2009年03月29日

◆想いは、現実を創る 【アミの一口コラム361】◆

こんにちは、アミです。
皆さん、お元気ですか?

「もの見方・考え方」
は、大切です。

「エゴを捨て、前向きに、純粋に、愛をもって考える」
ということでしょうか・・・。

本当にそのような考え方になると、次々に
「奇跡? のようなこと」
が起きて来ます。

今、世の中の空気がどんどん変っていっています。
考え方を変えると、本当に、
「奇跡なこと」
が、毎日のように起きてくるのです。

ぱっと見には、
「単なる偶然」
のように思えるかもしれません。
でも、それが、立て続けに、何回も起きてきたら、どんなに否定しても
「単なる偶然」
とは、思えなくなります。
「○○○あったら、いいなあ・・・。」
と、思っていたら、
「その翌日、そうなった。」
という感じです。

これは、アミだけに起きている現象ではありません。
私の周り(空間は関係ありません)にいる方々も、次々にそのような現象が起きています。

「心(想い)が現実を創っていく」
「心(想い)が変われば、環境が変わる」

「本当に、そうだ!」
と、実感、体感します。
すごいことです。
「人は、霊的な生き物だ」
ということをつくづく感じます。

心をクリアーにしましょう。
勇気をもって自己変革に取り組みましょう。

「愛ある生き方」「愛ある自己実現」「愛ある祈り」
をしましょう。
人の幸福を祈る人は、自分も幸福になれます。


◆編集後記◆

自分の考え方、もう一度、チェックしてみてください。
「自分の考え方を神さまの視点に立って、チェックしてみる」
といいと思います。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 19:58| Comment(14) | TrackBack(0) | 自己実現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

◆天を見上げて 【アミの一口コラム360】◆

こんにちは。
アミです。

異動の内示がありました。
アミは、とっても異動のことが気にかかっていました。
でも、アミには異動はありませんでした。
内心、ほっとしました。
「本当によかった。」
と、思いました。
本当のことをお話すれば、
「もし、私が・・・な異動になれば、神も仏もないよね・・・。」
と、ついつい、不遜なことを思ってしまうほど、辛い予測をしていました。
でも、蓋を開ければ、アミ的には、
「少し、余裕をもってがんばれる状況」
になっていました。

「『異動』というのは、本当に大切だなあ・・・。」
と、思います。
「職場の人間関係が変わる」
ということに大きな意味があるように思います。

特に、
「公立学校」
というのは、おもしろいです。
うちの市は、殆ど6年間おきに異動があります。
ですから、必ず長くても6年間後には、人間関係が大きく変わるのです。
ちょうど、職場の人間関係からいろいろなことが一通り学べ、
「もう、いいかなあ。」
という期間です。
私は、ありがたいことに、異動の度に
「おもしろく学びが多い人間関係」
に投げ込まれます。

私は、基本的には、職場の人間関係というのは、
「仲良し集団」
でなくてもよいと思います。
「考え方や性格が違った人」「ウマが合わない人」
がいてもいいと思います。
おそらく、自分にとっては心地悪くても、そのほうがいいと思います。
「自分の生き方、考え方に揺さぶりをかけてくれる人間関係」
だからです。
周りにイエスマンばかりいれば心地よいでしょうが、「自分の学び」にはあまりならないからです。

「職場は、学びの場」
「愛の実践の場」
です。
「いかに職場の人達と調和しながら、よりよい仕事、愛ある仕事を生み出していくか」
がテーマです。

どちらかとというと、
「友だち関係」
は、癒されたり、励まされたり、共感し合えたり、似たレベルで学び合えたりする
「似たもの同士の関係」
です。
逃げようと思えば、逃げることができる(付き合いを自分の意思で止めることができる)そういう関係です。
そういう関係も必要です。

でも、一方で、自分を磨く、多少、心地悪い関係
「職場の人間関係」
は、
「心磨き」「調和と切磋琢磨を学ぶ場」「愛の実践の場」
という意味で、とても大切です。

※「職場の人間関係」は、逃げにくい環境です。
ということから考えれば、
「身内関係」「ご近所関係」「クラス集団」
等もそういう関係と近いかもしれません。
「逃げにくい関係」
は、うまくいかないと辛い関係です。
でも、だからこそ、そこには
「大きな学び」
があります。


◆編集後記◆

今回の異動が決まる前に
「辛いイメージ」
を自分がイメージしてしまうと、すぐ、その直後? 同時に
「桜咲く」
という言葉と、
「桜の花が咲いているイメージ」
が出てきました。

「『大丈夫!安心しなさい』という守護霊? からのメッセージだろうな・・・。」

とは、思いつつ、やはり、不安な気持ちでした(まだ、信じる気持ちが足りませんね・・・苦笑)。
でも、とりあえず、
「今までも、守護霊は必ず私を守ってくださっていた。だから、今回も大丈夫。」
と、自分に言い聞かせました。

私は、ずっと
「どうぞ、私や主人、周りの仲間達とともに、自分の役割、使命を果たせる方向にお導きください。そのような環境をお与え下さい。」
と、祈っていました。

おそらく、
「そのような環境が出てきた」
と、思います。

どんな時にも、どんな苦境に立たされても、
「高き志、目標」
をもち、そこだけを見失わないようにすれば、必ず、
「導き」
があります。

ただ、人は、冷静なときは、
「うんうん。そうだ!」
と、思っていても、自分がいざその立場に置かれると、なかなかそのような判断ができなくなる傾向があるようです。
「目先のこと」にとらわれ、自分なりにもっていた志や目標が消えてしまうことが多くなるようです。
そうなると、心が曇り、正常な判断ができなくなり、謝った選択をしてしまいます。
人のアドバイスも耳に入らなくなります。
負のサイクルに陥っていきます。

