2008年06月26日

◆輝き始める人々 【アミの一口コラム 270】

おはようございます。
アミです。

コメントのお返事を・・・と、思いながら、昨晩もパソコンの前で寝てしまいました。
夜、無理して書くことも可能なのですが、夜、疲れ果てた状態ではあまりいいコメントが書けません。疲れ果てているときは、朝に書くようにしています。
今、目が覚めましたので、メッセージだけ先に書きます。
今晩は、必ず、お返事書きますね。
ごめんなさい。


◆輝き始める人々 【アミの一口コラム 270】◆

最近、本当に
「地球と共に人間も浄化が進んできているんだなぁ」
と、感じる機会が多くあります。

私の周りの方々を見ていると、そう思います。

ご本人は、あまり感じていないのでしょうが、そばにいるアミがとても感じています。

例えば・・・。

アミは、思います。
「ああ、Aさんには、△△△のことが心の課題なのだなぁ。」
と。

すると、
「△△△のことが学べる環境(人)」
との出会いがぱっと用意されて出てくるのです。

アミは、思います。
「ああ、Aさんの守護霊(ガイド)は、Aさんの学びの場を用意してくれたのだな。
Aさん、気付いて課題を解決し、心を磨けるといいなぁ。」
と。

ここで、大きく人は、どちらかに分かれていきます。

「課題を乗り越えない(られない)人」

「課題を乗り越える人」
にです。

今は、中途半端はありません。
どちらかです。

課題を乗り越えられる人は、ぐんぐん乗り越えていきます。
乗り越えない(られない)人は、ますます苦しい状況になります。

私の周りには、
「乗り越える人」
「乗り越えようとする人」
がたくさんいます。

それらの方々は、みんな輝いているのがわかります。
本当にオーラがぱあっと輝いているのです。

「ああ、人ってすごいなぁ。」
と、思います。


◆編修後記◆

求める人に与えられます。

エゴを捨て、リスクを乗り越え、タイミングを外さず、前に進みましょう。

チャンスが来たら、絶対に放してはいけません。

勇気をもって。

助けてくれる人、助言、苦言を呈してくれる人がいれば、相談してみましょう。
課題は、案外、自分には、見えないものです。

人との出会いは、大切です。
人が幸運を運んできます。


必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己実現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

◆一人でも多くの人へ 【アミの一口コラム 269】

◆一人でも多くの人へ 【アミの一口コラム 269】◆

こんばんは。
アミです。

ずっと、メルマガ・ ブログの更新をせず、すみませんでした。
筆舌に尽くしがたい忙しさだったため、家に帰っても、パソコンを開く時間もなく、
そもそもパソコンが壊れて、手元にパソコンがない状態でした。
やっと、土曜日にパソコンが戻ってきました。

たった1週間ほどの間にまたまたいろいろなことがありました。
いろいろなことが少しずつ見えてきました。

ここ1,2年の間にいろいろな地球のことが決定していくようです。

皆さん、自分の心のチェクは、OKですか?
もう、人を恨んでいる時間はありませんよ。
前に向いて進みましょう。
もう過去を振り返らなくてけっこうです(振り返る時間が残されてないからです)。
今、目の前にあることから逃げないで、しっかりと取り組むことが過去を清算することにもなります。

リスクを冒すことを恐れないで・・・。
「リスクと感じる心」は、自分を守る「エゴの表われ」です。
エゴを捨てると、人は、本当の意味での「自由」になれます。
「しあわせ」になれます。

目先の損得、身の安全の確保にとらわれないで。

自分がかわいい。
自分がかわいそう。
自分は悪くない。

このような被害者意識は、全て捨てて。
自分を傷つけるだけです。

身を守れば守るほど、苦しくなります。
周りが敵のように見えてきます。

エゴが出てくる環境におかれたらラッキーです。
エゴに気付き、エゴを捨てるチャンスだからです。

困難な状況におかれるのは、ラッキーです。
自分の課題が見えるからです。

後は、修正をかけるだけでいいのです。


◆編修後記◆

皆さん、もう時がありません。
自分をしっかりもってください。
今から、いろいろなことが起きてきます。
でも、決して動揺をしないでください。
驚き、憂えないでください。

