けましょう。
そして、もし、あなたの目の前に幸運の女神が手を差し出したら、多少のリスクを負っても、女神の手をしっかりと握りましょう。

苦しみにあえいでいる人は、どうかすると、救いの手が差し出されても、また、苦しいことになるのでは・・・という想いから、手を握ることを躊躇し、苦しみの穴に安住する人がいます。そして、
「苦しい。苦しい。(安全で無難な方法で)誰か助けてくれ!」
と、叫びます。それは、どだい無理な話です。苦しみの穴の中に落ち込んでいるのですから、それ相当の覚悟とリスクを負わないと、そこから這い出るのは難しいでしょう。
勇気を出して、幸運の女神の手をしっかりと握り、苦しみの穴から抜け出しましょう。
誠実に、まじめに、愛をもって生きている人には、必ず、チャンスが訪れます。
1回目のチャンスを逃しても、2回目もやってきます。
あきらめないで、努力を続けて下さい。
私も、そうするつもりです。




必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 10:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 若い方・子供達へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

◆愛は広がる 【アミの一口コラム374】

こんにちは。
アミです。


◆愛は広がる 【アミの一口コラム374】◆

今日は、ある詩人のギャラリーに行ってきました。
とても心のきれいな方でした。
心の大切さを伝えようと一生懸命に活動をされていました。
エゴの少ない方でした。

「ああ、この方の詩が世の中に広がればいいなあ。」
と、思いました。
ただ、私は、思いました。
「心の大切さを伝えようとする活動は、たいへんだなあ。
本当に真実であっても、それをたくさんの方々に伝えていくのは、たいへんだなあ。」
と。

「○○○な方法をとると、お金が儲かる!」
みたいな内容は、よく伝わるようです。でも、
「心がきれいになると、幸せになる!」
みたいな内容は、今、一つのようです。
「心がきれいになると、お金も儲かる!」
みたいな内容だと、広がるのかもしれません(苦笑)。

でも、全国各地で、心ある名もない人々が小さな活動を行っています。
量より質なのかもしれません。
マザーテレサも、確かそのようなことを言われていたようにも思います。

でも、質が量に転換することもあります・・・。

私は、実証したいと思います。
「心を整え、愛をもって、実践をすることで、人は、必ず幸せになること」
を。この世的にも、実証したいと思います。
希望を捨てず、想い、努力し続ければ、必ず、願いは叶います。
幸にも、私の周りには、想いを同じくする素晴らしい仲間達がいます。
力を合わせ、頑張っていこうと思います。


◆編集後記◆

−引っ込み思案な子どもに代わって−

引っ込み思案のお子さんをもたれているお母さん。
子どもが
「あ・・・。」
と、話し出す前に、あなたがお話をしてはだめですよ。
子どもがよその人と話すチャンスがあるときに、あなたが話すとだめですよ。
子どもは、あなたに頼ります。
あなたは、黙って待つだけでいいのです。

あなたは、
「うちの子は、引っ込み思案で・・・。」
と、困った顔をしますが、引っ込み思案にしているのは、
「あなたの(先走った)小さな親切」
かもしれませんよ。

お子さんが話し出すのを待ってあげて。
お子さんが他人と話す機会を保障してあげて。

お母さんが「待つこと」で、これから世の中の荒波を乗り越えて生きなければならないお子さんの自主性を育ててあげて下さいね。




必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 23:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

◆愛すること=努力? 【アミの一口コラム373】

こんにちは。
アミです。

今日は、午前中は、学校で仕事。
午後は、算数の研修会。
夕方は、主人と健康のために? 定食屋に行ってごはんを食べました。
夜は、お片付けグッズを買いました。
明日は、家のお片付けデーです。
夏季休暇はとっていますが、実際にはありません(苦笑)。


◆愛すること=努力? 【アミの一口コラム373】◆

アミは、やっと、最近、踏ん切りが付きました。

今まで、ずっとしたくなかった・・・ちっ(怒った顔)
「家の片付け」
「お料理」
「お茶碗洗い」
「洗濯」
等の家事掃除等にも「心を込めて」行うことに決めましたわーい(嬉しい顔)

これらのことは、嫌いではなかったのだけれど、帰宅すると疲労困憊していて、もう何もしたくない、見たくないという感じでした。嫌々ながら、疲労した身体にむち打って・・・とい感じでした(もちろん、主人も手伝ってはくれていました)。

ただ、もう、つべこべ言っておられる状況ではありません。
私達にとって、今が、正念場です。
周りの方々、目に見えない方々?が協力、応援してくれているのです。
アミ夫婦本人達が頑張らねば、ばちが当たります。
どうしてもしなければならないことがあります。

○身体を鍛え、メンテナンスを行う。
○食事を整える。
○家と仕事場の整理整頓をし、ことがスムーズに行くようにする。

これらのことを行います。
おそらくこれらのことをすれば、今の1.5倍以上は、働けると思います。

私は、肉体の命が終わる時に、悔いは残したくないので、がんばろうと思います。


◆編集後記◆

「人を好きになること」
は、けっこう、だれにでもできるかもしれません。でも、
「人を愛すること ムード
は、なかなか困難です。自分のエゴを捨てていかなければならないからです。




必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 21:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

◆旅人 【アミの一口コラム372】

今日は、2階の片付けをするはずでした。
でも、突然、ある夢を見て、あることを考えひらめき本屋へ行きました。

そして、ヒントを得て、本も買ってきました。

夜は、うちの町の伝統芸能を見に行ってきました。

残りの片付けは、近いうちにしようと思います。


◆旅人 【アミの一口コラム372】◆

最近、
「がんばらなくていいんだよ。」
「あるがまま。」
等という言葉が聞かれます。

私も、そうあれればいいなあと思います。

でも、現実は、厳しい!

