2008年07月28日

◆お知らせ 【アミの一口コラム 285】 

皆さん、こんにちは!
アミです。

できましたら、日曜日にオフ会のお知らせを・・・と、思っていましたが、時間切れになりました。
明日までに、プレゼン1本と提案2本の見直し、自分の仕事の整理をしなければならず、どうあがいても無理でした。
ごめんなさい。

アミは、オフ会(研修会)で、皆さんに会えることを楽しみにしています。
何人かの協力者の皆さんとよく相談して、準備を整えていきます。

最近、特に忙しいため、なかなか時間をまとめてさくことができません。
私にとっても、皆さんにとっても、大切な時間です。
少しでも有意義に過ごしたいと思います。

オフ会を2泊3日の研修会にいたします。
せっかく九州まで来たのだから・・・と、この日程の前後に観光をされるのは、ご自由ですよ!
九州のよさを感じて下さいね。
お勧め神社などは、後日、お知らせしますね。

この研修会で、
「心磨きのために何かを学んだり、改善のきっかけをつかんだりしていただければ」
と思います。
そのため、けっこうハードになるかもしれません。
できるだけ、オープンマインドの状態を創ってお越し下さい。
オープンにした分だけエネルギーが入るからです。

目的は、

「親睦を深め、仲間から愛と勇気をもらい、自己変革のきっかけをつかむための研修会」

と、思って下さい。

テーマは、ずばり
「心」
です。

「環境」「食」等も大切ですが、アミの研修会ですので、テーマは、今、見えないけれど、大切なもの
「心」
です。

オープンマインドになるためには、できるだけ、周りの方々にも
「全てを受け止める愛」
「あまり小さなことは気にしないおおらかさ」
等が必要です。
それも、ご準備くださいね。

急な話ですので、今回は、無理な方は、また、次回、おいで下さい。
おそらく、また、2回目があるかもしれません〈今のところは、シリーズでしたいと思っています〉。

過去世でご縁がある方もお見えになることでしょう。
本当に楽しみです。

事前にご提出いただくレポートの中味は、もうしばらくお待ち下さい。

おそらく
「過去も含めての自己紹介」
「今の自分の心の状態をどう分析するか」
「今後、どのような心の状態になりたいのか」
「そのためにどうしたいのか」
「自分の課題、悩み」
「アミや皆さんに尋ねてみたいこと」
「研修会で学びたいこと」
等のような内容が来ると思います。

今回、申し込まれる方は、考えていて下さいね。

詳しくは、7月末か8月1日ぐらいまでには、お知らせいたします。

取り急ぎ、お詫びとお知らせまで。


  
必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

◆さなぎから蝶へ 【アミの一口コラム 284】

昨日、花火大会がありました。
アミの家から花火が見えるので、総勢30人ほどのゲストが集合しました。
アミ家には、皆さんをまかなえきれるほどの経済力がないので会費制でしたが、たくさんの皆さんが来て下さいました。

みなさん、いい方ばかりです。
初対面の方も多いのに、なぜか打ち解けてお話でき、楽しいパーティーになるのです。

昨晩、いくつかの(アミにとっては)感動的なシーンに出会いました。

明らかに「心が変化していっている」と思われるような方々に出会うことができたからです。

今まで心を閉ざし気味で、奥さんと一緒にしか行動しなかったご近所のAさん・・・。
いつの間にやら、一人で、アミ家の庭の花火見の群衆の中に乱入して花火を見ていました。後で、奥さんが探しに来られて、Aさんの思い切った行動にあ然としていました。

今まで心を閉ざし気味だった、大切なお友達のBさん・・・。
皆さんの前でご自分の思いを熱く語って下さいました。
素晴らしい歌も披露してくださいました。

今までアミ家に来ても、じっと固まり気味だったCさん・・・。
自ら、きびきびと動いて下さり、皆さんのお世話をしてくださいました。
アミ家は、自分の家のような感じがすると語って下さいました。

人付き合いが苦手なご近所のDさん・・・。
赤ちゃんを連れて、我が家に花火見物に。

日本語が全くしゃべれないハワイのEさん・・・。
ハワイのホラ貝?のようなものをふき、ウクレレを弾きながら、美声を聞かせてくれました。

私は、つくづく思いました。

「大人の人は、本当に変わるんだ・・・。」
と。

普通、
「子どもに比べると、大人は、頭が固く柔軟性に乏しい」
と、言われます。
「スポーツや習い事などは、少しでも早く子どもの時にし始める方が上達が早い」
と、言われます。
パソコンなども、子どもは、すぐ覚えますよね。

子どもの心の成長は、私も、仕事柄身近に見てきました。
ただ、子どもの場合は、
「精神的に安定してきた」
「最近、明るくなった」
「思いやりがもてるようになった」
という感じです。

自分自身が努力して変わったというより、
「親子関係、友だち関係等の外部要因が改善した結果、心が安定した」
という感じです。
どちらかというと、他律的な感じです。
「環境が変わったので、子どもの心にも変化が出てきた」
という感じです。


でも、最近、アミの周りの「大人の友だちの心の変化」を見ていると、本当に驚異の思いをもたざるを得ません。

大人は、意識すると、自立的に心を変えていくことができるのです!
しかも、短期間に・・・。
特に、心が純粋で素直で、向上心がある方は、そうです。

目の前で、そのように変わっていかれる方々を見ると、とってもうれしいです!
感動します!

「その方の心の扉が開く瞬間」は、まるで、「さなぎから蝶が生まれるシーン」を目の前で見ているような感じがします。

皆さんの心にもぽんぽんと花火が上がったようなすてきなパーティーでした。


◆編修後記◆

先日、ある本で、読みました。

九州大学の教授だと思うのですが、中学生、高校生に向けてのメッセージだったと思います。

「学生時代には、学校の勉強をどれも全力で取り組みなさい。どの教科にも、将来の仕事につながる学びの基本が入っています。それらをしっかり学ぶことで、将来の仕事の方向も見えてきます。
ただ、大切なことは、どの教科にも、真剣に必死で取り組むことです。必死で取り組まないと、大切なものは、見えてきません。」

というようなメッセージでした。

私は、

>必死で取り組まないと、大切なものは、見えてきません。

「この言葉は、心磨きでも一緒だなぁ」
と、思いました。

同じようなできごとに出くわしても、
「それをさらっと流してしまう人」
と、
「そのできごとから、自分へのメッセージを読み取り、心磨きに生かしていこうとする人」
の間には、心の進歩という面で、大きな開きが出てくるのは当然でしょう。


  
必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 18:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

◆オープンマインド 【アミの一口コラム 283】

アミは、昔、自分が離婚したことをひた隠しにしていたときがありました。
アミが離婚をしたときは、まだ、離婚は珍しい感じでした。
特に教職では。

また、アミは、自分の家庭の状況が厳しかったこともあり、
「絶対に離婚だけはするまい。」
と、固く誓っていました。
それなのに、離婚をすることになってしまいました。
アミは、悲しくて、辛くて、恥ずかしくて、どうしようもありませんでした。

でも、今では、堂々と?
「私は、離婚をしました」
と、言えます。

それは、おそらく、
「離婚をきっかけに心がぐらっと変わり、いい人生を歩み始めた」
「今の主人と出会えて本当によかった」
「人の痛みや悲しさが身をもってわかることができた」
等の理由でしょう。

