2009年01月19日

皆さんへ

こんばんは。
アミです。

コメントを書いてくださっているみなさん、
ありがとう!!
とってもうれしく読ませていただきました。

お返事をゆっくり書きたいのですが、今、もう1本の論文を仕上げている最中なので、時間がとれずにごめんなさい。

明日、火曜日が第一次原稿の締め切りです。
最近、まともに寝ていないの、意識もうろう状態です。

明日の夜は、帰宅が遅くなるので、お返事は明後日になるかもしれませんが、お許し下さい。

皆さんとお話できることを楽しみにしています。

寒さ厳しき折、お体を大切にされてくださいね。

                  アミより
posted by 女教師アミ at 20:59| Comment(14) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

◆今を大切に 346◆

こんばんは!
アミです。

コメント等、下さっている皆様、お返事できず、申し訳ありません。
「コメントのお返事ぐらい、簡単だろう?」
と、思われる方もおられるかもしれませんが・・・。
実は、アミにとって、「心」に関するコメントやお手紙は、簡単なことではないのです。
気持ちがのっていないとお返事が書けないのです。
気持ちがのると自然に手が動きます。

今、忙しすぎて「心ここにあらず」の状態です。

正月から今、1週間とちょっとで論文2本を書き、数人の先生の論文指導、子ども達のお世話、身近な友だちの深刻な悩み相談&心レッスン等、寝る時間がない状態です。
やっと、今日、論文を1本出しました。

昨日から、10何時間、パソコンを見続け・・・。
頭は、真っ白です。
目は、ちかちか、☆が出ています。

でも!

今から、もう1本の論文の仕上げです。
ここで仕上げておかなければ、身近な深刻なお友達の悩み相談&心レッスンもできず、行政書士の勉強もできず、学校の仕事もできず・・・。
・・・なので、今、むち打ってがんばり中です。

ただ、アミにコメント等をくださっている皆様に一言お詫びと、土か日曜日までお返事を待っていただこうというお願いで書いています。

でも、せっかくなので、少しだけ、コラム書かせていただきますね。


◆今を大切に 346◆

もう、過去世は、いいから・・・。
アセンション、あってもなくても、心配しなくていいから・・・。

目の前に出てきた人。
大切にしよう!

目の前に出てきた環境。
大切にしよう!

素敵な出会いかもしれない。
苦しみの出会いかもしれない。

でも、今、出てきていることは、あなたにとって、とても大切なこと。
今のあなたが立ち向かって行かなければならないこと。

逃げないで、きちんと立ち向かって行き、それを乗り越えれば、
あなたの過去のカルマは自動清算されるでしょう。
アセンションが起きても、起きなくても、明るい未来が待っています。

こんな時だからこそ・・・。
「ハート」「見えない世界」を大切にしながらも、
足は、地面にしっかり付けて、現実的に生きていきましょう。

今、出会う人。
今、置かれている環境。

大切にして。
心の眼で明るい未来を見つめながら、肉体の目ではあなたの足元をしっかり見つめて歩いていきましょう。


◆編修後記◆

今日のコラムと矛盾するかもしれませんが・・・。
私は、毎日のように不思議なことが周りに起きています。

「・・・になればいいなあ。」
と、思えば、すぐ、そうなるのです。

夢の中ではいろいろなおもしろい話が展開しています。

毎日、何かが違ってきている・・・。

と、思います。

今、私達は、すごい激流の中にいます。
だからこそ、今、現実をしっかり生きていれば、ちゃんと流れにのっかって、目的地までたどり着けます。

ものすごい激流の中にいる人。
穏やかなせせらぎの中にいる人。
雪解けの冷たい流れの中にいる人。

人によって、その流れは、様々でしょう。
でも、はっきりしていることは、みんな、流れの中におり、流されているということです。
流れに逆らうと、ますますきつくなるだけです。
「自分の生き方は、こうではない。自分はこんな流れにのりたくない。」
と、思っても無駄です。

今回の流れは、個人的なものではないからです。

もっと、大きな・・・。
ある意味、地球的? 宇宙的?とも言えるような大きな流れです。
流れに不足不満を思わず、素直に
「はい! ありがとうございました。
私は、生き方・考え方を変えます(光の方向へ)!」
と、言って流れにのっかりましょう。

流れにのっかって頑張っていれば、大丈夫!
泳ぎ疲れれば、島もあるし、おぼれそうになれば、岸から浮き輪も投げ込まれる!