できれば、アミのブログ等も周りの人にお勧めしてください。
「生と死の境を生き抜く私達」に必要な最低限の知識をもう一度、書いていこうとアミは思います。
今の時代の人には、最低限の霊的な知識が必要です。

自分の心を見つめ、安定しているかどうかを確認してください。
愛に満ちているかどうかを確認してください。

そして、自分だけでなく、少しずつでよいので、周りにスピリチュアルな考え方、愛を広げて下さい。

自分一人が頑張っても、駄目なのです。
地球上の一人でも多くの人が、目覚めなければ・・・。

「真実に目覚め、愛ある生き方をすること」
が大切です。
そして、一人でも多くの人が実践できることです。

多くの人の温かなパワーのあるエネルギーが集まれば、地球の陣痛も軽くてすむことでしょう。
でも、そうでない場合は、推して知るべしです。

どちらを選ぶかは、私達人間にかかっているようです。

〈お詫び〉
コメントのお返事が遅くなってごめんなさい。
明日から少しずつ、お返事もアップしていきます。


必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 22:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

◆お見舞い

こんばんは。
アミです。

◆お見舞い◆

宮城の方、岩手の方、だいじょうぶでしょうか・・・。
まだまだ余震が続いているので、不安なことでしょう。

アミも、少しでも早く余震がおさまり、被害が拡大しないように、
お祈りします。

どんなに今日がたいへんでも、必ず、明日がやってきます。
希望をもって、踏ん張ってください。

アミにできることは、お祈りをすることぐらいです。

皆さん、もし、よかったら、宮城や岩手の皆さんのために、祈りませんか。

「少しでも早く余震がおさまり、これ以上、被害が拡大しないように・・・。
救援の手が少しでも早く届きますように・・・。
少しでも心を明るくもって、希望をもって1日1日を生きていくことができますように・・・。
どうぞ、皆さんをお導きください。」
と。
そして、皆さんが温かい金色の光で包まれているところをイメージしてください。

祈り(想い)は、パワーがあります。
アミも、祈ろうと思います。

◆お知らせ◆

今、アミのパソコンは、修理中です。
そのため、なかなかメールや、コメントのチェックができていません。
すみません。
主人のパソコンを借りて、記事だけは何とかアップしています。
コメントをくださっている皆さん、ありがとうございます。
ありがたく読ませていただいています。
今から、急ぎの用で外出しますので、お返事が明日になるかと思います。
ご迷惑をおかけします。
しばらくお待ちください。
posted by 女教師アミ at 19:25| Comment(4) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆春の海 【アミの一口コラム 268】

おはようございます。
アミです。

あじさいを見ると、思い出すことがあります。

◆春の海 【アミの一口コラム 268】◆

以前いた学校で一人の女の子と話をしたことがあります。

その子は、2年生です。
転勤族の子どもです。
その子は、学校に行くことを行き渋っていました。
話を聞いてみました。

すると、彼女は、こんなことを言いました。
「私は、この町に来たくなかった。
前いたところの方がよかった。」
と。

「どうして?」
と、アミが聞くと、その子は
「だって、この町には、意地悪でこわい人がたくさんいるから・・・。
前いたところは、優しい人ばかり・・・。」
と、言いました。

アミは、彼女が前いたところを知っています。
確かに、そこの県の人は、心温かく、おっとりして、人がいい人が多いです。
それに引き替え、アミの住んでいるところは、確かに「こわい人」というか、激しい性格の人が多いのは、事実かもしれません。