離婚がなければ、今の私は、なかったのです。
エゴを温存したまま心磨きをしていたことでしょう。

現在、学校の保護者の中にも、離婚をされた方々は、たくさんおられます。
何かの時には、親身になってアドバイスができます。

アミの悲しい経験は、離婚に止まりません。
いろいろあります。

でも、それが全て心の肥しになっています。
同じような境遇におられる方々に、親身になって声をかけることもできます。

でも、だれかれ無しに自分の過去を話すことはしません。
いろいろな方がいるからです。

でも、心許せる方には、オープンマインドで
「自分の失敗談」
「そこから得た教訓」
「そのような失敗を乗り越えるコツ」
「そのような失敗をしないコツ」
等をぼろぼろと話します。

心許せる方の範囲は、アミは、結構広いです。
メルマガ・ブログの皆さんもそうです。
全世界に向けてアミの失敗談、かっこわるい話を発信しています(笑)。
私の近辺の友だちも、私の過去のことをいろいろ知っているのは、3桁はいるでしょう。

心を許す条件があります。
それは、
「アミの過去話を聞くことが、その方にメリットをもたらす可能性がある」
という方です。

ただ聞いても、
「ふ〜〜ん。 かわいそ! 自分じゃなくてよかった(ホッ)!」
というぐらいの反応しか予想できない方には話しません。


◆編修後記◆

自分のいろいろな??な部分を話すということは、勇気が要ることです。
でも、人に話すことで、数え切れないぐらいのメリットがあります。

(1)自分の心をオープンにすることで、自分の心が自然体になり、楽になる。
(2)エゴを無くす訓練になる。
(3)話すことで、自分の過去を整理し、乗り越えることにつながる。
(4)人間関係を深くする。
(5)同じように苦しんでいる人の助けになる。
(6)いろいろな人から、意見・感想・アドバイス等をもらうこともでき、自分を客観的に観ながら自己変革ができる。

等、いろいろです。
結局は、自分のためになるのです。

心を閉ざすより、オープンにするほうが、心地いいですよ。

アミのオフ会においでになる方は、なおのことです。
時間とお金を使っておいでになるのです。

アミは、何かを少しでもつかんでお帰りいただきたいと思います。
そのためには、まずは、オープンマインドで!


◆オフ会だより 1◆

第1回オフ会のことです。

日にちを決定しました。

8月29(金)、30(土)、31日(日)です。

場所は、福岡県内です。

なぜ、この日にちか?
という理由はいろいろありますが、時間の関係で説明は省略させて下さい。
9月は、日にちが空いていませんでした。
8月もこの日程しか空いていませんでした。
他にも色々理由はあります。
急な話でごめんなさい。

とりあえず、第1回ということで、少人数でも(のほうが?)いいと思います。
できれば、また、しますので・・・。

ここでご理解をいただきたいのですが・・・。

このオフ会は、オフ会というより、
「心磨き研修会」
のような形で行います。

このたいへんな時代にわざわざオフ会なるものを開くのです。
メルマガ・ブログの趣旨上、単なる飲み会では、済ますことはできないと思います。
何か少しでも皆さんに得て帰ってほしいと思います。

研修会で扱う題材は、
「心」
です。

とってもデリケートな題材です。

私達夫婦は、過去、いろいろな団体やサークルの中で勉強をしてきました。
色々なことを見てきました。

ですから、この
「心磨きの研修会」
をするには、相当の配慮がいることは、重々承知しています。
色々説明はしません(する時間がないので)。

研修会がうまくいくように、アミ夫婦が考えます。
ですから、やり方は、アミ夫婦に任せて下さいね。

「単なるオフ会なのに、なぜ、ここまでするの?」
と、思われるかもしれませんが、こられた方が安心してオープンマインドの状態になるためには、必要なのです。

研修会では、実費だけいただきます。
遠くからこられる方々もいらっしゃると思います。
お金をたくさん使っておいでになる方もおられるのです。
「来たけど、何も得るものはなかった・・・。」
ということには、ならないようにしたいと思います。

いくつかのことをお願いします。

【お願い】

◎事前に簡単なレポート作成、アンケートに答えていただく。
(このレポート、アンケートを送っていただいたのを確認して「正式申し込み」とします)
※締め切り:8月7日(木)まで。期日をお守り下さい。

◎謙虚に人の話に耳を傾け、自分を振り返り、自己変革を図ろうとする姿勢をもつ。
(全ての人から学ぼうという気持ちをもつ)
◎できる範囲でいいので、オープンマインドで。
◎人を非難したり、裁いたりせず、許しと思いやりをもって。
○人の個人情報は、自分の心に秘めて。
○(人数が少なければ)雑魚寝でよければ、アミとなるみんさんの家にお泊まりOKです。
人数が多ければ、ホテルに。
○食費等、資料代等、実際にかかる経費は、実費でいただきます(できるだけ安くなるように努力します)。

※人数は、少なければ対応ができますが、もし、多い場合は、こちらの判断で、次回にお願いすることになる場合があります。「心磨き研修会」ですので、あまり人数が多いと、対応できないのです。急な話ですので、今回がご無理な方は、次回にどうぞおいで下さい。

※レポートの内容、連絡、申し込み方法は、できれば明日、お知らせをいたします。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 07:37| Comment(8) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

◆自分の道 【アミの一口コラム 282】 

皆さん、最近のアミのメルマガ・ブログを読まれていてお感じかとも思います。

アミは、最近の記事であまりノウハウ的なことは、申し上げてないですよね。
理由は簡単です。
「もう、過去の記事の中でたくさん申し上げてきたから」
です。
「知識的なこと」は、過去の記事を読んでいただければ十分なように思います。

今書いている内容は、
「皆さん、本気で取り組んで!」
というアミからの警告のようなものです。

★最近、頻繁に地震が発生しています。
でも、なぜか、いつも「もうすぐ来る」と言われている関東・東海地方は、小さなものはあったにしても、大地震はありません。
空白地帯です。
今後は、2つに一つでしょう。
○守られていて、当分の間は、大地震はこない。
○近いうちにたまったエネルギーが一気に放出する。

★最近の気象を感じてください。
「気象がおかしい!」
という証言を外で働く普通の方々からよく聞きます。

★インターネットで世界の情報に関心を寄せて下さい。
世界中でたいへんな異常気象現象が起きています。

★世の中で起きる事件がかなり説明がしがたいものが多くなってきています。
不正がどんどん明るみに出されています。
強い光に照らし出され、
「善的なもの」
は、どんどん広がっていきます。
反対に
「悪的なもの」
も、どんどん出てきます。

★スピリチュアルな観点から見れば、もう、当然のように大きな変化が起きています。

★闇系の○○○等に関する本を昔読んでいて、心に残る一節がありました。
「○○○は、世界中の人々をたくみに管理している。スポーツ、娯楽などを世界中に広げ、人々の目が真実にいくことを妨げようとしている。」
という一節です。

この一文が、なぜかとても心に残っているのです。

アミは、スポーツや娯楽がいけないと言っているのではありません。
スポーツしたり、カラオケに行ったりする時間がないので、あまりしませんが、(今のメタボ的体型からすると考えられませんが)学生時代は新体操をやっていました。バレエもちょっとだけ習っていました。歌は大好きで、合唱クラブの顧問もしていたこともあります。

でも、今は、他にしなければならないことが多すぎて、そのような時間がとれません。
でも、それでいいと思っています。他にしなければならないことの方が「大切」だからです。


世の中は、大激変をしています。
でも、
「常に大激変の中にいて、自分にあまり害が降りかからないとき」
人は、「大激変」の感覚が麻痺してしまいがちです。

「困ったことだけれど、あまり自分には関係ない」
ぐらいのとらえです。
そのような危機意識がもてない方は、もちろん準備もしていません。
自分の身に降りかかったときは、どうするのでしょう?