どんなときにも、決して
「志、目標」
を失わないでください。

苦しいときには、人は、どうしてもすぐ自分の足元の「地(地面)」を見てしまいます。

苦しければ苦しいほど、
「天」
を見上げるのです。
そうすれば、必ず、「導き」があります。

どんな状況になっても、決して
「希望」「理想」「志」「愛」
を捨てないでください。




必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 07:11| Comment(5) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

◆ありがとう 【アミの一口コラム359】◆

こんにちは。
アミです。

今日は、こちらは、快晴です。
最近、とっても疲労感が強く、かなりへこんでいました。
毎日のようにいろいろな変化が起こり、洗濯機のうずまきの中にいつもいるような感じです。
変化と言っても、おそらくいい意味なのですが、こう、立て続けに起きると、たとえいい意味でも何となく不安定にな感じがしてきます。
そして、近い未来に起きる様々な変化に対する不安があります。

思いかえせば、3月という時期は、毎年、へこむような気がします。
4月は、「あきらめ」「やるしかない!」という感じです。

そして、3月・・・。

「がんばろう」
とは思うのですが・・・。
「受電が切れた携帯」のようなアミでした。

そこで、今日は、朝から爆睡していました。
そして、眼が覚めて、車をとばして海辺に行きました。

海を見ながら、ぼ〜〜としていました。
眼をつぶっていると、波と風の音だけが聞えます。
自然に深い瞑想状態? 居眠り状態? に陥っていきます。

眼の前に紫色と黄色の色がぐるぐると渦を巻きながら回っています。
私は、眼をつぶって、ぼ〜〜とその映像を見ています。
いくつかの幻影か夢かがイメージの中を通り過ぎていきます。

半分は、眠っているのですが、半分は、眼が覚めています。
自分がどこにいるのか分からなくなります。
砂浜でもなく、家でもなく、ただ、「空間」に居る。
という感じ・・・。

深い海の底から浮上していくような抵抗感と闘いながら、眼を開けました。

目の前には、青い海と白い砂浜。

空を見上げると、一面に金色の粉がチュルチュルと舞い散っています。

砂浜に並ぶソテツからほわっとオーラが見えます。

何百年、何千年と変わらない自然・・・。

人は、この地球に生まれ、何回も何回も転生輪廻をしてきた・・・。
心を磨くために・・・。

その壮大な生命のメカニズムの中のたった1点でしかない自分・・・。
そんな自分が豆粒ほどの悩みや不安に心曇らせている・・・。

「悲しい想いをするのは、そのものが目の前に出てきてからにしよう。
出てきてもないものに対して、悩んだり悲しんだりするのは、やめよう。」

と、思いました。

確かに山を登っていくのは、楽しくもあり、苦しくもあります。
でも、アミは、
「やはり平地をウオーキングするより、山登りぐらいして、魂の足腰を鍛えたい。」
と思います。また、アミの役割は、
「楽しくみんなでハイキングというより、少しでも多くの仲間達と共に喜びを分かち合い、苦しみを乗り越え、山登りをし続けること」
のように思います。



◆編集後記◆

「楽な平坦な道」ばかりを歩んでいると、魂の足腰は鍛えられません。
多少辛くても、「山登りコース」を選んで歩むと魂の足腰は鍛えられます。

苦しい坂道ばかりではありません。
下りもあるし、お花畑の中を歩むこともあるでしょう。
小川のせせらぎでのどを潤すこともあるでしょう。
春のそよ風に吹かれることもあるでしょう。
小鳥のさえずりを聞くこともあるでしょう。

本当は、世の中には、
「苦しみ」
「悲しみ」
或いは、
「喜び」
「楽しみ」
等も存在しないのかもしれません。

「そう感じる自分がいるだけ」
です。

そうであれば、できるだけ、
「苦しく感じること」
をやめ、
「喜びを感じる」
ようにするとよいのかもしれません。

それには、
「感謝」
が大切なのかもしれません。

でも、人は、
「過去に起きた感謝するできごと」
「頻繁に起きる感謝するできごと」
等に対しては、鈍感になっていくのかもしれません。

アミは、毎日のように感謝するできごと? 奇跡のようなこと? が起きます。
また、過去に比べれば、現在の方がずっといい環境です。

でも、感謝知らずのアミは、
「様々な力により生かされていることへの感謝」
を忘れがちになります。

「見えない存在への感謝」
「主人への感謝」
「両親への感謝」
「仲間達への感謝」
「自分に喜びを与えてくれる人への感謝」
「自分に苦しみを与えてくれる人への感謝」

・・・全てのものへの感謝を忘れないでいこうと思います。




必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ



posted by 女教師アミ at 07:13| Comment(11) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

◆自分の歩む道 【アミの一口コラム358】◆

こんばんは。
アミです。

日曜日の夕方、近くの神社にお参りに行ってきました。
神社の前に桜の木々が植わっていました。
木々の幹や枝がうっすらとピンク色に染まっていました。
つぼみもふんわりとした感じです。
「桜咲く・・・。」
アミは、ふっと心の中でつぶやきました。

夕方でしたので、神殿の中に火がともされていました。
私は、そっとこうべを垂れました。

感謝の祈りをしました。
そして、今の私の胸の内を語りました。
そして、静かに待ちました。

心の中で声が響きました。

「まっすぐに歩まれよ。
 このままでよい。
 われらがそなたの前を行き、なたで道を切り開く。
 そなたは、まっすぐに歩めよ。
 そなたの後ろにも、そなた方をサポートしてくださる方々がおられる。
 何も心配をするではない。
 みなで力を合わせ、まっすぐに進め!
 清き、明かき心(清明心)をもて!
 心に雑念を入れるな!」