アミは、心の中で
「この小さな2年生の女の子に、なんと言って説得をしようか・・・?」
と、思いました。

ふっと机の上を見ると、あじさいが何本か飾ってありました。

アミは、とっさにあじさいの花に手を伸ばしました。

1本は、しおれた花。
もう1本は、大きくぱっと咲いている花。

アミは、言いました。
「このあじさいをみて、どう思う?」
と。
女の子は、答えました。
「しおれて枯れそう・・・。」
と、悲しげな声で言いました。

アミは、言いました。
「先生は、この2本のあじさいを見て、わっ、きれい!! と、思うよ。
確かに、もう1本は、しおれて今にも枯れそうだよね。
それは、そうなんだけど、先生の目にぱっと入ってくるのは、この大きくきれいに咲いたお花の方よ。
枯れそう・・・と、悲しんであげられるのは、あなたの心が優しい証拠だよ。
でも、枯れそう・・・と、そのお花をじっと見つめても、そのお花は、もとには戻らないよ。
だから、枯れそうなお花には、今まできれいに咲いて、私達を楽しませてくれてありがとう・・・と、言って、土に戻してあげるといいよ。
いつまでも、枯れそう・・・と、悲しい気持ちでじっとしおれかかったあじさいを見つめていても、心は悲しいままでしょう。
心に入れることは、できるだけ、楽しいこと、うれしいこと、いいことをいっぱい入れることよ。
いやなこと、つらいことをじっと見つめて、心にいれたままだと、心が重くなって、いやになるよ。
学校にも、行きたくなくなるよ。
つらいことといいことがあったら、なるべく、いいことを見て。
この町のいいとこ探しをしましょう。
この町の人、この学校の人のいいとこ見つけをしましょう。」
と、話しました。

そして、地域の子どものボランティア活動に入ることをすすめました。
そこには、心優しい子供達が集まっているからです。
また、地域のよさを肌で感じることができるからです。

その子は、今、何とか、がんばって学校に行っているようです。


◆編集後記◆

自分の心を重くする
「マイナス的な話題」
「マイナス的な出来事」
「マイナス的な映像」
等は、なるべく、心の中に入れないようにしましょう。

困っている人、悲しんでいる人に温かい気持ちをもつこと、実際に支える行動は、素晴らしいことです。

でも、それらのことをずっと、心に押しとどめないようにしましょう。

自分の心の中を時々覗いてみてください。

心の中に、
「マイナス的な・・・」
が、鎮座していませんか?

自分の心の色をぱっとイメージしてください。
灰色、黒等の色は、思い浮かびませんか?

今からは、心の管理が大切です。
世の中は、今からよりいっそう、ぐちゃぐちゃになっていくでしょう。
悲しいこと、つらいことも地球規模で起きるでしょう。

でも、それは、浄化のためのステップです。

心を安定させ、周りのことに振り回されないで、春の海のように、
温かく、ゆったりとした心を維持してください。


必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

◆輝く自分を見つめて 【アミの一口コラム 267】

おはようございます。
アミです。

アミは、今から、大きく分けていくつかの方向に人は歩んでいくような気がします。

日増しに強くなっていく光(エネルギー)を浴びて・・・

(1)人生がいい方向にどんどん進む人
(2)今までのカルマがどんどん出てきて浄化が進んでいく人
(3)早めに亡くなって、肉体を捨ててアセンションに臨む人
(4)光のもとに今まで隠されていたマイナス的な本能や欲望、エゴが出てきて、社会的に???な言動にでる人
(5)日常の中で「愛、心、宇宙などについて目覚めさせられる出来事」を経験していく人



このいくつかのパターンの中で、どれがいいとか悪いとかは、言えません。

それぞれ、自分の心磨き(心の波動)に応じた道を歩むということです。

ただ、アミのメルマガ・ブログを読んでくださっている方々でしたら、(1)(2)(5)の道を歩んでいただければうれしいです。

地味で、けっこう自分に厳しく、向上心がある方でないと、読まないであろうアミのメルマガ・ブログを読み続けてくださっている皆さんでしたら、(1)(2)(5)の道を歩むことができると思います。

今、(1)(2)(5)の道を歩みつつある皆さんへのメッセージです。


◆輝く自分を見つめて 【アミの一口コラム 267】◆

今、世の中では、様々な出来事が起きています。

ニュースで見るのは、困ったこと、悲しいこと、つらいこと、腹の立つことがいっぱいです。

「思いやり、同情心、正義や真実を愛する心」

等は、大切です。
道徳的に見れば・・・。
アミも、
「自分にできること・・・」
と、考え、できることはしています。

ただ、
「心の法則、心の働き」
を忘れないでください。

特に、潜在意識のコントロールは、今からとても大切になります。

必要以上に、
「マイナスの情報」
特に、
「視覚に訴える映像」
は、自分の中に入れないことです。
マイナスの情報は、自分の心を明るく、クリアーにすることは、あまりないでしょう。