そういう方は、このまま世の中がずっと続くと思っています。
ずっと続けばいいのです。
でも、続かないかもしれません・・・。

アミの記事をさっと斜め読みして、実践をしなければ、(考え方)心は変わりません。
アミの記事は、
「自分の考え方をより真善美愛に近い形に修正をしよう」
というものです。

記事を読むだけでは効果はありません。
記事は単なる「知識」です。

(1)「コメント(文)を書くこと」で、内容をもう一度心に落とし込み、深めます。
(2)記事の内容を参考にしながら、自分の心を振り返り、考え方を変え、実生活の中で実践をします。
(3)その成果を見ます。成果が上がれば、その考え方・実践は、OKです。うまくいかなければ、まだ、とらえが甘いのです。

これらのことを地道に日々繰り返し行っていると、「考え方・心」は、確実に変わります。

アミは、実際にしてきてそうでした。
また、今、実際にしてそうしている周りの方々も、日々、しあわせな状態が深まっていっています。

縁あって、アミのメルマガ・ブログの読者になってくださっている皆さん、どうぞ、今以上に、もっと、もっと真剣に心磨き(考え方の修正)に取り組んで下さい。
時間が残されていません。

アミは、いたずらに恐怖心をあおっているのではありません。
(ただ、この記事を読んで恐怖心が高まるようでは、まだ、エゴが強いのですが・・・。)

人は、いつかは死を迎えます。
それが、遅いか早いかだけの差です。
死をいたずらに恐れる必要はありません。

ただ、今世生まれてきた方々は、特に、強い使命感をもたれている方々が多いと思います。
アミのこのような
「地味で、自分に厳しくないと読み続けられないようなメルマガ・ブログ」
を読み続けてくださっている皆さんは、なおさらだと思います。
アミも含めて、皆さんに後悔するような生き方をしてほしくないのです。

ですから、アミは、必死で言うのです。
「もっと、もっと真剣に心磨きをしてください。」
と。

「周りの人々、世の中が浮かれていても、あなたは自分を見失わないで。
仕事が忙しくても、心磨きを大切にして。」
と。

ノアをせせら笑う人々にはならないで!

今の地球や世の中の動きは、何年も前にアミが主人と一緒に
「きっと、こうなっていくよね。」
と、言ったとおりになっています。

でも、アミ夫婦は、予言者でも何でもありません。
ただ、
「現在の動きをじっと観察したり、注意深く感じたり、適切な情報をたくさん集め、その共通点を見出す作業をしたりしている」
と、自然に先が見えてくるのです。

今の状態を見ていると、アミ夫婦は、
「地球全体(地球人)が大きな川の流れの中で流されていて、先に滝壺が見える感じ」
がするのです。
「滝壺に落ちる直前に、ふわっと空中に舞いあがる人と滝壺に落ち込む人とに分かれる」
ような気がしてならないのです。


◆編修後記◆

たとえ、周りの人々から、
「人がいいにもほどがあるよね。」
「まじめすぎるよね。」
「もっと遊べばいいのに。」
等と言われていても、周りに変に迎合する必要はありません。
にっこり笑ってやり過ごせばいいのです。

「人は、人、自分は、自分」
です。

ただ、頭や心が固かったり、柔軟性に欠けたり、狭かったりするのは、心磨きにとってとてもマイナスです。
心磨きというのは、
(1)「心を整える作業」
(2)「実践を通して愛を深める作業」
と、もう一つ、
(3)「心をオープンにし、ナチュラルで柔軟にする作業」
があります。

(3)の作業は、心を
「天使の羽のように、ふわっとした感じ」
にするものです。

そのためには、固かったり、狭かったりする場合は、改善が必要です。

そういう人は、前回の記事の(2)のタイプの方に多いと思います。

そういう人は、
「意識して、人とかかわりながら実践をし、心の扉を開け、愛を放出する練習」
をされるといいでしょう。

「愛」は、もっているだけでは駄目なのです。
人に向かって出してこそ、初めて
「愛が成就する」
のです。

人は、
「自分の心を磨き、愛深き生き方をするため」
に生まれてきています。
「自分の心の扉を閉ざし、愛を自分の心の中に貯金するため」
に生まれてきたのではないのです(でも、そのような場合、愛は実際には空手形ですが)。

「愛」は、人に向けて注いでこそ、本物となるのです。
「愛」は、循環をさせなければ、自分のところに戻ってきません(お金もそうですね)。

この段になって
「自分の心が傷つけられるかもしれない」
「自分の心が傷ついた」
等と、言っている場合ではないのです。

心を開いて、人の中で自己表現をしてください。

自己表現をすれば、まわりの人々から反応が返ってきます。
その反応は、人によって様々です。

「??」と、思うものもあるでしょう。
「要らん世話!」
と、いうのもあるかもしれません。でも、
「おお! そういう感じ方もあるのか・・・。」
「ためになった!」
と、思うものもあるでしょう。

自分にとって
「価値ある反応」
だけを期待するのは、エゴです。
人がその人なりに親身になって言って下さっている言葉は、感謝の気持ちで、一旦、ありがたく受け止めましょう。
後から、自分の心の中で取捨選択をすればいいのです。

皆さん、本当の意味で賢くなって下さい。
仕上げの段階に入っています。
ラストスパートです!


  
必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 07:17| Comment(16) | TrackBack(0) | 食と心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

◆心を見つめる作業が基本 【アミの一口コラム 281】

心磨きにとって、
「知識」「実践(活動・経験・体験)」「心を見つめる作業」
は、3本柱です。

特に、心磨きの土台・基本は、
「心を見つめる作業」
です。


私は、昔、心を見つめる作業が十分ではないのに(エゴだらけなのに)、
「何かしなければ、何かしなければ・・・。人の役に立ちたい!」
と考え、いろいろな活動に手を出していたことがありました。

でも、それは今思えば、「自己満足の活動」でした。
見た目には、とても人に喜ばれることなので、とてもOKのように見えました。
でも、実際、今、振り返ると、「自分の心の課題も解決できない状態」で活動をしていたわけです。「活動自体」が全く意味がなかったとは言いませんが、自分の心磨きにとってさほど効果があがったようには思えません。

反対に、心をある程度整えながら活動すると、いろいろな仕事が、どんどんいい方向、いい方向に自然に向かっていき、結果的には人からもたくさん喜ばれることになります。

アミは、
「今、行動の時!」
と、言いましたが、それは、
積極的に自分の心を見つめながら、実践をし、自己変革をする時!」
と、いう意味です。

「自分の心としっかり向き合わないで、実践(活動・経験・体験)をしましょう!」
と、言っているのではありません。


◆編修後記◆

心磨きの観点から言うと、今、大きく分けて3つの生き方があるのかなぁと思います。

(1)活動を押さえ、心磨き(自分の心を見つめる作業)をもっとする必要がある人

動くのは、好きだ、実践は、けっこうしてきたと、本人は思っている。しかし、「自分の心を見つめる作業」を自分ではしているつもりでも、客観的に見れば、あまり深いところで心を見つめていないため、心はあまり変わってはいない。活動を積極的にすることが、かえって自分の心を見つめる作業から遠ざけてしまっている。

→ 積極的な活動は、ちょっと横に置いておき、自分の心の奥底を見つめ、自分の心を深く見つめ、修正する作業を至急する。

(2)心をしっかり見つめてきたけど、人との関わり(活動・経験・体験)から遠ざかっていた人

自分の心は、しっかり見つめ、時には必要以上に自分を責めたりしてきた。これ以上、反省をし続けると、落ち込んだり自己満足的な反省になってしまったりする可能性がある。

→ 「心をみつめる作業(基本)」はある程度できているので、今度は他の人々の間で「今まで自分がしてきた心磨きが通じるか」を積極的に実践してみる。

(3)心磨き3本柱「知識」「実践(活動・経験・体験)」「心を見つめる作業」のバランスがほぼとれている(あまり偏っていない)人

外から知識を入れながら、心を見つめ、実践を積極的にする。

です。

皆さんは、どれにあてはまりますか?