楽しく泳ぎ切りましょう!!



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 21:27| Comment(11) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

◆勇気を出してチャレンジを! 345◆

こんにちは!
アミです。

先ほど、主人と一緒に海を見ながら、朝ごはんを食べました。
海を見ながら、ぼっ〜と思いました。

「人生って、チャレンジゲームだなあ。」
と。

過去、現在、私は本当に数奇な運命を辿ってきました。

昔、おかずを買うお金がなくて、キャベツで飢えをしのいだこともありました。
借金まみれで、「どうしよう〜・・・・」と、暗い日々を過ごしたこともありました。
体が常に不調で、不安な日々を過ごしたこともありました。
暗闇や霊が恐怖で、夜が恐かった時期もありました。
試験に合格するために、死にもの狂いで頑張ったこともありました。
人間関係の悩みや親子の葛藤に苦しんで、うつ状態になり、自殺しようとしたこともありました。
弟が不登校になったのは、親のせいだと恨んだこともありました。
(その当時は)意味が分からない離婚に追い込まれ、落ち込み続けたこともありました。
娘の問題で頭を悩ませたこともありました。
その他、いろいろありました。
本当にいろいろなことがありました。

そして、今、夫婦での仕事も少しずつ軌道に乗り始めています。
家の雰囲気がほんわかしたいい感じになってきました。
たくさんの心あるすてきな友人、先輩、後輩、近所の人に囲まれています。

私は、今週は、後輩の4人の先生達の論文の指導・助言をしています。
2月にある研究大会の紀要(論文)と学校の研究論文、2本も執筆しています。
できれば、プラス、自分の論文を1本書きたいと思っています。
それを2週間以内に全て終わらせないといけません。
このような中で、行政書士の勉強もしています。
主人も、今、他の資格試験にチャレンジしています。

なぜ、ここまでチャレンジをするのだろう・・・と思うときもあります。
でも、私達には、夢(目標)があります。
その夢(目標)実現に向けて、着実に努力しています。
守護霊もバックアップしてくれています。

現在まで、ずっと振り返ってみて思いました。

「いろいろな困難なことにチャレンジして生きてきた(生きている)けれど、チャレンジできるだけいいなあ。
たとえ、借金の返済であっても、離婚騒動であっても、体調不良との闘いであっても、霊とのたたかいであっても、必死で困難を何とか乗り越えようとしている(してきた)自分って、考えたら、かっこいいよね。
困難から逃げずに、まっこうから立ち向かって乗り越えようとできるだけ、私は幸せだ。
そこには、本当は苦しみはなく、『苦しいと感じている自分』がいるだけだ。
この先、どんな苦労があっても、元気に乗り越えていこう!
できれば、これが地球での最後の修業になれるように頑張ろう。
最後のカルマの修正だ〜〜!
人生・チャレンジゲームだ〜〜!」

と。

今、多くの人の目の前に
「自分の人生観、生き方を変えるほど、チャレンジしなければならないこと」
が置かれている(そうなっていくだろう)と思います。

目の前に、チャレンジタイムが来た時、それに対する姿勢別に、人は大きく4つに分かれます。

《人生チャレンジタイムに対する姿勢》

@(今までの生き方・考え方を変えるべく)積極的にチャレンジしていこうとする人。
→ 積極派

Aチャレンジタイムの到来に気付かない、気付いてもチャレンジしない人。
→ 無視派

Bチャレンジした方がいいんだろうな・・・と思っても、踏ん切りが付かず、中途半端にチャレンジするか、保留中(後伸ばし)の人。チャレンジしているつもりでも、実際にはチャレンジしていることになっていない人。
→ 中途半端派

Cチャレンジタイムがある程度終わった人。または、まだ、来ていない人。
→ お疲れさん派、準備派

皆さんは、いずれでしょうか?