悲しい情報については、相手のために、あるいはご家族のために少しでもいい方向、傷が癒える方向、しあわせな方向に行くことができるように祈りましょう。

また、募金などできることがあれば、するのもいいでしょう。

ただ、何回も、何回も、悲しい映像を見て、潜在意識の中に落とし込むことは、あまりいい結果をもたらさないかもしれません。

輝く、自分をイメージしてください。
きらきらと輝く自分をイメージしてください。

「きらきらと輝き、前向きに、愛深く毎日を生きている自分のイメージ」
を繰り返し、潜在意識の中に落とし込んでください。


◆編集後記◆

心の準備をしてください。

「一人一人が輝き、愛に満ちた人間になること」
は、地球の次元上昇に大きく貢献します。
エゴではありません。

「感謝と愛に満ちた人間になること」
は、最大のボランティアです。


必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 08:26| Comment(6) | TrackBack(1) | 自己実現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

◆一緒にいいことしませんか? 【アミの一口コラム 266】

こんばんは。
アミです。

さっさと仕事を切り上げ、家に帰ってきました。
明日、朝、早めに学校へ行って仕事をします。
なので、今からメルマガ・ブログ書きで〜す(笑顔)。


◆一緒にいいことしませんか? 【アミの一口コラム 266】

「一緒にいいこと、しませんか?」

いいことをすると、いい人が集まってきます。
その人たちから、ますます、いいエネルギーをもらうことにもなります。
エネルギーの地場ができ、そこにいる自分のテンションも高まります。

アミの場合の「いいこと」は、
「いい仕事」
「いい町づくり」
かな・・・。

アミの学校は、荒れていません。
どの子も、置かれている環境は、きびしいのに、心温かな子ども達がいる学校です。
心温かな先生方がいる学校です。
心温かな保護者や地域の方々がいる学校です。
アミは、この学校が好きです。

だから、アミも、精一杯、学校のため、子どものため、地域のために頑張ります。

アミの住んでいる町は、新興住宅地で心がばらばらです。
でも、町自体は、古い歴史があり、自然があり、すてきな町です。
また、この町は、いい気が充満しています。
アミは、この町が好きです。

だから、アミも、町のために頑張ります。

がんばっていると、不思議なことに、次々に同じような考えをもった人が集まってきます。
同じような考え方をもっているので、話も合います。
仲良くなれます。

「頑張ること」
に伴う、
「喜びと苦労」
も、互いに分かり合えます。

光が広がっていくのを実感します。


◆編集後記◆

「自分の心を見つめ、考え方を修正し、愛に満ちた心になっていくこと」
は大切です。
基本です。

ただ、今のこの時期、じっと自分の心を見つめ続けているだけではなく、
「一歩、前に出て行動すること」
が大切かもです。

自分のイメージの世界では、想いが実現していても、そこに「人」がかかわってくると、なかなか実現しなかったりすることは、よくあります。
自分は、けっこう心磨きができているつもりでも、たいへんな状況に追い込まれると、
「まだまだだなぁ」
と、気づくこともあります。

「行動を起こすこと」
で、初めて自分の考え方がOKなのかどうかが判明します。
自分の心磨きが本物かどうかが試されます。

心を見つめるだけでは、「テストの答案を書いた」のと同じです。
答案を書いたら、誰か第三者に見てもらって、○付けをお願いしなければなりません。
行動することで、自分が書いたテストの答案に○がつくのです。

行動した結果、失敗をしてもいいのです。
何もしないで、じっとし続けることより、やってみて失敗し、また、考え直して再チャレンジという方法をとるほうが、心磨きがどんどん進みます。

「心磨き」
は、
「自分の心を見つめ、修正していくこと」
と、
「愛ある言葉を伝え、愛ある行動をすること」
の両輪で進みます。

身近なことから・・・。
何でもいいのです。

自分のできる
「いいこと」
に挑戦してみませんか?