【追伸】

岩手県及びその周辺の皆さん、大丈夫だったでしょうか?
余震も、あることでしょう。
どうぞ、心を落ち着けて、十分に気をつけられてください。


  
必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 04:12| Comment(10) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

◆オープンマインド! 【アミの一口コラム 280】

最近、アミの周りにおいでになる方々をじっと観察をしていると、ある共通点に気付きます。

〈共通点〉

(1)おそらく、過去(世)でいろいろな宗教、哲学等を渡り歩いたか、一つの宗教などに人生を捧げてきた、古い魂・・・。
(2)心がピュアで、誠実、まじめ。
(3)向上心が強い。
(4)自分に対するセルフイメージが低い。
(5)自分の使命を模索している(使命感が強い)。
(6)遠慮してしまい、いざという時に腰が引ける。
(7)心が純粋過ぎる? エゴの名残り? があるため、自分の心を閉ざしがちで、警戒心が強い。
(8)自分が傷つかないように、自分を守ろうとする気持ちが強い。
(9)今までの(過去世からの)宗教的な考え方の影響がまだ、色濃く残っている。
(10)「ねばならない」「かくあるべし」等、自分で自分を縛っているようなところがある。
(11)人がよく、だまされやすい。
(12)芯は熱く、温かいハートをもっている。
(13)今世は、自分がよくなるだけでなく、人もみんなよくなることを願っている。そのために、できることはしたいと思っている。

等です。

アミがこのようなタイプの方に抱く希望は、
「自ら進んでオープンマインド!」
「自分が傷つくことを恐れず、自分をおおらかに表現すること」
です。

確かに、「過去(世)からの学び」は、みなさんの「心磨きの土台」になっています。
でも、これからは、過去の宗教を学ぶというより、
「自分の心を信じて、自分の心に頼れるようになるように、心を磨くこと」
です。

心を磨くことは、何も、
「反省 → 修正」
ばかりではありません。
上記の「共通点」に7個以上当てはまりそうな方に申し上げます。

反省ばかりして、自分の心を頑なに「自分ワールド」の中に押し込め、完結してはいけません。

心を外に向かって、人に向かって、開きましょう。

あなたのそばを見てください。
あなたの周りに「両手を広げて迎えてくれる人」がいませんか?

過去(世)の学びは、けっして無駄ではありません。
アミも、たくさんの宗教、哲学、心理学、経済等の本を読んできました。
いろいろな宗教団体も見てきました。

今となっては、それらから学んだことは、アミの心作りの土台にもなっています。
ただ、あくまでも「土台」なのです。

主役は、「宗教」ではありません。
主役は、
「自分の心」
「内なる声」
です。

今から、時代は、ますます混沌としてきます。
もう、地球は自己浄化を始めているのです。
もう、スタートはきられたのです。

自分の心を大空に飛び立つ白い鳩のように、自由に飛び回らせてください。

自分の心を素直に表現すると、周りの人にも、
「あなたの課題の部分」
「いい部分」
の両方見えます。

「課題の部分」は、教えてもらいましょう。
第三者の目というのは、案外、正確なものです。
聞く耳をもつ人が伸びるのです。

いつまでも、心を閉ざしていると、あなたの「課題」は、出てこないかもしれませんが、「よさ」も出てきません。

「心を開いて!」
「オープンマインドで!」


◆編修後記◆

オフ会のことで、いろいろお気遣いいただいて、ありがとうございます。
本当に、皆さんの温かなお気持ちがうれしいです。

記事の中で、少しずつ、オフ会のことをお話していこうと思います。
アミのメルマガ・ブログは、単に「趣味の会」ではありません。

アミ的には、
「かなり真剣モード」
です。

タイミングが大切です。

ですから、いつ、急に
「します!」
と、言うかもしれません。

本当は、
「前もって・・・。」
というのが普通でしょう。

ただ、アミ的には、
「たいしたことでないものは、前もってでもいいけれど、一番、大切なことは、直観に従って、内なる声が『今だ!』と言えば、それに従わざるを得ない」
のです。

アミ的にも、都合が悪い、困ることも多々あるのですが、内なる声が
「GO!」
と言ったら、行くしかないのです。
どうぞ、ご了承、お許しを。

今の時点では、オフ会は、1回で終わりにはしないかもしれません。
シリーズで行うかもしれません。

「出席できるときに出席してもらえればいいかなぁ」
とも思います。

もしかしたら、最初のオフ会は、9月以降ではなく、8月下旬になるかもしれません。
後、少しお待ちください。


  
必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ




posted by 女教師アミ at 00:47| Comment(2) | TrackBack(0) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

◆ご縁 【アミの一口コラム 279】

昨晩、たくさんのゲストが、我が家にやって来てくれました。
ご近所のかた、学校関係者、美容室の先生、なるみんさん、主人、アミです。
総勢、10数人だったでしょうか。

私の入っていた話の輪のメンバーは、なぜか、「隠れキリシタン、神道の話、お墓?の話」等になり、盛り上がりました。そのメンバーの一人が
「普通、ご近所でこんな話をしないし〜〜! やっぱりご縁よね〜!」
等と言われていました。

本当に不思議です。
ご近所や学校関係者の中にこのようなお話が普通の感覚でできる人がこんなにいるなんて。

いろいろな人が集まってきていますが、共通点が
「心を大切に。
自分だけがしあわせになるのではなく、周りの人も一緒にしあわせに。
自分ができることはさせてもらおう。
謙虚に自分を振り返り、自分を高めていこう!」
という考え方です。

みんな心が温かく、面倒見がよく、前向きな方ばかりです。

昨晩は、そのメンバーのうちの2人がアミの家に泊まりました。
そして、その二人となるみん、主人、アミとで、朝、森の中のカフェテラスに行き、朝食に天然酵母パンとコーヒーをいただきに行きました。

それから、近くの波動のいい神社を2つお参りして帰りました。

この二人の方にも、アミのブログを見ていただきました。
(アミの周辺の方には、殆どアミのブログのことを紹介していません。本当に内容を理解し、信用ある人だけに紹介しています)

きっと、お二人も、このコメント欄にいつか登場してくれることでしょう。


◆編修後記◆


最近、本当に
「縁」
というのを感じます。

アミの周りに
「縁ある方々」
が次々に現われてきてくださっているような気がしてなりません。

また、そのような方々は、初対面でもなぜかすぐ仲良くなれるのが不思議です。

地球に住む人々が心の根っこでみんなつながっていることをとても感じます。

〈追伸〉

コメントをくださっている皆さん、ありがとう!
アミは、土、日曜日と旅行をして、不在でした。日曜日の夜は、来客でした。
お返事を書くのが遅れてごめんなさい。
今から、できるところまで、お返事を書きますね。



  
必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 21:49| Comment(11) | TrackBack(0) | 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

◆優先順位第1位:心 【アミの一口コラム 278】

心を開きましょう。

自分が傷つくことを恐れないで。

傷つくことを恐れるあまり、心を閉じていても、決して、運は開けません。
本当の意味でのしあわせは、訪れません。

心の扉をしっかり閉めている方には、とても純粋で宗教的な魂の方が多いように思います。
純粋なあまり、或いは、現世や過去世でたくさん傷ついてきたため、恐くて心の扉を開けられない方もいます。

恋愛がなかなかできない方、結婚したくてもなかなかふみきれない方の中に、相手に心を開いてしまうと、傷つくのでは? 自分のプライドが傷つくのでは? という方も時々おられます。