・・・という内容でした。

でも、この心の声は、自分自身の声かもしれません。
単なる私の思い込み、
「・・・なったらいいなぁ〜!」
という想いが表現されたものにすぎないかもしれません。

でも、私には、もうどこにもすがる言葉がありません。

「心の中の声と思われし声に従ってひたすら前進をするしかない。
 ここで、私(達)がこけたら、どうしようもない。
 私(達)は、こけるわけにはいかない!!」

と、思います。



◆編集後記◆


・・・なんか、とっても悲壮感が漂っていますね(苦笑)。
「ここまで悲壮感を漂わせなくても・・・。」
と、我ながら思いました。

どんなに忙しくても、見た目には、明るく、楽しく、ユーモアも少しもって、毎日暮らしているのですが・・・。

私は、時々感じます。

「伊勢の神さまにお願いしたのは、いいんだけれど・・・。
 伊勢の神さまは、私の想い、願いを聞き届けて下さったように感じるのだけれど・・・。
 何だか、日に日にたいへんになっていくような・・・。
 ・・・気がする。」

と。

でも、自分から頼み、志願したのですから、
「最後まで責任をもって、がんばろう!」
と、思います。

苦しいこと、たいへんなこと・・・。
目白押しです。
でも、本当は楽しいのかもしれません。

明日、朝、2時に起きて学校に行こうと思います。
さて、起きれるでしょうか・・・!?
明日は、卒業式です。


皆さん、どんなにたいへんでも、心を明るく前向きにがんばっていると、必ず、報われますよ。
すぐ、報われないからと言って、あきらめないでくださいね。

アミも、頑張っています。
一緒にがんばりましょう!



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ



posted by 女教師アミ at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

◆自分を信じ、人(サムシンググレート)を信じ 【アミの一口コラム357】◆

「人事異動のとき」です。
人によっては、転職、就職活動をされている方もおられることでしょう。
不安な気持ちで3月を過ごしておられる方も多いことでしょう。

アミは、ここ何年も短い期間で仕事場を変わっています。
冒険好きのアミも、さすがに年を重ねてくると、職場を変わるのは心身共に堪えます。
「できれば、今の安定した状態にいたい。」
と、思うのも事実です。
ですが、アミの想いとは逆にアミを取り巻く環境がどんどん変化していきます。
しかも、近年、職場を移るときは、
「発つ鳥後を濁す」
的な不名誉な感じで発っています。

最近の放浪人生の出発点では・・・
「なぜ、先生、僕たち(子ども)、私達(保護者)を置いていくの?」
と、非難されながら発ちました。

第2の出発点では・・・
「あなたのような考え方の人は、うちの学校には合わないのでいらないから・・・。」
みたいな視線の中で発ちました。

第3の出発点では・・・
「なぜ、アミ先生は、○○○という職場にに行か(け)なかったの(同情・・・)?」
という???な眼の中で発ちました。

第4の出発点は・・・
「散々な六年生にしてくれたな・・・!」
みたいな視線の中で発ちました。

ここ何年も、辛い想いで、職場を後にしました。

こう並べると、
「あなた、どんな不徳まみれの人生を歩んできたの??」
と、人格を疑われるかもしれませんね(苦笑)。

アミは、どの職場でも、精一杯がんばりました。神の眼から見て、そんなに??なことはしていません。でも、うまくいかないこともありました。
いろいろな言い分もアミにもありました。
「なぜ、私は、こんなに頑張っているのに、端から文句を言われないといけないのだろう??」
と、思ったこともありました。

でも、結果的にみると、そこで学んだ貴重な経験が次の職場で生き、確実にスキルアップになっていました。トータルで見ると、心磨き、仕事能力の向上、人脈づくりにつながっていました。
職場を変わるごとに新しいことを学び、自分が伸びていったように思います。

今年も、2年目・・・。
アミの変わり目の時期です。

アミの2年間で取り組んできたことを振り返ると、決して神(守護霊、指導霊、サムシンググレート)の目から見て恥じるようなことは、(そんなに)していないと思います。
ただ、上司の目から見たときは、??なところもあったと思います。
「アミがしてきた+のことと、アミがしでかした−のことを差し引きすると、アミ的には+のことのほうが多い」
とは思います。
アミは、常に「人」の眼より、「神」の眼を意識して仕事もし、人生を生きています。そのことが、「人」には、??なことに取られることもあります。
でも、それはそれでいいと思います。

目の前でおぼれそうになっている人がいて、
「助けて!」
と叫んでいる。
「アミのサポートで何とかできそう」
と判断できれば、ほっておくことはできません。

でも・・・。
神の導きたい方向は、(目先のことだけを考えると)アミにとってはかなりうれしくない方向のようにも感じられます。
というより・・・。
かなり辛い方向・・・。

でも・・・。
アミは、こう考えることにしています。

「自分がしたことの後始末、作用反作用の法則だから、反省すべき点は反省しよう」
「大きな目標に向かっていくためには、手段は選べない」
「今までだって、そうだった。神さまは、常にアミを導いてくれている。
最初は、?×3ぐらいに意味不明で辛い環境に置かれることが多かったけれど、結果的には、いつも結果オーライの方向へ導かれた。
だから、今回も大丈夫! 自分ならできる!!
神さまは、私を見放してない!」
と。

「☆自分への自信。
☆神に守られていることへの自信。
※本当は、そんなに自信があるわけではないのです。でも、自分に言い聞かせています。
この2つの自信をもって、辛い環境にも立ち向かって行こう」
と、思います。



◆編集後記◆

ある人が、「Aという場所、Bという条件」で、仕事(ポスト)を探している(求めている)としましょう。

「もし、それがその人の進むべき方向であるならば、今の時代の流れから言うと、2、3ヶ月以内には道が開けるのでは・・・」
と、思います。それが、実現しないということでしたら、
「『Aという場所』を変えるか、『Bという条件』を変えるしかない」
と思います。