必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 21:01| Comment(5) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

◆精一杯生きる 【アミの一口コラム 265】

こんばんは。
アミです。

記事のアップが間が開いてすみません。
実は、パソコンの調子が悪くなったのです。
ただいま、修理に出し中です。
何とか、主人のパソコンで記事をアップしています。

ご迷惑をおかけしてすみません。


◆精一杯生きる 【アミの一口コラム 265】◆


今、このときを大切に・・・。

自分の生活と人の生活を比べなくてもいい・・・。

自分には自分の生活がある。
人には人の生活がある。

どっちがよくて、どっちが悪いということはない・・・。

今、生きている一瞬、一瞬を大切にしたい。
一瞬、一瞬、悔いの残らない生き方をしたい。

残る4年間、力一杯、たくさんの人を愛したい!
そうすることは、私にとって、心地よいこと。

今、自分の目の前にあること・・・。
目の前に、提示されたこと・・・。
人からのお誘い・・・。

全てが縁。

無駄にはしない。

全てをありがたく受け止め、全力投球をしたい。

一瞬、一瞬を力一杯、悔いなく生きることができたら、
もう、後は、どのような形になってもいいのかもしれない・・・。


◆編集後記◆

精神世界系の多くの方々がアセンションを言われていましたが、
「坂本政道さん」は、言われていませんでした。
でも、ついに彼も言い始めました。



本当に起こりそうです。

残り少ない地球での生活。
小さな自分・・・。
小さな生活・・・。

「自分の身を守ることに終始するのは、もうやめたい。
力一杯自己発揮して、後悔しない人生を歩みたい。」
と、思います。

独身の方々は、ある意味、幸いかも知れません。
自分の意思がある程度通りやすいからです。

結婚しようとされる方は、よく考えて・・・。

自分と似たような価値観をもっている人。
向上心のある人。
愛深い人。
等。

いろいろ考えてから、結婚するとよいと思います。

結婚されている方、お互いによく話し合って。
互いが悔いのないように精一杯生きることができるように・・・。


必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 22:59| Comment(7) | TrackBack(1) | ブログへの想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

◆未来を見つめて 【アミの一口コラム 264】◆

アミは、いつも、小1時間かけて、通勤をします。
緑の山の中を抜け、青い海を見ながら、スモッグだらけの町に通います。

今日、帰宅途中、緑の山の中を抜けながら、アミは、感じていました。

アミの心は、しぃ〜んとしていました。
「ゆったりと時が流れていく」
「自然に溶け込む」
と、言うのでしょうか・・・。
「無音の世界」です。

「今と1か月前と、心境がえらく違うなぁ・・・。
 1か月前は、現実に打ちのめされていたのに・・・。
 事態は、あまり変わっていないのに、今、どうしてこんなに心が静かなのだろう?」
と、思いました。

今日、一つ気付きました。
「一つは、身体への感謝 → 身体の変化」
「もう一つは、未来への『希望』なのかも・・・。」
と。

「未来は、大丈夫!!」
と、いった確信みたいなものが、アミにはあるのです。

これかもしれません。

「今の自分の(不満な)状態が真実だとは、思わない。
 未来の自分のイメージは、明るい!!」
と、いう感じです。

私には、一つのイメージがあります。

そう遠くないとき、お世話になったたくさんの方々を招いて
「ありがとう! パーティー」
を開いているイメージです。

場所も、予算もイメージにあります。
ホテルも決まっています。
二次会の会場も決まっています。

会費制のパーティーです。
会費は、一人1,000円です。
後は、アミ夫婦が出します。

あいさつの内容も、決まっています。

メンバーも、決まっています。
でも、後、何人か増えます。

アミは、すごい空想家でしょう!!

でも、想い(イメージ)は、現実を創り出します。
上記のイメージは、今のアミ夫婦の状態では、とても考えられないことです。

でも、それでも、アミはめげないでイメージするのです。
・・・というより、
「ふっと心に閃いて、その映像がずっと心から離れない」
という感じでしょうか・・・。

そして、
「必ず、為る!!」
と、確信するのです。
・・・というより、
「為った!!」
ことをイメージするのです。
できるだけ、具体的に・・・。

アミの目には、そのパーティー会場が見えます。
たくさんの方々の楽しそうな顔や談笑の声が聞こえてきます。

パーティー後の人間関係の雰囲気まで伝わってきます。

今、このブログを読んでくださっている、アミと直接関わっているお友達は、きっと、お招きします。そのときは、来て下さいね。


◆編修後記◆

アミは、このような大風呂敷?なイメージを常に広げながら、人生を歩んできました。

「でも、ここ10年ぐらい前から、アミがイメージしてきたことは、ほぼ、現実になってきた」
と思います。


どうぞ、希望を見失わないで。
「現実の目の前のこと」がどんなに辛くても、「辛い現実」をじっと直視するのではなく、しっかり課題解決はしながらも、目は、「明るい未来」を見つめて下さい。