もし、あなたの心がきれいであれば、あなたが心を外に向かって開いても、周りにいる方々は、おそらくあなたと同じくらいに心のきれいな方でしょう。
そのような方は、あなたをそんなに傷つけはしないでしょう。

たとえ、傷つけられたと感じても、気にしないことです。
もう、傷ついた傷つかない等と、自分の心のお世話をしている時間はありません。

ひたすら前を向いて、前進あるのみです。
自分の使命を果たしましょう。

今まで心磨きを本当の意味で頑張ってきた方は、もう、自分の内をじっと見続ける作業は、横に置いておいて(時々(行動しながら)、見つめればいいと思います)、愛の実践(行動)に出ましょう。

まだ、心磨きが深まらない人や心磨きをしてきたつもりだがまだ一歩の方は、傷つくことを恐れず、人に指摘してもらってでも、早急に心磨きを深めましょう。時間がありません。
心磨きも、ある程度の深さとバランスが必要です。
「球の形をした心」です。
いびつな部分を修正しなければなりません。
心がいびつな状態、心が閉じた状態で、
「世のため、人のため、地球のため、環境のため、○○のため・・・」
と頑張っても、
心が磨かれないどころか、
「心」が一番ではなく、「○○のため」の「○○」が一番になってしまいます。
そのような状態の心には、「エゴ」が入っています。
心なくして(エゴを捨てないで)○○の活動に集中・専念してしまうと、間違った方向にいきます。
本人は、よいことをしているつもりなので、なかなか自分の心の状態に気付きません。
また、必死になればなるほど、自分の活動に反対する(ように見える)忠告には耳を貸さなくなります。
○○○の活動を行うことで、
「自分の心磨き(自己変革)から逃げてしまうことになる場合」
もあります。

全てのことの前にまず、
「心ありき」
です。

「心のバランスをとり、心を外に向けて開くこと。」
「愛深き想いをもつこと。」
とても大切です。

活動を主体にやってこられた方は、早急に
「自分の心磨き」
を頑張って下さい。

本を読みながらではなかなかはかどらない方は、アミのブログのほうにコメントをお寄せくださってもいいでしょう。
オフ会に参加されるのもいいかもしれません。
人の考えに耳を傾けましょう。
人から意見をもらいましょう。
そして、自己変革をするのです。

心の扉が閉まったままで、心磨きが深まらない状態のままで、
「○○○の活動」
を行うのは、「魂の危険性」を伴います。

心を開く訓練をしたり、自分の心の課題を人から指摘してもらったり(活動型の方は、本などの文字を読んで自分のレベルにもってくることが苦手な方が多いように思います)しながら、早急に心を「丸い状態」にもっていってください。

今、○○○の活動をされている方は、辞めることはできなくても、主でなくて、心磨きの片手間に行うような感じの方が、今は、いいと思います。

今から、○○○の活動をされようとする方は、ちょっと踏みとどまって、自分の心をまず見つめてから、決断しても遅くないと思います。


◆編修後記◆

今、とても大切な時期です。

今まで、ある程度、心を磨いてきて、奥に引っ込んでいた方は、早く前に出てきて下さい。
そして、自分なりのやり方でよいので、前に進んでください。
もう、後ろや横は振り返らないで。
人のことを気にしないで、前に進んでください。
「自分の道」を歩むのです。

心磨きをしてきたつもりだが、心磨きは今一つ。
○○○の活動はできてたが、心の状態は今一つ。
という方は、早急に、「自分の心のチェック」をしてください。

優先順位1位に
「人や地球のための○○○の活動」
ではなく、
「自分のための心磨き」
をもってきてください。

自分の本当の心と向き合う勇気をもってください。
いやなこと、苦手なことにも、勇気を持ってとりくんでください。
時間がありません。
使命を果たさなければなりません。

それがあっての、
「活動」「行動」
です。

心を中心にもってきていない活動は、最終的にはうまくいきません。
それは、仕事でも、家庭でもそうです。
全ての中心は、「心」です。


  
必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 06:45| Comment(7) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

◆今、一番大切なこと 【アミの一口コラム 277】

世の中は、どんどん加速度的に変化しているようです。

今の世の中をアミ的に形容すると

「崩れる」

という言葉がぴったりです。

地球も、人間もみんな手術中? 清掃中? といった感じでしょうか・・・。
しっかり覚悟を決めなければなりません。

アミは、時々、思います。
「みんな一生懸命に働いているのに・・・。
一生懸命に生きているのに・・・。
なぜ、こんなにいろいろなことで苦しまないといけないのだろう。」
と。

でも、ここで、異常気象を恨み、社会を恨み、政治を恨み、人を恨んでも、問題が解決できるわけではありません。

あまり、恨んだり不平不満をもったりすると、かえって心に曇りをつくります。

今、自分ができることを精一杯するだけです。
みんな苦しんでいるのです。
でも、みんな頑張っています。
だから、一緒にがんばりましょう!


アミが考えるのは、今、一番大切なことは、

「自己変革(心磨き、壁を打ち破ること)を恐れず行っていくこと」

「目の前に出てきていることから逃げずに、立ち向かい、少しでも、真善美にかなった形、愛ある形で解決していくこと(→結果的に心磨きにつながる)」

「自分の心磨きがうまくいっているかどうか、自分の周りの様子から判断し、心磨きに生かすこと」

です。
どんな状況に置かれても、一緒だと思います。

このような姿勢で努力し続けることで、心が磨かれます。
人の輪が広がり、絆が深まります。
愛が広がり、深まります。
幸せ感が深まります。

「辛い」
と言っても、後、たかだか、1.5年〜4年、長く見ても、人生80年ほどの間のことです。
めげずに頑張りましょう。


◆編修後記◆

アミはいつも、
「自分の心磨きがうまくいっているのかどうか」
「自分の生き方がいいかどうか」
を自分の周りの様子から判断します。

例えば、
「家族(夫婦)」
「仕事」
「友だち、ご近所、サークルの人間関係」
等が、うまくいっているかどうかです。
(すぐには、うまくいかなくても、少しずつでもいい方向にいきつつあるのでしたら、それはいいと思います。)

これらが順調に、愛をもって発展していく方向にいっていれば、
「心磨き」
は、まずまず、いい方向にいっているということです。
このようにして、アミは、常に自分の心磨きがいい方向にいっているかどうかのチェックをします。

皆さんは、いかがでしょうか?


厳しい世の中、自分に厳しくあるというのも、たいへんかもしれません。
でも、それが「心磨き」です。

「自分を厳しく見つめ、自己変革をし、自分を向上させていくことが、結果的には本当のしあわせにつながる」

と、アミは考えています。


  
必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 07:05| Comment(8) | TrackBack(0) | 霊的な磨き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

◆再会 【アミの一口コラム 276】

こんばんは。
アミです。

ずっと以前から心の中で温めてきたことがあります。
でも、なかなか勇気が出ませんでした。

やっと、時が熟したようです。


◆再会 【アミの一口コラム 276】◆

アミは、以前から、
「メルマガ・ブログの皆さんとお会いしたい」
と、思っていました。

・・・と言うより、出会うことを約束してきた方々がいるような気がしてならないのです。
「会いたい」
というより、
「会わなければならない」
と言った感じです。

また、心磨きは、ずっとひとりでやり続けるより、(独りが主体ではありますが)時には、グループで、何人かの人とすると、より効果が出ます
自分独りぼっちだと、けっこう自分に甘くなったりすることもあります。
第三者の眼から見てもらうと、けっこう自分の課題が見えてくるものです。