「その前に」というか「そのために」というか・・・。
一番大切なのは、「心(考え方)」を変えることです。

「ある程度の時間がたっても、(通常、短いスパンで変わるようなことの場合)事態が変わらない。」
という場合、考え方を変えないと、よくない方向にいってしまいます。

今の時代、
「変わらない」
というのは、
「停滞」
を意味しているのではなく、
「後退(こうちゃく状態)」
を意味していることが多いからです。判断が遅れると、ますます後退(膠着)してしまいます。猶予はありません。

「自分」を信じられない人は、「人」も信らじれません。
ですから、そのような人に、
「今のあなた(自分)の判断力では、現状を打開できないから、先輩(人)のアドバイスを聞くといいよ。」
と、勧めても無理なことは分かっています。
でも、あなたの判断が間違っているから、そのような状態になっているのです。
勇気を出して、智慧と愛のある人の判断(あなたの潜在意識からの声かもしれないのです)に従うことをおすすめします。

「世界中の人々が、この危機を乗り越え、ピンチをチャンスに切り替え、本当の意味での幸せをつかむこと」
を祈っています。



応援のクリックをお願いします!exclamation
    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
posted by 女教師アミ at 09:43| Comment(5) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

◆人それぞれ2 【アミの一口コラム356】◆

前の記事に続きます。

・・・でも、
「決断の仕方」
は、人それぞれなんですね・・・。

Aさん・・・。
アミの眼には、
「ある判断をしないと、Aさんが本当に窮地に追い込まれる姿」
が見えました。でも、
「ある判断をすると、窮地が脱しきれるだけでなく、大きく飛躍する姿」
も見えました。

昨年、
「今がチャンスよ!」
と、アミは、Aさんに勧めた話がありました。でも、Aさんは、スタートラインぎりぎりまでは行っていたのですが、踏み切れませんでした。私は、その時、
「ああ、Aさんは、大きなチャンスを逃してしまった・・・。
ここまで頑張ったのに、断念して・・・。
もう、チャンスは当分、巡ってこないかも・・・。
きっと、この後、たいへんなことになるよね・・・(守護霊がAさんに決断させるためにいろいろな手立てを取るだろうから)。」
と、思いました。

「本来でしたら、Aさん、もう無理だよね。
説得する時間もないし、Aさんの人生なのだから、これ以上、干渉するのはやめよう。」
と、言って、さっとサポートをやめたところです。
実際に、もし、サポートしても、Aさんは、逃げるだけで変れなかったでしょう。

ところが・・・。
昨年、
「私は、・・・という選択肢を取った方がいいのではないかとは思います。
アミさんがおしゃっている意味もよく分かります。でも、今の自分にはできません。」
と、言っていたAさんが、最近になって、
「自分は、自分の判断で、アミさんの言う・・・という選択肢をとることに決めました。」
と、言って来ました。

この決断は、Aさんの運命を大きく変える重要な決断だったのです。
今までのパターンでしたら、普通、大きなチャンスを逃すと、なかなか次のチャンスはなかなか巡ってこないことが多かったです。
しかし、Aさんに、二回目の大きなチャンスが、半年後に巡ってきました。

その理由は・・・。

○Aさん自身に向上心、誠実さ、家族愛、大切な使命等があった。そして、たゆまぬ自己研鑽をし続けた。

○アミがAさんのことをとても大切に思い続け、
「できるところまでのサポートをしよう」
と考え、し続けた。

○Aさんの守護霊が強力でAさんを後ろからばんばん後押しした。その結果、Aさんは、たくさんの成功体験をもつことができた。

○Aさんの守護霊の力が強力だったので、短期間のうちにAさんの心が変化でき、タイミングが遅れることを防いだ。

等です。

Aさんの場合は、短期間ではっきりと出てきたので、よく分かります。
でも、他にも、
「今の自分には、いいと分かっていても決断できない。」
と、言っていた人が、じわっと決断の方向に近づきつつある様子が分かる方が何名かいます。

大きな決断というのは、本人にとって、「大きなリスクを負う」と、考えがちです。でも、本当は、たいしたリスクではないのです。
判断が正しければ、それは、結果的には必ずいい方向にいくので、リスクがリスクにならなかったり、リスクを超える素晴らしい成果を得たりすることができるのです。

ただ、普通、人には未来のことは見えません。

アミのような直観派は、未来の様子を少しキャッチできます。
「今は、『現在』なのですが、同時に『未来』もうっすらと『現在』に存在し、そのうっすらと存在する『未来の映像』を現在の自分が観ている。
今は、現在なのだけれど、過去と現在と未来がうっすらと同居している」
という感じでしょうか・・・。

或いは、
「人というのは、けっこう似たような道を歩む。自分も同じような道を歩んできたので、後ろから歩んでくる後輩にその歩み方をアドバイスできる。」
という感じでしょうか・・・。

でも、「今、現在の道」を歩むのに必死な人は、なかなか未来のことが見えないのです。
未来は、「未知なこと」だからです。
だから、「判断」「決断」に迷うのです。
それはいたしかたないことかもしれません。

そんなときは、己を空しくし、エゴを捨て、自分の理想を思い描き、潜在意識の声に従って、判断するといいです。
ですが、大体、窮地に追い込まれているときは、心が雑念でおおわれ、曇っていることが多いので、難しいです。

そんなときに、「一歩、先を歩んでいる人生の先輩」、或いは、「自分の代わりに自分の潜在意識の声をキャッチしてくれる人」のアドバイスを聞いてみるのもいいですよ。
あまりにも、自分の想いに固執し続けていると、本当にタイミングを逃してしまいます。


◆編集後記◆

「大きな時代の変化」を感じます。

「大きなチャンスを逃したように見えても、その人が前向きに努力し、求め続ければ、再び、早い時期にチャンスは巡ってくる」

と、思います。
すぐに、判断、決断ができなくても(それが必要な場合もあります)、絶対にあきらめないで、志をかかげ、前向きに努力をしていきましょう。
どの守護霊も必死で応援しています。
本人が努力を続ければ、きっといい方向に導いてくれます。