「明るい未来像」は、自分のプラス思考で創り出すのです。
目の前の現実が辛ければ辛いほど、強烈なプラス思考が必要です。

そして、実現のコツは、
「愛」
です。

自分の描いた未来像に「愛」があるか?

です。

乗り越えられない困難は、与えられません。
乗り越えられるから、与えられているのです。
できる手立てを打ったら、「辛い現実」を直視しないで!!

「明るい未来」を自分勝手にイメージしてください。
決して希望を失わないで、粘り強く、がんばり続けて下さい。
イメージが現実化するまで、忍耐強く努力するのです。

アミも、そうしています!



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ




posted by 女教師アミ at 21:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆身体にも感謝! 【アミの一口コラム 263】

こんにちは!
アミです。

皆さん、元気でお過ごしですか?
前回のコラムの続きをちょっと書きます。


◆身体にも感謝! 【アミの一口コラム 263】◆

最近、心なしか、身体が楽になったと思います。

その理由を考えてみました。

課題は、解決していないのに・・・。
ハードな日々を送っているのに・・・。

でも、以前に比べると身体が楽になったのです。

その理由は、一つは、
「身体に感謝!」
かな・・・と、思います。

私は、身体の一つ一つの箇所に
「ありがとう」
と、思っています。

身体の細胞の一つ一つは、意識をもっています。
その細胞さんに、
「ありがとう」
と、感謝の念をおくるのです。

今まで、私は、がむしゃらに人生を歩んできました。
身体を酷使しました。
自分ががんばることで、いっぱいいっぱいでした。

でも、最近、ふっと振り返るのです。

「ああ、心磨きは大切だが、この心磨きを支えてくれているものがたくさんあったんだ・・・。」
と。

それは、
「地球」
であったり、
「身体」
であったりもするわけです。

私は、
「自分をサポートしてくれる見えない存在」

「周りの方々」
には、まだ足りないけれど、
「感謝の気持ちをもとう」
と思い続けています。

でも、まだまだ、自分を支えているものが他にもあるんですね。

それは、
「地球」
であったり、
「自分の身体」
であったりするわけです。

「自分の心だけでなく、身体にも感謝すること」
は、とても大切です。

「心と身体は、一体」
です。

「自分に感謝すること」
は、エゴではなく
「自分を大切にすること」
につながります。


◆編修後記◆

最近、つくづく思います。

「本当に、感謝パワーは、すごい!!」
と。

「感謝」
のエネルギーは、強烈なプラスのパワーを生み出します。

常に、自分に対しても、人に対しても、見えないサポーターにも、地球にも、
「ありがとう」
と、心の中で、或いは、声に出して言い続けると、いいと思います。

そう考えると、私は、この
「感謝パワー」
を、まだまだ使っていないことに気付きました。

これから、もっともっと
「感謝見つけ」
をしたいと思います。



必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 07:02| Comment(8) | TrackBack(0) | 見方・考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

◆身体をいとおしむ 【アミの一口コラム 262】

こんにちは!
アミです。

皆さん、元気でお過ごしですか?