職場でも、他の関係のところでも、いろいろなところで
「パーフェクト」
という言葉は、使わなくても、ほぼ同じ意味のことを要求されることが多いです。

「頑張らなくては、やっていけないこともあるのだなあ」
と、つくづく思います。
ひょうひょう、淡々とリラックスしてやれれば、
「あるがまま。」
に近い状態かもしれないけれど、私は、そんなに人生を達観はしていません。
ましてや、身体が苦しくなれば、自分の身体を支えるだけで精一杯の状態です。

私は、やはり
「がんばらなくてはいけないときは、がんばらないといけないのだろう。」
と、思います。

今の私は、仕事上、不摂生がたたり、運動不足で太り気味です。
このままの身体では、これ以上の仕事ができなくなります。
だから、これからは、身体のメンテナンスも心がけていこうと思います。

私は、自分を信じてくれる人を裏切りたくないし、自分も裏切りたくありません。だから、
「身体のメンテナンスをしながら、もう少しだけがんばろう」
と思います。
全国でたくさんの人が頑張っていると思います。
頑張ることは、素晴らしいことです。
自分では、あまり格好いいとは思えなくても、果敢に自分の課題にチャレンジする人は、輝いています。

全てが自己責任です。
自分で選んだ道だから、自分で精一杯悔いが残らないように歩んでいきましょう。
決して、どんな小さなことも、人のせいにしないで。
人のせいにする人は、伸びません。

私も旅人です。
みなさんも旅人です。
共に、頑張りましょうるんるん


◆編集後記◆

最近、パソコン、メールの調子がよくありません。
ご迷惑をおかけしたら、すみません。

暑さがまだ厳しい中、皆さん、お身体には気を付けられてくださいね黒ハート



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

◆逃げないexclamation【アミの一口コラム371】

こんにちは。
アミです。
本当にご無沙汰してすみません。

アミが全く書かない状態でしたのに、何人もの方が見ていてくださって、本当にうれしいです。何度も、
「もう、やめようか・・・。」
と、思いましたが、声にならない応援をいただいて、
「よし、書こう!」
と、思いました。

今まで、激動の日々を送っていました。
毎日の生活を送るのが精一杯の状態でした。
朝、6時に出て、夜11時、12時、1時過ぎる帰宅になることもありました。
休みも殆ど無しの状態でした。
大きな流れの中でどんどん波に乗せられ?て、どこかに向かっていくような感じです。

夜、疲れ果てて帰宅し、もう、家のパソコンを開く気力もなくなっていました。
1日中、学校でパソコンを見ているので、もう、さすがに家に帰って深夜にパソコンを開く気力が出ませんでした。
本当にごめんなさい。

今からは、あまり肩肘張らず、自然体で書いていこうと思います。
アミのみっともない姿もご披露しようと思います。
お許しくださいね。

◆逃げないexclamation【アミの一口コラム371】◆

今、家を片付けています。
ほんとうに大掃除です。

私は、この家に引っ越してきてから数年間、まともな片付けをしていませんでした。
いつも、中途半端でした。

物は、どんどん増えていきます。
最初は、処分したり、整理整頓していたのですが、だんだん物が増える勢いに押され、とうとう負けてしまいました。
完全にギブアップでした。
私は、月日が追うに従って、家にいると気分が落ち着かなくなるようになりました。
目の前のゴミや散らかったものを見ていると、悲しくなりました。
でも、片付けませんでした。
疲れとあきらめで、片付けようという気持ちになれませんでした。

「片付け」
から完全に私は逃げていました。

でも、
「私の周りでは、T子さんやなるみんさん、みんなが必死で応援して励ましてくれるのに、こんなことでいいのか?」
と、私は思いました。

「家が散らかっていると、家の波動を落し、自分の波動も落し、来る人もいい気分ではない。お客商売をしている主人のためにも、片付けなければならない。主人の仕事がスムーズに進むようにするためにも、絶対に必要だ。私達夫婦、二人の問題ではない。責任があるのだから・・・。」
と、思いました。

私は、今まで大好きで習っていた英会話もしばらくお休みにすることにしました。
時間を何とか確保しようと思いました。

今日1日で1階がほぼ片付きました。
明日は、2階です。

◆編集後記◆

鈴さん、読んでいてくださるといいのですが・・・。
鈴さん、とってもお辛いことでしょう。
でも、鈴さんには、強力な守護霊がついています。
絶対に大丈夫です。
自分で決めてきた人生計画です。
やれるから、決めてきたのです。
逃げないで、進んでチャレンジしてください。
そして、
「自分の力ではどうしようもないこと」
「自分に直接は関係のないこと」
には、意識的に眼を向けない方がいいです。
できるだけ、
「明るいこと」
「楽しいこと」
「希望がもてること」
を見て、イメージしてください。
心の中に、マイナスのイメージや事実をできるだけ入れないようにしてください。
自分の波動を下げないことです。
意識的に明るく、笑顔で頑張ってください。
この人生を積極的にチャレンジし、愛深く生きることができれば、鈴さんの魂は、大きく成長されることでしょう。




必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 18:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。