ただ、あまりにも自分の想いに固執し、自己変革を拒み、謝った判断をし続けていると、本当にタイミングを逃し、気付いたときには、はい上がれないほど深い落し穴にはまってしまうことがあります。

心を空しくし、落ちつかせ、潜在意識の声を聞き届けて下さいね。




応援のクリックをお願いします!exclamation
    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
posted by 女教師アミ at 03:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

◆人それぞれ 【アミの一口コラム355】◆

おはようございます。
アミです。

コメントへのお返事が少し遅れています。
すみません。
いつもながら、帰宅時間が11,12時の世界で・・・。
家に帰ったらダウンです(苦笑)。

取り急ぎ、記事だけでもアップを・・・と、パソコンに向かっています。

最近、学んだことがあります。

私は、思い切りがいい方で、
「即断即決」
のタイプです。
「チャンス!!」
と思ったら、
「即、行動!」
です。

或いは、ジャンプするまでにじっと1,2週間は考えるのですが、否、ぼ〜っとしているのですが、
「ある日、ぱっと『この方向だ!!』」
という決定が心に降ってくるのです。
そうしたら、即、決断です。

ですから、けっこう、タイミングよく、ことがどんどん進みます。

でも、
「決断の仕方」
は、人それぞれなんですね・・・。

Aさん・・・。
昨年、
「今がチャンスよ!」
と、アミは、Aさんに勧めた話がありました。
でも、Aさんは、ぎりぎりのスタートラインまでは行っていたのですが、踏み切れませんでした。
私は、その時、
「ああ、Aさんは、大きなチャンスを逃してしまった・・・。
ここまで頑張ったのに、断念して・・・。
もう、チャンスは巡ってこないかも・・・。
きっと、この後、たいへんなことになるよね・・・。」
と、思いました。


☆・・・・・・・・・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・・・・・・☆


・・・・と、出勤時間が迫ってきました。
この続きは、後ほど。

行ってきます!
皆さんにとって、今日も学びの多い、いい1日でありますように!




必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいでするんるん
応援のクリックをお願いします!exclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
posted by 女教師アミ at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

◆全てに感謝 【アミの一口コラム354】◆

こんにちは。
アミです。

「想いは現実を創る。」
は、本当のことだなあと、最近、つくづく思います。言葉を変えれば
「想ったこと(願ったこと)が現実になる。」
ということです。
アミ自身、アミの周辺、次々に奇跡的なことが起きています。

さて、
「想いが本当の意味でその人のためになる形で現実化するには、いくつかの条件がある」
と思います。

一つは、「心が純粋でエゴが少なく、明るいこと」
二つ目は、「利他の愛・行ないがあること」
三つ目は、「自分の使命、役割を果たそうとしていること」

です。

この3つの条件が揃えば、「想いの現実化の速度」は、極めて速くなります。

そして、次々と想いが現実化していきます。
その時、人は、驚異の目でその変化していく現実を見ます。
ある人は、
「本当は、導かれたのでは何でもなく、偶然さ」
「本当は、実際には、起こるべくして起こったのさ」
等と思う人もいるでしょう。

例えば、Aということを願ったとしましょう。
数日後、Aということが実際に起きました。
その時、考えなければいけないのは、
「Aのできごとが導かれた(見えない力のサポート)のおかげなのか、単なる偶然なのか、実際には起きるべくして起きたことなのか」
は、どうでもよいことなのです。そのような分析は意味がありません。
真実は、目に見えない人に聞くか、裏で実際に操作した?人に聞かないと分からないことなのです。
神様? 守護霊? 操作した人?
だれかに聞かないと、分からないのです。

だれがどうしたのでそうなったのかを詮索するより、まずは、「感謝」です。
全てのものに「感謝」です。
たとえ、それが裏で誰かが操った結果、偶然、本人の望む形で物事が進んだとしてもです。

感謝しないより、感謝することの方が大切です。
感謝して、目に見えない存在に
「ありがとう!」
と言っても何ら問題はありません。
「全てのものに感謝」
です。

アミは、いつでも(気付く限りは・・・)、目に見えない方々、目に見えるか方々、全ての方々に心を込めて感謝を送るようにしています。

今は、正しく心磨きを進めていけば、その結果、奇跡は起きてきます。
「純粋な想い → 奇跡(と推測されること)→ 感謝 → 報恩(愛の実践)」
だと思います。

「感謝。」
大切です。
「感謝」は「エネルギー」をもたらします。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいでするんるん
応援のクリックをお願いします!exclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
posted by 女教師アミ at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

◆肉体は心の影 【アミの一口コラム353】◆

こんにちは。
アミです。

私は、幼い頃、公害がひどく、小児ぜんそくでした。
激しいアトピーもありました。
自家中毒もよく起こしていました。
小学生の頃は、胃炎と胃潰瘍で悩まされました。
1年間に何回も風邪を引き、熱が出ました。
霊媒体質からくる頭痛、疲れなどにも悩まされていました。
大人になってからは、ひどい花粉症に悩まされました。

それが大人になるにつれ、年を取るにつれ、病院も、薬も使わずに徐々に治っていきました。

私の場合は・・・。

心で人のことをぶつぶつ思ったり、人のことや環境を不足不満に思ったりすることを改めていくようにしました。
すると、徐々にアトピーが治ってきています。

3日間以上は、同じことを考え続けない(心配しない)ようにしました。
すると、風邪を引きにくくなりました。

くよくよと思い煩わないようにしました。
胃腸系の病気が治りました。

「世の中をつまらない」
と、思わないで、何事にも感謝するように心がけました。
花粉症も、今は、くしゃみと咳が時々でるだけになりました。

エゴを少なくし、明るく、愛ある生き方をするように努力し続けています。
霊媒体質を克服できました。

今は、不規則な生活と,夕食が夜食になってしまっているため、太り過ぎでコレステロールが??の状態ではありますが・・・(苦笑)。
一応、5、6時間睡眠で、月〜金曜日まで、1日14、5時間は元気で働けます。
土、日は、別のボランティアの仕事や自分の勉強もどんどんできます。