ずっと、このときが来るのを待っていました。
やっと、ときが来たようです。

「メルマガ・ブログのオフ会(研修会)をしよう」
と思います。
場所は、福岡県です。
※ 人数によっては、場所は変わるかもしれません(熊本県など)。

このような場合、協力者が必要です。
(長年、色々なサークルの運営に関わってきた経験からそう思います)
ものごとをうまく進めていくためには、一人ではできません。
物理的、心情的サポーターが必要になります。
ただ、アミのメルマガ・ブログのオフ会ですから、さりげないものです。
サポーターは、「さりげない協力者」というスタンスです。

私は、
「雨の日も風の日も? アミが全くお返事を書けない時にも、ブログにずっとコメントをくださり、長年のお付き合いをしてくださっているPEKOさんと絆さん、そして、地元のナルミンさん、美容室の先生」
にお手伝いをお願いしようと思いました。

ずっと以前、アミへのメールがまだOKだったときがあります。
(今は、時間の関係でお返事が書けないので、緊急の時以外では遠慮していただいています)
メールOKだったときにいただいていたPEKOさんと絆さんのメールアドレスを保存していたので、返信でアミからお二人に送付し、お願いをしました。
お二人とも、最初は遠慮されていましたが、アミが無理矢理お願いしました。

「オフ会をする前に、1度はお会いしておかなければ」
と、思い、お二人にはアミの方からかなり無理を言って、アミのところまで打ち合わせに来ていただくことにしました。

帰国したばかりで体調がまだ思わしくないPEKOさんにも、相当ご無理を言いました。
そして、先日、私のところに来ていただきました。
今度は、また、無理を言って絆さんにもきていただきます。
お二人とも、アミの住んでいるところからは遠いので、たいへん申し訳ないのですが、いろいろな理由があって、こちらへおいでいただくようにお願いしました。
美容室の先生は、地元ですし、ナルミンさんは、目の前が家なので、OKです。

これからオフ会の準備を整えていきます。
もし、おいでになれる方は、遠い方もおられると思いますが、ご都合がつけばおいでいただければうれしいです。

会は、9月以降になると思います。
人数にもよりけりですが、
「せっかくおいでいただくので、懇親会だけでなく、ちょっとした研修会形式にしてもいいかなぁ」
と、思っています。
(研修は、仕事関係でよく主催したりお手伝いしたりしているので何とかなると思います)

おいでになる際にいくつかのお願いがあります。

いろいろな方がおられます。
私達は、「心」でつながっています。
一人一人の想いを大切にしたいと思います。

アミは、よくオープンマインドと言いますが、
「心のオープン度に関しては、個人の自由」
です。

「心のオープン度」に関して、
「私は、この場では60度ぐらい開こう」
「今回は、30度でやめておこう」
「せっかくのチャンスだから、自分は360度のつもりで」
と、色々な方がおられると思います。
「今回は、狭い角度で」という人の心を無理やりこじ開けて、90度まで等とは考えていません。
あくまでも相手の想いを大切にしたいと思います。

心磨きを大切にしているので、あくまでも話の中心は「心」です。
この世的なこと、例えば、
「仕事、家族、経済状況、住所などの個人情報」
に関わることは、ご自分からオープンにされたい方はしていただければよいし、これらのことには触れたくない方は、それはそれでOKです。
ですから、個人情報に関わる質問は、こちらから相手にすることは遠慮するようにしましょう。

「自分をよく知ってほしい。いろいろなアドバイスがほしい。滅多にないチャンスだから・・・。
自分的にはオープンにしてもかまわない!」
という方は、どうぞ、自分情報を発信して下さい。
それはそれで得るものがあるでしょう。

目的は、
「親睦を深め、人の話を聞いたり話したりすることで、自分の心磨きを進める」
というものです。

「思いやり」「謙虚さ」
「全てのものから学ぶ姿勢」
を大切にしたいと思います。

実際にオフ会をする段階になると、おそらくアミの方からいろいろなお願いをすると思います。
おいでになる方には、アンケートや簡単なレポート等をお願いするかもしれません。
簡単な研修会形式にするので、おいでになる方のある程度のお気持ちや考え方、目的等を知り、それを踏まえた上で研修メニューを作りたいからです。
研修メニューは、おいでになる方の心の状況を踏まえながら作りたいと思います。

事前準備を聞いて、
「え〜〜! 場所も遠い上に、いろいろ準備しないといけないなら、や〜めた!」
という方もおられるかもですね(苦笑)。

ごめんなさい。
でも、アミは、意地悪をしているのではありません。
これも、アミの想いがあってのことなので、ご了承下さい。
アミも、とっても時間がないなかで、行います。
準備にはかなりのエネルギーと時間が必要です。
アミなりに色々考えてのことです、
ご理解くださいね。

一応の目安ではありますが、もし、人数が5人以上になれば、研修会方式をとります。
夏休みの間に準備をしようと思います。
4人以下でしたら、個人的に楽しみを深める出会いの会にします。
いずれにしても、泊まりがけになるでしょう。

できることなら、ただ「飲んで話して終わった」という形でなく、皆さんが
「何か心磨きにとって得るものがあった」
「自己変革のきっかけになった」
という会にしたいと思います。

アミは、研修会で、予言をするわけではありませんし、宇宙人情報をお伝えするわけでもありません(笑)。

じみ〜に、
「自分の心をいかに磨くか? いかに愛深き生き方をするか?」
というテーマで行うものです。

このじみ〜な会の趣旨にご賛同いただける方、お時間が許す方、ご都合がつく方、レポート提出の労を惜しまない方は、お越し下さい。
大歓迎です!!
(これだけいろいろお願いしたら、だ〜れも来ないで、しぃ〜んかもね・・・と、主人と話しました)

詳しくは、また、後日お知らせいたします。
集まって下さる方が数人でも、一人でも行いたいと思います。

人数の問題ではないからです。

予定としては、9月か10月あたりの土日に考えています。
よほどの緊急事態が起きれば、中止や延期は考えられますので、ご了承下さい。
今のところは、できそうです。


◆編修後記◆

今から、大波を超えていかなければなりません。

鍵は、
「心」
です。

自分の前に現われたことは全て心磨きの材料です。
ただ、何でもかんでも、手当たり次第に挑戦する時間は、ありません。
「直観に従って、質の高い学びをすること」
が大切です。

アミは、メルマガ・ブログで自分のもてる情報を発信してきました。
今度は、実際にお会いして、皆さんのお顔を見ながら、情報を発信したいと思います。

心を素直に、謙虚に。
愛深く。

エゴを捨てて。

自分を守るのは、もうやめましょう。
守らない方が、返って守られるのです。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 23:25| Comment(23) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆不足不満に思わない 【アミの一口コラム 275】

毎日、暑い日が続きますね。
報道はあまりされていないようですが、世界中で異常な気象がみられているようです。
異常な暑さ、異常な寒さ、台風等・・・。
それにみまわれた方々は、本当に言葉がないほどお気の毒です。

日本の場合は、そこまではないようですが、それでも過酷な夏です。

この暑さを乗り切るためには、物理的な準備もとても大切です。

○日に直接当たる時間をなるべく少なくする。
○温度が高い室内でも気を付ける。
○木陰で休憩をまめにとる。
○日に当たらないように、服装、傘などの工夫する。
○日焼け止めをぬる。
○水分をたくさんとる。
等、いろいろあると思います。

心的な面ではどうでしょうか。

「暑さを意識しないこと」
です。

ある意味、暑さ、寒さは、人間の力ではどうにもなりません。
天の計らいです。
暑さ、寒さに不足不満をもっても、どうにもならないのです。
暑さ、寒さに不足不満をもち、声に出し、嘆いても、事態はいっこうに変わりません。
それどころか、不足不満の心は、心に曇りをつくってしまいます。
「暑い、暑い」
という思いは、熱中症、日射病などを引き寄せます。