◆身体をいとおしむ 【アミの一口コラム 262】◆

先日、アミは、奥歯を抜きました。
口の一番奥にある「親知らず」です。
なぜ、こういう羽目になったのかと言うと・・・。

時間がなかったのと、お金を他の所に使う必要があって、
「何度も歯医者に行っては、挫折し、また行っては、挫折をし」
を繰り返していました。

そのうち、歯は虫歯になり、詰めていたところはとれ、ぼろぼろの状態になってしまいました。

よく、周りの方々(専門職や歯のことを勉強した人)は、言われます。
「口の中を見れば、その人の生活が分かる!」
と。

アミは、その言葉にむっときます。
「歯医者に行きたくても、いろいろな事情があり、行けない人は、たくさんいるのに・・・。
生活が分かるなんて、そんなに軽く言わないで!
誰も、好きこのんで、歯をぼろぼろにしているわけではないのに・・・。」
と、思います。

でも、もう、アミの口の中は、限界を超えていました。
「このままでは、ばい菌が血管を通って、脳に回ってしまう!
虫歯が原因で死んでしまったら、ちょっと、悲しいかも・・・。」
と、思いました。

それで、
「今度は、絶対に挫折しないぞ!」
と、決意を固め、歯医者通いを始めたのです。

でも・・・。
歯医者さんも、アミのお口の中の状態を見て、おそらく
「あ然!」
と、したのだろうと思います。

レントゲンを何枚もとって、結局、
「うちでは、あなたの歯は、抜けないから、大学病院に行きなさい。」
と、いうことになりました。

アミは、大学病院に行くまで、ドキドキでした。
自己保存が強いのでしょう。
アミは、「痛い」のが苦手なのです。

そして、周りの人々は、アミを脅かしました。
「痛いよ〜〜! 歯を抜くのに、2時間もかかったよ!」
「歯をバキバキ折りながら、抜いたよ!」
「抜いた後、腫れが引くまで、1か月以上かかったよ!」
等と、次々と、アミを不安に落とし入れる情報がアミの耳に入ってきます。

かかりつけの歯医者さんまでも、
「体調を整えておいてくださいね。
30分から1時間ぐらいは、口を開けておかないといけませんからね。」
と、言いました。

アミは、暗い気持ちで、大学病院に行く日を待っていました。

そして、いよいよ当日になりました。
大学病院の歯の治療室のドアのところに
「手術室」
と、書いてありました。

アミは、
「え〜〜!! 手術???」
と、心の中で悲鳴を上げました。

でも、もう逃げられません。
観念して、手術台?に座りました(普通の歯医者の椅子でしたが・・・)。

アミの口に麻酔の針?が刺さりました。
ちょっと、痛かったです。
でも、我慢できました。

そして、いよいよ抜く時がきました。

そのとき、アミの心は、急に静かになりました。
無音状態というのでしょうか・・・。
しぃ〜〜んとした感じです。

歯医者さんの手がアミの歯にかかる瞬間にアミの心から声が出てきました。

「ごめんね。アミの親知らずさん。
仕事が忙しくて、他のことにいろいろお金を回さなくてはいけなくて、
あなたのことを大切にしてあげられなかった・・・。
早く、手当をしてあげていれば、こんなことにならなかったのに・・・。
本当に、ごめんなさい。
今まで、私の口にいていくれて、ありがとう。」
と。

本当に、アミは、自分の親知らずさんが気の毒で気の毒でたまりませんでした。

「最後の落とし前をあなたが付けてくださっているのよね・・・。
あなたが、つけを払ってくれているのよね・・・。
誰からも、知られずに・・・。

でも、アミは、知っているよ。
ありがとう。

今まで、ずっと、痛まないでくれてありがとう。
おかげで何とかここまで仕事ができたわ。
あなたとは、お別れしないといけないけれど、他の仲間達は大切にするからね。

本当に、ありがとう。」

と、心の中で語りかけていました。

アミは、そう自分の親知らずに語りかけながら、「悲しさと感謝の思い」でいっぱいになりました。

・・・ものの15分間ぐらいだったでしょうか。
「歯が抜けましたよ。」
と、歯医者さんの声がしました。

痛みは、殆どありませんでした。
あっという間のできごとでした。

アミの顔の横のテーブルにころんと
「半分ぐらいになったぼろぼろの歯」
がころがっていました。

アミは、
「ああ、これがアミの人生だ。
親知らずさん、こんなアミと共に今まで歩んできてくれて、ありがとう!」
と、心の中で言いました。


◆編修後記◆

アミの悲しく、みっともない話でした・・・(苦笑)。

けっこう苦しいこともたくさんある世の中です。
「みんな頑張っている」と言いながらも、本当に、自分のがんばりを分かっているのは、(目に見える存在の中では)自分だけです。
特に、心や身体の痛みを分かっているのは、自分だけです。