上記の病気に対する「心の処方箋」は、宗教書、宗教関連の方の話(主に神道系)で学びました。
実際に、「心の処方箋」の通りに考え方を変えていくと、病気が自然に治っていきました。

私は、その時、
「肉体は、心の影」
「心が変われば、肉体も変わる」
ということを体験を通して、実感をしました。

「心の処方箋 = 病気が即治る」

という訳ではないと思います。
いろいろな理由が複合していると思います。
疲れもあるでしょう。
体質もあるでしょう。
人にもよるでしょう。

ただ、上記の内容は、アミの実体験です。

今のところですが、アミの病気は、
「太りすぎによる・・・」
「最初は、体中のあちこちにできていたアトピーが、後、肘だけになった。」
「時々、くしゃみ、咳等がある花粉症」
ぐらいでしょうか・・・。


◆編集後記◆

心を磨けば、全てがよい方向へ変っていきます。
とくに心磨きに敏感に、正直に反応するのが「身体」です。
身体の管理をきちんとしようと思えば、まずは、
「心の管理」
からです。
その他、食事、休養、生活リズムもあるでしょう。

本当は、この手の話は、避けたいところです。
アミも、自分の心や身体に絶対の自信があるわけではありません。
今後、どうなるか分かりませんもの。
でも、これから激動の時代を乗り越え、「心の世界」にみんなで入り、みんなが幸せになるためには、「心の力」と共に「体力・健康」も必要なものです。
「皆さんが心身共により元気で健康になるための参考に少しでもなれば・・・。」
と、思って書いてみました。

ただ、例外はあります。
「病気」
「障害」
と闘い続ける、或いは、共存し、心豊かな人生を送ることを人生の課題として生まれてこられた強い魂の方もおられます。
それは、それで素晴らしい人生だとアミは思います。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいでするんるん
応援のクリックをお願いします!exclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
posted by 女教師アミ at 19:04| Comment(11) | TrackBack(0) | 食と心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

◆ゆだねる 【アミの一口コラム353】◆

こんにちは。
アミです。

ふっと庭に目をやると、サクランボの花が満開になっていました。
薄い桜色の花が咲き乱れていました。
家を建ててから初めてサクランボの花が咲きました。

主人と二人でうっとりと見とれていました。
「縁起がいいね。」
と、喜び合いました。

でも・・・。
3月というのは、私にとって不安な月でもあります。

ここ6年間ほど、2年、1年、2年、1年という間隔で職場が変っています。
普通、教職員は、うちの市では(新採でなければ)6年間ぐらいは同じ学校にいるのです。なぜか、アミの場合は、この短い間隔で職場が変ります(別に悪いことをしているわけではありません・・笑)。しかも、公立の小学校だけでなく、国立の小学校、役所関係、昇任など、大きく変っています。それぞれが、かなり違う職場です。変わり方も変っていて、周りの人も自分も、突然、??という変わり方です。こういう変わり方をすると、同じ教職員と言えども、「転職」に近い感覚です。そして、変る度に辛いスタートを切ることも多かったです。職場にいるときも、離れるときも、辛い感じのこともありました。

でも、結果的には、どの職場に言っても大きな学びがあり、
「とてもよかった。」
とは、思いました。ガイドの導きにたいへん感謝をしています。
「後ずさりするアミを後ろからばんばん押してくれる感じの導き方」
です。ただ、こうころころと仕事が変るとかなりのストレスを感じるのも事実です(ガイドさん、すみません)。

今年で2年目が終わりました。
「また、変るかも・・・。」
と、思います。たとえ変らなくても、また、大きな変化がアミに訪れようとしている感じがします。

何となく、
「今の職場で今の状況での学びが終わった感」
があるのです。また、今の状態が全く変らないとこれ以上、大きな学びがないような気がします。転勤でなくても、大なり小なり、環境に変化が起きるのは必須のような感じがします。もうすでに私を取り巻く環境で大きな変化の予兆が現われました。今回も、
「辛い感じのスタートかなあ。」
と、思います。でも、
「まだ見ぬ未来を憂う、取り越し苦労はやめよう」
と思います。

このような取り越し苦労をしていると、心が雑念で満たされたりマイナス思考になったりして、波動が下がり、低い波動の現象を引寄せ、ろくなことはありません。
「取り越し苦労」もある意味、
「自分を守りたい。」
「苦労はしたくない。」
というエゴからくるものです。
「できるだけ明るい気持ちをキープしよう」
と心のコントロール中です。

考えないためにも、身体を必死で動かしています(考えないことも大切です)。
いつ変化が来てもいいように、今、さっさと仕事を片付け、書類を整理しています。私の前の教頭先生は、本当にきれいに仕事をされていて、私が赴任してきたときは、私が使うファイルまで作成してくださっていました。本当にありがたかったです。ですから、私も、同じようにきれいに仕事を片付け、もし、私が変ることになれば、次の教頭先生の仕事がスムーズに行くようにしておきたいと思います。


◆編集後記◆

このシーズン、「職場が変る」など、変化が多い月になります。
やはり、不安な思いになる方も多いことでしょう。
アミも、「変化」は、正直言って、不安だし、ある意味、恐いです。

でも、今まで結果的には、全てがよいことになっています。
「私のガイドを信じておまかせをしよう」
と思います。
「取り越し苦労」は、極力しないようにしようと思います。

「ベストをつくして、後はゆだねる気持ちが大切だ。」
と自分に言い聞かせています。


必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいでするんるん
応援のクリックをお願いします!exclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
posted by 女教師アミ at 06:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