今、借金にまみれて苦戦しておられる方もおられることでしょう。
でも、あなたが、「姿勢@」の人生を生きているのであれば、胸をはって
「私は、人生を精一杯生きています!」
と、言えます。
光の道を歩いています。
決してあきらめないで希望を捨てないで頑張って下さい。

反対に、目の前にチャレンジタイムが来ているのに、そこから目をつぶり、今の安定した状態に固執しようとしている人(姿勢A、B)等は、たとえ、見た目に裕福であっても、
「私は、人生を精一杯生きています!」
とは、言えないでしょう。

姿勢A、Bのタイプの人の場合、自分の課題を知り、それを解決するまで、
「様々な困った事象」
が、ことを大きくしながら、その人に降りかかっていくでしょう。

姿勢Bのタイプの人は、けっこう多いと思います。
気付いているなら、少しでも早く、実行に移すことです。
世の中がどんどん崩れていきます。
後になればなるほどたいへんです。
困難度が増します。
今のうちに、1分1秒でも早く、実行に移すことです。
今までの考え方・生き方にずれがあったのだからそのような課題が出てきたのでしょう。
或いは、次のステップにいかなければならないから、そのような課題が出てきたのでしょう。
もう、踏みとどまることはできないのです。
次のステップにいくしかないのです。
勇気を出して早く一歩を踏み出さないと、チャンスを逃してしまいます。

今、どんな苦しい状況になっていたとしても、果敢に姿勢@で頑張り続けている方々は、素晴らしいと思います。私の眼には、光輝いて見えます。
「がんばれ!」
私は、心からエールを送ります!!




必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 11:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 自己実現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

◆伊勢つれづれ1 344◆

こんにちは!
アミです。

「伊勢のお参りのことを書こうか、書くまいか・・・?」

と、ちょっと悩んでいました。

素晴らしい伝統とパワーと日本の心の原点である「伊勢神宮」のお参りで、気軽に
「○○○なイメージが見えた!」
「○○○な感じがした!」
「○○○の声が心に響いた!」
なんて、言えないよね(嘘ではなく、本当にアミは自分はそう感じているのですが・・・)。

等と、ぐずぐず考えていました。

「でも、自分が本当にそう感じたのだから、素直に表現しても神さまは許してくださるか・・・。」
と、思い直し、少しずつお話をしていくことにしました。

−内宮(正殿)のお参りのときのできごと−

内宮の正殿でお参りをしました。
なぜか、急に胸の奥、ハートのあたりがくう〜〜と、痛くなりました。
立っていられないほどにです。
思わず、しゃがみ込みそうになりました。
立って祈っている間中ずっとです。
「これでもか!」
というぐらいに痛みが走りました。

アミは、心の中で何が起きたのか分からなくなり、パニックになりそうでした。
生まれてかつてこんなことはなかったからです。
憑依?かとも思いましたが、感覚的に全然違いました。
でも、せっかく祈りに来たのだから・・・と、考え、その心の中? 胸の奥? ハートの辺り? の刺すような痛みに耐えながら、祈りました。

祈り終え、正殿の前を離れると、何事もなかったかのように、すっと普通に戻りました。

アミには、何が起きたのかちんぷんかんぷんでした。
でも、確実に何かが起きたのです。

主人が
「アミのハートチャクラがつっかえていたんじゃないの?」
と、言っていました。

伊勢の神さまが、アミのハートチャクラのつっかえを光を入れてとって下さったのだったら、とってもうれしいのですが・・・。
ハートチャクラに関しては、アミにも、ちょっと思い当たる節がありましたので・・・。

でも、よく分からない不思議な体験でした。


◆編修後記◆

最近、すごい奇跡のような喜びごとや、ちょっと勘違いかもしれないけれど「不思議な体験」等が、頻繁にアミの周りでは起きています。

地球全体、何かが、確実に変って行っています。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 18:57| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

◆闇の後に光が! 343◆

こんにちは!
アミです。

こちらは、突き抜けるようなクリアーな青空をバックに、眼に痛いほど太陽が煌めいています。
主人と海を見ながら話しました。

「・・・・の国が国家破綻すれば、きっと、・・や日本も国家破綻だろうね。
日本が国家破綻すれば、・・・・なことになるだろうね。
これから先は、自分だけは安泰などということは、あり得ない。
常に、危機意識、危機管理をしておかなければならないね。
自分達は、今のうちに・・・・な準備をしておこう。」