「寒い、寒い」
という思いは、風邪などを引き寄せます。

スピリチュアル的に見れば、身体の病は、心の病が原因になっていることが多いです。
天候のことで、心に曇りをつくらないために、
「どんなに暑くても、寒くても、その感覚は、無視して、何ごともなかったかのように振る舞うこと」
が大切です。

「夏は暑いのがあたり前、思いっきり汗をかこう!」
という方は、そうすればよいし、
「暑いのは苦手!」
という方は、涼しくなる努力をすればよいです。

暑さ、寒さで心に曇りをつくらないでくださいね。


◆編修後記◆

アミが仕事が忙しくて、記事のアップがなかなかできなかったり、メルマガの配信やコメントのお返事が遅れていたりしていても、じっと記事のアップを待ってくださっている読者の皆さん、本当にありがとう。
おかげで、何とかここまでつづけてこられました。

アミは、ひとりでも多くの方々が心磨きをし、しあわせになっていただきたいと思います。
そのためのサポートは惜しまないつもりです。

今後とも、どうぞよろしくお願いします。


必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 07:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

◆愛と向上のためのネットワークを!! 【アミの一口コラム 274】

こんばんは。
アミです。

しばらく記事のアップが途切れてすみません。
夜のスケジュールもぎっしりの状態で、どうしようもありませんでした。

何とか時間を見つけて書きたいと思います。


◆愛と向上のためのネットワークを!! 【アミの一口コラム 274】◆

不思議な夢を見ました。

小高い丘の上の広場のようなところです。
アミは、そこに立っていました。

すると、次から次にといろいろな人達が集まってきました。

その人達は、現代の人だけではありません。

江戸時代と思われるお侍、日本髪を結った女性、
いろいろな時代の人々が集まってくるのです。

たくさんの人々が集まってきて、広場が埋め尽くされたと思ったときに、
アミの横にいた一人の女の子が叫びました。

「ああ、海面が下がっている!!」
と。

アミがその方向を見ると、いつもはもっと景色の広い部分をしめていた海の面積が狭くなっているのです。
アミは、思いました。
「ああ、本当に海面が下がっている。」
と。

空一面に雲が覆い、今にも何かが起きそうな気配でした。

アミは、眼が覚めました。


◆編修後記◆

「だから、なんなの?」
と、言われそうな夢ですね。

アミも、
「海面上昇! と言う言葉は、よく聞くけど、
海面が下がるなんてことは、あまり聞かないなぁ」
と、思いました。

とりあえず、インターネットで「海面 下がる」で検索してみたら、
「そのようなこともないわけではない」
というような意味のことも書かれていたように思います。

まあ、真偽のほどは、さておいて、アミ的には、このような夢を見て、
「ああ、来るべき時がきているのだなぁ」
と、思いました。

でも、そこで自分を見失ってはいけません。

確かに、アミは、
「今こそ、行動の時です!」
とは、言いました。

でも、けっして、
「心をないがしろにしましょう」
ということを言ったのではありません。

「行動ばかりして、自分の心を見つめてこなかった人」は、「行動をとめて、自分の心を振り返ること」も大切です。

反対に、「じいっと自分の心ばかり見つめてきた人」は、「実践をしながら心を磨くこと」が大切です。

個人差があります。
人によって違います。

「人との出会い」と言っても、「心磨きにとって、危ない人との出会い」は今の時期、できるだけ避けたいものです。
反対に、「本当に心磨きをしている人(この世的に見てもしっかりとしている人)」がいれば、どんどんお付き合いをしていくことです。
教科書以上に得られるものがあるでしょう。

でも、心の中で
「???」
と、ちょっとでも引っかかることがある人には近寄らないことです。

「自分を高めてくれる人」「自分を必要としてくれる人」と、お付き合いをするとよいでしょう。

全てが心磨きにつながるような人間関係をつくるのです。
「愛と向上のネットワーク」
です。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 21:43| Comment(12) | TrackBack(0) | 自己実現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

◆心を大空に向けて開いて!! 【アミの一口コラム 273】

おはようございます。
アミです。

昨晩、やっと仕事から解放されて(午後10時頃)、主人となるみんさんと私で、行きつけのお店に行きました。
前々回に登場したKさんのお店です。

本当は、行く時間もなかったのですが、なぜか、無性に
「行かなければ・・・。」
と、思ったので行きました。

3人でビールを飲んでいると、来ました!!

私が前から
「一緒に飲みたいよね(話したいよね)」
と、言っていたAさんが・・・。
初めて、Aさんといっしょに少人数で話しました。

そこで、いろいろなこと(本当に今後のことに影響する大切なこと)を話しました。


◆心を大空に向けて開いて!! 【アミの一口コラム 273】◆   

アセンションに向けて(或いは、いずれは訪れる「死」に向けて)、心磨きをしている皆さん、
本当に
「アセンションがある」
「後、1.5年間ぐらいが勝負」
等と思われているのなら・・・。

もう、
「自分のこと」
「自分を守ること」
「自分のことを心配すること」
「(また)自分が傷つけられるのではないかと恐れること」
「頑なに心を閉ざすこと」
等をやめましょう。

アセンション(死)の準備のために、次の4点が大切です。

(1) 目の前に起きてくることから、自分の心の課題を見つけ、修正すること(心の浄化)。
(2) 人としっかり関わり、愛の実践をすること(人との関わり・愛の実践)。
(3) 心を外に向けて解放させ、柔らかで柔軟な心にすること(心の解放)。
(4) 自分の使命を果たすこと(使命)。

これからは、特に(2)は大切です。

人とかかわり、愛の実践をしっかりすると、眼が外に向き、自然に自分の心(エゴ)に意識を振り向けることが少なくなるからです。

少し前までは、アミは、
「自分の心をしっかり見つめる時間をもつこと」
が大切だと言ってきました。

でも、今は違います。

時間がないので、
「人とかかわりながら、人に助けてもらいながら、愛の実践をしながら、心を見つめて、軌道修正をかける」
のです。

「効率よく」心磨きをするのです。


今は、
「ゆっくり、自分のペースで変わって行く」
というより、人の力を借りてでも、
「ぐんぐん変わっていく時期」
です。

そのために、いろいろな人と約束してきているのです。

「この人との出会いは、意味がある」
と、思ったら、感謝を込めて活用させていただきましょう。
お互いに持ちつ持たれつです。

助けてくれる人も、それはそれで、
「自分の使命を果たしている」
ので、OKなのです。

「人に頼るのは、よしとしない」
という考え方もあるでしょう。

でも、大きな課題は、案外、自分では気付かないものです。
時間がないので、人から指摘してもらったほうが速いのです。
自分で気付かない(修正できない)から、同じところを堂々巡りをしているのです。

心磨きのために、?なプライドはかなぐり捨て、必死になって前に進みましょう。

人を信じましょう。
人に甘えさせてもらいましょう。

もう時間がありません。

もう、自分を守らないで。
(本当の意味ではない)安定にしがみつかないで。

青い大空に向かって、心を大きく開いてください。
悔いの残らないように、チャレンジして下さい。
今、動かないと、きっと後で後悔をします。

「人との出会い」
を大切に・・・。
もしも、あなたが今まで心磨きを本当にしてきていれば、今から、守護霊(ガイド)が、次々に新たな人との出会いを用意してくれています。
チャンスを逃さないで。

ゆっくり、本を読みながら自分なりに頑張っていく時間がありません。
「心を磨いてきた人」から、直接、自分を観てもらいながら教えてもらった方が、早道です。

※「本」「アミのブログの過去の記事」「人との関わり」の3点セットで心磨きを進められると効果的かもです。

心の耳を澄ませて、内なる声を聴いて、そして、実行して下さい。

アミもそうしています。


◆編修後記◆

アミは、自分や主人、なるみんさんの周りで起きる小さな奇跡の連続(想ったことがすぐ実現する、今までなかった不思議な経験をする等)を見ていると、もうどんどん地球の浄化?(アセンション?)が始まっていることを実感するのです。