◆心磨きは年令に関係ない! 【アミの一口コラム352

こんにちは。
アミです。

私の知り合いにAさんがいます。
彼は、もう、50才になります。
彼と出会って、1年ぐらいににしかなりません。
でも、私は、彼の中に光が眠っているのを見ました。

1年前、私は、彼をサポートしようと思いました。
そこで、彼にいろいろなアドバイスをしました。

彼は、いい面はとても素晴らしいのです。
でも、大きく欠けている面がありました。

私は、彼に言いました。
「バランスが大切よ。
あなたの○○○な面は素晴らしい。
それはそれで個性として伸ばせばいい。
でも、人の上に立つなら、○○○な面だけを打ち出すのではだめ。
あなたの部下になる人の中には、×××な面をもっている人もいるはず。
△△△な面をもっている人もいるはず。
いろいろな人がいる。
だから、あなたに大きく欠けている部分を補えるように努力するといいよ。
そうすると、いろいろな人が理解でき、たくさんの人を生かすことができるわよ。」
と。

そして、私は、彼が具体的に欠けている部分を補えるようにサポートしました。
もちろん、彼も私をよく助けてくれました。

彼は、
「自分は、苦手・・・。」
と、言いながら、精一杯アミについてきてくれました。

そして、とうとう、彼は、先日、ある難しい試験に通りました。
彼は、私にそのとき書いた論文を見せてくれました。

その論文は、以前の彼の
「がんばっているのは分かるけど、ちょっと独断っぽい、あくの強い論文」
とは打って変わって、
「人のために役に立とうという素直で、前向きで、バランスのよい論文」
になっていました。

文が変るということは、「心が変る」ということです。
50才になって、大の大人が心(考え方)をたった1年間のうちに変えつつあるのです。
これは、すごいことです。

試験合格の夜、帰りがけ、車に乗り込み、帰ろうとしていた彼をアミは呼び止めました。
心からねぎらいの言葉をかけてあげたかったのです。
すると、彼が車から降りてきました。
小雨の降る中、彼はまっすぐに立って、私を見ていました。

私は、彼に心から
「おめでとう」
を言いました。
彼の身体から黄色のオーラがほとばしり出てくるのを感じました。
彼の心はまるで青年のように生き生きときらきらと輝いていました。
美しい瞬間でした・・・。

「心磨きや自己変革は、年令には全く関係ない」
と本当に思いました。

「素直さ」
「前向きさ」
「向上心」
があれば、年令に関係なく変っていけるのだと思いました。

彼が完全に神に導かれているのを感じました。

人は、悟りのステップを1段上がるとき、心の中から光がスパークして出てきます。
美しい瞬間です。
感動の瞬間です。


◆編集後記◆

暗い闇夜で苦しんでいる方、どうぞ、足元ばかり見つめないで、光を見つめて下さい。

アミのブログを読んで下さっているような方は、きっと導かれます。
自信をもつことです。

光を見つめて努力し続けるのです。
心正しく、清く努力をし続ければ、必ず、あなたの前に導き手やチャンスが現われます。

後は、その波にのっかって何も考えずにひたすら努力を続けるだけでいいのです。
苦しい時を乗り越えるためには、頭を使わずにハートを使うことです。
ハートで感じることが大切です。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいでするんるん
応援のクリックをお願いします!exclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
posted by 女教師アミ at 22:46| Comment(5) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆心素直に【アミの一口コラム351】

こんにちは。
アミです。

◆心素直に【アミの一口コラム351】◆

Hさん、こんにちは。
アミのブログを読んでくれてありがとう。

Hさんの魂は芸術家の魂です。
大きなエネルギーをもっておられます。
ですから、どうしてもピラミッド構造、縦社会のサラリーマン社会には向いていなかったのかもしれませんね。

「独創性」「のびやかさ」「美を求める強さ」「納得がいくまで追い求める忍耐力」「自由奔放さ」「明るさ」「優しさ」
等がHさんにはあります。

適材適所で、Hさんの合ったところへ行けば、きっと力が発揮できます。
Hさんは、これからは、自分の役割、使命を果たせる場所にいくことが大切だと思います。
そのためには、適切な判断力、決断力が要ります。
まずは、心の奥底にたまっている「マイナスの感情」をはき出して下さい。
思いっきり泣く、叫ぶ、怒鳴る・・・等々。
車で山の中を走りながら、がんがん音楽をかけながら、そのことを実行してみて下さい(運転には気を付けて)。悔しかったその場面等を思い浮べながら、まざまざとその時の光景を目に浮かべてみましょう。
そして、その時の感情をしっかり味わい、力一杯出すのです。
もう、何も我慢しなくていいのです。
家族のために、一生懸命に働いたのです。
言いたいことも言わずに我慢をしてきたのです。
自分で自分を褒めてあげて下さい。

心の中にたまっていたマイナスの強い感情がはき出されると、それだけで自然に心が静まってきます。

できるだけ呼吸をゆっくり深くしましょう。
静かに座って深呼吸を何回かするだけでも心が落ち着きます。
お気に入りの音楽を聴くのもいいでしょう。
自然の中を散歩するのもいいでしょう。
海を見つめるのもいいです。
そして、楽しかった場面、自分が輝いていた場面を想像してみましょう。

一番大切なのは、頭で判断するのではなく、ハートで答えを感じることです。
心を素直にして、心を開いて・・・。
自分の心の声を聴いてみて下さい。

Hさんには、大きな役割があります。
判断をミスると、気の毒ですが、Hさんの前の門は開かれないように思います。
適切な判断をすると、Hさんの目の前の門は、静かに開いていきます。

Hさんは、心美しい、純粋な方です。
だからこそ、Hさんのガイドが役割、使命を果たせる方向に何とか導こうとしているのだと思います。
Hさん、心をもっと柔らかくもって、ガイドの導きに従ってみてはどうでしょう。