と。

「国家破綻」「自然災害」「パンデミック」等、今年から、様々なことが身近に起きてくるかもです。

今、苦しみながらも、精一杯前向きに生きている方、後、もう少しです。
絶対に苦しみから逃げたり、苦しみに負けて心を曇らせたりしてはいけません。

「いろいろな困ったことが起きる」
というのは、人間から見れば、不幸なことのように見えます。
でも、もっと、地球規模で見れば、それが必ずしも
「不幸なこと」
ではない場合が多いです。

× 人間の眼から見ると → 不幸なできごと
◎ 地球規模で見れば  → 浄化

という味方もできるのです。

私は、昨年末に伊勢に行って、
「風の宮」
でお祈りをしました。
※アミの場合、お祈りの内容は、自然に心から出てくる場合が多いです。
その時、アミの心に浮かんだ言葉は、

「どうか、浄化の期間が長引きませんように。 
(※願わくば、人間の苦しみが長く続きませんように。さっと終わらせて下さいという意味が込められている?)
浄化が一気に済みますように。地球が、早く浄化されますように。
地球におおわれた悪想念をあなたの風によってきれいにぬぐい去れますように。
地球が光り輝く星に生まれ変わることができますように、どうぞ、よろしくお願いいたします。
私達、人間も、浄化の嵐に耐えるようにがんばります。」

という言葉でした。
 ※ 祈りは、「自分の決意を神に誓う」というような意味合いもあると思います。

「闇」が迫っているということは、その後に来る「光の時」も迫ってきたということです。
どんなに苦しくても、たいへんでも、絶対にやけにならないで、とことん立ち向かって行きましょう。

「闇」の後に、「光」が待っています。

今朝、
「あの世の人間の姿が肉眼で見える夢」
を見ました。
アミの眼に、あの世の人の身体が見えるのです(アミの横にいつもは出てこないなるみんもいました)。
透き通って、映像のような感じです。
人の身体を通り抜けることができます。
アミの身体を女学生が走り抜けていきました。
4次元〜5次元世界と3次元世界が一緒になっている感じでした。

アミは、夢の中で思いました。
「アセンション(或いは、死)が近づいているのかも・・・。」
と。

※「守護霊がアミに遠くない将来、『アセンションする』か『死ぬ』ので、その時の準備をさせるためにこの夢を見せているのだなあ」とアミは思いました。実際に、アミは心の中で思いました。
「ちょっと、恐いなあ。でも、恐いと思ってはいけない。これは、普通のことなんだ。今まで自分が知らなかっただけなんだ。だから、知らん顔、自然体でいよう。」
と。
すると、向こうから走ってきた女学生(おそらく地縛霊?)も、知らん顔をしてアミの身体をすり抜けて走って行きました。

※そこに居合わせたのが、アミとなるみんです。アミもなるみんも、霊能者でも何でもない、いたって普通の人です。「普通の人の眼にも、4次元以降の世界が見える」ということをその夢は表しているのだと思います。・・・・ということは、
「個人レベルではなく、地球全体で次元構造が変るのかなあ」
と思いました。


最近の空の異常なクリアーさ、太陽の煌めき度、世の中の崩壊度を見ていると、何かがどんどん変っていっているという感じがしてなりません。

どんな状態に置かれようと、前向きに、明るく、元気に、楽しく、心を弾ませて生きていくことがとても大切です。

「心」が全てです。

地震用、パンデミック用の準備も大切です。
でも、
「心が一番」
ということだけは肝に銘じておこうと、私は思います。



span style="color:#CB0000;">必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ




posted by 女教師アミ at 12:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

◆アミのリラックスタイム 342

こんにちは!
アミです。

お正月3日目。
皆さん、どのようにお過ごしでしょうか。

アミは、朝、行政書士の勉強をし、お昼から学校に行って、仕事の段取りを付けてきました。
そして、遅いお昼ご飯を主人とモスバーガーで食べました。

それから、帰宅して、メールを書きながら、
「考える力を育成するには、どうしたらいいのだろう?」
と、思索していました。

そして、今、ブログを書いています。

この後は、ピアノの練習と、行政書士の勉強と、論文書きです。
夜、なるみんさんと主人とで、ビールを飲みながら、「自己変革」について話します。


◆アミのリラックスタイム 342◆

★アミは、お風呂に入るとき、時々、照明を消して、真っ暗にします。
そして、ウオーターキャンドルといのでしょうか・・・。
水に浮くろうそくに火をともして、お風呂に浮かべます。
そして、お風呂の窓を開けます。
じっと眼をつぶります。
何にも考えません。
無の世界です。