心の中に(自分を守るための)ブロックがかかっている方がおられます。
そういう方は、もともと宗教的な魂をもっておられ、使命のある方です。
今世のようなどろどろした世界で生きていくのには、あまりにもピュアで傷つきやすいこともあったのでしょう。

自分の心を守るために、無意識のうちに? 心にブロックをかけておられます。

もう、大丈夫です。

傷つくことを恐れないで。

今が、
「ブロックを外して心を外に向けて解放させる時」
です。

傷つくことを恐れず、心を青い大空に向けて解放させてあげて下さい。

青い大空に一羽の白いハト(あなたの心)が飛び立つ姿をイメージして下さい。

目の前に出てきたことを大切にしてください。
これからは、
「人との出会い」
が鍵を握ります。


必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 09:37| Comment(10) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

◆悔いのない人生を! 【アミの一口コラム 272】

おはようございます。
アミです。

なかなか記事を更新できずにすみません。
コメントのお返事も途中までになっています。
お詫びいたします。

毎日、仕事が本当に分刻みで入っており、身体を休めるのは、昼食の20分間と、夜の30分間と、寝る時間だけ・・・。
というようなライフスタイルです。

なかなか時間の関係で長い記事が書けないので、一言でも短い記事を書こうと思います。

◆悔いのない人生を! 【アミの一口コラム 272】◆

最近、つくづく
「今、行動のとき」
と、思います。

・・・というか、私のライフスタイルがそうなっているようです。

私の人生は、
「心の声のままに・・・。」
といった感じです。
流れに任せて生きています。

その流れがここ最近、急速にアクティブになっています。

自分にとって余分なことは、どんどん削られていきます。
その代わり、必要なことは、ぎっしり出てきます。

時が迫っていることがよく分かります。

「私がそうだから、皆さんもそうだ」
とういことは、言えないかもしれません。
でも、私は、過去振り返っても、自分自身が
「世の中の流れの温度計」
みたいなところがあり、
「時代の流れをキャッチするのがけっこう速い」
と思います。

自分が決めてきた使命は、もう、果たし始めないと、きっと後悔します。
「今のライフスタイルでOKかな」
と、思われる方は、それでよいでしょう。

ただ、
「何か、違う。
何かしなければならないことがある。」
と、思われる方は、早く、内なる声に従って行動を起こすことです。


◆編修後記◆

「行動」
と、言いましたが、アミは、けっして
「心をないがしろにしましょう」
と、いうことを言っているのではありません。

「行動しながら考える、心を振り返る」
のです。

「愛」は、貴い価値のひとつです。
ただ、「愛」は、心だけでいくらもっていても「愛」として完結しません。

「愛」には、「行動」を伴うことが多いからです。

おそらく、どの人の使命の中にも、この
「愛」
という価値は、含まれていることでしょう。

「今の生き方で後悔をしないか?」
もう一度、チェックをしましょう。


必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 06:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 自己実現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

◆使命を果たす 【アミの一口コラム 271】

先日、おもしろいことがありました。

私の大切な友人が遠方から来てくれました。

そこで、私と主人となるみんさんとその友人と4人で、近くの工房に行きました。
その工房の工芸品をつくっている職人さん達は私達の友だちです。

その工芸品のすばらしさも見てほしかったのですが、私としては、その職人さん達自身を見てほしかったのです。
その工芸品にかける情熱と純粋さを感じていただきたかったのです。

私の友人は、短い会話の中でも、何かをきちんと感じて下さったようでした。

その晩、私と主人となるみんさんは、いきつけの焼鳥屋(そこのマスターがまた、いい人・・・マスターもスピリチュアルな話のネタになる人です!)に行きました。
「友人が滞在してくれた3日間は、とても充実して、有意義だった、ドラマチックだった」
と、感動に浸り、盛り上がりました。

店を出るとき、アミは言いました。
「Kさんのお店に行こうか・・・。
今いちだけど、友だちだから、しかたないから、行ってあげよう。」
等と言いながら、3人で歩いて向かいました。

すると、後ろでなるみんさんの叫び声がしました。
「あ〜〜!! Aさんがいる〜〜!!」
と。

振り返ると、なんと、後ろに今日行った工房の職人の一人が立っていたのでした。
「なぜ、ここにいるの〜〜!」
と、職人さんと私達は、びっくり!

職人さん達も、今日は、飲みに来ていて、その帰りだったそうです。
職人さんと私達は、ごく自然に共通の友だちのKさんの店に向かいました。

すると、今度は、その店の前のベンチにもう1人の職人と学芸員が座っていました。

二人とも私達4人の顔を見てびっくり!
「どうして、一緒にいるの〜!!」
でした。

示し合わせて、2次会合流といった感じでした。

そして、私と主人、なるみんさん、職人さん達、学芸員さんと一緒にKさんの店に入り、盛り上がりました。
アミが、
「私の友人が、すてきな人達だと言っていたよ。工房に来てよかったと言っていたよ。」
と、話すと職人さん達は、とてもうれしそうでした。

その友だちのご主人が「レトロなだじゃれが上手」という話から、その職人さんも共通点があったので、また、盛り上がりました。
その職人さんは、
「会ってみたいけど、ちょっと、悔しい気もするな〜(自分は、普通のだじゃやれなので)!」
等と言って、笑っていました。、

別れ際に学芸員さんが言いました。
「しばらく飲んでいないから、アミさん達と一緒に飲みたいなと、話していたところでした。
今日は、よかった。」
と。

私達も、思いは同じでした。
その職人さん達を誘いたかったのですが、なかなか日程がとれなかったのです。
一緒に飲むことで、大切な友人のことを話題にできてよかったです。


◆編修後記◆

前は、
「こうなったらいいなぁ」
と、祈って待つことが多かったです。

でも、最近は、祈らなくても(意識していなくても)、必要なことがどんどん出てきます。
偶然にしては、あり得ないことがびっくり箱のようにどんどん出てくるのです。

余談ですが、その大切な友だちが来て、家で会食をしているときに、普段は、口の重い主人がいろいろと語りだし、オーラの色まで見えると言い出しました(もともと、主人は私以上に霊感が強い人ですが・・・)。
普段の主人の姿を知っている私やなるみんさんは、びっくりです。

私の大切な友だちご夫婦は、大切な使命をもっておられるのです。
お会いしてますます、エールを送りたくなりました。

これからは、心ある方々が中心に来る世の中になります。
今まで、すみっこで、謙虚にたたずんでいた方々が中心に来ないといけないのです。

そのような方々は、これから先、「遠慮すること」は謙虚でも、美徳でもありません。

時間がありません。
「今、打って出るとき」
です。
それをしないと、使命が果たせず、後悔することでしょう。
(アミも、後悔だけはしたくないので、がんばっています)

傷つくことをおそれず(傷つく時間は、もうありません)、
「心の戸を開けて」
力強く前進あるのみです。

本当に心ある人は、人一倍敏感で繊細な感性をもっておられます。
本当は、とても傷つきやすい面をもっておられます。
でも、今は、使命を果たすために、あえて強くならねばなりません。

夫婦の方は、夫婦で使命を果たすことです。
「夫婦の一人だけ使命が果たせて、もう一人は果たせない」
ということは、あり得ないのです。

夫婦で、計画してきているのです。
ご主人を愛しておられるなら、ご主人に使命を果たさせて上げて下さい。
それが、「妻という役割での使命」を果たすことになります。

今、大きな波にのっておられます。
このチャンスを逃さないで。


必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 07:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。