Hさん、私達は大切な仲間であるあなたに手をさしのべています。
私達の手を握って下さい。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいでするんるん
応援のクリックをお願いします!exclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
posted by 女教師アミ at 07:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

◆運を引寄せる【アミの一口コラム350】

こんにちは。
アミです。

私の周囲は、とても慌ただしくよい方向に変化しています。
そして、私のもとに次々と新たな人物が登場してきます。
また、私の周りの方々がどんどんよい方向へ変化していきます。
一人気がかりな方がいますが、きっと彼もよい方向へ導かれることでしょう。
私は、彼を信じています。

ただ・・・。
あまりにも忙しい・・・。
いろいろあって・・・。

私は、次のように生活を変えることにしました。

〈1番大切なこと〉
心が静寂になる時を1日20分間、1週間に1日間、もつこと。
※潜在意識等からの正確なメッセージを受け取るために。

〈2番目に大切なこと〉
○メルマガ、ブログを書き続けること。
○仲間達、これから集まってくる方々のために時間をとること。
○主人の仕事のサポートをすること。
○学校の仕事
※「心の仲間」「主人の仕事」「学校」の3つを大切にすること。

〈3番目に大切なこと〉
身体の管理

です。

そのために、次のような日課をたてました。

〈月〜金〉
朝〜夜10時ぐらいまでは、学校で仕事をする。
※帰宅後、メルマガ、ブログのアップ、英会話の学習ができればする(でも、難しいだろう)。

〈土〉
人との交流、勉強会、読書

〈日〉
メルマガ・ブログのアップ、主人のホームページ、ブログ作成の手伝い、英会話レッスン、読書

行政書士の試験勉強をカットしました。
土日が行政書士の試験勉強でまるまるつぶれていたのです。
7月までは、私は、試験勉強会のマネージャーになります。
7月から行政書士の勉強を再開するつもりです。

とりあえず、これでやってみようと思います。

「今、しなければならないこと」
を大切にしたいと思います。

今は、本当に
「正しい判断」
がとても大切です。

今、判断ミスをすると、とても痛いです。
判断ミスをしないためには、一番高い目標を見つめることが大切です。

私の目標は、
「心磨き&それが広がり、みんなが幸せになること」
です。

そこから、今すべきことの「優先順位」を考えます。


◆運を引寄せる【アミの一口コラム350】◆

自分に適した仕事を見つけるためには、まず大切なことは
「明るい気持ちで波動を整えること」
「大きな目標をもつこと」
です。

・・・と、前回の記事で申し上げました。

「神さま」「守護霊」「グレイトサムシング」等は、目標が高ければ高いほど力を貸してくれます。

「志を高くもつこと」
が大切です。
「心のくもりをはらすこと」
です。

そうすると、必ず運が向いてきます。

私は、「心(宇宙)の法則」は、厳然としてある。
と思っています。

でも、最近、主人の仕事を見ていても、つくづくそう思います。

連帯保証人になっていて、友人が逃げ、代わりに友人の借金を払い続けてきたAさん。

もう、お年の方です。
「今の仕事ももう年だからやめる」
と言われていました。
「ただ、やめるとますます生活が苦しくなるので、だめでもともと、どこに行ったか分からない本人を捜して、少しずつでもいいから自分にお金を返してもらえるようにしてもらえないか」
という依頼でした。

普通は、借金が返せないで逃げている人です。見つけるのも難しく、ましてや返してもらうのも不可能に近いです。

ところが、主人は、その逃げた人を奇跡的に見つけ出し、お金を本人に返す約束をとりつけたのです。
奇跡でした・・・。

今日、そのAさんにお会いしました。
Aさんの表情は、たいへん穏やかでまさしく善人の表情でした。
Aさんが何年間も、人の借金をまじめに払い続けてきたことが伺われました。

Aさんは、ケーキを3つ買ってもってきてくれました。

彼の誕生日が数日前だったようでした。
主人がAさんの誕生日を覚えていて、当日、電話で
「おめでとう」
と言っていました。
Aさんは、一人暮らしで、誕生日の日も一人で迎えたようです。
Aさんは、とても喜んでおられました。

Aさんは、
「お願いしたものの、まさかお金が返ってくるとは思っても見なかった」
と、言われていました。

Aさんの波動はとても美しいものでした。
「正直者は、ばかを見ない。」
「善人に奇跡は起きる。」
とAさんの表情を見て思いました。

Aさんは、一旦やめると決めていた仕事を続けることにしたそうです。
生きる意欲が湧いてきたようでした。

今度、うちにご招待をして
「Aさんの誕生日とお金が戻るお祝い」
をして差し上げようと思います。

行政書士という主人の仕事を通して、困難にもめげず、前向きに生きている方々によく出会います。

「心清らかな善人」の方々は、主人の力を借りていい方法へ、くらっと人生が変ります。
主人は、心温かな強運の持ち主です。
司法試験にチャレンジしていたこともあり、法律には強いです。
そんな主人と出会い、人生を明るい方向にくらっと方向転換し、
「ありがとうございました。」
と、深々と頭を下げて帰られる依頼者の方々をそばで拝見していると、本当に感動することが多いです。

「こちらこそ、いい仕事をさせていただいてありがとうございます。」
と、お礼を言いたい気持ちになります。
「『神に導かれる方々』がどんな生き方をしてきて方なのか」
を知るとてもいい勉強のチャンスが与えられています。

「誠実に、明るく、前向きに、愛をもってエゴを捨てて生きる」
これにつきると思います。
主人の仕事を通して、ますますそう確信するようになりました。

今は、まだまだ苦しいことが多いのですが、私達夫婦もこのように、心は豊かな生活ができることを本当に感謝しています。




必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいでするんるん
応援のクリックをお願いします!exclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
posted by 女教師アミ at 19:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。