かすかにキャンドルの香りが漂っています。

★アミは、夜11時ぐらいでしょうか・・・。
帰宅するときに、いつも森(公園)を通ります。
その時に、お気に入りの音楽を車の中でがんがんかけます。
歌詞の内容とリズムがアミの心と身体に染みこんでいきます。

★アミは、早朝、眼をさますと、しばらくベッドの中でぼうっとしています。
その時に、心の中をよぎった考えは、けっこういい線、いきます。


◆編修後記◆

1日の中で、意識的に、ぼうっとする時間をつくることは、大切だと思います。
リラックスして、癒されるだけではありません。
ぼうっとしたいい気分の時に、ふっと心をよぎった考えは、潜在意識からのメッセージだったりすることがよくあります。

「必死で頑張るとき」「ぼうっとリラックスするとき」等、1日の生活の中にメリハリを意識してつけるといいですね。


span style="color:#CB0000;">必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 18:44| Comment(0) | TrackBack(1) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

◆危機の時こそ、自己変革の時 −ピンチはチャンス!− 【アミの一口コラム 341】

皆さん、明けましておめでとうございます。
アミです。

昨年中は、たいへんお世話になりました。
応援をいつもありがとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

◆アミの今年の抱負1◆

私は、あまりテレビや映画を見ませんが、たまに「外国のスパイものとか、冒険もの」をテレビや映画で見ていて、思うことがあります。
「(画面の中の)外国(西洋)の人は、どんなに困難や危機的な状況に陥っても、ジョークを言ったり、笑い飛ばしたりしながら、危ない仕事をしているなあ。」
と。

「へらへら笑いながら危機や仕事に臨め」
と言っているのではありません。
ただ、
「このように
『リラックスしたり、余裕をもったり、辛いことも楽しみながら切り抜けていく精神』
というのは、大切だなあ」
と思います。

このような「リラックスした精神状態」は、「(現実には起きざるを得ない)苦しみ感」を和らげます。
「波動が下がる」のを防げます。

「辛いときにこそ、ユーモアと感謝を!」
この精神で私は今年を乗り切ります。


◆危機の時こそ、自己変革の時 −ピンチはチャンス!− 【アミの一口コラム 341】◆

《皆さんへ》

自分の心の中の光を見つめ、
相手の心の中の光を見つめ、
未来の光を見つめ、
ただ、ただ、無心で歩み続けましょう。

「輝く太陽」をイメージしましょう。
「闇の霧」の向こうに「さん然と輝く太陽」を見るのです。
そうすれば、目の前の闇は消えてなくなります。

そして、世界中に「嫌な人」はいなくなるでしょう。
Aさんが苦手としましょう。
(以前は苦手だった)Aさんは、目の前にいても、
「Aさんは苦手」
と思わなくなれば、それでOKです。
「Aさんを愛する」
までいかなくてもいいのです。

「Aさんと私は、考え方が違うんだ。人には人それぞれの考え方があるんだ。
(相手の考え方のいい悪いは別にしても)、人の考えを変えることは、基本的には難しいんだ。」

「Aさんが目の前にいるということは、私へのメッセージだ。
私は、Aさんから、何かを学び取らせてもうらうことが大切なんだ。」
※このような場合、あの世に還って、
「あの時は、嫌な役をしてくれて、私に・・・・ということを気付かせてくれてありがとう。」
と、お礼を言うことになる。