だから、エゴではなく、もっと、自分を大切にしてあげて。
もっと、メンテナンスをしてあげて。
ガソリンもあげないで、
「突っ走れ、突っ走れ!」
と、せき立てないで。
完全を求めないで。
時には、ミスも、遊びもさせてあげて。
もっと、かわいがってあげて。
もっと、いとおしんであげて。

自分の身体は、自分のものだからと言って、酷使、虐待をしないで。

身体は、魂が宿るお宮です。
大切に、使ってあげてください。


必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ

posted by 女教師アミ at 22:49| Comment(4) | TrackBack(0) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

◆開き直り!? 【アミの一口コラム 261】◆

最近、身体の調子が若干よくなってきているように感じます。

ここ5年間ほど、歯医者以外には行っていない、まあまあ健康体なのですが、
それでも、ハードな仕事続きで、いつも、いつも、
「身体がだるい。 疲れた。」
の言葉を連発する毎日でした。

仕事は、年々、日々、ハードになっており、ちっとも楽にはなりません。
それどころか、増える一方です。
我ながら
「よくこれだけの仕事をこなせるよね。」
と、思うぐらいです。

仕事だけではありません。
アミ自身の大きな課題がいくつか、重く肩にかかっています。
すぐには、解決しない課題です。

何ヶ月か前は、その課題に押しつぶされそうでした。
「こんなに苦しむぐらいなら・・・。」
と、思ったほどでした。

でも、なぜか、ここ最近なのですが、身体が軽くなってきたのです。

仕事量は、膨大。
課題は、解決せず、山積み状態にもかかわらず・・・。

「なぜだろう?」
と、考えてみました。

〈身体が若干軽くなったように感じる?理由〉

(1)膨大な仕事について

○「とにかく、こなす。さばく。」
という強い意志と覚悟と実践ができ始めた。

○「仕事をこなさないと、自分がしたいボランティアの仕事ができない!」
という切迫感。

○仕事に慣れて、スムーズに行えるようになってきた(見通しがもてる)。

○周りががやがやとうるさくても、全く無視して?仕事ができる集中力がついた。

等。

(2)すぐには、解決できない課題について

○「何とかなる、未来は明るい。必ず、うまくいく!」というイメージがもてた。

○「なるようにしかならない。だから、もう気にすまい。」と思える。

○この課題解決が自分の心磨きにとって、とても重要な意味がある。

○「みんなが応援して、後からついてきてくれているのに、自分がこのくらいの課題解決ができないで、自滅したら目も当てられない。
また、自分達の取組みが前進し、実績をつくることが、人への説得力になる。だから、どんなに苦しくても、がんばろう!」
と、考えられるようになった。

(3)身体のケアについて

○「今まで、自分の身体を虐待していた。申し訳ないことをした。だから、痛んでいるところは、ケアをしよう。」
と、考え、ケアを始めた。

(4)取組みについて

○「自分が(自分達が)取組んでいることが、次々に形になっていく。
小さな奇跡が次々に起きる!」
という実感と喜びがある。

○新たなプロジェクトがあるので、「身体がだるい」と言う時間がない。

(5)心の支え

○「自分には、守護霊がついていてくれる。潜在意識は、とても頼りになる。私達をバックアップしてくれている。」
という確信がある。

○「主人がいつもついていてくれる」という安心感がある。

○「仲間が助けてくれる、仲間も頑張っている」という安心感がある。


◆編修後記◆

心と身体は、とても密接な関連があります。
身体を元気にしようと思ったら、心を元気にすることです。

心を元気にするということは・・・

○心を癒し、休めること。

○心が喜ぶことをすること。

○マイナスのことが出てきたら、考え方を修正すること。

でしょうか・・・。

みんな、自分と格闘しています。
一人ではありません。

粘り強く、頑張っていきましょう。


必要としている、少しでも多くの人に言葉を届けたいのでするんるん
よろしければ応援のクリックをお願いしますexclamation

    ↓↓↓↓↓↓↓
★人気blogランキングへ
★精神世界ランキングへ


posted by 女教師アミ at 17:23| Comment(2) | TrackBack(0) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。