等と、「思考の仕方を変える」のです。

何も恐れることはありません。

どんな時にも明るい希望をもって進みましょう。
目の前に暗闇が広がっているように思える時にこそ、
自分の心の中の光を見つめ、
相手の心の中の光を見つめ、
未来を見つめましょう。
「暗闇の時」の後に来る「光の時代」をイメージしましょう。

《不安があったり、危機に陥っていったりしている人へ》

不安があるのなら、準備をするのです。
不安があるのなら、人にアドバイスを求めるのです。
不安があるのなら、不安を跳び越える勇気をもつのです。
新たな考え方を受け入れる意思をもち、自己変革にチャレンジをするのです。

「不幸の連鎖」を断ち切るのは、「自分」です。

光の時代は、もうすぐそこに来ています。
もう少しだけ、もう少しだけ、耐えてください。
できれば、明るく、前向きに、楽しみながら耐えてください。
そうすれば、あなたの心と身体に光が入るからです。
見えない世界からのバックアップが入ります。

危機に陥って、保守的になったり、安定志向に走ったりしないでください。
「危機に陥るということ」は、
「今までのやり方(考え方)では通用しないよ。考え方、やり方を変えなさい。」
というメッセージです。

「不幸の連鎖に陥っている人」は、
「今の生活を変えたい。今の自分ではだめだ。」
と、思ってはいるのです。
でも、それが「行動」に出ないのです。
返って、「今の自分、今の生活」にしがみついているのです。

「リスク」を追わないで、「現実を変えよう」というのは、虫のいい話です。
多少のリスクも覚悟してください。
※本当は、正しい判断をすると、絶対うまくいくので、結果的にはリスクにはならない。でも、本人にはそれが分からないことが多い。

今までの「やり方、考え方を変える」のです。
「行動パターンを変える」のです。

「今の自分・生活」を変えなければ、「未来」も変りません。
「明るい、幸せな未来を創っていきたい」
と思いませんか?

創るのは、「自分」です。

「危機の時」は「自己変革の時」です。
あなたの目の前に、
「自己変革、本当の意味で幸せになるチャンス」
がぶら下がっています。


◆編修後記◆

今後、ますます、
「一人一人が思考力・判断力をもつこと」
が必要となってきます。

「自分がぐんぐん伸びている時、うまくいっている時の判断」
は、適切な場合が多いです。

ただ、
「自分が伸び悩んでいる時、うまくいっていない時の判断」
は、かなり不適切な場合が多いです。
※思考の仕方が偏っているから、そういう状態になってしまうということが言えるかもしれません。「偏った思考」でいくら考えても、適切な判断はできません。

今、「大きな失敗を踏み続けること」は、タイミング的に言ってあまりよくないように思います。
今の時代は、
「目の前に現われた課題をできるだけ適切に、早く解決すること」
が大切です。
うまくいっていない時は、自分の思考や判断だけでは、うまくのりきれないことが多いです。
人にアドバイスをもらうのもいいです。
だれにでも聞けばいいというものではなく、
「この人は・・・という人」
にしっかりアドバイスをもらうことです。
アドバイスをもらうことは、依存でも何でもありません。
最終的に決めるのは、「自分」です。
「全ては自己責任」
です。


「年明けの日なのだから、もう少しおめでたい話をすればよいのに・・・」
と、思います。
でも、今年から、いよいよ「正念場」です。

滝壺が視界に入って来ました。
「滝壺から蝶になって、ふわっと大空に舞い上がるか」
「滝壺に落ちて元の流れに戻っていくのか」

決めるのは、
「自分」
です。

「地球に住む一人一人の人の心の状態がそのまま、現実に映し出されてくる年」
それが
「今年」
です。


◆追伸◆

何でも、「最初」といのは、大切です。
「最初の時(元日)」
に、今年取り組みたいことをざっと形だけでよいので、やってみられるといいです。

私は、1日に
「ピアノ」
「行政書士資格試験の勉強」
「英会話」
「ブログ書き」
「家の整理・整頓」
をちょこっとずつします。

「忙しい」は、理由になりません。
世の中の人は、みんな忙しいのです。

心の中で決めたことは、結果はともかく、
「絶対にやり抜く」
ということが大切です。

少しずつでもいいので、
「続けること」
「やり続けること」
が大切です。



span style="color:#CB0000;">必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己実現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。